精力 成分。 Yahoo is now a part of Verizon Media

精力剤の成分・原料

精力 成分

ここでは、50代60代男性におすすめの精力剤をご紹介していきたいと思います。 「 昔よりも勢力が落ちてきている」 「 セックスしている時にすぐに体力がなくなってしまう」 といった方には参考になる内容になっていますので、ぜひ参考にしてみてください。 精力に悩みを持っているのは、50代60代だけではないのです。 若い世代でも、 メンタルの弱さのせいでセックスのときに立たなくて困っている人って意外と多いんです。 50代60代男性が精力剤を選ぶために、おさえておきたい「3つのポイント」とは? おすすめの精力剤を紹介する前に、どのようなポイントで精力剤を選んだら良いのかについて解説していきたいと思います。 精力剤を選ぶ際は、以下の 3つのポイントに注意するようにしてください。 1、勃起力向上に効果的な成分が、配合されているかどうか? 勃起力を高めるために、 高い効果が期待できる成分が配合されているかどうか?を確認するようにしてください。 特に重要な成分は、 ランペップ、アルギニン、マカ、亜鉛です。 そして次に、クラチャイダム、シトルリン、トンカットアリ、といった成分が挙げられます。 このような成分には副作用の心配もほとんどありません。 したがって、 年齢に関係なく20代から50代60代の男性でも安心して飲み続けることができます。 あと、コンビニによくある、マムシやスッポンなどの精力ドリンクはその「強いイメージだけ」を利用しているので、効果は期待できないでしょう。 2、安心して飲めるかどうか? 精力剤を選ぶときには、安心して飲み続けられそうかどうかにも焦点を当てることが必要です。 注意すべき精力剤としては、バイアグラ、レビトラ、シアリスなどがあります。 このような精力剤は医薬品に分類されます。 そのため副作用が生じる可能性があるのです。 具体的な副作用の症状としては、動悸、顔のほてり、頭痛などがあります。 症状が出てしまっては性行為に集中することが難しくなってしまいます。 3、続けやすい価格帯かどうか? 精力剤を選ぶ時には料金にも目を向けるようにしましょう。 どのように見るかというと、基準は継続しやすいかどうかです。 高い精力剤の方が効果が出やすいだろうということで、 料金が高いものに手を出してしまうと継続して購入することが難しくなってしまいます。 精力剤は毎日の継続が大事です。 楽しむためには続けることが一番の近道で、無理なく飲んでいくことで自信を得ることができるでしょう。 したがって、 継続しやすい 価格か、 コスパはどうかを目安に料金にも注意するようにしてください。 なぜなら、 レッドドラゴンは成分量と価格が 他の男性用精力剤を圧倒しているからです。 レッドドラゴンには ランペップや マカ、 亜鉛などの精力増強効果がある成分が豊富に含まれているだけでなく、 この成分がパワーを最大限に発揮できる黄金比率で配合されているので、非常に高い精力増強パワーが期待できます。 また、レッドドラゴンの高級版であるレッドドラゴンハイグレードエディションには、 バイオペリンなどの新成分も追加されているので、 より高い精力増強パワーが期待できます。 レッドドラゴンハイグレードエディションの通常価格は30日分 240粒 で11,400円ですが、 WEBから毎月定期コースで購入すれば、初回はアルギニンプレミアム60000というサプリとセットで 価格 4,900円で購入することができます。 そのため、他の男性用精力剤よりも非常にコスパが高いと言えます。 クラチャイダムとは熱帯地方で栽培されている植物で、アミノ酸やミネラル、ポリフェノールなどの成分が豊富に含まれています。 また、クラチャイダムゴールドの原料となるクラチャイダムは独自の方法で栽培されているので、 アルギニンの含有量が マカの3倍以上もあり、体づくりのカギとなる BCAAも豊富に含まれています。 そのため、クラチャイダムゴールドにも高い精力増強効果が期待できるのです。 クラチャイダムゴールドの通常価格は30日分 60粒 で9,000円ですが、定期購入コースなら 8,400円で購入することができます。 2回目以降の価格はレッドドラゴンハイグレードエディションよりも安いですが、 効力 は レッドドラゴン の方が 高いため、総合的に判断してクラチャイダムゴールドを 2位にしました。 その他にも1日分でシトルリン500mg、オルニチン100mg、トリプトファン62mg、各種ビタミン125mg、亜鉛20mgを摂取することができるので、 バイタルアンサーも非常に高い精力増強パワーが期待できる男性用精力剤と言えます。 バイタルアンサーの通常価格は約30日分 300粒 で 12,960円ですし、 初回割引もないので、 レッドドラゴンや、クラチャイダムゴールドと比べると 価格面で劣ります。 そのためランキングではバイタルアンサーを 3位にしました。 まとめ ここまで、おすすめの精力剤やその選び方などをご紹介してきました。 どのような精力剤、精力増強サプリを選ぶにしても、自分に合ったものを購入することが大切です。 私の場合は「 あがり症」という弱点がありますので、克服するためにレッドドラゴンが最適でした。 このレビュー記事にも書いていますが、SEXに対してもメンタルの弱い私が、中折れしなくなったのは間違いなく、レッドドラゴンのおかげだと思っています。 以前の私と同じように、SEXのときに緊張して立たなくなる男性の場合はレビューを見て頂ければ、希望が湧いてくると思いますよ。 それから、配合成分や料金面などをみて、自分にあっているものを購入するように心がけましょう。

