かんぽ 養老保険 孫。 祖母から孫へ100万円の貯蓄保険

孫のために学資保険に入ろうとする 祖父母を全力で止めた方がいい理由

かんぽ 養老保険 孫

貯蓄性が高い生命保険として知られている「養老保険」ですが、どのような仕組みでどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは「養老保険」について解説を行います。 養老保険とは 養老保険とは、契約期間中に保険の対象である被保険者が死亡した場合でも、無事に保険期間の満期を迎えた場合でもあらかじめ定めた保険金が支払われる「生死混合保険」です。 【養老保険概念図】 そのために保険期間が定められていて、掛け捨てと一般的に言われる「定期保険」と比較をした場合、同一の保険金額であれば「定期保険」よりも「養老保険」の方が保険料は高額になります。 1-1. 保険料の例 例えば、某保険会社の養老保険の場合、40歳男性で保険期間10年・保険金額1,000万円の場合、月払保険料は83,020円になるのに対して、別の保険会社の無解約返戻金タイプの定期保険(いわゆる掛捨て)の場合、同じく40歳男性で保険期間10年・保険金額1,000万円の場合、月払保険料は2,414円となります。 単純に1,000万円という保険金額に対する保険料は30倍以上高くなります。 ただし養老保険は途中解約をしても、支払った保険料よりは少なくはなりますが、返戻金もあります。 1-2. 養老保険の特長 養老保険の特長としては、他の保険商品とは違い死亡時の保険金受取人と満期時の保険金受取人を設定する点が挙げられます。 これによりお金を渡したい人を受取人にする事で計画的に資金を渡す事が可能になりますが、税金面で注意が必要になります。 なお養老保険は貯蓄と死亡保障を兼ね備えた保険商品として、運用金利が高い時代には掛金以上の満期保険金が受け取れた事もあり、金融商品として人気の高い保険商品でした。 ところが最近では運用利率の低下にともにない、金融商品としての魅力が薄れてきたのも事実です。 1-3. 最近の傾向 最近では、ドルやユーロといった外貨建ての養老保険も販売されており、こちらはある程度の利回りが確保出来る点と通貨分散ができる点において金融商品として活用されるケースも出てきました。 養老保険の活用法 万が一の保障を確保しつつ、満期時にも保険金が受け取れて、なおかつ途中の解約時には解約金があるために、「貯蓄をしたい、でも万が一の保障も確保したい」というニーズには最適な保険商品であると言えます。 2-1. 貯金と養老保険の比較 例えば銀行の定期積金の場合、養老保険と同じように定期的に預金をする事で計画的に貯蓄をする事が可能です。 ですが、定期積金の場合には当然ながら死亡保障がありませんので、万が一の場合には過去に積み立てた金額しか受け取る事が出来ません。 これに対して養老保険は生命保険商品ですので、途中に万が一の事があった場合には、契約した保険金額が支払われます。 この点を持って 「貯金は三角」「保険は四角」と言われる理由です。 【貯金と養老保険の比較図】 10年間で100万円の貯金をする場合、貯金の場合は毎月8,333円を積み立てていくので、途中に万が一の事があった場合は経過期間に応じた額しか貯まっていないが、養老保険の場合は100万円の保険金が支払われる事になります。 この特性を活かせば、あらかじめ目的を決めて計画的にお金を貯め、途中に被保険者に万が一のことがあってもなくても当初の目的通り資金を確保することが出来るので、例えば住宅購入や子供の教育資金積立などに活用することが出来ます。 なお教育資金積立には「学資保険」という保険がありますので、それぞれの特性を理解して上手く活用することがポイントになります。 2-2. 掛け捨てになる特約には注意が必要 一部保険会社において養老保険に入院時の保障やケガ等の保障を手厚くする特約を付けるケースがあります。 