ロキ トリックスター。 北欧神話のトリックスター、ロキの絵画14選。オーディンの義兄弟で悪戯好きの神 : メメント・モリ

ロキ(ペルソナ) (ろきぺるそな)とは【ピクシブ百科事典】

ロキ トリックスター

元々は聖なる者の国;アランティア王国 Kingdom of Allontea という、王国の南東に位置する現在のALLOTE アローテ に人間族が城を構える国だったが、 世界樹から異世界の魔族が現れ、その者らに国を奪われてからは 神に仇為す者の国:ラタンチア王国 Kingdom ofRatanchia と国名が変えられ、居城を北の世界樹の近くの氷山の上に移し、 魔族が支配する国となった 魔族(と)が治めている血統重視の貴族制国家。 魔王と呼ばれる存在がの正統血族の間で生まれ、その者が魔王ラタンチアの名と共に国家を統治することになる。 を派生種族であるが貴族として支える事で成り立っている。 この国の王:魔王は、突発的にこの世界の何処かで生まれる勇者から暗殺を挑まれる運命を背負っている このラタンチア王国のあった場所には、アランティア王国 聖なる者の国 という小さな王国があった。 しかし、突如この国の重鎮達が一斉に反乱を起こし、抵抗も出来ずに国を乗っ取られる。 しかし、乗っ取った後は誰も王位に就こうとはせず、数日が過ぎた 時を同じくして世界樹「」から濃い霧と極寒の冷気と共にドラクロアという種族が現れ、空席だったアランティア王国の玉座に【初代魔王:スリュム】が即位し、王国の名をラタンチア王国 神に仇為す者の国 と改める。 その後、一人の「」と名乗る性別不明の者が周囲の小国で見かけられるようになる。 その者が見かけられた国は数日のうちにラタンチア王国に降伏させられ、今の中規模王国まで拡大を遂げる。 そして、以前反乱を起こした者達の内の10名が、に気に入られ、ドラクロア王族を支えるへと変貌させられる。 その者達はから、肉体を持ってることへの嫉妬と、別種族だった物が自分達と似た生命体になった事への侮蔑をこめて、「劣悪な魔族『』と名付けられる。 はとなった10人中の8名をに謁見させ王族に死ぬまで使役され絶対服従を誓わせる代わりに部隊の指揮と領地を与えるを結ばせ、国土の拡大と防衛を担う部隊の長を任せた 残った二名を王族には極秘のロキ直属部隊の長とした 前世界で【奴隷、自由農民、貴族】という三つの階級制度を開発した神:ヘイムダルを殺すことで、彼の持っていた力と共に知識を手に入れたロキは、 この世界でその階級制度を試すことにし、最初に悪魔化させた者たちを【公爵】の立場の貴族とし、他に周辺諸国を攻める中で気に入った者を悪魔化して各公爵の下に配置することで、 悪魔だけの部隊の騎士団を元から存在していた人間種の部隊とは別の物として作り上げた また、を構築し、人間種でも悪魔の力を利用して戦えるようにした。 そして一番厄介な存在である、アース神族の転生者『勇者』が生まれたというカルテディアを主とした各国への勢力拡大の侵略を開始する 700年前 勢力拡大のため、各国を攻め落とし続けていたラタンチア王国だったが、 カルテディア大公国だけは、勇者や、彼の国の環境により攻め落とせず、侵攻を中断し、隣国である北西のエスティア王国に攻め入る。 エスティア王国との国境には大きな鉱山があり、陸上からは攻められないため、 ミストルティン率いる空挺砲撃部隊が空中から国内に侵入し、その場で召喚陣を描いて味方を召喚することで内側から攻め落とした。 魔王軍はそのまま占領を始めようとするが、工業排水と爆風によりポイズンフォレストの毒が都市部にまで流れ、 占領地を見学にきた初代魔王スリュムの霧の肉体に毒煙や汚臭が混ざり、治療不可能の毒に身体を侵される事になる。 