い号作戦。 【艦これ】「礼号作戦」実施せよ! 二期

【艦これ】E4で第四号海防艦掘り(甲作戦) 2020梅雨イベント

い号作戦

当時の概況と天号作戦 末期の1945年、軍機による日本各地へのは日増しに激しさを増し、3月10日のなど、いよいよ米軍の本土上陸・本土決戦は間近かとささやかれる情勢を迎えていた。 また本土上陸に先がけ、では3月26日にの上陸作戦が開始され、苛烈な沖縄戦の幕が上がりつつあった。 天号作戦は、こうした状況の中で連合国軍の勢力を・方面に向けさせた上で航空兵力を中心にこれを叩き、日本本土への侵攻を遅らせることを目指した作戦である。 次の4方面での作戦が予定されていた。 天一号作戦:沖縄方面• 天二号作戦:方面• 天三号作戦:南部方面• 天四号作戦:方面 天一号作戦と参加艦艇 3月26日、 天一号作戦が発令。 4月1日には沖縄本島にアメリカ軍の上陸が開始され、沖縄を救援すべく(艦長:)を始めとしたの生き残り計10隻が4月6日徳山沖から出航した。 実質的な最後の艦隊である。 第一航空戦隊• 戦艦 (大和型1番艦) 第二水雷戦隊• 軽巡洋艦 (阿賀野型3番艦) 第十七駆逐隊• 駆逐艦 (陽炎型8番艦) (陽炎型12番艦) (陽炎型13番艦) 第二十一駆逐隊• 駆逐艦 (夕雲型16番艦) (初春型4番艦) (朝潮型9番艦) 第四十一駆逐隊• 駆逐艦 (秋月型3番艦) (秋月型8番艦)• 艦載機 3機 アメリカ軍の対応と戦力 の出撃は既に暗号電報の傍受と解読済みであった。 これに対し第5艦隊司令である提督は、戦艦部隊に迎撃を命令。 しかし攻撃隊の発艦準備を整えた中将から 「貴官において攻撃されるや、あるいは当方において攻撃すべきや」 との打電を受け、即座に 「君がやれ」 と返信している。 アメリカ海軍 第5艦隊 第58機動部隊• 空母 エセックス(1番艦) ヨークタウン CV-10 (2番艦) イントレピッド(3番艦) ホーネット CV-12 (4番艦) バンカーヒル(9番艦) ハンコック(11番艦) ベニントン(12番艦)• 軽空母 ベローウッド(2番艦) ラングレー(6番艦) サンジャシント(9番艦) バターン(8番艦)• 戦艦 6隻(マサチューセッツ、インディアナ、ニュージャージー、サウスダコタ、ウィスコンシン、ミズーリ)• その他の支援艦艇 多数(巡洋艦、及び駆逐艦)• 空母艦載機 約380機 作戦の実際と艦隊の運命 沖縄の救援が作戦の目的ではあったが、破損した艦の修復も思うにまかせず、まだ動ける状態の艦ですら燃料不足で航行させられず、軍港に停泊させたまま浮き砲台として運用せざるを得ないほど日本の資源が払底しきった戦争末期の話である。 参加する艦は出撃できない艦から燃料や弾薬を分け与えられ、基地に備蓄されたわずかな燃料までも積み込み、それでもタンクを満タンにすることは出来ずに出撃した。 将兵たちもみな、 出撃したが最後、恐らく生きては戻れない特攻作戦であることを覚悟した上での出撃だったのである(実際には坊ノ岬沖で轟沈・処分が6隻、駆逐艦4隻が帰還)。 天一号作戦と呼応して、航空機による作戦であるも発動されている。 4月7日、沖縄に向かう途上の第二艦隊をアメリカ軍が補足。 が勃発し、大和・矢矧らが最期を迎える…。 最後の戦果は航空機10数機撃墜というものであった…。 この海戦で日本海軍は実質上壊滅し、後の呉軍港空襲で完膚なきまでに叩きのめされることになる。 そしての敵は日本海軍からと変わっていったのである。 pixivでは このタグがついた作品は、最後の出撃に向かう大和を始めとした艦隊の姿を描いたものや、また実際には坊ノ岬沖海戦を描いたものであったりする。 最近では絡みのイラストの割合が多い。 関連イラスト pixivision• 2020-07-21 18:00:00• 2020-07-21 17:00:00• 2020-07-21 13:00:00• 2020-07-20 18:00:00• 2020-07-20 17:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-22 14:23:48• 2020-07-22 14:22:31• 2020-07-22 14:22:06• 2020-07-22 14:18:48• 2020-07-22 14:15:57 新しく作成された記事• 2020-07-22 14:20:18• 2020-07-22 14:13:14• 2020-07-22 14:02:59• 2020-07-22 13:59:13• 2020-07-22 14:15:57•