もちろんこれら特約を付けることで保障を充実させることは可能ですが、これらの特約部分は「掛捨て」の保障であるために、特約を含む保険料総額が満期時に受け取る保険金を上回ることになりますので、養老保険を活用する場合にはあまり特約を付けずに積み立てをされることをオススメします。 養老保険と学資保険の比較 養老保険と学資保険はそもそも保険の機能が違いますので、単純にどちらが有利か?という比較は少し困難です。 学資保険は、あらかじめ決められた時に教育資金として一定額の金額が支払われるだけでなく、契約者である親が途中に何かあった場合は、以後の保険料払込を行わなくとも当初の金額が支払われる保険です。 これに対して養老保険はすでに説明の通り、保険期間中に万が一のことがあった場合には保険金が支払われますし、何もなければ満期時に満期保険金を受け取ることが可能です。 この様に機能が違うことを考慮してどちらがライフスタイルに合っているか?を検討する必要があると言えるでしょう。 養老保険の税金 養老保険は、すでに説明をした通り死亡時の保険金受取人と満期時の保険金受取人を設定する必要があります。 このためにこれらの設定によってこの保険に関する税金の掛かり方が変わりますので注意が必要です。 <主な保険契約形態における税金について> 契約者 被保険者 死亡保険金 受取人 満期保険金 受取人 保険料払込時 死亡時の課税 満期時(一時金)の課税 本人 本人 妻 本人 本人の生命保険控除対象 相続税の対象 一時所得の対象 本人 本人 妻 妻 本人の生命保険控除対象 相続税の対象 贈与税の対象 本人 妻 本人 本人 本人の生命保険控除対象 一時所得の対象 一時所得の対象 本人 妻 本人 妻 本人の生命保険控除対象 一時所得の対象 贈与税の対象 本人 妻 長男 本人 本人の生命保険控除対象 贈与税の対象 一時所得の対象 本人 妻 長男 妻 本人の生命保険控除対象 贈与税の対象 贈与税の対象 本人 妻 長男 長男 本人の生命保険控除対象 贈与税の対象 贈与税の対象 なお養老保険については、「保険期間が5年以内」「保険料の払込が一時払(全期前納も含む)」「保険金が掛金の5倍未満」である場合は、受取時の満期保険金(解約返戻金)は20%の源泉分離課税(国税15%・地方税5%)が適用されます。 さらには、満期金を一時金ではなくて年金として複数回に渡って受取をする場合には、一時所得ではなくて雑所得として所得税申告を行うことになります。 外貨建て養老保険 最近では、日本円だけでなくドルやユーロといった外貨建ての養老保険商品もあります。 基本的な機能は日本円の養老保険と全く同じで、保険料を支払う通貨が外貨になるだけです。 5-1. 外貨建て養老保険の特徴 外貨建て養老保険の特徴としては、外貨での運用になりますので日本円と比較をしても運用利回りが高いケースがほとんどです。 為替変動を無視すれば、単に支払った保険料以上に満期金を受け取ることが出来るケースが多いです。 あとは保険会社によっては保険料払込時の通貨レートに応じて日本円の払込保険料額が変動する場合と、直接外貨で支払うことが出来る保険会社もあります。 5-2. 外貨建て養老保険のリスク もちろんリスクとしては、為替変動の影響を直接受けるので払込時のレートよりも円安になれば日本円として受け取ることが出来る金額は増えますし、逆に円高になれば日本円として受け取ることが出来る金額が減ることになります。 理想は「保険料払込時は円高」で「保険金受取時は円安」になっていれば、商品そのものが持つ利回り以上の収益を発生させることも可能です。 最近では、通貨分散という観点と毎月の保険料支払いにすることで「ドルコスト平均法」により安定させた通貨レートで運用が出来ることもあり、資産形成・資産運用に活用する人が増えてきました。 養老保険を解約する前に知っておくべき3つのポイント 生活環境の変化により保険料が支払えないケースが出てくる場合があります。 その際に保険契約を解約することを考えがちですが、解約をする前に少し検討をして頂きたい項目をまとめました。 6-1. 