自国の王が倒れ、悪魔たちも不浄加減に耐えかね指揮が低下し、召喚陣を使って一人残らずラタンチア王国まで逃げ帰ってしまう。 400年前 初代魔王スリュムは300年程の療養を経て、エスティア侵攻時に毒に侵され弱っている身体を動かせる程度まで回復したとみるや、 その間に邪魔な勇者が老衰で息絶え、勇者の血が薄れて弱くなったというカルテディアに攻め込んだ 古の勇者が眠るとされる神殿まで攻め入り勇者の力を封印しようとするも、謎の結界により神殿内に入れず、 勇者の子孫:英雄王が錬金術師により勇者の力を取り戻した事で返り討ちにあい、瀕死となり帰国した。 その後、勢力拡大政策を中止し、魔王の回復を待つ。 そのまま100年近く病床に伏していたが治らず没す。 ウーズガルドが二代目魔王の玉座に座る。 ラタンチア王国が勢力拡大政策を中止したこともあり、は自国運営に目を向け、【】販売と【】システムの運用を開始する。 また、 極一部の人間族の国民からは抵抗があり、王国内の小国やレジスタンスを結成して幾度も反乱や討伐隊がを倒そうと向かってくるが、圧倒的な戦力差と突然の反乱軍の間で起こった混乱により、全て失敗に終わっている。 反乱を起こす人間が極一部であったのは、ロキの前世界で人間のトールと仲が良かった事から、人間に対し圧政を強いておらず、 国民の不満がどこからか悪魔上層部に聞き付けられて対応されたり、食料も別の国との取引によって問題なく行き届いているため、大半の国民からは支持されている。 現在 最近になって、魔王城に何者かが侵入し、争った形跡があるものの魔王ラタンチアも失踪。 次期魔王有力候補として大事に育てられていた魔王の娘も魔王を探す旅に出て、王の座が空白となっている。 共通 ある程度の住まう土地の確保と食料物資の運用が流れに乗ってきたことで、他国への侵略は止め、周辺諸国には絶対不可侵の契約を行った上で、大切な隣人として扱っている。 というのは表向きの顔で、裏では各国のダウンタウンにを設置し、情報収集や裏工作をしている。 国際取引において、人間族が他国を相手に農産物や契約書、奴隷の販売等を任されている。 共通 ある程度の住まう土地の確保と食料物資の運用が流れに乗ってきたことで、他国への侵略は止め、周辺諸国には絶対不可侵の契約を行った上で、大切な隣人として扱っている。 というのは表向きの顔で、裏では各国のダウンタウンにレジスタンスギルドを設置し、情報収集や裏工作をしている。 国際取引において、人間族が他国を相手に農産物や契約書、奴隷の販売等を任されている。 王家を守護する世話係兼ドラクロア族の武器。 植物 空挺砲撃部隊 光の操作等 空中に種子を飛ばし、着地地点で根を張り光を魔力に変えて他悪魔の召喚陣を作成する奇襲部隊。 書物 語り部部隊 運命の確定 軍事禄の記録と、他国を周って武勇伝などを語り歩く部隊。 該当するもの:契約書 魔導書 楽器 軍楽隊 運命の否定 音による情報伝達や、式典行事における演奏任務、将兵の慰安や士気昂揚のための音楽演奏をする部隊。 領内では、互いに召喚陣を書きあってワープすることで迅速な情報伝達をしている。 城は高い山の上にあり、山の下には子爵以下の貴族悪魔と、大量の奴隷悪魔が軍隊として訓練をしている。 ヨトゥンヘイム城の地下に宮殿があり、いずれ来る神との闘いの為にオーヴに国民や悪魔から集めた魔力を貯めている。 普通の生物はまともに生活できない地域で、ドラクロアと魔王と寒さに強い魔物のみ生息している。 魔王領よりは寒さは控えめだが、霧が濃く、視界が悪い。 伯爵以上の貴族悪魔がこの国の政治の会議をする会議場がある。 悪魔族と奴隷悪魔となった魔物たちが生息している。 