イケメン 戦国 幸村。 イケメン戦国攻略裏ワザ最新情報

イケメン戦国攻略裏ワザ最新情報

イケメン 戦国 幸村

沢城千春 と 直江兼続 CV. 直江兼続が、謙信様の右腕ですね~~ 慶次は、ちょっと破天荒っぽい感じでしょうか? キャラ設定、猫かぶりですって~~ほー。 初期武将11人の 【続編】• 新武将6人の 【本編】 第一幕は、 顕如さんの本編がラストで、 (正確にはラストではないか) 第二幕から、続編、新キャラの本編スタートですね。 【続編】は、 「永遠の恋ルート」の続きだそうです。 ちなみに新キャラは、• 今川義元• 森蘭丸• 毛利元就• 前田慶次• 直江兼続 の6人です。 127•

次の

イケメン戦国 幸村『永遠の恋ルート』&第二幕情報・新キャラ帰蝶・慶次・兼続【追記あり】

イケメン 戦国 幸村

Profile CV: 小野 賢章 誕生日: 7月7日 身長: 177. 0cm 血液型: O型 趣味: ペットの山犬「村正」と遊ぶこと 特技: 手先が器用 チャームポイント: 男気溢れるツンデレ 目次 各話別に目次は分けておりません。 ご要望があれば分けます!!• 幸村の着流し• 特別ロングボイス 両ルート恋度MAX特典• 特別ストーリー&激甘ボイス• 物語券(1枚) エンディング分岐点 各値60以上で選択可能• 特別ロングボイス• 平穏の空を望む和室 両ルート恋度MAX特典• 特別ストーリー&激甘ボイス• 物語券 エンディング分岐点 幸福・情熱各ルートは各値60以上で選択可能 永遠の恋ルートは幸福な恋・情熱の恋両ルートクリアで選択可能• 鳳凰が輝く紅赤彼着物一式• 永遠の恋ルート 恋度MAX特典の武将カード.