解約をすると元本割れをするケースがほとんど 養老保険の多くは、途中で解約した場合に解約金は、払い込んだ保険料を下回るケースがほとんどです。 積み立てられている資金をどうしても使いたいという場合にはやむを得ませんが、毎年・毎月の保険料支払が厳しいという場合には、保険料の払込を止める「払済(はらいずみ)」という手続きを検討してみてください。 この払済は、その時点で積み立てられいる資金を元にして、以後の保険料を支払わなくても保険を継続させる仕組みです。 そのために死亡時や満期時に受け取ることが出来る保険金は少なくなりますが、満期時まで据え置くことですぐに解約するよりも多くの満期金を受け取ることが出来るようになります。 なお死亡時の保険金は、払済処理をする時点で積み立てられている金額より少し多く設定がされますので、わずかならが死亡保障を確保することも可能です。 6-2. 解約をすると保障がなくなります 当然ながら養老保険も生命保険商品ですから、何度も説明をしてきましたように保険期間中は一定額の死亡保障がついてあります。 途中で解約をするということはこの保障がなくなってしまうことになりますので、くれぐれもご注意ください。 特に養老保険に加入時は健康状態に問題がなかった人も、その後に病気になった場合には新たな保険に加入が出来ない可能性もありますので、保険を解約する場合にはくれぐれもご注意ください。 なお養老保険を解約した場合、保険会社によっては一定要件を満たせば同じ保険金額の定期保険などの他の保険に無診査・無告知で契約が出来るケースもあります。 これを「保険契約の変換」と呼びますが、この変換が出来る保険会社であれば保障を切らすことなく積み立てられている資金を引き出すことも可能です。 6-3. 一時的な資金であれば契約者貸付を利用する 解約をすると保障がなくなるデメリットがありますので、一時的に資金が必要な場合には契約者貸付を利用するという方法もあります。 契約者貸付とは、積み立てられている資金を担保にして保険会社からお金を借りる仕組みです。 もちろん金利の負担が発生しますので、あまりに長期に渡って借りると金利コストが重くなるので得策ではありませんが、途中の保障は確保出来るメリットがあります。 以上の様に、「養老保険の保険料が払えない」「積み立てている資金を使いたい」という場合には、すぐに解約をするのではなくて他の方法も検討してみてください。 なお各種方法について対応が出来る保険会社と出来ない保険会社がある点は十分にご留意いただき、ご契約の保険会社に確認をして下さい。 まとめ 養老保険は貯蓄と保障を兼ね備えた生命保険で、使い方によっては計画的に貯蓄を行いながら保障を確保することが出来ます。 ただ最近では運用利回り低下に伴い、メリットが少なくなっているのも事実です。 保障がどのくらい必要なのか?どのくらいの資金をいつまでに積立をしたいのか?を明確にした上で、他の金融商品・保険商品と比較検討をしてみてはいかがでしょうか? 著者 奥田雅也(NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会 理事) まだ保険を見直してないのですか?生命保険料が値下げされた今こそ見直すチャンス! 2018年4月に「標準生命表」の改訂され、保険料が下がっていることをご存知ですか? これは、保険会社が「みなさん長生きするから保険料の払い出しが減っているので、その分保険料を安くしますよ」ということなのです。 せっかくのこの機会に、加入している保険を見直すべきです! きちんと対面で保険について教えて貰いましょう 見直しには全国の保険ショップで実施している無料相談を利用することをオススメいたします。 やはり対面でプロから直接教えてもらうと、様々なことに気づいて、本当に自分に合った保険が選べます。 どこに行けばいいかわからないという方は、全国250店舗以上ある【保険見直し本舗】さんがオススメです。 取り扱っている保険の数がとにかく多いので、ピッタリのプランをきっと提案して貰えます また、一部の都市部に偏った店舗展開ではなく、全国的に訪れやすいのも魅力です。