寒帯と温帯の交差するALLOTEの北には、気圧の衝突により大地に亀裂が走り誕生した、 『ギンヌンガガプ Ginnungagap 』という川があり、 北の二ヴルヘイム側からは世界樹から溢れる激しい寒気が 南の大地からは元々のこの大地の熱気が吹き付けている。 上記の異常気象を除けば、この二つの気候の中間に位置するALLOTE周辺は程よい温度となっており、 どんな生物でも過ごしやすい地帯となっているため、 この地域で人間族が他国との商業や農業を行い生活する地帯となっている。 都市 戦争も国内の魔物退治も悪魔族である騎士団が行ってしまうため、 戦闘を主として国内で稼ぐ方法では生きていけない、 そのため、この国の人間種は• 『悪魔商人』になるか、• 『農民』として農作物を作って販売するか、• 他国へ傭兵として出稼ぎに出ている 産業 魔力を持たない者でも魔法が使えるようになる【呪文】や【魔導書】は、各国の戦力増強に役立つ物である。 魔導書は大金を払えば代償なしに対応する魔法を使用できるため、男爵階級以下の魔導書と食料や物資を交換する貿易を行っている。 また、当然「契約魔法」のかかった紙は、サインをする事で絶対遵守の魔法がかかり、破る事が出来ないため、「契約書」の販売も主産業の一つである。 そして、貴族階級より下の悪魔 人や獣問わず は、いつでも軽い代償で弱い魔法の使える奴隷やペットとして販売される。 畜産農耕業 領主フレイア公爵の農地繁栄部隊の協力の下、人間族の農民は農業奴隷悪魔を使役し能力をフル活用して 広大なラタンチア平野で農地を耕し、家畜を育てている。 【畜産】 馬、羊、山羊、豚、アヒルやガチョウ、鶏 【狩猟】 ・肉 ヘラジカ、シカ、トナカイ、クマ、イノシシ、リス、ウサギや野鳥 ・魚 タラ、ハドック、ニシン、サバ、サケ。 この国の方針と会議の決定権と国仕の貴族階級の悪魔を隷従させる力を持っている。 世界征服などといった、アース神以外の事柄にはあまり興味がなく、表には出てくることはほとんどない。 北欧神話 この国の政治と外交を担う種族。 貴族制の形態であり、階級が上の同種の相手には絶対服従しなければならない。 階級を上げるためには他の者と契約を交わし、願いを叶える事でロキによって昇格される。 人間族 全地域 この国の商業貿易を担う種族。 悪魔が制作した契約書や魔導書、奴隷悪魔の売買以外にも、その取引で得たお金や悪魔が代償として手に入れてきた物の交換などを行う。 【魔族】 大気中の熱と、ヨトゥン教徒から送られてくる魔力の血液があれば他に食事は必要ないのだが、 こちらの世界で、人間と接触したことで『食事』に目覚めた悪魔族は人間に紛れて人間の料理を食べに行っている。 好物は林檎とミードと呼ばれる蜂蜜酒 ロキは、最近調味料にハマっている 【人間族】 主食は浜に打ち上げられたクジラや家畜や野生動物 他にも穀物と果物、魚、鶏やその他彼らが育てたり、狩ったり、自然から採集できるものを食す 夜は宴会を開いて、ヤギの角を器にしたビールやミードを片手に肉の付いた骨にむしゃぶりつく 肉は燻製、塩漬け、発酵、酢漬け、乾燥させて保存 果実も乾燥させて保存した物を食べる オート麦、大麦、ライ麦を食べ、大麦から作った平たいパンも食べる 肉を炙ったり炒めたりはせず、茹でる事で火を通す ヴァイキングが肉を料理する主要な方法の一つはスカウスと呼ばれるシチューで煮込むことで、おそらく大釜で調理されていた また、この国では調味料という物が存在しなかったが、ロキが他国から取り寄せてきたハーブや香辛料などの調味料によって、最近料理の革命がおきた ドラクロア族と神族の混種族であり、最古の悪魔。 ルーン魔術の創設者であり、オーディンとヘイムダルから世界創造の力を奪い世界を変える力を有している存在。 