磐田 市 ラーメン。 支那そば こてつ

中国料理 仲村渠(なかんだかり)【タンタンメンランチ】@磐田市

磐田 市 ラーメン

磐田に忍者系の新店がオープン! 事前に情報を耳にはしていて、 ここかしら?と場所のあたりはつけていて、 一応は確認はしておいた。 磐田駅から国道150号に向かい南下、 そう、昔ボーリング場があった道ね、 以前は天ぷら料理の店だったそうで、 そちらの居抜きになるんだとか。 まだ内外装や看板に手は加わっておらず、 12月頃開店としか聞いておらず、 具体的な日まではハッキリと分からず。 お! 一応プレオープンになるのねん。 早めに向かったつもりが既に先客は居て、 とりあえず写真を撮ったりしていると、 準備を進める店主と目が合ったので挨拶し、 許可をもらって店内を覗かせてもらう。 ちなみに店主は荒野で働いていた西尾クン。 花だったりお祝いの植物が並べられていて、 岡崎方面で何やら動きを見せる方のものも。 西尾チャーハンは無い。 店主は落ち着いたように見えるので、 訊いてみると緊張してるのだとか。 まぁ、そりゃ、そっか。 そうこうしていると元・荒野店主、 総帥とも呼ばれたりする忍者登場。 初日、2日目は応援に入るとのことで、 店主は安心はするかもだけど、 更に緊張もするかもね。 楽しみ。 外に戻って列最後尾に着いて待っていると、 見知った顔B屋さんが現れての座談会開始。 外の様子を伺いに出た店主に声掛け、 写真撮影をし始めたので便乗して僕も1枚。 イイ顔をしてるわね。 しばらくして暖簾が掛かり、 2019年12月21日(プレ)開店。 この記事を流し読み• 【支那そば こてつ】 (磐田市上大之郷366-3) 券売機は無いのでそのまま席に着くと、 目の前には総帥が調理で、 店主は店の流れを見渡したり、 最終の味見チェックをしたりで共演。 注文はとりあえず口頭でいくようで、 スタッフが順番に聞いていく。 僕は食べる機会の多かった一杯にしてみよ。 【ワンタンメン】¥850 赤い雷紋の丼に張られてスープは赤黒く、 ワンタン、チャーシュー、メンマ、 味玉、なると、青ネギを配している。 まずはスープをひと口。 おー! 動物系出汁に醤油ダレがしっかり効いてて、 蒲郡ブラックをルーツとする忍者系らしく、 それらしき味わい。 醤油はたまりとは変えてるそうで、 その味わいの違いによるものか、 タレ自体の微妙な量によるものか、 まだライトな印象は受ける。 あのたまり醤油を使わないのって、 ちょっともったいなさは感じるな。 ま、ま、ま、プレ期間ではあるし、 徐々に調整は入るでしょうけど、 バランス的に考えると、 もうちょい濃くてもイイと思うな。 合わせるは自家製麺で、 丸断面のストレート細麺。 つるつるとした滑らかな麺肌をしていて、 スープとのバランス的には始め大人しく、 徐々に馴染み深さを増していくものの、 やはりまだまだスープに力は欲しい。 チャーシューはバラ肉を使用。 脂身はとろんとトロけるほどで、 赤身は歯応えを残す仕上がり。 噛むと醤油が滲み出るほどにしょっぱめで、 そこんとこはタマラナイ。 ワンタンは肉餡を閉じ込んだものが5枚。 スープ色に染まり始めていて、 ちゅるんとした皮との一体感を楽しめる。 プレ初日で麺のみに絞るかと思いきや、 メニュー提供されていたのでゴハンものも。 【ハラミ丼】¥350 やっぱ食べときたいよなぁ〜 ハラミに白ゴマが散らされ、 青ネギで仕上げられた一杯。 ぷりっぷりな弾力に強い歯応えがある肉で、 ニンニクの効いた甘ダレが絡められ、 それが惹くんだなぁ〜 この甘さとニンニクの風味で、 そりゃあ、 もうゴハンが進むんだわぁ〜 ウマウマだなぁ〜 人気あるわけだわ。 売り切れ必須なだけに、 提供があるならば食べときたいのよねぇ〜 モチのロンで完食、 そして完スペにてフィニッシュ。 これまで浜松にしかなかったものの、 初めて天竜川を越える磐田での忍者系。 その味に初めて触れる方も居るでしょうし、 どんな反応があるか楽しみだわねぇ〜 しばらくは昼営業のみで、 定休日は水曜日になる見込みだとか。

