ケンジントン ティー ルーム。 ケンジントン・ティールーム(池袋東口/カフェ・スイーツ)

お買い物途中で優雅に一息「ケンジントン・ティールーム」

ケンジントン ティー ルーム

おすすめお店レポート一覧• 穏やかな雰囲気の店内で、美味しいお茶を飲むことができます! 紅茶の種類が豊富なので、紅茶好きの私は何度も来店しております。 茶葉入りのポットで提供されるのですが、差し湯も出してくれるのがありがたい!適度に薄めて、好みの濃さでいただくことができます。 ミルクもクリーマーで出てくるところに、こだわりを感じられます。 ケーキは紅茶とのセットがお得。 ここのケーキのクリーム、美味しいです。 タルトもたくさんあるのですが、生地がしっかりしていて最高! 単品で頼めるスコーンも、お気に入り。 ほくほくした食感がたまらない! 二種類のジャムを自由に選べます。 私は生クリームがお気に入りです。 サンドウィッチやアフタヌーンティーセットもあります。 夕方や休日は結構混むみたいです。

次の

『夏に美味しいティーソーダ』by あゆみ2011 : ケンジントン・ティールーム

ケンジントン ティー ルーム

旅の3日目、月曜日。 今日は予約した案件が2つあるので、その間にうまい具合に動きましょう。 昨日と同じあさごはん ホテル、スタッフにラテンの乗りを少し感じてあまり英国感が無いが、おおむね親切だし掃除も行き届いているし、満足感はある。 しかしスリッパが無い。 スリッパな持ってくるべきものなのかな 2人で5泊して13万円くらいなのでなかなか高いが、ロンドンで中心部でこのレベルのホテルで朝飯付きなら、これくらいは覚悟しなきゃいけない出費ではあるのだろうな。 ロンドンのホテルは高い。 広州だったら5つ星ホテルに大手を振って滞在できる金額だが。 ホテルを出て、ガーデンズをお散歩。 記念碑がばかでっかい。 この日の空を入れると、なかなか禍々しい感じになります… その向こうにはロイヤル・・ホールが。 の25周年記念公演をやったところ、って、この時は知らなかったけれど 公園は広いがなかなか寒々としている。 公園の中のギャラリーも冬季休館なのだろうか。 たまたま閉まっていただけかな 公園を散策していると、インコやリスなどと出会えるのです そして大量の犬。 お散歩の犬。 暖かい晴れた日曜日などは公園に、もっと大勢の人が繰り出すのだろうなあ。 そういう暖かい季節にも、また来たいですね 美術館博物館の開く時間になったので、公園を出る。 日本だと月曜日は美術館博物館は閉まるところが多いけれど、ロンドンでは年中無休でやってるところが多いので、そういうこともない の予約時間までの間、自然史博物館へ…と思って入ったんだけれど、なんかおかしい。 自然史博物館ではない 間違ってお隣の科学博物館に入ってしまったのだった。 しかしこちらもなかなか見どころが多いな あまり写真に取らなかったけど、医療分野についての展示が極めて充実していた。 あまり時間が無いのでザっと通り抜けて、当初の目的の自然史博物館へ とにかく規模の大きさに驚いてしまう。 建物の壮麗さよ… そしてとにかく、中は児童生徒でいっぱいなのです。 月曜日でこれだと、土日なんか、子供ですごいのだろうな。 展示のほうももちろん充実しているのだが、恐竜のコーナーは妙に導線が複雑で、もっと素直に見せてくれ…という感じがした いったんホテルに戻りまたお出かけ。 お昼はで。 こじんまりしたラグジュアリーホテルで、お金持ちの邸宅のルームみたいに雰囲気良し。 犬連れの人も多い。 犬用の食事も出してくれるのが売りらしい。 お茶は、セカンド、ラ、単そう蜜蘭香、紅茶、アッサムと飲みまくったけど、美味しいのだが、特徴は出しつつ飲みやすく安定した味、という感じで、シングルオリジン的な考え方では無いのかな。 英国の方、もちろん美味しいお茶は好きなのだろうが、結構、ミルクとか砂糖とか入れる感じで、お茶そのものに対する拘りはあまりないのでは…みたいな気がする。 ちなみにこちら、4ポット目、5ポット目は追加料金が必要だった。 そんなにお茶ばかりガブガブのむのは特殊な人ですね… スコーンと美味しかったなぁ。 全体的なトラディッショナルな粉物。 ちょっと量が多くて一部持ち帰りにしたら、さらにスコーンをおまけして持たせてくれた。 サービスしてくれたAsh氏、大変良くしていただいたんだけど、最後にトリップアドバイザーによろしく、と言われましたね…。 ロンドンだと、ネット上の評判を見るには、何はさておきトリップアドバイザーのようだ おなか一杯になったので、またホテルに戻って一休み。 