静かなるドン あらすじ。 【漫画 静かなるドン】最終回108巻ネタバレ感想!無料で読めるの?

『静かなるドン』5分でわかる魅力!名作ヤクザ漫画の魅力は王道にあり【108巻完結ネタバレあり】

静かなるドン あらすじ

無料で『静かなるドン』を読む1つ目の方法は 『U-NEXTの無料体験サービスを利用すること』です。 U-NEXTは国内最大級の動画配信サービスで知られていますが、電子書籍も扱っているんですね。 『静かなるドン』も掲載されています。 U-NEXTでは 31日間の無料体験サービスを提供していて、登録後すぐに 600円分のポイントが貰えます。 600円分のポイントを使えば『静かなるドン』を全巻どれでも今すぐ無料で読むことができるというわけですね。 また、 U-NEXTの無料体験はいつ解約しても解約金は無しなので、気軽に試せますね。 下記のボタンからアクセスするとU-NEXTの無料体験サービスを利用することが出来ます。 登録は1分で可能。 どうせなら登録なしで『静かなるドン』を見る方法は無いかと思い、もう少し調査してみました。 調査の結果。 結論から言うと、あります。 しかし当サイトでの紹介は自粛します。 理由は 「危険すぎる」から。 マイニングスクリプトが仕込まれ端末が故障する。 詐欺サイトに飛ばされる。 さらに、 法律上、閲覧しているだけで逮捕される。 ちょっとリスクを調べるだけでもこれだけの危険な情報が出てきます。 漫画村を運営していた「星野ロミ」が、2019年7月には逮捕されました。 星野ロミは 当時フィリピンに滞在しており、その状況下で身元特定から逮捕に至ると言うのは 著作権保有者のかなりの本気度が伺えるわけです。 参考: 違法サイトを使っていると、最悪の場合、 数百万単位の賠償金を支払い、前科までついてしまう訳です。 絶対に 使用しないでください。 今後著作権の侵害に対しては厳しく取り締まっていくでしょう。 漫画のお金をケチっただけで人生が狂うというのは避けたいものです。 正規サービスでリスク無しで無料で読むことが出来る方法がある訳ですから、そちらを使うことをお勧めします。 といっても、最初はタイトルにあまり惹かれず敬遠していました。 内容が想像できないタイトルですよね。 しかし話題になっているので試しに一巻読んでみると・・ 面白い!! 一気に読みました。 個人的には『ミナミの帝王』シリーズよりも好き。 実際に、 全108巻と100巻を超える長期連載の上、 ドラマ化・映画化というメディア展開もさることながら 第42回日本漫画家協会賞大賞受賞という数々の実績を残す人気作品男ですね。 では、何がそれほど面白いのでしょうか。 『静かなるドン』のあらすじや見どころを少しだけ紹介したいと思います。 もともとは普通のサラリーマンとしてごく普通の生活を送っていましたが、 父である勇足が敵対組織に殺されてしまったことにより、 子分たちの跡目争いを防ぐため、総長の座につきました。 そうして昼と夜の顔を使い分けていた静也でしたが、 その生活を脅かす出来事が起きることとなります。 これによって2人の関係に変化が起きていきます・・・。 あまり詳しく話してしまうとネタバレになってしまうのでここら辺で。 とりあえず言えることは『 面白い』です。 誰もが引き込まれてしまうその見所を紹介します。 それは 「静也と明美の恋模様」。 小柄で小太り体型、子供のような風貌の静也は、勤務する「プリティ」では 才能の乏しい下着デザイナー。 序盤では 同僚である明美に片思いの感情を抱き、明美は「高嶺の花」といった感じでした。 しかし、 明美が惚れたのはヤクザである静也の姿であり、 冴えない下着デザイナーの静也の姿ではありません。 いわば 夜の姿は偽りであり、 素の自分で結ばれることのない恋だと理解する静也の心情を考えると苦しくなります。 跡目を譲り、ヤクザを辞めてしまい、カタギとして生きる方法も静也にはあると思いますが、そうできない理由が・・・。 大きな組織である「新鮮組」の総長の座は魅力があり、組で権力を持っている幹部たちが跡目争いを始めるため、ヤクザを辞めたくても辞めれない理由があるのでした。 そんな中、明美を助ける度に近付く静也と明美の距離。 明美は静也の正体を知って晴れて結ばれるのか。 それは 「主人公・静也の漢らしい生き様」。 穏やかで平凡な生活を送る昼の姿とは違い、 夜は黒いサングラスに白いYシャツ、白いネクタイ、白のスーツと全身白でコーディネート。 格好も見た目もダンディな二枚目で、穏やかで争いごとを好まない性格ですが、いざとなると 幼い頃から仕込まれた格闘術や射撃の能力を駆使し、もの凄い強さを発揮します。 幼い頃から母親である近藤妙に極道になるための英才教育を受けますが、静也が選んだのはごく普通のサラリーマンとしての生活でした。 漫画の中の描写で、 静也は極道のことをかなり嫌っていますし、 組内部の平和のためとはいえ、「新鮮組」の3代目総長になることは相当抵抗のあることだったと思います。 平和を願う優しい一面を持つ静也のダンディなところが「静かなるドン」の魅力ですし、 自分の夢と愛する明美のために信念を曲げない芯の強さも魅力となっています。 「静かなるドン」は、 静也のアウトローでダンディな一面と穏やかな一面、その2面性が魅力の漫画です。 合法無料で『静かなるドン』の世界を味わおう!!.

