ゲイリー バスター ホームズ。 龍が如く7攻略マップでご案内 サブストーリー攻略

【龍が如く7】ゲイリーの効果・解放条件【龍7】

ゲイリー バスター ホームズ

龍が如く2攻略。 シナリオチャート・サブストーリー・アイテム・ミニゲーム情報・攻略等、 龍が如く2をめいっぱい楽しむファンのサイトです。 龍が如く2攻略マップ付き セガのPS2用ゲーム 龍が如く2の 攻略情報をマップ付きで掲載しているサイトです。 龍が如く2攻略 ストーリーチャート 第5 章 隠された過去 神室町夜:東城会本部へ イベントの後、柏木から電話がはいります。 賽の河原に行くこととなります。 戦いの後神室町へ戻ります。 下着、ビールを買うように言われます。 1:ドンキホーテで女性用下着と、天然水生ビールモルツを買います。 2:セレナに戻ります。 イベントとなります。 3:公園内にあるトイレから賽の河原へ進みます。

次の

【龍が如く7】全てのデリバリーヘルプ入手方法・効果一覧│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ゲイリー バスター ホームズ

概要 [ ] にタイトルを発表。 『』と同様には4人となるが、シリーズ作品に既に登場している桐生一馬、秋山駿、真島吾朗、郷田龍司で構成され、新規の主人公は登場しない。 『4』同様、ストーリー進行に合わせて主人公を交代するが、『4』とは異なり主人公のパラメータやアイテムは共有される。 従来作と同様に俳優の起用もあり、、、、、が新たに出演している。 今作は他、多数のが敵となり、ゾンビ役に、、がゲストとして参加している。 その他のゲストとしては、セラピスト役としてのが出演している。 また、もを行った上で7名が参加する。 今作はであり、ストーリーは『4』の後の話ではあるが、『4』後の的な位置づけとなっている。 敵がゾンビということもあり、人体欠損が存在する作品でもあるため、シリーズ中もっとも残酷描写の高い作品になっている。 に発売を予定していたが、発売直前のに発生したの影響による諸事情で発売日がへ延期された。 初回生産版はパッケージが箱仕様となり、名越監督のコメント及び「龍が如く がんばろう、日本!! ステッカー」を同梱することと売り上げの一部をの東日本大震災義援金として寄付することも併せて発表された。 予約特典としてシリーズの人気ミニゲーム「カラオケ」の楽曲をフルヴァージョンで収録したCD「」が付属される。 シリーズ恒例の過去のPS3作のセーブデータ引継ぎによる特典は今作にも存在する。 今作ではこれまでの最高難易度「EX HARD」を上回る難易度「OF THE END」が存在し、その難易度では完全な新規データからでしかプレイできないという仕様になっている。 の『』と連動していたが 、同サービスはでサービスが終了したため、現在はオンライン接続により特典を受け取る形になっている。 本作に登場するカラオケ曲「MachineGun Kiss」は、『』にとして収録されている。 曲中には桐生、秋山、真島、郷田、遥、キャバ嬢7人のミニキャラアイコンが登場する。 あらすじ [ ] 2011年4月、・神室町。 突如として出現した生ける屍・ゾンビによって町は未曽有の大混乱に陥る。 これを鎮圧すべく自衛隊は神室町周辺に「壁」を設置するが、それは残された生存者さえも隔離する絶望の壁となってしまう。 死者に蹂躙され、行き場を失う住人達。 感染者と称されるゾンビに噛まれ、増え続ける歩く死体。 アジア最大の歓楽街は、死者によって制圧されていく。 ゲームシステム [ ] ガンショットバトル [ ] 本作最大の特徴。 各主人公ごとに専用の銃器が割り振られている。 また、街中で取得した銃器や爆発物を使用することもできる。 この時は既存ののような視点に切り替わり、敵を掃討していく。 基本操作は自動照準でのプレイであるが、エイミングモードによる狙い撃ちも可能。 のみが弾数無限となっており、その他の銃器に関しては弾薬を補充する必要がある。 従来のヒートアクションは「ヒートスナイプ」と呼ばれるものに変わり、一度に多くの敵を殲滅するものや、パートナーと協力するものなどが用意されている。 素手による格闘は蹴り技となっているが、スキルの取得によりタックルや弾き返しなどのアクションも可能となる。 