次の

タフマンは精力回復に役立つ?勃起不全の改善に使えるか検証

精力 成分

精力剤の数はもはや数え切れないくらいにたくさんあります。 似たような名前の精力剤も多いですし、名前のインパクトだけで買ったら全然効かなくて後悔することになるリスクなども高いです。 精力剤の種類は星の数ほどありますが、有効成分には限りがあります。 どの成分が入っていると良いのかと言う点についてしっかり自分で把握しておけば、精力剤を選ぶのに苦労したり失敗してしまうこともなくなります。 ここでは 精力剤に配合されている有効成分として 高い効果が期待できる順番にランキングとしてまとめてみました。 ランキング作成の基準となるポイントは以下の通りです。 精力剤の成分比較ランキング評価のポイント• 勃起時の硬さ• 勃起を維持できる力• 射精の量と快感• EDを改善できるか• 射精後の疲労軽減度 もちろん一つの成分だけではなく複数の成分を同時に摂取すれば相乗効果なども得られるので、成分一つで評価をするのは難しいところはあります。 今回はあくまでも指標としてどの成分が主力に入っていると上記のような効果を実感できるようになっているか詳しくまとめていきます。 精力剤の有効成分ランキング それでは早速精力剤として配合されることがある成分を比較したランキングを掲載します。 1.クラチャイダム 単体の成分でも精力剤として成り立ってしまうほど強力で精力を改善するために必要な栄養素が濃縮されているのがクラチャイダムです。 クラチャイダムはスーパーフードなので、直接輸入したり食べたりすることはできませんが、精力剤の配合成分としてクラチャイダムを主成分としているものはたくさんあります。 クラチャイダムの中にはアルギニンや鉄、亜鉛やアミノ酸などの精力剤に必要な栄養素がほぼ全てまとまって入っているので、クラチャイダムを摂取するだけでも圧倒的な精力アップ効果が実感できるのが強みです。 当サイトで最もおすすめできる精力剤としているもクラチャイダムだけをとにかくたくさん摂取できる精力剤となっています。 4.トンカットアリ トンカットアリも単体でサプリメントになるレベルの有効成分で、あのDHCからもトンカットアリサプリが販売されています。 トンカットアリは比較的希少性の高い成分なので、サプリメントや精力剤の価格を高くしてしまう要因になりますが、その効果はそれだけの価値があるものです。 トンカットアリにもアルギニンなどが豊富に含まれている他、亜鉛やビタミンB6などをバランスよく配合しているので、滋養強壮や精力増強などに効果的です。 男性ホルモンの分泌や血流改善など精力剤として必要な効果は一通りトンカットアリにも備わっています。 トンカットアリだけのサプリを飲むよりは他の成分もしっかり入っている精力剤から摂取するのが理想的です。 先程も紹介しているなどにはトンカットアリが配合されています。 5.ランペップ 卵白ペプチドとして知られるランペップは、NO(一酸化窒素)の生成を促進することによって、男性機能を改善するという効果が得られる有効成分です。 ランペップだけを単体で配合しているサプリなどは現状だとまだありませんが、ランペップを主成分としている精力剤はあります。 マカや亜鉛などとの相性が非常に良い成分なので、それらをまとめて配合しているなどからランペップを摂取すれば高確率で男性機能を向上させることができるようになります。 6.亜鉛 亜鉛はDHCなどからもサプリメントが売られていますし、精力剤というよりはミネラルとしての亜鉛を必要とする人は非常に多いですね。 肌や髪の毛にもいい影響を与えてくれる亜鉛ですが、実は 男性の精子を作るための原材料の一つでもあります。 なので亜鉛の不足は射精時の精子の量が少なくなったり色々と身体機能の低下につながってきます。 亜鉛を摂取することで精子をたくさん作ることができるようになるので、射精の快感を高めたり男性不妊の対策にもなります。 