顎ニキビ スピリチュアル。 ニキビの占い・ジンクス 〜ニキビができる場所・位置別

ニキビの場所で原因が分かる?専門医が教える「フェイスマップ」

顎ニキビ スピリチュアル

肌は内臓を映し出す鏡、顔の反射区は心身の問題をリアルに映し出す。 例えば口の横が切れると「胃腸が弱っている?」といわれるのも、口角は十二指腸の反射区だから。 こめかみや目の下あたりに目立つシミやシワ、ニキビなどの吹き出物、ホクロなどの肌トラブルは、どの内臓の反射区に出ているかによって、弱っている箇所や毒素が溜まっている臓器を知らせてくれているのだ。 顔の反射区は見るからに地図のようで、また美しさと健康のための道筋を示すという意味合いから「フェイスマップ」と呼ばれている。 そこで今回、東洋医学に基づく「顔観察法」をベースに現代の典型的な症状にフォーカスし、5つのフェイスタイプを作成してみた。 そしてそれぞれのタイプ別に、フェイスマップが指し示す原因と対策、さらにはおすすめコスメとサプリメントも紹介。 体内から排出されてくる老廃物や毒素に負けずに肌がリカバリーできるよう、食の改善とともに、フェイスマップに合ったコスメ選びこそが重要だからだ。 さあ、さっそく鏡を見てみて。 今のあなたの肌トラブルは、何を訴えている? Photographs: Noriaki Fukushima. Text: Takako Nabekawa. あの黒ずみは糖分が集まったために生じたもの。 フェイスマップでは、日頃から糖分を過剰に摂っている人が日差しを浴びると、肌表面に色ムラが浮いてくる、と考える。 こめかみや目の下のシミの対処法は? 「シュガーフェイス」とはその名のとおり、過剰な糖分の排泄によってシミ、色素沈着、ホクロなどが現れている顔のこと。 均一に黒くなるのではなく、盛り上がったシミやホクロ、複数の色ムラとして現れる。 これらのサインは、特に糖分と深く関わっている膵臓の反射区に現れやすい。 膵臓の反射区は、こめかみの上方ゾーンと鼻筋中央の鼻背から目の下にかけてのゾーン(写真のブルー部分)。 ここにサインが出ていたら糖分過剰と心得て、血糖値を急上昇させる精製した白砂糖やガムシロップ、人工甘味料を含むジュース類、チョコレートやアイスなど甘いお菓子は控えよう。 お米も白より黒、未精製の玄米がベター。 おやつには低糖のスウィーツを。 膵臓はあぶらの代謝にも関わっているため、動物性脂肪を摂りすぎると負担となり、このゾーンにシミが出現。 生クリームやラード、牛脂、牛肉フォアグラ、あん肝、サラミなどは特に動物性脂肪が多いので要注意。 思い当たる場合は玄米菜食や粗食に切り替えて。 砂糖の摂りすぎを中和するたまねぎや大根などの中和野菜もおすすめだ。 シュガーフェイスの色ムラをきれいにするため、コスメは美白ケアが不可欠。 ただしやみくもに選ぶのではなく、抗糖化作用があるものをチョイスしよう。 体の奥に溜まりがちな過剰な糖質を排出しようとして色ムラになっているので、糖分にアプローチできるコスメが「シュガーフェイス」にはおすすめだ。 ところが現代、和食では決して使わない食材、バターやラード、マーガリン、ココナツミルク、チーズ、コーヒーミルクなどの飽和脂肪やベーコンなどの動物性脂肪を食べすぎている私たち。 頬に出るテカリや乳白色のニキビ、黄色い吹き出物は、体内で処理しきれないあぶらっこい食べ物の排泄の証。 肌は常にあぶらの排泄でギトギト、さらにそれに拍車をかけるのが、食生活の南国化だ。 頬のテカリ・ニキビ・毛穴の対処法は? 私たちは毎日のようにバナナやキウイ、ライチなどの果物やマンゴープリンのような南国系デザートを食べている。 タイ料理のように砂糖、香辛料、脂肪が多いメニューも定番化した。 実はフェイスマップでは、頬の毛穴がゆるんで開く原因として、食生活の南国化を挙げている。 南国特有の食べ物は、体温を下げるために毛穴や汗腺を開かせ、皮膚をゆるめるのである。 あぶらっこいものと南国フードの摂りすぎが、テカリ、ニキビ・吹き出物、毛穴の開きの三重苦肌を作ってしまう。 「トロピカルフェイス」の兆候は、胃の反射区である頬骨ゾーン(写真のイエロー部分)に現れやすい。 