その力を使って同種を増やし、悪魔に3つの階級(奴隷、自由農民、貴族)を作った。 頼まれれば何でもやる性格で、人間を愛しているため、危害を加えるのを嫌う。 ただし、ドラクロア族を『数少ない親族』であり、『絶やしてはいけない希少種』であり、『尊ぶべき者』と思っているため、彼らに危害を加えるようなら人間でも容赦はしない 神とその眷属はいい感情を抱いていない。 英雄王とウーズガルドの魂が同居している。 ただ、最近、魔を封じる剣により、ウーズガルド側の意識が遠退いた事で、英雄王側の意識の方が強く出始めている。 現在は闇の勢力を止めるため、自身の身体が魔族の物であるのを利用して闇の勢力の下に付いている ・古の勇者が使うとされる剣は、「魔を封じる剣」 ・黒銀姫は、現ラタンチア王が魔王となると同時に生まれた娘 純正ドラクロア族でありながら魔王になっていないのに生まれつき肉体を持っており、 本来性別のないドラクロア族で唯一の女性 ロキ直属部隊は、王家に仇為す時のために作られた部隊。 王家に絶対服従の契約はかかっていない ヨトゥン・ドラクロア族のイメージは身体がある程度大きくなると増えるアメーバと、氷河期に絶滅した恐竜 生物全ての原種であり、性別なく繁殖できる存在に、日本の天皇設定を入れたような存在 【ラグナロク】を【世界をリセットさせた氷河期】に置き換えて、【ノアの大洪水】を【ヨルムンガンドが暴れまわってる様子】に置き換えて考えています あと、トオルは本来、北欧神話の太陽神:トールです ここではいずれ世界を創造する神となる運命を背負った仏教の修行僧的なキャラにしてます 想定しているラタンチア国の物語上の立ち位置 ラタンチア王国は、 【ルートを間違えれば全国に戦争を挑み出す隠しボス】的な国です それと同時に 本編のボスがチートだったときのお助け役の何でも屋さんです。 ドラゴン〇ールでいう神龍的な? どこにでも召喚してくれれば移動できるので、遠い国でも、その国に悪魔がいれば、援軍だすこともできます うちの魔王様、基本的にもう戦争する必要ないので、一応なんかされたり、我が国の中でなんかあって人間憎むイベントがない限りは無害です あと、この国の魔族と人間の関係は、 王族と貴族と奴隷と平民 って感じです ちょっと貴族と奴隷が、王族と、自分より身分が高い相手に対して絶対服従の呪いがかかってる 実際にはちょっと違うけど、イメージ的には 感じです 現段階では、魔族を動かしてるロキが人間大好きマンなので、神様信仰してたり汚かったり色々とうちの魔族が嫌いな物の条件揃ってない限りは、わりと友好的で、紳士的です 【魔王・ラタンチア】 :黒銀姫が世界を旅する間に人間の醜さを知り、魔王である父を殺したことで魔王の座に就くと、ルートに入る 【悪魔王・ロキ】 :黒銀姫が世界探訪の旅の中で死亡したことでロキが世界に対して絶望し、隠し持っていた「王族に服従する契約をしていない」2つの直属部隊を使って反乱を起こすルート ラタンチア王国の玉座を奪い取り、世界征服を成し遂げ、神々の襲撃を撃退して遊び相手の居なくなったロキが別世界線で平和に楽しく暮らすロキとその世界に暮らす者たちに対して世界樹を通して作成した魔物を送り始める 【ラグナロク】 :世界樹から神々が攻めてきて、魔族と神々の戦争が始まる。 7 チュルン公国との交易を開始したので外交にチュルン公国追加。 ロキが世界征服を成し遂げたルートが別世界線で解禁されたので、裏設定の【悪魔王ロキ】の反転を解除 他、一部裏設定解禁 西方の国家 ・・・マキアン帝国 ・スターニン保護国・チュルン公国 中央の国家 ・・・モリア ・・ 東方の国家 ・・・ヒューメニル王国・ ・・ 北方の国家.