次の

【303話まで毎日無料】静かなるドン

静かなるドン あらすじ

今回はヤクザ漫画でも長く続きオリジナルビデオやドラマ、映画で実写された静かなるドンについて書きたいと思います。 概要 作者は新田たつお先生。 出版社は実業之日本社。 週刊漫画サンデーにて1988年11月15日号から 2013年1月8日号まで掲載されていました。 話数はなんと1175話、コミックスは全108巻です。 あらすじと登場人物 主人公である下着会社プリティのデザイナー兼 1万人の子分を持つ広域暴力団新鮮組総長近藤静也の昼の世界でのサラリーマンの話と夜の世界でのほかの暴力団や終盤には海外マフィアとの構想などが描かれます。 物語は近藤静也が父の死により新選組3代目を継ぐところから始まります。 近藤静也 主人公で上述の通り下着会社プリティのデザイナーでもあり、新鮮組の3代目総長の2つの顔を持ちます。 昼間は特に子供っぽい印象ですが夜の顔であるサングラスをかけるとオーラを放ちます。 基本的に争いごとを好まないためタイトルでもある静かなるドンと呼ばれています。 ただし母親に小さいころから武芸を仕込まれているためいざという時に発揮する力はものすごいです。 昼のサラリーマンとしては、ダメデザイナーですが、作中何度かヒット作を飛ばします。 夜の顔は昼の同僚等には隠しています。 秋野明美 作中のヒロイン。 元は近藤静也の同僚で下着会社プリティのチーフデザイナーでしたが途中で退職します。 物語序盤は、正直あまりすごい女性の印象は受けないのですが物語中でどんどん成長していきます。 元々昼の近藤静也が片思いしていましたが、夜の近藤静也に助けられたことで夜の顔に好意を持つようになります。 近藤妙 近藤静也の母親。 ニトログリセリンを携帯しており「ニトロのお妙」と呼ばれます。 静也には極道に1本化してほしいと願っています。 そこそこの年のはずなのですが美人です。 鳴戸竜次 新鮮組ナンバー2です。 精鋭の武闘派集団鳴戸組の組長です。 新鮮組内では静也に絶対的な忠誠を誓う数少ない人間ですが、お茶目で破天荒な性格です。 個人的にこの話の中で一番好きなキャラクターです。 猪首硬四郎 新鮮組の突撃隊長です。 巨漢でものすごいパワーを持ちます。 近藤静也を若と呼び慕っており、頼れるボディガードのような存在です。 生倉新八 新鮮組系の組織で最大の生倉会の会長です。 ただし生倉会は数が多いだけで役に立たない人が多いです。 総長の座を狙っていろいろやります。 本作におけるギャグ担当と呼べる存在だと思います。 肘方年坊 新鮮組系で生倉会肘方組の組長です。 生倉同様総長の座を狙っていますが、生倉に比べると影が薄いです。 1本生えて毛を大切にするシーンは見所です。 龍宝国光 鳴戸組の2代目組長です(どのような経緯かはネタバレになるんでやめときます)。 「龍宝を手に入れるものは天下を制す」と言われた逸材で射撃が得意です。 めちゃくちゃ男前で持てます。 基本的には近藤静也に忠誠は誓っていますが、昼の仕事については快く思っていない様子です。 川西 プリティの部長(作中で一度取締役に就任します)。 近藤静也の直属の上司で、典型的な中間管理職のキャラです。 茨城からの遠距離通勤していたり、上からの無茶難題を言い渡されたりする苦労人です。 鬼州組 関西の暴力団であり、勢力は3万人の組員を擁します。 物語中で何度も新選組と戦います。 感想 個人的に好きな漫画の1つです。 長寿マンガにありがちで後半はだれてくる部分もありますが、終盤の話も私は好きです。 新選組と 鬼州組が手を組んでマフィアと戦ったりするところも好きだったりします。 108巻まで続いていることもあり、また作中死亡するキャラクターがたくさんいるので、本当に登場人物が多いです。 上にももう少し書きたかったんですが、ネタバレが過ぎるのでやめました。 ネタバレを豊富にした記事もいずれ書きたいと思います。 無料試し読みはからどうぞ。 【スポンサーリンク】 kenkentarou.