次の

【ラーメン】魚介淡麗系「ヤマシロ らーめん」ー 磐田市富士見台

磐田 市 ラーメン

麺処 びぎ屋 磐田店 ー 磐田市小立野 静岡への恩返し? 磐田店の店内へ入るとドドーンとびぎ屋本店 大将の思いが目に飛び込んでくる。 店内の様子 店内はカウンター席とテーブル席があり、一人らーめんから友達、カップル、ファミリーと幅広い年齢層でも入りやすい。 オープンしてまだ4ヶ月程度。 店内は清潔に保たれている。 この日訪れたのは夜ご飯どきの19時頃で満席状態だった。 人気ぶりがうかがえた。 「醤油らーめん」がメイン 先に言っておくが、びぎ屋磐田店の注文スタイルは発券機ではなく店員さんが聞きにきてくれるスタイル。 メニュー表を見てみよう。 一品料理もあるよ。 びぎ屋のこだわりを知ろう! 席のメニュー表と一緒にびぎ屋のこだわりが書かれているものも設置されている。 こだわりの強さが伝わってくる。 びぎ屋のらーめん 今回、いただいたらーめんは、醤油 半熟味玉らーめん 830円。 食べやすく、上品な味。 それと、白醤油 半熟味玉らーめん 830円。 今回はメニュー表のメインで書いてある「びぎ屋の全てがこの一杯に凝縮ッ! 特製 醤油らーめん」を無視しての注文。 私がメインで食べたのは白醤油 半熟味玉らーめん。 麺はストレート麺。 麺の硬さを普通で頼むと割とやらかめに感じるので、好みに合わせて硬めなどで注文すると良い。 ミシュランに載るらーめんというだけに上品なお味という感じ。 白醤油は魚介系のダシを感じる。 しかし普段とんこつ系のこってりばかり食べている人は白醤油は物足りないかもしれない。 食べやすいが、少々パンチが足りない。 そんな方は絶対に「ゆず香る 白醤油らーめん」にした方が良い。 ゆずが絶対に合う味だ。 次回行くときは絶対にゆず香る白醤油にする。 ご飯系もあるよ ネギチャーシューご飯 280円。 炙りチャーシューご飯 280円。 そのままで十分美味しい。 が個人的には、できればマヨネーズが欲しい。 ミシュランを受賞しているだけあって全体的に上品なお味な印象。 がっつりというよりも、さっぱりサラッと食べたいって時におすすめ。 女性にも好まれそうならーめんだった。