次の

北欧神話のトリックスター、ロキの絵画14選。オーディンの義兄弟で悪戯好きの神 : メメント・モリ

ロキ トリックスター

元々は聖なる者の国;アランティア王国 Kingdom of Allontea という、王国の南東に位置する現在のALLOTE アローテ に人間族が城を構える国だったが、 世界樹から異世界の魔族が現れ、その者らに国を奪われてからは 神に仇為す者の国:ラタンチア王国 Kingdom ofRatanchia と国名が変えられ、居城を北の世界樹の近くの氷山の上に移し、 魔族が支配する国となった 魔族(と)が治めている血統重視の貴族制国家。 魔王と呼ばれる存在がの正統血族の間で生まれ、その者が魔王ラタンチアの名と共に国家を統治することになる。 を派生種族であるが貴族として支える事で成り立っている。 この国の王:魔王は、突発的にこの世界の何処かで生まれる勇者から暗殺を挑まれる運命を背負っている このラタンチア王国のあった場所には、アランティア王国 聖なる者の国 という小さな王国があった。 しかし、突如この国の重鎮達が一斉に反乱を起こし、抵抗も出来ずに国を乗っ取られる。 しかし、乗っ取った後は誰も王位に就こうとはせず、数日が過ぎた 時を同じくして世界樹「」から濃い霧と極寒の冷気と共にドラクロアという種族が現れ、空席だったアランティア王国の玉座に【初代魔王:スリュム】が即位し、王国の名をラタンチア王国 神に仇為す者の国 と改める。 その後、一人の「」と名乗る性別不明の者が周囲の小国で見かけられるようになる。 その者が見かけられた国は数日のうちにラタンチア王国に降伏させられ、今の中規模王国まで拡大を遂げる。 そして、以前反乱を起こした者達の内の10名が、に気に入られ、ドラクロア王族を支えるへと変貌させられる。 その者達はから、肉体を持ってることへの嫉妬と、別種族だった物が自分達と似た生命体になった事への侮蔑をこめて、「劣悪な魔族『』と名付けられる。 はとなった10人中の8名をに謁見させ王族に死ぬまで使役され絶対服従を誓わせる代わりに部隊の指揮と領地を与えるを結ばせ、国土の拡大と防衛を担う部隊の長を任せた 残った二名を王族には極秘のロキ直属部隊の長とした 前世界で【奴隷、自由農民、貴族】という三つの階級制度を開発した神:ヘイムダルを殺すことで、彼の持っていた力と共に知識を手に入れたロキは、 この世界でその階級制度を試すことにし、最初に悪魔化させた者たちを【公爵】の立場の貴族とし、他に周辺諸国を攻める中で気に入った者を悪魔化して各公爵の下に配置することで、 悪魔だけの部隊の騎士団を元から存在していた人間種の部隊とは別の物として作り上げた また、を構築し、人間種でも悪魔の力を利用して戦えるようにした。 そして一番厄介な存在である、アース神族の転生者『勇者』が生まれたというカルテディアを主とした各国への勢力拡大の侵略を開始する 700年前 勢力拡大のため、各国を攻め落とし続けていたラタンチア王国だったが、 カルテディア大公国だけは、勇者や、彼の国の環境により攻め落とせず、侵攻を中断し、隣国である北西のエスティア王国に攻め入る。 エスティア王国との国境には大きな鉱山があり、陸上からは攻められないため、 ミストルティン率いる空挺砲撃部隊が空中から国内に侵入し、その場で召喚陣を描いて味方を召喚することで内側から攻め落とした。 魔王軍はそのまま占領を始めようとするが、工業排水と爆風によりポイズンフォレストの毒が都市部にまで流れ、 占領地を見学にきた初代魔王スリュムの霧の肉体に毒煙や汚臭が混ざり、治療不可能の毒に身体を侵される事になる。 自国の王が倒れ、悪魔たちも不浄加減に耐えかね指揮が低下し、召喚陣を使って一人残らずラタンチア王国まで逃げ帰ってしまう。 400年前 初代魔王スリュムは300年程の療養を経て、エスティア侵攻時に毒に侵され弱っている身体を動かせる程度まで回復したとみるや、 その間に邪魔な勇者が老衰で息絶え、勇者の血が薄れて弱くなったというカルテディアに攻め込んだ 古の勇者が眠るとされる神殿まで攻め入り勇者の力を封印しようとするも、謎の結界により神殿内に入れず、 勇者の子孫:英雄王が錬金術師により勇者の力を取り戻した事で返り討ちにあい、瀕死となり帰国した。 