ストレスで胃が痛くなるように、日本人は考えすぎによる胃の負担が大きく、頬骨ゾーンに肌トラブルやコリ、むくみが生じやすい。 アルコールや薬品を過剰摂取していると、ますます胃に負担がかかるので要注意。 このタイプは過食傾向が強いので、プチファスティングやジュースクレンズで胃を休めるといい。 「トロピカルフェイス」におすすめのコスメは、あぶらの排泄をスムーズにしてダメージを回避させる抗酸化ケア。 毛穴を引き締めるコスメやビタミンCコスメも好相性だ。 額のニキビ、口もとのシワの原因 私たちのご先祖様は玄米から食物繊維を、お漬物から発酵食品をふんだんに摂り、腸の中を善玉菌できれいに保っていた。 ところが現代、パン食と肉食のおかげで悪玉菌にすっかり懐かれ、腸内細菌のバランスはとても劣悪。 クリームパンやデニッシュなどのパン食は糖分過剰、唐揚げなどの肉食は動物性油脂の過剰、ハンバーガーはパン食と肉食のダブルパンチだ。 額のニキビ、口もとのシワの対処法は? こんな食生活をしがちな20代の顔は、まさに「バーガーフェイス」。 腸の反射区である額(写真上のピンク部分)に、ニキビ多数。 フェイスマップでは額ニキビは腸の汚れであり、食べすぎたものの排泄と見る。 テカリや白ニキビはチーズやミルクなどの乳製品や卵の摂りすぎ、黄色っぽい吹き出物は動物性脂肪や肉の食べすぎ、赤い吹き出物はチョコレートをはじめ、砂糖や果糖などの甘い物の食べすぎだ。 腸といえば、もうひとつ。 顔のリフレクソロジーに基づく腸の反射区は、口のまわり(写真下のピンク部分)。 ホウレイ線にもろにかぶる。 ホウレイ線が深い人は腸が弱いという見立てで、以前に腸の病気を患った安倍晋三総理の顔にも、それが見て取れる。 また、腸は第二の脳といわれ、腸のゾーンである額や口のまわりにはメンタル面の疲労も蓄積する。 額や口まわりに変なシワがあるようなら、精神面のダメージを疑っていい。 「バーガーフェイス」をキレイにするには、一にも二にも腸活。 昔ながらの玄米と発酵食品がベストだけれど、難しければ腸の善玉菌を増やす食品を積極的に摂ろう。 額ニキビのケアには単なるニキビ用化粧品ではなく、肌の常在菌バランスを整えるものが合う。 ホウレイ線は腸の反射区なので、マッサージツールなどで刺激するのも一案だ。 口の上下の肌荒れやニキビの原因 毎日きちんと洗顔しているにもかかわらず、あごの毛穴のザラつきや白くポツポツした角栓、しつこいあごニキビにイラッとしている人は、意外に多いはず。 あごの部分だけは角質ケアをしてもキレイになりにくいのはなぜだろう? その答えをくれるのがフェイスマップだ。 口の上下の肌荒れやニキビの対処法は? 口の上下(写真のオレンジ部分)は子宮と卵巣、つまり生殖器の反射区。 口の上は男性なら口ひげが生えるところ、口の下はあごひげが生えるところで、どちらも性ホルモンの影響を大きく受ける。 生理前に肌荒れしてニキビを作りやすいのも、実はあごひげゾーン。 あごにびっしりと集中的にできる吹き出物は、生理不順や婦人科系の機能の弱まりのサイン。 婦人科系が悪いと膀胱も不調になりがちで、あごの下のほうにブツブツが出る時は、膀胱の不調も疑われる。 生殖器のゾーンだから食べ物は関係ないのでは、と思ったら大間違い。 フェイスマップでは牛乳やチーズ、バターなどの乳製品の油脂を摂りすぎると生殖器の負担となり、それを排泄しようとしてその反射区に角栓やニキビができてしまうと考える。 それが「ミルキーフェイス」。 さらに動物性のタンパク質、脂肪、塩分が多いオヤジのおつまみ系食品は、口ひげの位置に横ジワを刻んでしまうので、充分に注意したい。 「ミルキーフェイス」のガンコな角栓やニキビを阻止するためには、生殖器の働きにいいといわれるひじきやわかめなどの海藻類を。 ホルモンバランスにいいといわれるマカや大豆イソフラボンもおすすめだ。 毎日のスキンケアには、単なるニキビ対応の化粧品ではなく、女性ホルモンのバランスを整える成分が入っているコスメを使うのが賢い選択といえる。 秋は乾燥によって、鼻づまりやのどの腫れ、肌荒れなど呼吸器全般が不調に陥りやすい。 