次の

天一号作戦 (てんいちごうさくせん)とは【ピクシブ百科事典】

い号作戦

概要 ケ号作戦は、(昭和18年)1月下旬から2月上旬にかけて日本軍が実施したからの撤退作戦。 同年にガ島撤退の大命が下り、日本軍は正式に撤退準備を開始した。 日本陸軍はの(司令官陸軍中将) とガダルカナル島現地の(司令官陸軍中将)、日本海軍は連合艦隊司令長官の総指揮下で 、南東方面部隊(指揮官南東方面艦隊司令長官、外南洋部隊指揮官第八艦隊司令長官)および隷下の外南洋部隊増援部隊(第三水雷戦隊司令官海軍少将、第十戦隊司令官海軍少将)が作戦を担当した。 各方面(大本営陸海軍、現地陸海軍部隊)とも悲観的見通しをもってケ号作戦を発動した。 作戦は、基地航空隊による航空撃滅戦を実施して制空権を確保したあと(この航空作戦でが生起) 、によって撤収作戦がおこなわれた。 撤退は3回次に分けて行われ、沈没艦は1隻、損傷は駆逐艦3隻のみで、日本軍のは成功した。 撤退中に発生したについては イサベル島沖と呼称されることが多い。 撤退により救出された日本軍は1万2千名余りだった。 背景 (17年)以降のにおいて、日本軍は9月と10月に2度の総攻撃を行ったものの、が死守するの奪回に失敗した(など)。 日本軍によるガ島へのやのは、の沈没() やの大量消耗により継続できなくなった。 連合軍の上陸から約4ヶ月が経過した12月上旬、大本営はガダルカナル島の奪還が不可能であることを認めざるを得なくなり、大本営陸軍部(参謀本部)では人事異動がおこなわれ陸軍少将(27期)が陸軍部第一部長に、第二課長には大佐(31期)が補任された。 最前線を視察した真田課長はガ島撤収とニューギニア確保を中央部に訴え、参謀総長陸軍大将(12期)、参謀次長陸軍中将(22期)、綾部第一部長の同意を得た。 大本営陸軍部(参謀本部)と大本営海軍部(軍令部)は懇談を行い、12月28日に第八方面軍(司令官陸軍中将〈19期〉、参謀長加藤錀平陸軍中将〈25期〉)へ「(参謀総長指示、参電第359号)第十七軍司令官ヲシテ「ガダルカナル」島ニ於ケル現戦線ヲ整理シ後方ノ要線ヲ占領シテ爾後ノ作戦ヲ準備セシムヘシ」と指示した。 、が臨席する異例ので、日本軍はガダルカナル島からの撤退と東北部ニューギニアへの作戦重点変換を決定した。 天皇は「ただガ島を止めただけではいかぬ。 何処かで攻勢に出なければならない」との意思を伝え、日本軍はニューギニア東部に重点を置くことにしたのである。 また侍従武官を通じて「ガ島撤退は遺憾であるがガ島作戦まで今日まで随分苦戦奮闘したので、直後をやろうと思っている」と意志を伝え、連合艦隊司令長官と第八方面軍司令官に対する勅語発令に至った。 撤退は翌(昭和18年)1月下旬から2月上旬に行われることとなった。 これを隠すため航空攻撃や物資輸送は続けられた。 そのため、アメリカ軍は日本軍の撤退作戦完了後もその事実を知らず、逆に日本軍がガダルカナル島の兵力を増強するための新たなと考えていた。 大本営では、まず大本営陸軍部第一部長陸軍少将が1月2日に横須賀を出発、翌日にトラック泊地の戦艦で連合艦隊司令部と作戦連絡を行った。 南東方面艦隊参謀長海軍少将と第八艦隊参謀長海軍少将もラバウルから招致されており、大本営海軍部第一部長海軍中将を交えて作戦連絡が行われた。 