その後、勢力拡大政策を中止し、魔王の回復を待つ。 そのまま100年近く病床に伏していたが治らず没す。 ウーズガルドが二代目魔王の玉座に座る。 ラタンチア王国が勢力拡大政策を中止したこともあり、は自国運営に目を向け、【】販売と【】システムの運用を開始する。 また、 極一部の人間族の国民からは抵抗があり、王国内の小国やレジスタンスを結成して幾度も反乱や討伐隊がを倒そうと向かってくるが、圧倒的な戦力差と突然の反乱軍の間で起こった混乱により、全て失敗に終わっている。 反乱を起こす人間が極一部であったのは、ロキの前世界で人間のトールと仲が良かった事から、人間に対し圧政を強いておらず、 国民の不満がどこからか悪魔上層部に聞き付けられて対応されたり、食料も別の国との取引によって問題なく行き届いているため、大半の国民からは支持されている。 現在 最近になって、魔王城に何者かが侵入し、争った形跡があるものの魔王ラタンチアも失踪。 次期魔王有力候補として大事に育てられていた魔王の娘も魔王を探す旅に出て、王の座が空白となっている。 共通 ある程度の住まう土地の確保と食料物資の運用が流れに乗ってきたことで、他国への侵略は止め、周辺諸国には絶対不可侵の契約を行った上で、大切な隣人として扱っている。 というのは表向きの顔で、裏では各国のダウンタウンにを設置し、情報収集や裏工作をしている。 国際取引において、人間族が他国を相手に農産物や契約書、奴隷の販売等を任されている。 共通 ある程度の住まう土地の確保と食料物資の運用が流れに乗ってきたことで、他国への侵略は止め、周辺諸国には絶対不可侵の契約を行った上で、大切な隣人として扱っている。 というのは表向きの顔で、裏では各国のダウンタウンにレジスタンスギルドを設置し、情報収集や裏工作をしている。 国際取引において、人間族が他国を相手に農産物や契約書、奴隷の販売等を任されている。 王家を守護する世話係兼ドラクロア族の武器。 植物 空挺砲撃部隊 光の操作等 空中に種子を飛ばし、着地地点で根を張り光を魔力に変えて他悪魔の召喚陣を作成する奇襲部隊。 書物 語り部部隊 運命の確定 軍事禄の記録と、他国を周って武勇伝などを語り歩く部隊。 該当するもの:契約書 魔導書 楽器 軍楽隊 運命の否定 音による情報伝達や、式典行事における演奏任務、将兵の慰安や士気昂揚のための音楽演奏をする部隊。 領内では、互いに召喚陣を書きあってワープすることで迅速な情報伝達をしている。 城は高い山の上にあり、山の下には子爵以下の貴族悪魔と、大量の奴隷悪魔が軍隊として訓練をしている。 ヨトゥンヘイム城の地下に宮殿があり、いずれ来る神との闘いの為にオーヴに国民や悪魔から集めた魔力を貯めている。 普通の生物はまともに生活できない地域で、ドラクロアと魔王と寒さに強い魔物のみ生息している。 魔王領よりは寒さは控えめだが、霧が濃く、視界が悪い。 伯爵以上の貴族悪魔がこの国の政治の会議をする会議場がある。 悪魔族と奴隷悪魔となった魔物たちが生息している。 寒帯と温帯の交差するALLOTEの北には、気圧の衝突により大地に亀裂が走り誕生した、 『ギンヌンガガプ Ginnungagap 』という川があり、 北の二ヴルヘイム側からは世界樹から溢れる激しい寒気が 南の大地からは元々のこの大地の熱気が吹き付けている。 上記の異常気象を除けば、この二つの気候の中間に位置するALLOTE周辺は程よい温度となっており、 どんな生物でも過ごしやすい地帯となっているため、 この地域で人間族が他国との商業や農業を行い生活する地帯となっている。 都市 戦争も国内の魔物退治も悪魔族である騎士団が行ってしまうため、 戦闘を主として国内で稼ぐ方法では生きていけない、 そのため、この国の人間種は• 『悪魔商人』になるか、• 『農民』として農作物を作って販売するか、• 他国へ傭兵として出稼ぎに出ている 産業 魔力を持たない者でも魔法が使えるようになる【呪文】や【魔導書】は、各国の戦力増強に役立つ物である。 