それに加え、現代の食生活は揚げ物などの高脂肪食まみれ。 唐揚げ、天ぷら、メンチカツ、エビフライ、コロッケ、ドーナツ、揚げせんべいなどの摂りすぎは、呼吸器の粘膜を乾燥させる。 頬からフェイスラインの乾燥の対処法は? フェイスマップでは、高脂肪食を摂りすぎると水分の蒸発を防ぐ皮膚の下に脂肪の層ができ、肌がカサカサになると見立てる。 特に頬からフェイスラインのエリア(写真のグリーン部分)は肺・呼吸器の反射区。 不快なほど乾燥が激しい部分だ。 このような揚げ物乾燥肌「フライドフェイス」にとって、もっと油を摂ろうなどと思うのは逆効果。 また、このエリアにシミやホクロが急増した場合は、砂糖の摂りすぎによる肺の粘膜の乾燥だ。 さらに肺を含む呼吸器と大腸は互いに影響し合っているため、高脂肪食や砂糖過多の食事を続けていると腸内細菌バランスを乱し、腸粘膜にダメージを与える。 「フライドフェイス」をみずみずしく保つ秘訣は、体にいい油よりもまず、高脂肪食を中和してくれる大根やかぶなどの白野菜をたっぷり摂ること。 スーパーフードならスピルリナやモリンガなど、内側の脂肪にアプローチするものをセレクトしよう。 さらに秋は、スキンケアにも工夫が必要だ。

次の

【場所別】ニキビのジンクス&スピリチュアル19選!場所でわかるニキビの意味は?

顎ニキビ スピリチュアル

しこりニキビの種類 しこりニキビは1度出来てしまうと、とても厄介です。 しこりニキビには、特徴の異なる2つの種類があるのはご存知ですか? 赤く腫れ上がった中心に黄色っぽい芯があるタイプ• ニキビの芯が見えないタイプ それぞれの特徴を詳しくご説明します。 赤いしこりニキビの特徴 赤いしこりニキビは、ニキビ菌として知られる「アクネ菌」が毛穴の中で繁殖した状態です。 そのため炎症が起きて色が赤くなっているのです。 炎症によって膿が溜まると、しこりのように固まってしまっています。 色味が紫色に近い場合はさらに症状が悪化し膿に血液が混ざっている状態です。 芯が見えないしこりニキビの特徴 芯が見えないしこりニキビは、ほとんど変色のない場合もあれば、赤みがかかっている場合もあります。 芯が見えないニキビは、体の中の老廃物などにより皮脂のつまりが皮膚の奥深くで起こっています。 ニキビの芯が皮膚の奥にあるため表面には見えませんが、その部分で炎症が起きたり、炎症によって膿が溜まったりしてしこりのような塊ができます。 また、しこりニキビは粉瘤(腫瘍)と間違われやすい側面もあります。 なかなか治らない…という場合は専門医に相談してみてくださいね。 アゴにしこりニキビや顎ニキビができる原因 そもそもどうして顎ににきびができやすいのでしょうか? 主な原因をみていきましょう。 皮脂の詰まり 顎周りは汗腺が少ないので乾燥しやすい場所といわれています。 その一方で、皮脂腺が多く皮脂分泌が過剰になりやすい部位でもあるのです。 そのため、顎や口周りは毛穴に皮脂が詰まりやすくニキビが発生しやすいのです。 ホルモンバランスの乱れ 顎ニキビの原因のひとつはホルモンバランスの乱れです。 思春期は、おでこや頬にニキビができるのに対し、20代後半から30代になると顎や口周りにニキビができるようになります。 毎月の生理によりホルモンバランスが乱れると、黄体ホルモン(男性ホルモンと似た働きをするホルモン)が優位になります。 すると皮脂分泌が活性化しニキビができてしまうのです。 顎ニキビはホルモンの影響を受けやすく、大人になってから発生するため「大人にきび」とも呼ばれています。 ストレス ホルモンバランスに影響を与えるのは、生理だけではありません。 人はストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れ交感神経が優位になります。 交感神経は皮脂分泌を活性する作用があるため、ニキビができやすくなってしまうのです。 また、ストレスを感じると不眠や食習慣の乱れを招きやすいため、ニキビをさらに誘発してしまいます。 顎にできるしこりニキビは跡が残りやすい? 顎にできるしこりニキビの厄介なところは、「長期化する」ということ。 