イデコ 企業型確定拠出年金 移管。 個人型確定拠出年金から企業型確定拠出年金への移管手続き

企業型からの移換申込方法

イデコ 企業型確定拠出年金 移管

一度現金化されてしまう(運用のやり直し)• 移管手続きに約2ヶ月かかる 証券会社によって 運用できる商品が異なるので、そのまま運用し続けることができません。 そのため、 運用していた商品を一旦売却し現金化してから「現金」を移管する必要があるのです。 一度現金化されても、新しい証券会社ですぐに運用しなおせば問題はないのですが、 「移管手続きには約2ヶ月かかる」ので下記のリスクが出てきてしまうのです。 市場が上昇してしまった場合にリスクが発生! 確定拠出年金の証券会社変更の手続き中に、市場が大きく上昇してしまった場合どうなるでしょうか? 移管手続きに約2ヶ月もかかるのですから、 その間に市場はどう動くのか誰にも分かりません。 現実にありえることです。 移管手続き中に市場が大きく上昇してしまった場合は、 そのまま運用し続けていれば運用益も大きかったのに、新しい証券会社で高くなってしまったものを再度買い直さなくてはなりません。 買い直しといっても、「現金化した時の投資信託の価値」と「買い直した投信の価値」は同じではありませんから、 損してしまうわけです。 市場が下落すれば、得になることも! しかし、逆に言えば 確定拠出年金の移管手続き中に市場が大きく下げた場合は、大きく得します。 2ヶ月の間に市場がどうなるかは誰にも分かりません。 でも、市場が順調に上げていく場合を考えれば、 2ヶ月運用できないことは損をしてしまうことが移管の最大のリスクと言えます。 確定拠出年金iDeco イデコ を移管するなら、ココ! 個人型確定拠出年金の口座は移管するとリスクはあります。 しかし、個人型確定拠出年金は「年金」です。 運用期間が長い!! 長い人なら、運用期間は40年にもなるのです。 コスパの良い証券会社に変更するだけで、大きな差になります。 コストが安くて良い投資信託を揃えている証券会社に移管すれだけで、 大きな利益を生むメリットのほうが大きい!! 今すぐ低コストの証券会社に移管変更しましょう! おすすめは、最安の信託報酬で運用できる「eMAXIS Slime進国株式インデックス」が購入できる、です。 運用コストを必ず確認することが、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)で成功するコツです。 私の質問に答えていただいてありがとうございました!!なるほど〜! やはり移管手続き中の2ヶ月の空白が問題になるのですね。 ネット銀行のお得な定期口座をサーフィンするのとはわけがちがいますね。 そうなると、私の場合、どうしようか、です。 今手続きが進みつつあるSBIの口座開設をキャンセルして、一から楽天でスタートするか、とりあえず今から手続きする楽天よりは2ヶ月は口座が早く使えるだろうSBIと腰を据えて付き合っていくか。 あうう、高待遇男子とのお見合いで「末長くお願いします」と言った帰り道に、超イケメンと出会っちゃったような状態??どっちにしても贅沢な悩みですが(^^; 教えていただいて考えをまとめられそうです。 ありがとうございました。