次の

孫のために学資保険に入ろうとする 祖父母を全力で止めた方がいい理由

かんぽ 養老保険 孫

結論からお伝えします いきなり結論となりますが、 祖父母でも学資保険に加入することは可能 です。 ただし、次のような注意点があります。 親(父母)の同意書や扶養の証明が必要な場合がある• 加入可能年齢の上限がある• 払込み免除が付けられない場合がある• 健康告知で引っかかる場合がある 親(父母)の同意書や扶養の証明が必要な場合がある 多くの学資保険において、祖父母が孫のために加入する場合は、親(父母)の同意が必要となっています。 同意の方法は• 同意書の提出• 申込書への署名 等の方法があります。 また、 孫と同居し祖父母が扶養していることが条件となる学資保険もあります。 その場合、扶養を証明できる書類の提出が必要となります。 提出が必要となる書類としては• 世帯全員分の住民票の写し• 親の課税証明書 等があります。 加入可能年齢の上限がある 学資保険は子供が被保険者となる保険と言えども、契約者(親、祖父母)にも加入可能年齢の上限があります。 そのため、いくらが祖父母の契約が可能な学資保険であっても、年齢で引っかかってしまえばアウトとなります。 加入可能年齢は学資保険によりさまざまです。 75歳くらいまで加入可能なものから、40歳くらいまでしか加入できないものまで幅広いです。 払込み免除が付けられない場合がある 学資保険には多くの場合、親に万一のことがあった場合の払込み免除制度が付いています。 この払込み免除ですが、 契約者が祖父母の場合はつかない場合があります。 順番的に、祖父母の方が父母に比べて亡くなる可能性は高くなってしまいます。 そうした理由から、払込み免除制度が付かない場合があるのです。 どうしても不安がある場合には、一時払い(一括払い)をしてしまうという方法があります。 一時払いをすると、• 万一の際も保険料を払い終えているため安心• 返戻率が高くなる• 健康状態の告知が必要なくなる というメリットがあります。 健康告知で引っかかる場合がある 学資保険は積立型の保険のため、 加入時の健康状態の検査は緩めです。 基本的には「告知書」の提出で済みます。 (死亡保険等では医師の検査が必要となってきます。 ) 告知書のみの提出とはいえ、基準をクリアできなければ加入できません。 告知書の内容は保険会社によって異なりますが、次のような項目であることが多いです。 3か月以内の健康状態• 5年以内の病気やケガ• 2年以内の健康診断結果• 身体の状態(障害)について これらについて該当があるかを「はい」か「いいえ」で回答します。 そして、もし該当するものがあれば詳細に内容を書いていくことになります。 私の場合、2年以内の健康診断結果でコレステロール値が異常値だったため、加入時には詳しく書くこととなりました。 一時払いなら告知は不要の場合も 健康状態に不安がある場合は、一時払い(一括払い)であれば告知なしで加入できる場合もあります。 そのため、健康状態に不安があっても絶対に加入できないというわけではありません。 このように、 健康状態を告知する必要があるため、祖父母の場合加入がやや難しくなっていますが、加入が不可能と言うわけではありません。 祖父母でも加入可能な学資保険 では、実際に祖父母でも加入可能な学資保険にはどのようなものがあるのか紹介します。 各保険会社の学資保険で、祖父母の加入可能状況は次のようになっています。 あり型では65歳まで。 なお、加入の可否や年齢については変更がある場合がありますので、加入前に最新のものをご確認くださいね。 私が実際に保険の契約をした無料保険相談会社。 相談時には、保険のメリットだけでなくデメリットもしっかり説明してくれた。 「他のFPさんの話も聞いてみて、もし私で良ければいつでもご連絡下さい!」 と言ってくれて、保険の勧誘はせず、常に相談者を気遣った提案をしてくれた。 そうした点等、相談を通してとても信頼でき、Lifull保険相談に契約をお願いした。 その結果、現在は自分に合った医療保険に加入できてとても満足している。 その後も複数の保険見直しをお願いしたが、その都度最適な保険を提案してもらえてとても助かっている。 また、加入後にも住所変更や等にすぐ対応してくれて、お願いして正解だった。 取扱い保険数 店舗により異なる.