膿ができるほど炎症が進んでしまっているので、炎症が収まるのには時間がかかってしまうのです。 長期化するとどうなる? 治りにくく、繰り返しできる「しこりニキビ」。 特に芯の見えないしこりニキビの場合、炎症が皮膚の奥深くで起こっているため体の内側から治していくしかありません。 しこりの元が完全に消えるまでは、治ったように見えてもまた悪化したり近くに同じようなニキビが出来てしまったり…。 さらに、長期化することで肌の細胞がダメージを受け続けてしまいます。 赤みが沈着してしまったり、治そうとする細胞が過剰に出来てニキビ跡がしこりになってしまうこともあるのです。 そのため、しこりニキビは長期化するほど跡が残りやすいと言えます。 1日でも早くしこりニキビを治すには? 長期化するとは言っても、できれば1日でも早く治したいですよね。 しこりニキビを治すために重要なことは「肌の再生能力を高めること」です。 ニキビの種類別に、対策方法についてみていきましょう! 触ると痛い赤いしこりニキビの対策 赤いしこりニキビの場合、肌の表面は炎症によってとてもデリケートな状態になっていますのでなるべく刺激を与えないようにしなくてはなりません。 皮膚科では炎症を抑えるための抗生剤が処方されることもありますが、強力な抗生剤により肌の再生に欠かせない肌バリア機能をつくる「常在菌」という善玉菌が失われてしまいます。 そのため肌の再生を促し正常な状態を作ることも並行して行う必要があります。 芯の見えないしこりニキビの対策 芯の見えないしこりニキビは、芯や膿を皮膚の表面から出すことができません。 また肌の内側で皮脂のつまりが起きてしまっているため、表面からケアをしてもあまり効果がありません。 そのため肌の再生能力を高め、奥深くから代謝を促すことで肌の状態を正常にしていく必要があります。 どちらのニキビでも肌の再生能力を高めることは非常に重要なケア方法なのです。 しこりニキビのような炎症性ニキビは、炎症が皮膚の深いところまで達してしまうと色素沈着やニキビ痕を残してしまいます。 炎症性ニキビに移行してしまった場合は、内服薬や外用薬を用いた治療によって炎症を抑えることが可能です。 同時に、生活習慣の改善や正しいスキンケアによって新しいニキビを予防・早期治療することも大事なポイントとなります。 ターンオーバーを正常化して肌を健康な状態に保ち、ニキビ跡が残らないようにしましょう。 肌の再生能力を高める方法 肌のターンオーバーを促進して、再生能力を高めるにはいくつかの方法が挙げられます。 生活習慣の見直し• 肌を清潔に保つ 今回は、上記の2つを重点的にご説明します。 お肌の改善には、規則正しい生活を心がけることが重要です。 野菜をしっかり摂って、3食規則正しい食生活• 適度な運動を心がける• 睡眠時間をしっかり確保し、熟睡出来る環境を整える 上記のような生活習慣の改善をしましょう。 洗顔後、清潔なタオルでやさしく水気を取る• 日常生活でニキビに触れないよう気をつける• タオルや枕カバーをこまめに交換する• 洗顔料やコンディショナーのすすぎ水が残らないように十分すすぐ 主に、上記に挙げたポイントに注意しましょう。 皮膚科の処方薬や塗り薬を利用する 忙しくてつい生活習慣が乱れがちになったり、どんなに気をつけていても生理前やストレスが溜まるとどうしても調子が悪くなる…という場合、皮膚科やクリニックで専門医に治療法を相談するのもひとつの手です。 肌の再生をサポートしてくれる処方薬や塗り薬を処方してもらいましょう。 忙しくてなかなか病院に行けない…という人は市販のニキビ用スキンケア商品やサプリメントを使用してみるのも効果的です。 肌の再生を促し、根本の肌質を改善していくことで今後のニキビ予防やニキビ跡への効果も期待できますよ。 ニキビ肌に合ったスキンケア商品を使用する 生活習慣をなおしても、肌を清潔に保ってもニキビがなかなか治らない… という方も多いのではないでしょうか? もしかすると、その原因は毎日のスキンケア方法にあるかもしれません。 というのも、ニキビ肌はとてもデリケートなので成分には注意が必要です。 