次の

転職することになったら? 確定拠出年金における転職時の手続き方法と注意すべきポイント

イデコ 企業型確定拠出年金 移管

そもそも確定拠出年金とは何か? よく理解せず入社時に加入した人も多いかもしれません。 僕もその一人です。 一体確定拠出年金とは何でしょうか? 確定拠出年金とは 20歳以上の国民全員が加入する「国民年金」が1階部分、サラリーマンや公務員のみが加入できる「厚生年金」、自営業者やフリーランスが加入できる「国民年金基金」が2階部分と言われます。 そしてその上の部分(3階部分)が「私的年金」と呼ばれ、確定拠出年金はこの3階部分にあたります。 出所:を参照して作成 確定拠出年金は運用を個人で決めることができます。 確定「給付」型年金とは異なり、もらえる年金額は個人の運用成績によって左右します。 確定拠出年金は企業型と個人型にわかれます。 〇企業型 企業に所属する従業員が加入することができる制度です。 雇用されている会社に制度がないと加入できません。 掛金は会社が拠出します。 近年では企業年金の代わりとしてこの制度を採る会社が増えています。 退職金制度の一環として取り入れている会社もあります。 〇個人型 401K、iDeCo(イデコ)、個人型DCなどとも呼ばれます。 これまでは自営業者しか入れませんでしたが、2017年の税制改正で公務員・専業主婦(主夫)・企業年金制度または企業型確定拠出年金制度のある会社に勤めるサラリーマンも加入できるようになりました。 会社を辞めた場合はこちらに加入することになります。 いずれにせよ運用は自分で行います。 上手く運用すれば将来の年金額を大きく増やすことができます(もちろん元本割れのリスクもあります)。 国民年金だけで老後を乗り切るのは困難なので、その上乗せ分として確定拠出年金があります。 メリット、デメリットは? 確定拠出年金に加入するメリットデメリットは何でしょうか。 自営業者・フリーランスの場合、所得500万、扶養家族は配偶者1名、基礎控除などの控除を加算すると仮定した場合、 年間限度額の816,000円を拠出すると所得税は約244,800円減少します。 一般の口座で株式などを運用した場合、運用益や配当金には20. 135%の税金がかかる(2018年3月現在)ので資産形成には圧倒的に有利です。 リスクを減らしたい人は定期預金型の商品で運用することもできますが、それではあまり意味がありません。 将来もらえる年金が増えるだけでなく、現役時代の節税効果も非常に大きい制度です。 やってる人とやらない人とでは、将来もらえる年金額に大きな差が出るでしょう。 もちろんリスクはありますが、公的年金の将来が不安視される中で、将来ゆとりある生活を送るためには必ず加入しておきたい制度です。 長期的な資産形成の手段としては最強だと思います。 退職後はどうしたらいい? 手続き期限は? 企業型確定拠出年金の 資格喪失後(退職後)6か月以内に移管手続きをする必要があります。 移管しない場合、国民年金基金連合会に自動移管されてしまいます。 移管しないとどうなる? ムダな手数料がかかる 国民年金基金連合会に自動移管されてしまうと以下のムダな手数料を支払うことになります。 まったく運用がされないので当然資産は増えません。 それどころか上記の手数料が毎月引かれることになるので、 資産は目減りする一方になります。 加入期間とみなされない 自動移管中は確定拠出年金の加入期間とみなされません。 確定拠出年金は60歳まで受給できないと書きましたが、 60歳時点での通算加入期間が10年未満だと支給が先延ばしされてしまいます。 