次の

「孫死亡」の保険金、受取人は高齢客 かんぽで不自然な契約相次ぐ|【西日本新聞ニュース】

かんぽ 養老保険 孫

養老保険の主な特徴とは? 満期後には満期金の受取ができる 養老保険には、毎月の保険料を積み立てることで老後の資産形成をする貯蓄機能があります。 保険期間に死亡することなく満期を迎えた場合、積み立てた保険料は「満期保険金」として受け取ることができます。 満期金の金額は、契約時に設定した保険期間・保険料の金額などによって変化し、被保険者期間が長く保険料が多いほど高額となる傾向にあります。 契約期間内には死亡保障あり 病気や怪我によって養老保険の保険期間中に死亡した場合、契約時に設定した受取人へ死亡保険金が支払われます。 そのため、養老保険は支払った保険金が無駄になることの少ない保険であると言えます。 養老保険の満期金に税金はかかる? 所得税がかかる場合 満期保険金を受け取る際に発生する税金の種類は、保険契約者と保険金受取人の設定によって変化します。 まず、所得税がかかる場合は、保険契約者と保険金受取人が同一であるケースです。 この場合、満期保険金全額ではなく、払込保険料との差額部分が課税対象となります。 これは受け取り方法を一時所得、年金のどちらに設定した場合でも同じです。 贈与税がかかる場合 贈与税が課されるのは保険契約者と保険金受取人が同一ではないケースです。 例えば、夫が養老保険に加入して保険料を支払っており、保険金の受取人を妻に設定していた場合は、妻が受け取る保険金に贈与税が課されます。 保険料を支払った人と受け取る人が違う場合は保険料との差額が計上できないため、課税部分が大きくなります。 なお、受取人が妻である場合は「一般贈与」、20歳以上の子・孫などである場合は「特例贈与」といい、贈与税の計算方法が異なります。 源泉所得税がかかる場合 源泉所得税が発生するのは、保険契約者と保険金受取人が同一かつ満期保険金を年金として受け取るケ-スです。 契約者と保険金受取人が同じ場合には、年金は雑所得として計上され、所得税が課せられます。 その際、定められた計算方法に基づいて源泉徴収が行われます。 具体的な課税額の計算方法については次のトピックで解説します。 満期金にかかる税金の計算方法は? 所得税の計算方法 所得税は以下の式に基づいて計算します。 500万円の満期金を妻が受け取る場合の贈与税を算出てみましょう。 まず、課税対象額は以下のように計算します。 満期保険金-基礎控除額(110万円) 課税対象額が0円以下となる場合(満期保険金が110万円以下である場合)、贈与税は非課税となります。 満期保険金が500万円である場合、贈与税の課税対象額は500万円-110万円=390万円となり、それを妻が受け取る場合の贈与税は一般贈与用の税率と控除額を用いて次のように算出します。 例えば保険料総額600万円、保険金総額1,000万円を10年間で受け取る場合、毎年の年金額は100万円、対応する保険料は60万円となります。 なお、(年金額)-(その年金額に対応する保険料)が25万円を下回る場合は源泉徴収されません。 満期金の確定申告が必要な場合は? 一時所得が20万円超の給与所得者 個人事業主のように毎年確定申告が必要である人は、満期保険金の金額に関係なく申告を行わなければなりません。 その他の人については、「満期保険金を一時所得として計上するケースにおいて、その金額が20万円を上回る場合」や、「満期保険金を含めた一時所得の総額が20万円を上回る場合」などに確定申告が必要となります。 満期金が贈与税の課税対象となる場合 贈与税の課税対象となるのは、保険契約者と保険金受取人が異なる場合でした。 このケースの際に、満期保険金の金額が110万円を上回る場合には、贈与税を確定申告する必要があります。 税法では、100万円以上の保険金を支給した生保会社は税務署に届け出るように義務付けられています。 保険契約者が確定申告をしない場合は、税務署から勧告を受ける可能性があります。 まとめ 以上のように、養老保険は保険金の金額や受け取り方によって掛かる税金も異なります。 また、税金の種類や金額次第では確定申告の必要があるケースもあります。 加入している養老保険の内容をもう一度確認し、課税の有無などを把握しておきましょう。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の