化粧水や乳液に添加物が入っていると、その刺激によって逆にニキビが悪化してしまうことも… スキンケア用品は、なるべく添加物の入っていない、肌にやさしい商品を選びましょう。 医薬部外品の「メルライン」は、合成香料・着色料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベンなどの添加物を配合していない、無添加にこだわった低刺激のあごニキビ用ジェルです。 」 使いはじめて4日ですが、少しあごニキビの赤みがキレイになったように思います。 転職してから日々悪化するニキビに悩み、いろんな物を試してきました。 現在酵素などの健康食品で体内からケアをしつつ、 メルラインでニキビが治った後のケアとしてお肌がもっとキレイになればと期待しています。 使用前より痛い化膿ニキビがへってきたかも!?たまにできても早めによくなり、20年間ニキビと戦い続けてきた私にとって手放せない商品です。 まとめ 顎ニキビやしこりニキビを改善するポイントは、 『規則正しい生活を心がける』『肌を清潔に保つ』この2つのポイントが大切です。 もし、それでも改善しなかった場合には1度皮膚科で診断してもらうことをオススメします。 また、顎ニキビを治す上で毎日使用するスキンケアはとても重要です! メルラインは、無添加なので敏感なニキビ肌の方も安心して使用できます。 お気に入りのスキンケアにまだ出会えていない…という方は是非一度ニキビ用化粧品「メルライン」を使用してみてくださいね。 <<Real Beauty Care商品一覧>> 気になる商品がありましたらクリックしてみてください!.

次の

吹き出物やニキビのスピリチュアル的原因やメッセージΙ場所で違う

顎ニキビ スピリチュアル

ニキビにスピリチュアル的な意味があるのか? 世の中にはおでこにニキビができると災難が起こるとか、顎にニキビができると金運が下がるなど、ニキビにはスピリチュアル的なメッセージがあると紹介してるようなメディアやサイトがありますがその内容のほぼほぼが嘘です。 断言しますが真実を違えています。 ではニキビにはスピリチュアル的なメッセージはないのか? 世の中的に言われてるような迷信や占い、呪い まじない のような内容のものではなく、じつはもっとはっきりとした体から現れるスピリチュアルのメッセージが込められていたりします。 ニキビが出現する場所の経絡を辿っていくと体のいかなる場所に不調があるのかがわかります。 そしてその体の不調の原因となっているエネルギー的なトラブルがなにであるのか?ニキビの現れる場所から実はスピリチュアルなエネルギートラブルを理解することができます。 スピリチュアルなエネルギーに関わるトラブルの原因がわかるとその原因を自らの生活や行いによって改善することもできます。 つまりニキビには体の不調とその不調の原因となっているスピリチュアルなエネルギーのトラブルを理解するためのメッセージが込められてると言えます。 【目次】• ニキビをスピリチュアル的に説明すると 結論からお話しすると、ニキビびスピリチュアル的な意味は、ニキビが出来た場所とエネルギーライン 経絡 で繋がる内蔵や身体の不調に関係しています。 内臓にはそれぞれチャクラが関わるため、チャクラ側のエネルギートラブルにまで遡ることが出来ます。 そしてチャクラは人間が放出するオーラの色や性質に関わります。 ちょっと大げさな話にも聞こえるかも知れませんが、簡単に言うと、人間の肉体の表面に現れるあらゆる症状は、遡れば人間の霊的なコンディションにまで遡れるということでです。 顔に表れるニキビにも同じことが言えて、顔のあちこちに現れるニキビは、顔に無数にあるエネルギーライン 経絡 を通じ、さまざまな肉体的な不調や霊的な不調へと遡ることが出来ます。 チャクラとはなんぞや?という人はこちらの記事を参考にしてみてください。 鼻の下のニキビのスピリチュアル的な意味 鼻の下やちょっと横ら辺にニキビがある場合、 スピリチュアルなエネルギー的な話で言えば、腸が弱っていたり体に毒素を溜め込んでいる可能性があります。 腸が弱る原因としては、不安や自己否定ストレスなどいずれにしても精神的な要因が大きいです。 