次の

【イケメン戦国】真田幸村誕生祭イベント2019の詳細と攻略(済み)数値について|アリポの乙女な世界

イケメン 戦国 幸村

このまま引きこもっていてはいけないと信長に何か仕事が欲しいと掛け合いますが取り合ってもらえません。 そんな主人公に秀吉が市に出て金平糖を買ってくるように 「お遣い」を言含めます。 城から離れると危ないから気をつけるようにと三成から受けた忠告も虚しく、必死に追いすがっているうちに 町外れで山賊に囲まれてしまいます。 襲い掛かられる主人公を背に庇いながら、次々と山賊を斬り倒していく幸、目の前で起こった刃傷沙汰のショックや自身の置かれた状況にやるせなさが募り主人公は涙します。 山賊との戦いで表示されるスチルも精悍で格好良いです!! 主人公との言い合いでは赤面して目を反らしたり親しみやすい面も見せますが幸は武士なのかと聞く主人公に 「俺はただの流しの商人だ」とはぐらかす場面はどこか距離も感じて…もっと幸の事が知りたい!とギャップに惹き寄せられてしまいます。 スチル「ひらめく白刃」 第2話「戦がもたらすもの」 前半 《安土城》 城に帰った主人公に、 秀吉の口から叱責と共に伝えられたのは合戦のはじまり。 戦の準備に沸く城内の面々に反し、戦への不安から塞ぎ込む主人公。 そんな折、三成から 町の様子の見回りをしてきて欲しいと仕事を頼まれます。 《城下町》 城下に降り、戦の通達を受けても変わらぬ様子の人々の様子に不安なのは自分だけなのかと心を曇らせる主人公。 そこに声を掛けたのは市で商いをしていた幸でした。 (プレミアストーリー「唇の微熱」に続きます) 山賊から助けられた礼や軽口の応酬をしているうちに気分が晴れている事に気付く主人公を、幸は 「連れて行こうと思ってたとこがある」と茶屋に連れ出します。 眼鏡を持ち込んだのは、あの有名な人 三成くんの眼鏡!!! そう、主人公が仕事を頼まれるシーン、三成くんが眼鏡を掛けているんですよね!! そんな主人公に同意しながらも幸は 「戦わなきゃ大事なもんを守れねえなら…戦が嫌いだろうが、武器を取る」と言います。 幸の表情に強い決意を感じ取った主人公はその場限りの慰めは言えないと 「いつか必ず平和な世になる」と、ただ自らが知ってる事実のみを伝えます。 《安土城》 後ろ髪を引かれながらも幸と別れ城に戻った主人公は、仕事の報告をする為三成を探し信長の部屋へ辿り着きます。 小銃について楽しげに話す信長に、戦の道具を褒めるなんてと怒りを募らせる主人公。 そんな主人公に信長は言い含めるように 「賛同しろとは言わん。 だが、理解はしろ」と会合に出て大名の挨拶を受けるよう命じます。 信長の信条 登場当初から無茶苦茶を言って困らされてばかりいた信長様ですが、 ここに来てその信条が垣間見えたり秀吉さんから信長様が目指す大望についての話を聞かされたりと少しづつ見方が変わってくるエピソードが続きます。 第3話「幸の優しさと春日山」 前半 《安土城》 着物が汚れないよう、背中に背負って町まで送り届けてくれた幸。 (プレミアストーリー「唇の微熱」へ続きます) その夜、主人公の元に暫く顔を見せなかった佐助が訪れます。 和やかに迎え入れる主人公に、佐助は 「約束して欲しい。 戦が始まったら、君は織田軍のそばを離れないで」と、注意を促しました。 《翌日 広間》 翌日呼び出されて広間へ行くと、三成から 敵の首謀者が上杉謙信だという報せがもたらされます。 上杉は死んでいるはずだ、とざわつく臣下達に三成は更に信長の元に真田が偵察に放たれたという噂を口にします。 笑いながら戦の話をする信長を見て困惑する主人公に、信長は 敵地の偵察へ旅路の加護として同行するように命じます。 行商の旅の途中で、お前を見かけた気がした。 越後って国だ。 お前がいるはずねえのにな。 お前の顔が見たいって、気付かないうちに思ってたのかもしれねえ。 ……なに書いてんだ、俺は。 やっぱこんな文、出さねえことにする。 」 後半 《越後》 信長と秀吉に連れられて春日山城城下を訪れた主人公は、 雑踏の中にそこにいるはずのない幸の姿を見付けます。 駆け出そうとした主人公を叱責した秀吉は、そのまま陽が落ちるまで別行動をするよう言い聞かせます。 《春日山城下》 町を見て回り、戦の気配に気疲れした主人公が一服しようと茶屋に寄ると、見知らぬ男性から 「お茶をご馳走させてもらえるかな?」と誘われます。 怪しげなナンパを警戒して掴まれた手を振りほどこうとしていた所に助け舟を出してくれたのが幸で、偶然にも 謎の男性は幸の上司「信」である事が判明します。 「あとは若いふたりで」と冗談半分に立ち去る信を見送り、2人は町中を離れて山の方に向かいます。 信さんww 信さん、チャラいです ゚O゚ 信さんとは本能寺で崖から落ちそうになった時も一瞬会っているのですが、向こうは覚えていない様子…?そういえばその時も「美人」なんてサラッと言われましたね。 幸のことをもっと知りたいと尋ねる主人公に、 幸は故郷やこれまでの暮らしについて語ります。 故郷を懐かしむ様子に、自身もまた遠く離れた現代の空が恋しくなり、 「少しだけ私にもわかる」と寂しさを分かち合う主人公に、幸は旅を共にしてきた 山犬「村正」を紹介してくれます。 《宿》 確かな約束も無いまま離れ難く宿に帰った主人公に、信長は 偵察を終え今夜には宿を出立すると告げます。 と思ってしまいますね 後半 《安土への途上》 追手を殺そうとする信長を人殺しはいけないことだと止めた主人公。 敵方の奇襲だと思った襲撃は実は光秀が用意した罠で、自分が囮にされていたと知ります。 そんな中、追手の所持品から敵の首謀者は 顔に刀傷のある法主「顕如」である事が発覚。 《安土城》 2人が話す特徴から、本能寺で信長を襲った人物に似ていると話すと、確信を強めた信長は冷酷に笑います。 どこか状況を楽しんでいるようにも見えるその様子に困惑を深める主人公。 その夜佐助が訪れます。 春日山城城下で幸と共にいる主人公を見掛けた佐助は、 もう幸と会わないようにと忠告をします。 理由を尋ねても答えない佐助に、主人公は直接事情を聞こうと幸を探しに町へ向かいます。 佐助くんは実は敵だった!? 自分が付いているとは言え 1人で馬にも乗れない主人公を囮にする信長様。 光秀様にも 頭の中身がささやかなんて鼻で笑われるし新たな扉を開いてしまいそうww 信長様達が捜していた暗殺犯の正体が明かされる一方、佐助くんについても衝撃の事実が判明します。 」 前半 《城下町》 町中で露店を広げる幸を見付け、駆け寄る主人公。 いつもの軽口を交わす2人の元に、 突然幸を「お父しゃん」と呼ぶ子供が現れます。 幸に子供がいたのかと動揺する主人公だが、よくよく話を聞いてみれば只の迷子だという事が判明。 迷子の子供「弥彦」と主人公の打ち解けた様子に 「これじゃ商売にならない」と親捜しを買って出た幸と共に、3人は町中を巡ることになります。 《丘の上》 開けた丘の上で戦の訓練をしていた父親に頼まれ弥彦を家に送り届ける道中、 急に機嫌が悪くなってしまった幸を気にかけていると、寝入ってしまった弥彦を背に幸は戦で散った大切な人々の無念や故郷を再興する決意を口にする。 弥彦ナイス!! 慌てて身体を離す2人の間には、今までと違う空気が。。。 弥彦を母親の元に送り届けると、2人はぎこちないながらも共に 神社の祭りに出掛けようと言葉を交わします。 《安土城》 城へ戻ると、呼び出された広間では 大規模な酒宴が開かれていました。 もう主人公を警戒するのをやめたという秀吉や自慢気に料理の腕を披露する正宗、誰彼と無く宴を楽しむ面々に、主人公はこの場にいる誰にも死んでほしくないと決意を新たにする主人公でした。

次の