次の

中川亭【醤油ラーメン】@磐田市

磐田 市 ラーメン

男どアホウらーめん・静岡県磐田市編 【静岡県/磐田市】 いこい(磐田) 住所:磐田市豊島465-1 食べたラーメン:塩ラーメン500円 営業時間:11:00〜15:00・17:00〜20:00(日11:00〜20:00) 休日:水 (感想) ごく普通の中華料理屋。 透き通るようなあっさり薄味の鶏がら系スープに、細めのややぢぢれた麺。 インパクトはなくシンプルながら、なかなか旨い。 好み度:B 最終訪店:2001年 一王(磐田) 【閉店】 住所:磐田市西貝塚3658-13 食べたラーメン:ラーメン500円 営業時間: 休日: (感想) あっさり透き通るような醤油味のスープにやや背脂がのっている。 麺は細めの細かくちぢれた麺で、もちもちしていて旨い。 しかし、やはり中華料理屋的ラーメンといった感はぬぐえない。 具は青梗菜と肉味噌だけというオーソドックスな坦々麺。 奇をてらってなく普通ですが、ゴマの甘さもあり旨い。 サッポロラーメンをうたっている通り、札幌系の濃厚味噌のスープですが、ややあっさりめ。 麺は中細のややちぢれた麺。 やや唐辛子も入っていて京都に多く存在するますたに系のようなスープです。 スープは旨いですが、細めのストレート麺と具のもやしや煮玉子などがイマイチ。 他に白湯ラーメンと味噌ラーメンがある。 ラーメンの種類からして「福ちゃん」と同系列?(味もやや似ている) 好み度:B 最終訪店:2002年 かささぎ(遠州西ヶ崎) 【閉店】 住所:磐田市匂坂上285-4 食べたラーメン:ラーメン550円 営業時間:11:00〜14:30・17:00〜21:00 休日:月 (感想) 辺りには何もないところにある、醤油・塩・味噌・豚骨・つけめんなどラーメンメニューが豊富な店。 あっさり系の醤油ですが、脂が多め(くどくはない)。 やや酸っぱい感じのするスープ。 麺は中細の平打ち麺で弾力がある軟らかい麺。 全体的なバランスがイマイチな感。 替え玉(150円)もある(スープまで入れてくれる)。 好み度:C 最終訪店:2001年 華正楼(磐田) 住所:磐田市国府台43-12 食べたラーメン:ラーメン550円 営業時間:11:30〜13:30・17:00〜19:30(土日祝11:00〜14:00・17:00〜19:30) 休日:月 (感想) ラーメン、定食を中心とした中華料理店。 あっさり薄味の醤油味のスープに細めの軟らかな麺。 チャーシューの味が変わっている点以外、これといった特徴はないかも。 好み度:C 最終訪店:2001年 かにや(磐田) 【閉店】 住所:磐田市中泉328-2 食べたラーメン:ラーメン700円 営業時間:11:00〜20:00 休日:水 (感想) ビル自体がラーメン屋になっている地元・磐田では有名な店。 店員はほとんど老人で昔ながらのなごみ系の店といった感じ。 あっさり薄味の醤油味のスープに、軟らかめの細めのストレート麺。 いまいち印象の残らない上品な感じのスープ。 少なくとも若者向けのラーメンではないです。 ほかにもトマトラーメン、牛乳ラーメン、カレーラーメンなどいろんな種類のラーメンがありますが、一番安い醤油ラーメンでも700円と全体的に高め。 好み度:C 最終訪店:2001年 錦華楼(磐田) 【閉店】 住所:磐田市西貝塚3690 食べたラーメン:ごまみそラーメン700円 営業時間:11:00〜16:00・17:00〜20:00 休日:第1・3水 (感想) イオンタウンのグルメドールにありながら、意外とあなどれない店。 味噌ラーメンというより、ゴマ多めの坦々麺といった感じ。 甘辛いこってりスープがうまい。 麺は硬めの中太平打ち麺。 和風ラーメンはあっさり薄味の昆布だしの甘いスープに、細めのストレート麺。 非常に優しい味。 具としてきくらげや梅干しがのっているなど確かに和風といった感じで、なかなか旨い。 なぜかゼリーが2コついてくる。 背脂がたっぷりのっていてなかなか旨い。 でもややクドイ味なので、人によって好き嫌いが別れるかもしれません。 麺は細めの平打ちちぢれ麺。 ネギラーメンが人気らしい。 麺は中細のちぢれ麺。 この店はラーメンも豊富ですが、どちらかといえば、餃子で有名な店のようです。 コーン、野菜、ワカメなど具が豊富。 味噌やトンコツラーメンの方が人気のようです。 