次の

【静かなるドン (ドラマ)】のドラマ無料動画を全話(1話~最終回)配信しているサービスはどこ?

静かなるドン あらすじ

情報DB• ブログ 検索• アニメ:• 50音順• ゲーム:• 50音順• 漫画:• 50音順• 文学:• 50音順• ドラマ:• 50音順• 特撮:• 50音順• 日本映画:• 50音順• 海外映画:• 50音順• Web媒体• Web媒体• Web媒体• 論客目録• その他• そんな近藤静也のカタギ人生とヤクザ人生の奮闘を描いていく。 二枚目顔の方々よりむしろ、河合副社長や乳栗や馬場刑事や勝や小林明奈等、個性ある面々が好きでした。 静也がヤクザ解体を貫いたのことも、揺るぎない秋野さんへの想いにもグッときました。 静也の命がけの愛は際立つものがありましたし、志乃ひとすじな生倉等、脇キャラのエピも良かったです。 食わず嫌いの女性にもぜひ読んでみて欲しいです。 【悪い点】 チップがどうのという辺りから、なんだか話に違和感が。 架空の話だから、別に吸血鬼やゴキの守り神がいてもいいんですが、世界皇帝のくだりでちょっと興醒めしました。 世直しの吉田寅次郎代議士の話も特にいらなかったなあ。 残念ながら、最終章の主軸である龍馬のキャラにあまり魅力的を感じませんでした。 話を広げすぎて、もはやヤクザマンガの範疇を越えている気がしましたが、最後はなんとかうまくまとめたという感じです。 【総合評価】 20年位前に読むのを中断して、最近ようやく読了しました。 終盤で不覚にもボロボロ泣いてしまいました。 まさかこの作品で大泣きするとは思わなかった。 容赦なく人が次々死んでいくのがやり切れなかったし、秋野さんとの別れエンドは致し方ないとはいえ、静也の心を思うと切なかったです。 救いは、最後、生き残った人々に少し明るい光が見えたこと。 「ヤクザをなくすことは叶わぬ夢」だと思いながらヤクザ解体を進めていく静也。 しかし静也以外の人々は、そこそこ幸せそうな表情をしています。 これだけ部数の多い任侠マンガなので、丸っきりハッピーエンドには描けなかったんでしょうね。 秋野さんのラストシーンに子供を匂わせる描写もなしです。 仮に静也との子供ができたとしても、また跡目争いにかつぎ出されそうですし、愛倫が語った「愛のDNAの螺旋」は、静也においても断ち切られることになりそうです。 罪深い主人公ではありますが、猪首さんのためにも、願わくば余生は穏やかに過ごして欲しいと思いながら読了しました。 ヤクザ漫画のなかでは、話の面白さ・キャラクター・画力ともにトップクラスの作品。 全体を通してかなりぶっ飛んだストーリーなのでリアル志向のヤクザ漫画ではなく、 ヤクザ漫画とドラゴンボールと歴史漫画を足して2で割った、ファンタジー漫画である。 主人公の近藤静也が、冷静沈着ながらも熱い義侠心を備えた「任侠の鑑」であるので、 有無をいわさず読者を納得させる迫力がある。 新鮮組の幹部もキャラが濃く、裏社会の悪人でありながらコミカルで可愛げがあるのも面白い。 ヒロインの秋野さんも巻数を重ねるごとに成長し、没個性に近かったのが、 最終的に一人徒手空拳で敵のアジトに乗り込む程の女傑に成長するのも読み進めていて痛快だった。 さすがに長期連載漫画の宿命か、話が進むにつれてスケールが大きくなりすぎて、 初期のヤクザ抗争モノから逸脱し、特殊能力を備えた怪物集団や、世界を裏で操る組織との戦いなど、 荒唐無稽とも言えるストーリーが続くようになったが、それでも 例え強引でも ここまで読ませる漫画を書いた作者の力量は大したものだと思う。 特に中盤のアレキサンダーとの戦いは、犬猿の中であった東の新鮮組と西の鬼州組が手を組んで「神に愛された男を倒す」という、 強すぎるラスボスに全員で立ち向かう構図はこの漫画の最高潮であり、恐らく作者もこのあたりで終わろうと考えていたであろうことは想像できる。 実際盛り上がりもこの付近が安定しており、複数の勢力が入り乱れた核爆弾争奪戦、無人島でのサバイバルバトルなど、かなり熱い展開が続く。 しかし、それ以後の展開に作者の限界を感じてしまう。 龍馬という脇役にスポットを当てたはいいが、何巻分にも渡り修行シーンを見せられたり、 ネタが尽きてきたのか、幕末の歴史をそのまま踏襲したようなストーリーが続く鬼州組との抗争がまたしても勃発するからである。 