自動移管中は加入期間に算入されないので、放置しておくと年金支給時期が遅くなってしまいます。 脱退はできる? 退職したら確定拠出年金は脱退して、お金返して欲しいと考える人もいるでしょう。 しかしそれには条件があります。 確定拠出年金の加入者でも運用指図者でもないこと• 資産額が1万5000円以下であること• 資格喪失後6か月を経過していないこと *資格喪失後6か月を過ぎるとさらに条件が厳しくなります。 僕のようにサラリーマンを10年以上続けてきた人は、ほぼほぼ脱退は不可能と考えておいてもいいでしょう。 資産額1万5000円以下で返ってくる際にも手数料が発生するので、一時金をもらっても得することはあまりありません。 個人型に移管して運用を続けていくべきでしょう。 退職後の移管方法 退職後の身の振り方によって移管先は異なります。 今の会社を退職後、転職をして確定拠出年金制度のある企業に転職する場合は、新たな会社で制度に加入すればOKです。 それ以外の場合は基本的に個人型へ移管することになります。 なお、個人型に移管する場合、当然掛金は自分で拠出することになりますが、掛金は拠出せず「運用指図者」として運用の指図だけを行うこともできます。 手続きはどうする? 企業型に移管する場合 新しい勤務先の指示に従って手続きを行いましょう。 個人型に移管する場合 手続きは移管したい証券会社等のHPから口座開設を行えばOKです。 指示に従って手続きをすれば大丈夫でしょう。 確定拠出年金を扱う証券会社の例• 退職から1か月後くらいには確定拠出年金加入者資格喪失手続完了通知書が送られてきます。 移管に必要となりますので、必ず大切に保管しましょう。 手数料が安い• 商品のバリエーションが豊富 手数料は重要です。 管理手数料などが高いと資産を増やすのが難しくなります。 手数料は必ず安いところを選びましょう。 扱っている商品のバリエーションが豊富なことも重要です。 バリエーションが少ないと選択肢が狭まり、投資環境や自分の将来計画に合わせた投資商品の組み合わせが組みにくくなります。 また、自分が投資したい商品が明確にある場合は、その商品を扱っている先に移管するのもいいでしょう。 僕はに投資をしたかったので、これを扱っているに移管しました。 なお後から運用会社を変えることもできます(手数料がかかります)。 どのように運用すればいい? 運用方法はみなさんのライフプランや年齢に応じて決めましょう。 若い人は多少リスクをとってでも大きな収益が見込める株式中心のポートフォリオを組むのもいいでしょう。 安定的な運用を目指したい人は元本保証型の定期預金や債券を中心に組むのがいいかもしれません。 また経済情勢等に合わせて定期的にポートフォリオの見直しを図ることも必要でしょう。 掛金を拠出せず運用だけすることもできる 加入したからと言って毎月掛金を拠出しないといけないわけではありません。 運用指図者として既に積み立てたお金を運用するだけでもOKです。 「収入が少ないから今はお金を出したくない」と思って放置するのはやめましょう。 ただ、個人型確定拠出年金は月5,000円からの掛金でOKなので、できれば5,000円だけでも掛け続けた方がいいと思います。 まとめ:放置せず退職後は速やかに移管手続きをしよう! 確定拠出年金は会社在籍時にはあまり意識してなかった人も多いでしょう。 しかし、自分の老後資産を作るのに重要な制度です。 かならず退職後は放置せず、すみやかに個人型に移管するようにしましょう。