それが胃腸の活動を停滞させその結果として体の毒素の排泄がうまくいかなくなります。 腸の機能に深く関わる第二チャクラは呼吸ともつながっているため、鼻の下のニキビは肺や呼吸などの機能にも関わります。 そして呼吸の出入り口である鼻に、何かしら最初のトラブルがある可能性があります。 鼻の下にニキビがある人は 鼻の下にニキビがある人の話をまとめてみると……• 鼻水、鼻づまり、鼻炎、花粉症などの症状を持っている可能性がある• 胃腸などに不調を抱え精神的なストレスを抱えている可能性がある• 鼻の不調により肺が弱っている可能性がある といったことが言えると思います。 これら症状へのアプローチとしては、鼻水鼻づまりなど鼻の症状を改善させることにより肺への負担は減ります。 そして精神的なストレスや不安などを取り除くことによって胃腸は正常に働き 排泄や解毒が正常に働くようになります。 ニキビというのはその症状そのものに意味があるのではなく体のもっと奥深いところにあるトラブルが表面的に現れたものです。 ニキビが大体いつも同じ場所にできるというのもこういった体の奥底と繋がっているということが本質的な理由です。 おでこや眉間のニキビ のスピリチュアルな意味 眉間のニキビは肝臓の疲労に関連していて、体に毒素が溜まっている可能性があります。 肝臓は体の毒素を解毒する臓器なので、もし眉間のニキビがなかなか治らないとか、治ってもいつも同じ場所に出るという人は、レトルト食、コンビニ食、ファーストフードやスナック菓子、外食やアルコールの摂取が多いかもしれません。 外食が多い人も注意が必要です。 外食は油や塩分が多いからです。 こういった日常の食生活が肝臓にかかる負担をじわじわと増やしそのダメージを蓄積させていきます。 眉間から繋がる鼻筋にかけてのゾーンに現れるニキビは、鼻のニキビでも説明した鼻や肺に関わるような不調とも関係しているかもしれません。 こめかみのニキビのスピリチュアルな意味 眉間の上のおでこあたりも眉間のニキビと意味合いは近いですがこの辺りに現れるニキビは睡眠不足やストレスなどにも関係しています。 眉毛のあたりや目の少し上の辺りなど目の上あたりは眉毛のあたりに出るようなニキビは腎臓の不調と関連しています。 腎臓の負担を減らすためにはアルコールの摂取や塩分の摂取を控えると良いでしょう。 体の水分が足りていない可能性があるため、多めの水分摂取が必要な場合もあるかとおもいます。 カフェインの多い飲み物屋甘い飲み物を取りすぎないようにして、飲み物 もカフェインフリーのお茶や水など体や腎臓に負担がかからないものに切り替えていきましょう。 これら眉間やこめかみのニキビに関する改善のアプローチは簡単で、食生活や生活習慣を見直すのが一番良いでしょう。 左頬、右頬のニ キビのスピリチュアル的な意味 左頬にできるニキビ 左側の頬のあたりに表れるニキビは目の疲れやストレス睡眠不足などに関係しています。 こめかみからほほに繋がる部分はそのまま首や肩へと繋がっていくため、首や肩のコリも目の下や頬に出来るニキビに関わっています。 首回し運動や、日々の軽いストレッチ運動が首や肩のコリをほぐし、肩から上部の血行をよくしましょう。 右頬 にできるニキビ 右ほほのニキビは喉の痛みは鼻炎、気管などに深く関わっています。 右の頬と左の頬では、 ニキビが意味するところの体の不調をの意味合いが違うのは興味深いところですが、そもそも人間の体の臓器は左右対称ではなく、人間のエネルギーの流れも左右非対称であるからです。 鼻に来る症状の多くは、アレルギーが関係するので、デトックスや免疫力を向上させることが特に重要になります。 口の周りや顎から首のニキビのスピリチュアル的な意味 口の周りや顎にできるニキビは胃の不調に関係しています。 鼻の下のニキビが胃腸に対応していたことを考えるとさらにその下に当たる口や顎付近はより胃に密接していると言えます。 このあたりから胃につながる経絡は多く、胃に多くの負担がかかることで口の周りやあごのニキビが増えるということが言えると思います。 胃に負担をかけすぎないためにはやはりアルコールやカフェインの摂りすぎを控えたり辛いものだと胃に強い刺激を与えるものや消化に悪いものの摂取も控えることを心がけましょう。 