アレキサンダー戦で手を組んだ2大巨頭がまた同じように争う姿は、正直見ていて「またか」と内心ウンザリしてしまった読者もいたのではないだろうか。 柔軟な発想と見識を持った設定の海腐六代目が、終盤あそこまでキャラ崩壊してしまったのも納得出来ない。 最強の敵であったアレキサンダーを終盤に再登場させ、あっけなく噛ませ犬として退場させたのも不満である。 そのアレキサンダーが噛ませ犬になってまで龍馬の強さを表したのに、銃撃であっけなく死亡した彼の最期も非常に違和感を覚えた。 どうもこの作者はキャラクターを作るのは得意だが、愛着と説得力を持って最期のシーンを書けないタイプなのだろう。 評価は1巻〜アレキサンダー戦までが「とても良い」、ロシア戦〜鬼州組戦までが「良い」、ラストが「悪い」。 折衷して「良い」とする。 色々書いたが、ヤクザ任侠漫画の中ではクセがなく読みやすい。 100巻を超える巻数からも、歴史に残る漫画であろうことは間違いないだろう。 主人公の近藤静也は、昼間は下着会社のしがない平社員。 しかし、夜や有事には関東最大の広域暴力団・新鮮組の総長と言う二つの顔を使い分けているのでしたな。 同じ会社に勤務していた秋野と言う美人のデザイナーに惚れており、なかなか裏の顔のこともあり告白にまではいたらないと言うもどかしさもそれなりに面白かったですな。 出てくるキャラクターが何がしかの有名人の模倣だったりするのがこの作家の特徴ですな。 社長のモデルは昔NHKでクイズ面白ゼミナールの司会を務めた鈴木健二氏、鬼州組総長であった坂本健は言わずと知れた高倉健でした。 胡麻田は植木等でしたね。 この漫画で面白いと思ったのは新鮮組の獅子身中の虫とも言うべき生倉ですね。 小狡く卑劣で小心なくせに 野心だけは人一倍あるというどうしようもない奴ですが、どこか憎みきれない愛嬌がありますね。 ライバルの肘方はちと、影が薄いですな。 作品DB内ブログ記事 1. by 陣兵... 100巻超えてる漫画」 今日で100回目のエッセイです! 「100」にちなんだ話をしたいと思います。 100巻超えてる漫画たち [連載中] ・こちら葛飾区亀有公園前派出所 ・ゴルゴ13 ・クッキングパパ ・ミナミの帝王 ・美味しんぼ ・はじめの一歩 ・浮浪雲 [完結] ・弐十手物語 ・あぶさん ・ 静か なる ドン ・あさりちゃん... by 管理人さん... man-sun. 「 静か なる ドン」がこの前終わったので、この先どうするのかな、と思っていた矢先。 「 静か なる ドン」は100巻を超える長寿作品ですが、それだけ長い間の連載... by 羽幌炭鉱... いうと、芳文社の週刊漫画TIMES、日本文芸社の週刊漫画ゴラク、そして実業之日本社の漫画サンデーが著名ではあるものの、その漫画サンデーが去年に週刊から月二回刊行にリニューアルするものの、『 静か なる ドン』終了して暫くしての休刊となってしまった。 評価対象は「作品の中身」。 自作自演厳禁• 品位等書き方に適切さを欠くもの禁止• 著しく無意味な書込み(同じようなことずっと繰り返し言ってるだけも含む)禁止• その作品の評価と全く関係ない書込み禁止違反された場合、削除と違反ポイント付け アク禁等 が行われます。 現在受付けてる削除提案理由• 特定のコメントの批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 世間一般・他の方の評価・見方の批判 作品の評価ではなく評価の評価になっている• 他人の評価のコピー• どの作品にでもコピペ出来る具体性の無い評価• HNに問題有り 他者の侮辱, 犯罪者名, 公人名 作者等 の使用, etc... 人種差別等差別用語の使用• とりわけ乱暴な言葉遣い(死ね、... 作者・演技者に対する作品の制作能力と関係ない点の批判(もしくは人格批判にまで脱線した批判)• アダルト系用語の他者への配慮の欠ける書き込み• 書いていることと評価付けが逆• 対象作品以外の事柄への語りがメインになってしまっている、または割合は少なくとも比較して過度に貶める形で挿入されている。 但し見てない上での断定評価文・または強過ぎると判断される批判文を書いている場合にはマナー違反として削除されます• 推理系の作品の核心のネタバレ•

次の