今日は、公園も美術館も何もかも、徒歩数分圏内にあるので気軽にホテルに戻れるのです。 地図が無いと自分がどこにいるか判らず、突然巨大な吹き抜けが現れ、行き止まりもあり、なんなんだこれ…という。 その中でも陶磁器のコーナーをじっくり見たんだけど もう説明もしませんよ、というノリで大量に陳列されていて、もう笑っちゃうしかない感じに。 地域別で世界中のあらゆる陶磁器が一堂に会している。 英国のひとは、他の美術館博物館でもそうですが、ひたすら集めて並べるのがそんなに好きなんでしょうか…。 見習いたい。 そしてショップのセンスのよい感じは、ほかの美術館博物館と比べてもぴか一だったなー。 美術館を出て、地下鉄でテンプル駅に向かい、ロンドン大火の碑を横目に、仕事帰りの人たちがそぞろ歩くビジネス街を眺めつつ の長屋みたいな店へ。 あのの本店ですね おもにお土産用のものが売られているのだけれど、少し高級な茶葉が入った缶のバージョンがいろいろあって、これは日本だと買えない。 中国からイギリスまではるばる運んで、1斤400元というところか。 もとはいくらの茶葉なんだろうなぁ。 ジュンチャバリが割合良さそうだったので、ひとつ購入。 このチケット、10日程前に公式サイトで買って、前から3列目の良い席で見られたけれど、周囲を見回してもお客さん一杯だったので、直前だとなかなか買えないのだろうか 待合スペースでしばらく周囲を観察していると、本当に中国人韓国人が多い。 これだけロングランしていると観光客ばかりになるのかな。 でも、観光客でもみんな気軽にネットからチケットが買えるシステムがありがたい。 日本の歌舞伎とかだと、なかなかそうもいかんので… 客先にたどり着くと、舞台にはあのシャンデリアが…。 この状態なら写真撮ってもいいみたい。 そして開演。 わたし、、映画はヘタすると数十回観ていて、何故かと言うと、うちののいちばん頭に吹替版が入っていて、最新の録画したものを見ながら寝落ちすると、気付くとをやってるからという…そんなわけで、歌とかセリフの流れはほぼ頭に入ってるわけですよ で、舞台を見ると…本当に映画そのものの舞台だ!(順番が逆です) 氏が全編、力強さというよりも常に辛くて死にそうな感じで、クリスヌ氏が力強くで、映画版の女優さんのフワフワしていて何考えてるかわからない、あんた大丈夫…?という感じがあまりなくて、なるほど、と思った。 映画版のあの人はリアル16歳らしい。 犯罪的である。 そしてとにかく、いずれにしても、は、歌が全部よいのである。 理屈抜きで楽しめるのである。 すっかり見入ってしまい、大満足だった 本場本物のを堪能。 パンフレットを買ったが、これもコンタクトレス決済。 ロンドン、地下鉄も、船も、各種チケットも、スーパー(セジの充実ぶりよ…)も、食事も、あらゆる場面でコンタクトレス決済が使えますね。 日本のクレジットカードでコンタクトレス対応はまだ全般に広がってないけど、これからインバウンド対応でこれからどうなるのかな コンタクトレスで地下鉄に乗ろうとすると、確かに、よりは、ワンテンポ遅い感じはする。 日本のであの感じは少し辛いかも。 で、ロンドン、平日の朝夕でも、確かに混んではいるけど、日本のそれとは段違いなのだよな。 ()はオーバースペック、というのは何となく感じた 観劇の余韻に浸りつつ、少し散歩して バスでホテルの近くまで。 スーパーでお買い物してホテルに戻る。 買ったサラミとか美味しいなあ イギリス、とにかく外食が高い、と思ってしまうが、こんな美味いサラミや生ハムのセット120g500円ちょっとで買えてしまうと、なんだか不思議な気持ちになってしまう。 ビールも上等なが200円ちょっとで買えたり、感覚が狂う。 外食には相応の人件費と所場代が付加される、という概念がイマイチ無い日本がおかしいのか…。 いやしかし、東アジアも大概安いよなあ。 なんなんだろう。 外食はとにかく贅沢、という意識があるのかな。 イギリスのお店の接客、アジアのそれともやはり違っており。 東アジアのお店の接客の、日本とは違ってやる気なさげでもちゃんとしようとはしてくれる、みたいなのとはまた少し違うのだよね。 フレンドリーだけど、割り切りがスッパリしてる、と感じ 今日は、を済ませて、美術館に行って、お腹があまり空かないまま地下鉄に乗ってる時、あったかいごはんにとか食べたいな…と思ってしまった。 中国だとこういう発想にはならないし、タイやでもならなかったし、たぶん、インドでもならない自信がある。 自分はアジアの人間なのだな zaikabou.