魔導書は大金を払えば代償なしに対応する魔法を使用できるため、男爵階級以下の魔導書と食料や物資を交換する貿易を行っている。 また、当然「契約魔法」のかかった紙は、サインをする事で絶対遵守の魔法がかかり、破る事が出来ないため、「契約書」の販売も主産業の一つである。 そして、貴族階級より下の悪魔 人や獣問わず は、いつでも軽い代償で弱い魔法の使える奴隷やペットとして販売される。 畜産農耕業 領主フレイア公爵の農地繁栄部隊の協力の下、人間族の農民は農業奴隷悪魔を使役し能力をフル活用して 広大なラタンチア平野で農地を耕し、家畜を育てている。 【畜産】 馬、羊、山羊、豚、アヒルやガチョウ、鶏 【狩猟】 ・肉 ヘラジカ、シカ、トナカイ、クマ、イノシシ、リス、ウサギや野鳥 ・魚 タラ、ハドック、ニシン、サバ、サケ。 この国の方針と会議の決定権と国仕の貴族階級の悪魔を隷従させる力を持っている。 世界征服などといった、アース神以外の事柄にはあまり興味がなく、表には出てくることはほとんどない。 北欧神話 この国の政治と外交を担う種族。 貴族制の形態であり、階級が上の同種の相手には絶対服従しなければならない。 階級を上げるためには他の者と契約を交わし、願いを叶える事でロキによって昇格される。 人間族 全地域 この国の商業貿易を担う種族。 悪魔が制作した契約書や魔導書、奴隷悪魔の売買以外にも、その取引で得たお金や悪魔が代償として手に入れてきた物の交換などを行う。 【魔族】 大気中の熱と、ヨトゥン教徒から送られてくる魔力の血液があれば他に食事は必要ないのだが、 こちらの世界で、人間と接触したことで『食事』に目覚めた悪魔族は人間に紛れて人間の料理を食べに行っている。 好物は林檎とミードと呼ばれる蜂蜜酒 ロキは、最近調味料にハマっている 【人間族】 主食は浜に打ち上げられたクジラや家畜や野生動物 他にも穀物と果物、魚、鶏やその他彼らが育てたり、狩ったり、自然から採集できるものを食す 夜は宴会を開いて、ヤギの角を器にしたビールやミードを片手に肉の付いた骨にむしゃぶりつく 肉は燻製、塩漬け、発酵、酢漬け、乾燥させて保存 果実も乾燥させて保存した物を食べる オート麦、大麦、ライ麦を食べ、大麦から作った平たいパンも食べる 肉を炙ったり炒めたりはせず、茹でる事で火を通す ヴァイキングが肉を料理する主要な方法の一つはスカウスと呼ばれるシチューで煮込むことで、おそらく大釜で調理されていた また、この国では調味料という物が存在しなかったが、ロキが他国から取り寄せてきたハーブや香辛料などの調味料によって、最近料理の革命がおきた ドラクロア族と神族の混種族であり、最古の悪魔。 ルーン魔術の創設者であり、オーディンとヘイムダルから世界創造の力を奪い世界を変える力を有している存在。 その力を使って同種を増やし、悪魔に3つの階級(奴隷、自由農民、貴族)を作った。 頼まれれば何でもやる性格で、人間を愛しているため、危害を加えるのを嫌う。 ただし、ドラクロア族を『数少ない親族』であり、『絶やしてはいけない希少種』であり、『尊ぶべき者』と思っているため、彼らに危害を加えるようなら人間でも容赦はしない 神とその眷属はいい感情を抱いていない。 英雄王とウーズガルドの魂が同居している。 ただ、最近、魔を封じる剣により、ウーズガルド側の意識が遠退いた事で、英雄王側の意識の方が強く出始めている。 現在は闇の勢力を止めるため、自身の身体が魔族の物であるのを利用して闇の勢力の下に付いている ・古の勇者が使うとされる剣は、「魔を封じる剣」 ・黒銀姫は、現ラタンチア王が魔王となると同時に生まれた娘 純正ドラクロア族でありながら魔王になっていないのに生まれつき肉体を持っており、 本来性別のないドラクロア族で唯一の女性 ロキ直属部隊は、王家に仇為す時のために作られた部隊。 王家に絶対服従の契約はかかっていない ヨトゥン・ドラクロア族のイメージは身体がある程度大きくなると増えるアメーバと、氷河期に絶滅した恐竜 生物全ての原種であり、性別なく繁殖できる存在に、日本の天皇設定を入れたような存在 【ラグナロク】を【世界をリセットさせた氷河期】に置き換えて、【ノアの大洪水】を【ヨルムンガンドが暴れまわってる様子】に置き換えて考えています あと、トオルは本来、北欧神話の太陽神:トールです ここではいずれ世界を創造する神となる運命を背負った仏教の修行僧的なキャラにしてます 想定しているラタンチア国の物語上の立ち位置 ラタンチア王国は、 【ルートを間違えれば全国に戦争を挑み出す隠しボス】的な国です それと同時に 本編のボスがチートだったときのお助け役の何でも屋さんです。 