次の

企業型確定拠出年金の概要と、iDeCoからの移行手続きについてまとめ

イデコ 企業型確定拠出年金 移管

企業型確定拠出年金に加入しており退職して当面再就職する予定がない、自営業をする、再就職先に企業型確定拠出年金がない場合は個人型確定拠出年金 iDeco に移管する必要がある。 しかしネットで調べていても正しい手順が見当たらず困惑していた。 実際に移管手続きをし手順が明確になったのでまとめた。 企業型確定拠出年金運営機関の一つである日本レコードキーピングネットワーク(NRK)からSBI証券に移管する手順になっている。 移管先の個人型運営機関は自分で決める事になる。 特に運用するつもりのない人は運用管理手数料が0円の楽天証券やSBI証券でいいだろう。 運用予定の人は自分の投資方針にあったプランのあるiDecoを運営している金融機関を見つける必要がある。 個人型確定拠出年金へ移管のスケジュール 6ヶ月以内に移管を完了する。 もしそれ以上放置すると国民年金基金連合会に自動的に移管されてしまう。 自動移管されると 3つのデメリットがある。 年金資産は運用されることなく現金で管理され、掛金拠出、運用指図、年金給付のご請求等を行うことがでできない。 自動移換後の連合会に預け入れられている期間は正式な加入期間とは看做されないため、受給開始の時期が遅れる場合もある。 移換手続きに伴い必要となる手数料とは別に、連合会への移換手数料等(特定運営管理機関手数料等)の負担が生じる。 出典 余計な手数料が発生するので早めに移管処理をしたい。 しかし退職直後に手続きが開始できるわけではない。 勤めていた会社から企業型運営管理機関 NRK に退職が通知され資格喪失の処理が行われてから個人型運営管理機関である銀行や証券会社 SBI へ移管する流れになる。 資格喪失後の案内は1〜2ヶ月で到着するのでそれに合わせ個人型運営管理機関へ申請用資料請求をする。 実際に資格喪失の案内は約40日でNRKより届いた。 資格喪失後の案内と申請用資料で個人型運営管理会社へ提出すればあとは完了通知を待つだけ。 ただしばらく待つ。 2.移管する予定の証券会社 SBI から資料請求する SBIに限らずどこのネット系証券会社でもまず口座を作ることが前提。 そして加入後に資料請求を行う。 資料請求では自身が次の会社に入社しているか、無職・自営業か年金資金があるかないか継続して掛け金を掛けるか否かによって届く申請資料が異なるのでいい加減に選択してはいけない。 例では無職、移管する資産あり、企業型確定拠出年金から移管する、掛け金は無しのケースで資料請求をしている。 なお資料請求は退職後直ぐでなくとも問題ない。 理由は確定拠出年金管理機関 NRK から通知が届かないと申請できないのでその間に申請フォームが変更されていると再提出になる可能性もある。 SBIの場合だと書類は約2週間で届くので退職して3週間後に資料請求すると丁度いい感じだ。 3.確定拠出年金管理機関から加入者資格喪失のお知らせ 退職後1か月〜2か月で確定拠出年金管理会社から確定拠出年金の加入者資格喪失のお知らせが届く。 退職後2ヶ月以上かかっている場合は管理機関に連絡した方がいい。 この通知で管理機関が退職を確認して移管先の証券会社や銀行に移管してもいいという手続きがされた。 この通知書から移管の申請に必要な情報は太字の基礎年金番号と実施事業所登録番号の2つ。 4.申請書類に記入して銀行や証券会社(SBI へ提出する SBIの場合であれば書類請求時に選択した内容で必要な書類だけが送付されてくるのでそれに記載して送り返す。 無職、企業確定拠出年金からの移管、新規に拠出はしない(掛け金無し)だと提出書類一覧のVの申請になる。 必要な書類• 個人別管理資産移管依頼書• 確認書• 本人確認書類(免許証や保険証などの写し) 個人別管理試算移管依頼書に3番で届いた通知書の基礎年金番号と実施事業所登録番号を書き写す。 他は氏名、生年月日、住所、勤めていた会社名、拠出年金管理会社などを埋める。 確認書はその証券会社や銀行で確定拠出年金を運営する同意書で氏名や連絡先を記入し免許証や保険証の写しを台紙に貼り付けて提出して作成終了。 新規に拠出する(掛け金あり)の場合はBの申請になり個人型年金加入申込書が追加になる。 拠出する銀行口座なども記入することになる。 移管に4か月程度かかる場合があるようなのであとは完了通知を待つだけ。 この手順の2番と3番が入れ替わって資格喪失通知が届いて資料請求しても問題はないが紹介した手順がよりスマートだ。 書類受け取りのメール 下記のメールがSBI証券より届く。 このたびは「SBI証券個人型年金プラン」にお申込みいただきまして、 誠にありがとうございます。 お客様の返送書類を受領いたしましたので、 ご報告させていただきます。 万が一、書類に不備があった場合は別途返送させていただきますので、 大変お手数をお掛けしますが、不備内容をご確認の上、 再度、ご返送いただきますようお願いいたします。 確認が完了いたしましたら、加入者さま向けサイトのログインID等が記載された 「IDおよびパスワードのお知らせ」をお客さまのご住所宛に発送いたします。 発送までには概ね1ヵ月~2ヵ月程度かかりますので、いましばらくお待ちください。 iDeco用の口座情報が届く SBIの場合は3〜4週間経つとiDeco用 個人型年金プラン のURL、ユーザー番号、パスワードの同封された書類が届く。 この時点ではまだ移管は完了しておらず資産はゼロ円になっていた。 よくある質問も同封されていたので記載した。 Q.資産の移換にかかる日数は? A.受付をしてから不備が無ければ1〜2ヶ月 Q.資産の移換が利用者サイトに反映されるタイミングは? A.資産が移管されたのとほぼ同時 Q.今月分の掛け金から運用指図内容を変更したいのだが? A.毎月26日の9営業日後までに変更を行うと当月分から反映する。 Q.運用商品の売買結果が利用者サイトに反映されるのはいつ? A.運用購入日から2〜3日後 Q.届出内容に変更があった場合は? A.変更届の提出が必要。 詳しくは.

次の