次の

<池袋>ケンジントンティールームアフタヌーンティーレポート

ケンジントン ティー ルーム

ブキャナン通りのティールームにあるマッキントッシュがデザインしたフリーズ 1896年、マッキントッシュはキャリアの初期にキャサリン・クランストン(ケイト・クランストン、または単にミス・クランストンとして広く知られる)と出会った。 彼女は、地方で事業をしている女性であった。 また、グラスゴーに住む茶の商人の娘で、の根強い信奉者であった。 は世紀の変わり目にグラスゴーでますます人気になっており、ミス・クランストンは「アート・ティールームズ」シリーズのアイディアを思いついた。 「アート・ティールームズ」とは、一つの建物の中の様々に異なる「部屋」でリラックスしたり、アルコールを含まない食事を楽しんだりするために人々が集まることのできる場所である。 これは、ミス・クランストンとマッキントッシュの長きにわたる協働関係の始まりであることがわかった。 1896年と1917年の間、クランストンのグラスゴーにあるティールームズ全4店舗についてマッキントッシュがインテリアをデザインし新しいスタイルに変えたが、この多くの場合が彼の妻マーガレット・マクドナルドとの合作であった。 初期のティールームズ [ ] マッキントッシュは1896年にクランストンの新しいブキャナン通りのティールームの壁画をデザインすることに携わった。 そのティールームはジョージ・ウォルトンがデザインしたインテリアや家具とともに、のジョージ・ワシントン・ブラウンによってデザインされ、建設されているものだった。 マッキントッシュは女性の部屋、昼食部屋や喫煙室にバラに囲まれた細い女性の姿の向かい合わせに置かれている一対を描いているステンシルの をデザインした。 1898年、現存するアーガイル通りのティームールのための彼の次の仕事では、家具とインテリアをマッキントッシュ、壁画をウォルトンがデザインするということで、ブキャナン通りのティールームの設計役割とは逆になった。 この仕事でマッキントッシュのトレードマークである背もたれの高い椅子のデザインが初めて登場した。 1900年にミス・クランストンは彼にイングラム通りのティールーム全部屋のデザインを改めるように依頼した。 これがホワイト・ダイニングルームの建設となった。 イングラム通りからダイニングルームに入ってくる客たちはガラスがはめられた木造の障壁で部屋から分けられた廊下を通り過ぎて、これからの体験について興味をそそるような眺めを少しだけ見ることができる。 このことは1903年に新しいソーキーホール通りのティールームを全てデザインする依頼のきっかけとなった。 マッキントッシュは初めてインテリアデザインと家具だけでなく、内部の間取りと外部の建築方法の全詳細についての責任を委ねられた。 結果として建物はウィロー・ティールームとして知られるようになり、さらにマッキントッシュがミス・クランストンのために引き受けた一番有名で重要な仕事になった。 ウィロー・ティールームズ [ ] ミス・クランストンが選んだ新しいティールームは、ソーキーホール通りの南側の都市敷地内の狭い隙間に位置し、かつては倉庫であった4階建ての建物であった。 「ソーキーホール」という名前は、「ヤナギ saugh 」と「草地 haugh 」から由来しており、これらの言葉はスコットランドの方言である。 これは、マッキントッシュとマクドナルドのデザインテーマについてのアイディアの原点となっている。 現存する建物の中でマッキントッシュはグラスゴーの客を楽しませるため、様々な機能や装飾を幅広いタイプの場所に施した。 1階の前方には女性のための部屋、後方には一般的なランチルーム、そして上のほうにはティー・ギャラリーがある。 