細麺の中華そばと太麺の醤油・味噌・塩ラーメンがある。 サッポロラーメンをうたっている通り、札幌系の濃厚味噌のスープですが、ややあっさりめ。 麺は中太のストレート麺。 ややあっさりめの豚骨スープで、マー油(香油)のような脂で味付けされたもの。 ややしょっぱめで味は濃いですがなかなか。 麺は中太の黄色いちぢれ麺。 こってりにもできるらしい。 駐車場がせまい・・・。 好み度:B 最終訪店:2001年 鉄人(磐田) 【閉店】 住所:磐田市城之崎1-1-10 食べたラーメン:ラーメン500円 営業時間:11:00〜1:00 休日:月 (感想) スープはあっさり甘めの中華料理屋的醤油味のスープ。 細めのややちぢれた麺。 シャキシャキしている感じ。 全体的にまあまあですが、普通のラーメンです。 好み度:C 最終訪店:2001年 とん吉(磐田) 【移転】 住所:磐田市城之崎2-7-1 食べたラーメン:ラーメン550円 営業時間:11:30〜14:00・17:30〜23:00(日祝〜21:00) 休日:水 (感想) 醤油の味が濃いすっぱい感じのスープは、色は濃いがあっさりめ。 麺は硬めの太麺。 家系の麺に似ているかな。 スープと麺があってない感じがする・・・。 100円増しで手打ち麺がある。 あっさり醤油味のスープに細めのちぢれ麺。 いたって普通で、これといって特徴はないかも。 好み度:C 最終訪店:2001年 敦煌(豊田町) 【閉店】 住所:磐田市上本郷1006-8 食べたラーメン:釜揚げラーメン880円 営業時間:11:00〜0:00(土〜2:00) 休日:月(祝日の場合翌日) (感想) 「名物釜揚げラーメン」と銘打っているが、要はつけめん。 つけダレ、麺、具とネギが別々の皿に入れられて出てきます。 つけダレは醤油の味が濃いめのスープ。 麺は細めの麺。 つけダレがちょっとしょっぱいのが、ちょっと・・・。 好み度:C 最終訪店:2001年 ねぎらーめん(磐田) 【閉店】 住所:磐田市豊浜3555 食べたラーメン:葱ラーメン500円 営業時間:9:00〜19:00(祝11:00〜19:00) 休日:日、第3月 (感想) ラーメンショップ系の店。 トラックの運ちゃんがよく食べに来る系統のラーメンということで、脂ギッシュの濃い味をイメージしていましたが、実際はどちらかといえばあっさりのやや甘い感じの醤油スープでした。 麺は中細のややちぢれた麺。 醤油より味噌の方がこってりで人気なのかもしれません。 開店時間が朝9時からと早い。 表面をフルに脂が覆っているほどの脂こってりのスープで、最後まで冷めずにあつあつです。 味的には豚骨醤油味ですが、ラードのようなしょっぱさ(辛さ)がありました。 麺は細めのストレート麺で軟らかめ。 かなりのインパクトのあるラーメンですが、ボクにはちょっと・・・。 はまる人にははまるラーメンでしょう。 ちなみに醤油味のほかにとんこつラーメン、カレーラーメン、つけめんなどがある。 好み度:C 【つけ麺】写真2・3個目 スープは中華そばとほとんど変わらないこってり脂多めの豚骨醤油のスープ。 麺も細めのストレート麺でこちらも同じ。 しかし麺は冷たいため硬めでシャキシャキした感じになっており、スープも元々濃いめなので、つけ麺として食べるのにはかなり旨いです。 そもそもこってり豚骨醤油のつけ麺自体、ほかではなかなかないですね。 なお、つけ麺は麺の量が少ないので、大盛り(100円増し)や特大(150円増し)にするといいかも。 定食その他いろいろある。 あっさり醤油で妙な甘さがあるスープに、細めのややちぢれた麺。 まあ、普通のラーメンです。 好み度:C 最終訪店:2001年 まっちゃん(磐田) 住所:磐田市安久路2-21-1 食べたラーメン:まっちゃん(とんこつ味・細麺)600円 営業時間:11:00〜14:30・17:00〜22:00 休日:月、第3火 (感想) 白乳色のややこってり濃厚ぎみの豚骨のスープ。 やや甘めでしょうか。 麺は極細系の麺。 ラーメンショップ系のような感じのラーメンですが、なかなか旨い。 ちなみに豚骨のほかに醤油、味噌、塩があり、麺は細麺と太麺が選べる。 スープは中華料理屋系のスープで、薄味風ながらややコショウしょっぱい感。 麺はのびにくそうな感じの細めの平打ち麺。 けっこう客は多い。 好み度:C 最終訪店:2001年.

次の