翌4日、綾部少将はに到着して同地の第八方面軍と会議をおこなった。 第八方面軍は作戦の見通しに悲観的であった。 撤退に際しての各方面の意見と企画は、以下のようなものであった。 ガダルカナル島現地の第十七軍は極めて悲観的であった。 第十七軍司令官陸軍中将は後述の大命をうけて「ケ号作戦実施は難事中の難事であるが、大命による方面軍命令はあくまで実施せねばならぬ」と決心した。 第十七軍参謀長陸軍少将(28期)や参謀小沼治夫大佐は1月15日の作戦命令伝達に際し「(ケ号作戦実施は不可能なので)軍としてこの際ここで斬り死させることが軍を生かす道であり、皇軍の本義に徹する所以である」と述べた。 連合艦隊(司令長官海軍大将、参謀長海軍中将)としては、第十七軍の一部をもってガ島の一角を固守してもらいたい。 大本営陸軍部としては輸送船20隻の投入を検討したが全滅の公算大、海軍の駆逐艦をなるべく多く出してもらう。 ガダルカナル島西方にあるをし、これを中継基地として使用する。 当初案では、舟艇機動でガ島からラッセル諸島まで移動、そこから駆逐艦で一挙に引き上げる。 航空撃滅戦をおこなったあと、駆逐艦輸送とを併用し、ガ島~ラッセル諸島~ニュージョージア諸島と逐次撤退する。 ガ島将兵2万名のうち、大本営判断では5000~6000名は撤退可能であろう。 第八方面軍の見通しは「うまく行って1万5000名中、5000名」。 山本長官によれば「三分の一位は撤収可能であるという中央の判断は甘すぎる」。 同時にの為に陸軍は陽動隊を上陸させること。 残存兵は等により撤退させること。 こうした一連の動きにより、アメリカ軍に対し 再び日本軍によるガ島総攻撃があると思わせるのが 日本軍の意図であった。 1月4日、大本営陸軍部と大本営海軍部間で「南太平洋方面作戦陸海軍中央協定」と「 「ケ」号作戦ニ関スル陸海軍中央協定」がむすばれる(大陸命第732号・大陸命第733号・大海令第23号・大海指第184号等)。 ソロモン群島作戦は「カ号作戦」、ガ島撤収作戦は「ケ号作戦」、ニューギニヤ作戦は「ト号作戦」、ポートモレスビー作戦は「レ号作戦」であった。 昭和天皇は作戦協定を綿密詳細に検討し、本作戦に重大なる関心を抱いていたという。 1月15日、昭和天皇臨席のもと御前会議会議が開かれ、大本営陸海軍部はケ号作戦の作戦計画を上奏した。 1 「ガ」島に対し主として海軍艦艇に依り一月上旬の間概ね完全定量一箇月分の糧食を輸送し「ガ」島部隊の戦力向上を図る。 2 在「ガ」島部隊の戦力低下しあるに鑑み1月14日歩兵約一大隊を海軍艦艇により「ガ」島に派遣し戦力を増強して撤収作戦を準備せしめる。 3 第十七軍は為し得る限り速に戦闘に堪へぬ者を「ガ」島西端附近に集結せしむると共に所要の収容陣地竝に「ガ」島西端附近に後衛陣地()を占領し撤収作戦を準備する。 4 「ソロモン」群島方面航空基地の準備完成に伴い1月下旬陸海軍航空部隊の主力を奇襲的に「ソロモン」方面に展開し「ガ」島方面の敵航空勢力に対し撃滅戦を開始し(概ね1月28日頃を予定)所要の期間其の成果を持続するに努める。 5 航空撃滅戦開始後成るべくすみやかに「ラッセル」島を占領し撤収部隊の収容を準備する。 6 第十七軍は1月25日・26日頃より第一線の行動を開始し「ガ」島西端附近に態勢を収縮する。 