亜鉛は基本的にほとんどの精力剤に入っていますし、クラチャイダムやマカなどのスーパーフードには当然のごとく含まれています。 7.アルギニン アルギニンは精力剤に限らず、疲労回復や筋力増強など男性であれば誰もが摂取したほうがいい栄養素となっています。 成長ホルモンの分泌を促進したり、免疫機能を強化する働きもあるので快適に日々を過ごしていくためにも毎日補給した栄養素と言えますね。 クラチャイダムやマカに入っている主要な栄養素はアルギニンなので、それらが入っている精力剤を使えば必要十分なアルギニンを取り入れることが可能です。 海外製のアルギニンパウダーやタブレットなども売っていますが、そういったものを使うのではなく精力剤としてアルギニンを摂取したほうが下半身に対する効果は期待できます。 血流が高まって硬さや勃起の維持力などを大きく向上させることも可能です。 8.クラボワスカ クラボワスカを配合している精力剤はそんなに多くはありません。 比較的新しい成分でもあるので、まだ注目しているメーカーが少ないのかもしれません。 ただ、その効果はかなりのもので、天然の精力剤成分としてペニスの増大効果をサポートしてくれるようになっています。 L-シトルリンとの相性が抜群にいい成分でもあるので、シトルリンとクラボワスカがセットになって配合されている精力剤を使うと劇的に変わるくらいにペニスを増大させることができるようになります。 という精力剤はクラボワスカとL-シトルリンを同時配合して相乗効果が得られる精力剤となっています。 イミダゾールペプチド なかなかにマニアックな成分ですが、イミダゾールペプチドはアミノ酸が結合したペプチドということで精力改善に役立つ効果が得られる成分となっています。 疲労感を軽減してくれる効果や、 疲れを溜まりにくくしてくれる効果などがある成分でもあります。 そのため普段から日常生活内で体の疲れや怠さで悩むことが多い方にも摂取メリットがあります。 ストレスによって発生する老化の原因にもなると言われる活性酸素除去する抗酸化作用も併せ持っているので、精神的な疲れで性欲が減退している人などにも適している成分です。 気分に左右されることなく毎日をパワフルに過ごしていきたい人は精力剤からでも取り入れていきたい成分といえます。 10.オットセイエキス オットセイは見た目は可愛い動物に見えますが、オスの精力が非常に強いということでも話題になることがあります。 オットセイエキスにはカロペプタイドという必須アミノ酸の全てが含まれており、摂取するだけで代謝を高めたり血行を促進することができると言われています。 血管が拡張すると ペニスの海綿体自体が大きくなっていくので勃起しやすくなります。 カロペプタイドで血管を拡張させていけばEDなどを改善させたり、前立腺肥大を予防するといった魅力的な健康効果が多数実感できるようになります。 その他の有効成分 有効成分 主要な効果 レスベラトロール 抗酸化作用・血行促進 馬の心臓 滋養強壮・精力増強 スッポン 血管拡張・精力増強・肝機能向上・疲労回復 タツノオトシゴ 男性ホルモン分泌 マムシ 滋養強壮・精力増強 サソリ 滋養強壮・精力増強・ED改善 牡蠣エキス 血行促進・肝機能向上 トナカイ角 不妊症改善・精力増強 コブラ 抗酸化作用・滋養強壮 ヒハツ 血行促進・代謝アップ ブラックジンジャー 脂肪燃焼・代謝アップ カツアーバ 血行促進・性機能強化 L-オルニチン 成長ホルモン分泌・筋力増強・精力増強 亜鉛酵母 疲労回復・免疫向上・性機能アップ これらの成分はあくまでも全体で知っている成分としてのごく一部でしかありません。 各成分がフィーチャーされている精力剤も探せば出てくると思いますが、精力剤としての役割を実感するには単体ではなく 他成分との組み合わせで摂取していくのが理想的です。 当サイトで掲載している精力剤のランキングに関してもあ上記内容をしっかり踏まえて審査した上でランキングとしてまとめているので、目的にあった精力剤探しの参考にして頂ければと思います。