ストレスや不安も胃の働きを妨げるのでストレスや不安を解消していくことも大切です。 たまには胃を休めたり冷たいものより温かいものを飲むことを心がけると良いでしょう。 体を温める生活を心がけてください。 それと野菜や果物を多く食べてより多くのビタミンを体に取り入れましょう。 ニキビのスピリチュアル的な意味 まとめ 顔にできるニキビに関して言えるのが、スピリチュアルな界隈でよく言われる、 災難が起きるとか金運があがるといった迷信や呪いのような類のものではなく、私たちの体のエネルギーライン 、つまり経絡を通じて表面化している体の不調が原因です。 顔のニキビができるいくつかのポイントにはそれぞれ エネルギーラインによって結びつく臓器やその臓器に対応するチャクラなど本質的なエネルギーのトラブルがあります。 おでこや眉間のニキビ 身体の不調:肝臓 対応するチャクラ:• こめかみのニキビ 身体の不調:腎臓、手足のむくみ 対応するチャクラ:• ひだり頬のニキビ 身体の不調:眼精疲労、肩、首の血行 対応するチャクラ:・• 右頬のニキビ 身体の不調:喉、気管、鼻 対応するチャクラ:• 鼻の下のニキビ 身体の不調:腸と肺 対応するチャクラ• 口、顎、喉のニキビ 身体の不調:胃 対応するチャクラ 一覧にすると分かりやすいですが、ニキビのもとになる身体の不調の多くは、第二、第三チャクラに対応しています。 つまり、顔のニキビとして現れる症状の多くは、食生活やストレスなどに起因していると言えます。 全てのニキビに関わる臓器の不調には本質的な原因として血の汚れがあります。 血液が汚れることは身体のエネルギーの汚れを意味しますし、私たちの食生活や日々の生活習慣によって体に溜まった毒素が体の臓器に負担をかけ、それによって私たちの体液や血液が汚れているのです。 ですから、顔に表れるニキビを気にするならば、食生活や生活習慣を正すことがもっとも効果的な方法です。 そしてもう一つ、私たちの肉体は私たちの心の表れです。 私たちの心に不安や恐れやストレスなどがあれば、身体のさまざまな機能は低下しますし、私たちが日々の生活の中でこれぐらいいいやと想って行う、不摂生な態度のひとつひとつが私たちの身体に影響を及ぼします。 心を清めて愛を持って生きて、日々を健やかに過ごすことで、私たちの健康で美しい身体をつくっていくことができます。 追記 今回のお話はおもに大人ニキビのお話なので、成人前の若者や子供達には必ずしも該当しないと思いますので参考程度に。 あと、私は化粧品とかアロマのメーカーでオーガニックのボディーケアとかヘアケアの商品開発をしていたことがあるのですが、ニキビの理由として見落とされがちなことがあります。 それは、メイク落としや、シャンプー、コンディショナーの洗い流しの残りです。 いずれも毛穴を詰まらせてしまうので、私は健康だけどニキビが… って人は気にかけてみてください。 それが私の願いです。 霊能力が身についたキッカケ 霊能力と呼ばれる力を手に入れるキッカケは、21歳の時に霊的な師と出会い、ヒーリングを受けた事でした。 私をヒーリングしてくれたその方は、世界を旅しながら無料で奉仕やヒーリングをして生きている方で、日々何十人、何百人と癒していました。 その方との出会いをキッカケに、私自身にもヒーリング能力が身についたり、オーラが見えはじめたり、体外離脱を体験したり、成仏出来ない霊を救う能力が発現したり、様々な霊的な体験をしました。 それら体験は、この天空の庭先にまとめられています。 体験談 天空の庭先オープン 2004年に楽天ブログで天空の庭先がスタートしました。 本業はデザイナーで、ふつうに社会で働きながら、平日の夜や週末の休みを利用して、霊的な疑問や相談にお答えする活動をしてきました。 今日までの天空の庭先の歩みはアーカイブのページにまとめられています。 私は本当の「天国」や「楽園」は、それを求める人の心の中にあるものだと思います。 ここを訪れる人たちが豊かで美しい人生を歩むヒントをみつけてくれたらそれは私にとって幸いです。

次の