7 「ラッセル」島占領後情況に依りすみやかに更に歩兵約一大隊の新鋭部隊を「ガ」島に上陸せしめ主として後衛陣地の確保に任ぜしむ。 8 二月初頭以後3・4日毎に三次に亙り駆逐艦を主体として撤収輸送を行い第一次主として戦闘に堪へざる者、第二次主として・の主力、第三次後衛を基幹とする部隊を撤収する。 9 右(駆逐艦撤収)と同時に一部は大発動艇により「ラッセル」島に撤収し爾後駆逐艦に依り「ショートランド」に収容する。 10 以上作戦の終末を2月10日頃と予定する。 「右撤収作戦ハ極メテ困難テアリマシテ予想セサル情況ノ展開モ予期セラレマスノテ 陸海軍愈々協同ヲ緊密ニシ周到ナル作戦準備ヲ行ヒ 全力ヲ集中致シマシテ作戦ノ万全ヲ期シテ居リマス」。 草鹿任一海軍中将は、司令長官と司令長官を兼務。 南東方面部隊指揮官として、南東方面艦隊と第八艦隊を隷下に置く。 司令長官三川軍一海軍中将は、軍隊区分においては外南洋部隊指揮官で、南東方面部隊の隷下で行動する。 1943年1月4日 勅語 「ソロモン」群島竝東部「ニューギニヤ」方面ニ作戦セル陸海軍部隊ハ長期ニ亙リ緊密ナル協同ノ下ニ連続至難ナル作戦ヲ敢行シ有ユル艱苦ヲ克服シ激戦奮闘屡々敵ニ打撃ヲ加ヘ克ク其ノ任ニ膺レリ 朕深ク之ヲ嘉尚ス 惟フニ同方面ノ戦局ハ益々多端ヲ加フ汝等愈々奮励努力陸海協戮ヲ以テ朕カ信倚ニソハムコトヲ期セヨ。 『戦史叢書66、大本営陸軍部』による2月15日報告では、海軍兵749名とする。 第一次撤収作戦に参加した駆逐艦。 により損傷、自沈処分。 第一次撤収作戦で駆逐艦大破。 第二次撤収作戦で駆逐艦中破。 第三次撤収作戦で駆逐艦中破。 , pp. 30b-37大本營の新作戦に関する命令、指示• 41aガ島撤収作戦の見通し• 60-61「ケ」号作戦成功の要因• , p. 41b航空撃滅戦の成否について• , pp. 128-130「ケ」号作戦• , p. 58-59ガ島撤収作戦の実施• , pp. 123-125第三次ソロモン海戦の波紋• , pp. 126-127難しくなった鼠輸送• , pp. 18-19南東方面• , pp. 25a-26南東方面作戦方針の転換• , p. 25b. 26a. , p. 40新作戦方針に対する若干の問題点• , pp. 36-37. 129-130. , p. 26b-29綾部第一部長の第八方面軍との作戦連絡• , pp. 29-30福留海軍第一部長の聯合艦隊との作戦連絡• , p. 41c. 30a. , p. 22-37. , p. , p. , pp. 37-39陸海軍作戦部長の連絡事項の上奏• 38-39. 57-58ソロモン方面航空撃滅戦と海上作戦• , p. 561. 142頁「イサベル島沖海戰」• 126. , p. 145. 676-678頁• 247-248頁• 330頁、248-249頁• 678頁• , pp. 61-62ブナおよびガ島撤収作戦に関する中央部の発表• , p. 570. 143頁「イサベル島沖海戰」• , pp. 49-50東部ニューギニア作戦準備の促進• , pp. 76-85ニューギニア方面の作戦師団• , pp. 247-248八十一号作戦計画とダンピールの悲劇• , pp. 130-131ニューギニア輸送にも危機• , pp. 42-43ソロモン群島の防衛線• , pp. 74-76ソロモン方面の防衛問題.