次の

精力剤の成分・原料

精力 成分

あなたは鹿茸(ロクジョウ)というものをご存知ですか?「鹿の角」と言われてどのようなものを思い浮かべますか? 精力剤には「マカ」や「クラチャイダム」などの「植物由来のもの」、そして「マムシ」や「スッポン」などの「生物由来のもの」と言うと、皆さんの中にも、イメージが湧いてくる方が多いのではないでしょうか。 あるいはまた、「鹿の角」と聞いて、「昔から男性機能を高めるものとして有名だよね」というイメージを思い浮かべるかもしれません。 この、精力剤として、古くから珍重されてきた鹿の角こそが、「鹿茸(ロクジョウ)」です。 今回は、この「鹿茸(ロクジョウ)」について、精力剤としての精力増強効果や成分、副作用などについてまとめてみました。 Contents• 鹿茸(ロクジョウ)とは 鹿茸(ロクジョウ)とは、漢方の世界の言葉で、「鹿の角」漢方薬用に加工し、薬の材料としたものです。 漢方では、鹿は、鹿茸だけでなく、種々の部位が薬として使用されています。 中国の古い薬学書「本草綱目」には「鹿角」「鹿角膠」「鹿歯」「鹿骨」「鹿頭肉」「鹿蹄肉」「鹿脂」「鹿髄」「鹿脳」「鹿精」「鹿血」「鹿腎 鹿鞭 」「鹿胆」「鹿筋」「鹿皮」「鹿糞」「鹿胎糞」などの薬効が示されています。 いかに昔の中国の人々が鹿を、いわば崇拝(?)と言っても良いほどに珍重してきたのがわかりますよね。 考えてみると、中国の神話に登場する伝説上の霊獣の1つ「龍」も、その頂には「鹿の角」を備えています。 日本でも、鹿は、奈良時代から豊穣の象徴であり、諏訪大社をはじめ多くの神社で「神の使い」とされてきました。 戦国時代の数多くの武将も「鹿の角」を兜につけてきました。 それは「鹿の角」が力や豊穣を象徴するものであり、神のご利益をもたらせるものである、と信じたからでしょう。 さて、そんな「鹿の角」ですが、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、一年ごとに生え換わります。 その事実も、鹿の角が「豊穣」の象徴とされてきた理由でしょう。 そんな角が生え代わる際のまだ生え始めの幼い角(これを袋角といいます)を乾燥させたものが「鹿茸」です。 袋角は骨化してないため、未だ血が通っており、触ると軟らかくプニョプニョしています。 その形が茸ににて似ていることから、鹿茸という名前が付けられたのです。 鹿は一夫多妻の動物であり、その雄鹿の頭上に隆々とそそり立つ角は、まさしくかれらの持つ逞しい生殖力の象徴にようにも見えますよね。 鹿もその角は成長が著しく早く毎年生え代わるものです。 その様に、中国の古人達が精力剤としての可能性を見出したのは良く分かる気がします。 実は漢方薬には、こうしたイメージから使用が始まったものも含まれており、当然効果が無ければ淘汰されていくことになりますから、結果として期待していた効果が得られたから今日まで漢方薬として受け継がれたというものも少なくないのです。 今回ご紹介している鹿茸もそんな漢方薬の1つ、いやそんな漢方薬の代表と言えるでしょう。 外部サイト: 鹿茸 ロクジョウ の精力増強効果 鹿茸(ロクジョウ)の持つ薬効としては、「滋養強壮」「強精」「不妊症」「貧血」「鎮痛薬」「不眠・更年期障害」「低血圧症」「健忘症」「喘息」「骨粗鬆症」等とさまざまな効果があるとされており、 更年期障害の改善や食欲不振の改善、耳鳴りやめまいの症状改善、虚弱体質改善、ED(インポテンツ)症状の改善、肉体疲労の改善、四肢のしびれ、神経衰などに効くと言われています。 ちなみに鹿茸は、漢方薬として、「医薬品」という位置づけがされており、第3類医薬品(服用することで体調に影響があったとしても日常生活に支障を来すには至らないレベルのもの、例えばビタミン剤や整腸薬など)に分類されています。 「薬」ですから、「薬効」「成分」「用法」「用量」「副作用」については明確にし、示されていなくてはなりません。 また、薬効に関しても、臨床による実証が必要になってきます。 従って、上記に紹介した「強精」や「ED症状の解消」については、間違いなく期待して良いと言えると思います。 また漢方薬は、東洋医学のものです。 したがって病気の源となる病原やウイルスに直接対峙して病気を治すというアプローチと違って、人の身体が本来持っている自己治癒力を高めていくことで病状を改善していくという治療法です。 