2階にはソーキーホール通りを見渡せる高級な女性の部屋である「豪奢の間」がある。 3階は男性のために木造壁板のビリヤードルームと喫煙室になっていた。 デザインのコンセプトは女性が友人と会うことと男性の仕事休憩に使われることで、それを見越して都市の中心部のオアシスとしての場所が作られた。 様々な部屋の装飾には「女性のために明るく、男性のために暗く」というテーマがある。 前方の女性のティールームは白、シルバー、それからバラ色になっていた。 後方の一般的なランチルームは、オークの木と灰色のカンバス、それから上から光が入る設計のティー・ギャラリーの天井はピンク、白、灰色であった。 内部構造の変更と新しい外側のファサードをデザインすることに加え、妻マーガレットとの共同制作でマッキントッシュはティールームのあらゆる側面をデザインした。 インテリアデザイン、家具、ナイフ・スプーン類、メニュー、それからの制服もデザインした。 柳はティールームの名前の基盤であっただけでなく、インテリアデザインに用いられた装飾のモチーフの必要不可欠な部分と、建築の構造と家具に使用された材木の多くを構成した。 豪奢の間 [ ] マーガレット・マクドナルドの有名なゲッソパネル、 O ye, all ye that walk in Willowood. 当時には「アフターヌーン・ティーの幻想」と言われていて、その部屋は居心地良く豪華に装飾されていた。 灰色、紫、白の壮麗な配色でまとめられていて、さらには柔らかい灰色のカーペット、シルクの取り付けられた台胴、布張りした高級なバラの色合いの紫色の贅沢な椅子とソファ、また背もたれの高い椅子とシルバー彩色のテーブルで特徴づけられている。 壁はシンプルな白で塗られていて高い位置に色づいたフリーズがあり、パネルには鏡がついておりガラスがはめ込まれている。 片方の壁には壁炉があり、反対側の壁ではマーガレット・マクドナルドの最も有名な作品の一つであるゲッソパネルが特徴になっている。 このパネルは、のソネット、 O Ye, all ye that walk in Willow Woodからインスパイアされた。 これはぱりっとした白いテーブルクロスやヤナギ模様の青い陶器によってすべて補完されていた。 部屋の華美な装飾は、1900年からのマッキントッシュ夫妻スタイルの発展の論理的な延長線上にあると理解することが可能である。 マッキントッシュ夫妻は1900年から包括的な国内における依頼のためのインテリアデザインを発達させ、それから宣伝用の企画や展示物のためのデザインに移行したのである。 「芸術愛好家の家」におけるカラフルなインテリアデザインは、芸術作品としての部屋というヨーロッパの思想を商業的にしたヴィジョンであった。 外観 [ ] 1903年辺りのソーキーホール通りのウィロー・ティルームズの正面 マッキントッシュによって作り直された外観は非対称になるようよく考えられており、表面にいくつか浅い曲線があるような抽象的に設計された構成であった。 また、窓と表玄関の壁の表面から引っ込みをつけてあるところのくぼみの深さがそれぞれ異なっている。 その構成は隣接する建物の都市環境を尊重し、主なの列と隣の建物の高さを一致させた。 また、と運動の新たな発想を探求していた。 1階の入口ドアは窓が並ぶ広帯域の一番左手に配置されている1階の窓もドアも「豪奢の間」が位置している2階の壁より引っ込んでいる。 「豪奢の間」の大切さを強調するためにマッキントッシュは壁全体の幅を覆う出窓をデザインし、さらに上品な曲線で外観を設計している。 これより上の2階はより規則的な窓の様式で、各フロアにつき3つそれぞれの窓のくぼみの深さが異なっている。 