次の

【艦これ】任務『「西村艦隊」完全編成、出撃準備』『「遊撃部隊」艦隊司令部の創設』『「捷一号作戦」兵站補給線を確保せよ!』攻略

い号作戦

任務情報• 空母棲鬼・空母棲姫は未確認です) クリア報酬に• 弾薬500,ボーキ500,開発資材2 前提任務に• (デイリー任務) 後続任務に• (戦果350・クォータリー) が続いています。 関連クエスト 任務 クリア条件 備考 S勝利6回 全てクリアしないと達成不可 ろ号作戦に続く 出撃36回 ボス勝利12回 ボス戦24回 空母20隻撃破 補給艦50隻撃破 あ号、い号、ろ号をまとめたもの。 い号作戦 空母系20隻落とせば良いので、効率よくやるには 空母出現数の多い海域に行く必要があります。 い号任務ツリー 前提条件 達成条件 アイテム 空母20隻 開発資材2 い号作戦 潜水艦15隻 高速修復材2 改修資材1 海上護衛戦 3-3,3-4,3-5の何れかボス5回勝利 開発資材3 改修資材3 海上護衛戦 4-1~4-5のボス何れか12回勝利 開発資材2 敵東方艦隊を撃滅せよ 4-4一回勝利 高速修復材1 開発資材1 敵東方中枢艦隊を撃破せよ! 5-2二回S勝利 開発資材2 改修資材2 い号作戦のツリー。 貴重なネジはこのツリーでは6本です。 海上護衛戦は1-5や7-1, 5-5等の育成ですぐ終わります。 北方クエは5週でよく、効率よいのでおすすめ。 東方クエ~はネジだけではなく、育成やろ号作戦等を兼ねていきましょう。 個人的に東方をやるならろ号を平行して 「海上輸送路の安全確保に努めよ!」(ネジ3本)クリア前提ですね。 どの海域がおすすめ? まず、前提の補給艦3隻ですが、 やとかが無難におすすめ。 他はの記事を参照してください。 い号作戦の本命である空母20隻ですが、 大体はと同時進行できると思うため、 あ号作戦を考慮するかどうかで海域が変わってきます。 2-1・・・潜水艦を活用し、あ号作戦や南西クエを同時進行可能 (ボス周回で4隻固定)• 3-3・・・重ための編成で、ACEG(渦潮+3戦)撤退。 EO海域・・・い号作戦処理としては、,,あたり 2ー5、4ー5でも空母は出る• 1-4・・・基本2-1が上位互換(周回で1週2-4隻)• 2-2・・・レベリング艦隊で、あ号作戦や南西クエを同時進行可能(1隻)• 4-2・・・ろ号作戦とやる機会があれば候補• 6-1,6-2・・・まるゆ狙いに艦隊練度があれば• 6-2(B)・・・初戦撤退のレベリングに。 (軽巡駆逐4以上、空母1隻制空確保144) 候補はいろいろありますが、い号作戦だけ考えたら2-1一択かなと。 編成例 2-1(潜水艦) 火力調整すれば旗艦潜水艦のキラ付けが可能なので遠征用に考えてもOK。 また、まるゆを混ぜればまるゆの育成を兼ねることも可能です。 (画像で181) 水母1軽巡1駆逐4で道中1戦に固定できますが、い号作戦としては空母2隻しか狩れないので微妙。 経験値が微妙なため、駆逐・雷巡の枠は潜水艦を活用するなり、 レベル1バイト艦を活用するなりがよいかもです。 3-3 正規空母2隻以上・空母+戦艦3隻以上・駆逐+海防艦1隻以下 何れかの条件を満たして、【ACEG ボスM 】の道中3戦+渦潮で撤退します。 画像が(225程度)です。 また、装備入れ替えが手間でなければ空母の射程を長調整しておきましょう。 おまけで対空CIを採用。 海防艦、雷巡のところは電探が乗せられる艦であれば問題ありません。 被弾や育成との兼ね合いなので、駆逐艦を混ぜても大丈夫です。 画像はGでの撤退を想定。 ボスに行きたい場合、 海防艦の育成を兼ねると被弾多いかなあという感じです。 定期任務・EOリンク• 【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】• 第一海域• 第二海域• 第三海域• 第四海域• 第五海域• 第六海域• 第七海域• 掘り1 E11 E12 E21 E22• 掘り2 E42 E52• 【最近の更新】• II 実装• 【各海域紹介リンク(二期)】 EO海域と鎮守府海域・5-2から先は個別記事のほうが充実しています。 【マンスリー任務リンク()】 【クォータリー任務リンク()】 【戦果任務】.

次の