なので、すでにご紹介した効果以外にも、東洋医学的な、身体全体の健康が高まることによる精力面の効果もあるのかもしれません。 鹿茸の成分 鹿茸は成分として、たんぱく質、コラーゲン、炭酸カルシウム、リン、マグネシウム、エストラジオール、コレステロール、アデノシン三リン酸、コンドロイチンなどを中心に、25種類ものアミノ酸、脂肪酸などを含みます。 それぞれの効果についてざっとご紹介しておきましょう。 女性の美肌には欠かせない成分です。 また、血液が酸やアルカリに傾くのを防ぐ作用や、ビタミンB1、B2などの結合子補酵素となって糖質代謝を円滑にし、肝臓や心臓が正常に働くようにする作用があります。 従って、ヒトの健康を維持するために欠かせないミネラルです。 具体的な働きとしては、タンパク質の合成やエネルギー代謝、筋肉の収縮、血圧調整、体温調整、血糖値の調整などがあり、「心臓病」「高血圧」「高脂血症の予防」「糖尿病・血糖値の改善」などに良く効きます。 筋肉が動くエネルギーとして欠かせないものです。 私たち人間の身体は2種類のアミノ酸からつくられていますから、それを超える種類のアミノ酸が含まれています。 以上が、現時点で明らかになっている鹿茸の成分です。 しかしながら、すでにご紹介したように漢方薬は、西洋医学の力ではまだ解明しきれてはいません。 事実、漢方薬の効果のすごさから、その漢方薬の研究が進み、「新たな成分が見つかった」、そして「その成分が西洋医学で処方される医薬品の配合成分となった」、などといった例も、数多くあります。 従って、鹿茸にも未だに西洋医学では明らかにされていない有効な成分が上記以外にも含まれている可能性があります。 この場では、仮にそうした成分を「漢方成分」とざっくりくくるとしましょう。 まとめますと、鹿茸はご紹介してきた数々の成分と、「漢方成分」のチカラによって、 我々の身体を徐々に健康にし、身体の中からわき出てくるチカラで精力もアップする漢方である。 と、言う事が出来ます。 鹿茸の副作用 ご紹介したように、鹿茸は、日本では「医薬品」として分類されています。 つまりそれだけ、「効き目」があると同時に「副作用」への心配もあるということです。 まず鹿茸を服用すべきではないと思われるケースですが、もともと元気旺盛だという方、高血圧や妊娠中の方、熱がある時は、服用を控えるべきです。 これらの状態に該当しないと思われる方も、飲んだ後で「のぼせ感」があった場合は服用を中止し、次にまた服用したいと考えるような時には、あらかじめ医師に相談しておくべきであると思います。 鹿茸を効果的に摂取する方法 前述したように、鹿茸は日本では医薬品として扱われますので、お医者さんに行って漢方の処方箋を出してもらい処方してもらうという形になります。 ただ、それは少しハードルが高いという人がほとんどではないでしょうか? ロクジョウの精力効果を手軽に試すのであれば、鹿茸とほぼ同じ成分、効能のが配合されている精力剤がオススメです。 トナカイの角であればサプリや精力剤として販売できますので、こちらの方が現実的かと思います。 その中でも、という精力剤は様々な原料や成分が一緒に摂れるのでおすすめです。 ゼルタインの特徴としては、トナカイの角をはじめ、、などの動物系のカプセルと、、、、、、、、、などの植物系カプセル、 さらにアミノ酸とビタミンに特化したカプセルの3種類のカプセルを同時に飲むことでそれぞれの相乗効果を生み出し、かなり強力な精力増強効果を実感できるようになっています。 一見すると少し値段が高く感じますが、まとめ買いするとお得に飲むことができますし、そもそもこれらの原料をバラバラに仕入れていたらそれこそかなりの値段になってしまいますので、効果を考えればコストパフォーマンスは良い部類の精力剤に入ると思います。 漢方も処方してもらうと高いですからね。 ドラッグストアに売っている中途半端な精力ドリンクに1本1000円もお金を出すなら、口コミでの評価も高いゼルタインを継続的に飲んで根本から体質改善をして、精力増強を目指す方が早いし結果的に経済的でもあります。 損をしたくなければ最初から本物の精力剤を試すというのが、一番の近道だったりするわけです。

次の