ドラゴン〇ールでいう神龍的な? どこにでも召喚してくれれば移動できるので、遠い国でも、その国に悪魔がいれば、援軍だすこともできます うちの魔王様、基本的にもう戦争する必要ないので、一応なんかされたり、我が国の中でなんかあって人間憎むイベントがない限りは無害です あと、この国の魔族と人間の関係は、 王族と貴族と奴隷と平民 って感じです ちょっと貴族と奴隷が、王族と、自分より身分が高い相手に対して絶対服従の呪いがかかってる 実際にはちょっと違うけど、イメージ的には 感じです 現段階では、魔族を動かしてるロキが人間大好きマンなので、神様信仰してたり汚かったり色々とうちの魔族が嫌いな物の条件揃ってない限りは、わりと友好的で、紳士的です 【魔王・ラタンチア】 :黒銀姫が世界を旅する間に人間の醜さを知り、魔王である父を殺したことで魔王の座に就くと、ルートに入る 【悪魔王・ロキ】 :黒銀姫が世界探訪の旅の中で死亡したことでロキが世界に対して絶望し、隠し持っていた「王族に服従する契約をしていない」2つの直属部隊を使って反乱を起こすルート ラタンチア王国の玉座を奪い取り、世界征服を成し遂げ、神々の襲撃を撃退して遊び相手の居なくなったロキが別世界線で平和に楽しく暮らすロキとその世界に暮らす者たちに対して世界樹を通して作成した魔物を送り始める 【ラグナロク】 :世界樹から神々が攻めてきて、魔族と神々の戦争が始まる。 7 チュルン公国との交易を開始したので外交にチュルン公国追加。 ロキが世界征服を成し遂げたルートが別世界線で解禁されたので、裏設定の【悪魔王ロキ】の反転を解除 他、一部裏設定解禁 西方の国家 ・・・マキアン帝国 ・スターニン保護国・チュルン公国 中央の国家 ・・・モリア ・・ 東方の国家 ・・・ヒューメニル王国・ ・・ 北方の国家.

次の

マーベルドラマ「ロキ」は全6話構成か、「恐ろしい強敵」登場へ ─ トム・ヒドルストンが明かす

ロキ トリックスター

主演、『マイティ・ソー』雷神ソーの弟 を主人公とするドラマシリーズ 「ロキ(原題:Loki)」が、ディズニーの新ストリーミング・サービス「 」にて2021年春に米国配信されることがわかった。 米 ・スタジオが、ポップカルチャーの祭典「サンディエゴ・コミコン(Comic-Con International: San Diego 2019)」にて発表した。 このたび、新タイトルロゴもお披露目となっている。 — Marvel Studios MarvelStudios 「ロキ」の詳細は不明だが、 「トリックスターであり、容姿を自在に変化させる能力を持つロキが、人類史のあちこちに登場しては歴史上の出来事に思わぬ影響を与えていく」というになるとのこと。 以前発表されたコンセプトアートには、映画『ジョーズ』(1975)の看板や当時のファッションなどが描かれていた。 本作でエグゼクティブ・プロデューサー&脚本を担当するのは、アニメ「リック・アンド・モーティ」(2013-)に携わる マイケル・ウォルドロン。 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)を経て、ロキの物語がどのように展開されるのかが大きなポイントとなるが、それ自体が最大のサプライズとなっている可能性も高そうだ。 なお、両作を手がけたアンソニー&ジョー・ルッソ監督は「ロキ」には関与していない。 ちなみに、『マイティ・ソー』(2011)からロキ役を演じてきたトム・ヒドルストンは、以前本作について 「(ロキの)新たな旅立ちになります…が、なぜそうなのかは言えません」と。 ドラマ「ロキ(原題:Loki)」は、ディズニーによる映像配信サービス「Disney+」にて2021年春に米国配信予定。

次の