構造の非対称さは左側の窓を広くすることと、どちらの階にも正面部分に緩やかな曲線を伸ばすことによって表現されていた。 これは1階の曲線の型を再現し、非常に深く表面からくぼんだ場所にある下の建物への入り口を際立たせた。 マッキントッシュは近くの建物の天然石のような仕上がりに対比して、白い塗装で滑らかな仕上がりの見た目にすることを選んだ。 外観の周辺まわりに、窓ガラスとチェックのボーダーを形作るようにはめ込んだ装飾のタイルの使用を増やすというこの決定は、用途に適切な優雅で明るい印象を与える。 家庭で使うようなスタイルの有鉛ガラスはインテリアの親密さを示し、内部にある豪奢なヤナギのテーマを暗示している。 今日のウィロー・ティールームズ [ ] ウィロー・ティールームズのヴィクトリア・スポンジ ケーキの一種 とミルクティー 1917年の夫の死後にミス・クランストンは自分の店を売ってしまった。 ウィロー・ティールームは、1928年にデーリー・デパートと合併するまで新しい名前を用いて存続していた。 1938年までほかの会社はクランストン・ティールーム会社の手中になっていった。 1954年にこの会社が潰れた時にティールームは売却され、その後も数年以上様々な利用がなされた。 デーリー側はウィロー・ティールームズの建物をデパートの一部として使えるようにしたが、ガラスのショーウィンドーと看板で覆った1階より上の見た目は変わっていなかった。 成型石膏フリーズは従前通り1階の店舗装飾より上に見ることができた。 そして「豪奢の間」は1980年代初期あたりに閉店するまでデパートのティールームとして利用され続けた。 広範囲にわたる修復作業はおよそ1世紀前にハニーマン、ケピー・アンド・マッキントッシュ会社の後継者であるケピー・ヘンダーソンの建築家ジェフリー・ウィンペニーの下で実行された。 ウィロー・ティールームズは1983年に再びオープンした。 その際には1階と再建されたギャラリーを占めるヘンダーソン宝石店の店先をなす1階のファサードが修復された。 ブキャナン通りの看板 同じ時に「豪奢の間」は元々の配色を再現して一新し、背もたれの高い椅子を再現して備え付けた。 当初は中心の正式なテーブルのところには8つの椅子しかなく、さらに周囲の椅子は背もたれが低かったのにも関わらずである。 「豪奢の間」はグラスゴーの女性経営者のアン・モルハーンによって1983年に再オープンされた。 そして、1996年には彼女は建物の後部にあるティーギャラリーを賃貸した。 今日では、来客者はマッキントッシュが計画した通りウィロー・ティールームズをもう一度訪れることができる。 1997年に「ウィロー」はブキャナン通りの新ティールームに発展した。 そのティールームは隣が元々クランストン・ティールームである。 これらはオリジナルデザインの再形成を特色にした。 そのオリジナルデザインはマッキントッシュが近くにあったイングラム通りのミス・クランストンのティールームのために「ホワイト・ダイニングルーム」と「チャイニーズ・ルーム」として創造したデザインである。 ウィロー・ティールームズは現在閉まっており、2018年の100周年記念前に広範囲の修復を行う。 参考文献 [ ]• 2006年4月20日閲覧。 2006年4月20日閲覧。 2006年4月20日閲覧。 2006年4月20日閲覧。 2006年4月20日閲覧。 Charles Rennie Mackintosh Pocket Guide, John McKean and Colin Baxter, Colin Baxter Photography Ltd, Grantown on Spey, Moray 1998, 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の