従来のような落ちている物や武器を拾っての攻撃は健在で、場合によってはチェイスバトルやシリーズ恒例の戦闘(ケンカアクション)になることがある。 戦績 [ ] 各パート(章の半分)をクリアすると戦績結果が現れ、成績によって取得する経験値が変わる。 各項目はS、A、B、C、Dの5段階で評価する。 評価の対象は、「クリア時間」「ゾンビ撃破数」「変異種撃破数」「被ダメージ」「命中率」「ヒートスナイプ撃破数」「ヘッドショット撃破数」であり、それを計算して総合評価となる「トータルスコア」で経験値がもらえる。 ただし、フリーバトル(本編ストーリーに関わらない)で倒した敵、受けたダメージは加算されない。 通常エリアと隔離エリア [ ] 通常通りの雰囲気を持つ「通常エリア」と多数のゾンビが存在する「隔離エリア」の2種類に分けられる。 序盤は通常エリアが広く占めているが、ストーリーが進むにつれて隔離エリアが拡大する。 各主人公に通常エリアと隔離エリアと行き来するフリールートを与えられ、これを使いながらサブストーリーなどを進めることとなる。 また、隔離エリアに取り残された店などの施設をゾンビから救出する「店舗解放バトル」があり、救出できれば利用することができる。 ただし、は店内がひどく荒らされているため、救出できない。 相棒をつくろう! [ ] ガンショットバトルにおけるもう1つの要素。 フリールートのみだが、特定のキャラクターを相棒として同行させることができる。 相棒にするためにはそのキャラクターのイベントやサブストーリーを攻略する必要があり、キャバクラ嬢とコンビを組むことも可能。 各主人公によって仲間にできるキャラクターは異なるが、物語が進行して合流すると自由な組み合わせが可能になる。 配置兵器 [ ] 本作ではなどの車両系兵器、などの固定砲台系兵器、やなどの手持ち兵器等、様々な兵器が配置されており使用することが可能。 中にはやなど、兵器とは呼びにくいものも配置されている。 神室町アンダーグラウンド [ ] 隔離エリアのマンホールが入口(各主人公によって場所が異なる)となる地下。 入るたびに構造が変わる「自動生成ダンジョン」となっており、最深部には強敵が潜んでいる。 最下層に無事にたどり着くと自動的に脱出し、報酬がもらえる。 詳細は「」を参照 得意銃器はガンスミスからツケで購入した「XK. 50対物狙撃銃」で、サイズ故に構えるまでに時間がかかる上に恐ろしく取り回しが難しく連射力も劣悪で、カテゴリ上は狙撃銃に当たるためヘッドスナップも適用されず 装弾数も少ないなど癖が強い。 しかし、数体のゾンビを貫通する破壊力と着弾時の衝撃のみでゾンビを倒せるほどの衝撃力を誇り、更にはこの銃のみに用意された専用ヒートスナイプを駆使することで全ての変異種をも一発で射殺できるなど上述のデメリットを帳消しにするほどの高い攻撃力を持つ。 本来は地面に腹ばいになって運用するものだが、桐生は普通の狙撃銃とほぼ同じ構え方で運用し、時には走りながら発砲する。 詳細は「」を参照 得意銃器は「マケドニアシューター」と名付けられたで、二丁に持つことで連射力アップと共に広範囲に敵を捉えることができる。 この武器のカテゴリはハンドガンであたるため、弾薬に限りはない。 また、このは拳銃の扱いには不慣れな堅気の秋山のために用意されたもので、片手持ちのため攻撃が範囲が思いの外広く、それや上述のメリットも相まって最終段階まで改造すれば驚異的な殲滅力を発揮するものの、「マケドニアシューター」はゲームシステム上「極道の拳銃」一丁を一段階改造したものとして扱われるため、他の3人の得意武器より改造段階が低く序盤では改造条件が厳しめで、リロードも「極道の拳銃」より極僅かながら時間がかかる。 また、拳銃故にストッピングパワー自体は弱く、それに起因する純粋な制圧力の乏しさから変異種や実験体に対しては非常に分が悪い。 『4』であることがきっかけで一度は秋山の下から去っているが、秋山に対する思いで食事が喉に通らず、痩せ細った体型で復帰した。 その後は食欲も回復し、再び豊満体型に戻る。 その後、2011年4月1日に体調を崩しながらも秋山と共に貸付金の取り立てに向かおうとしていたところでゾンビ騒動に巻き込まれ、ゾンビに襲われそうになった際に秋山に助けてもらったが、発熱で倒れる。 その後は秋山が薬を取りに行っている間にもゾンビに襲われるが、辛くも逃れて秋山に無事に救出される。 隔離エリア脱出後は秋山の身を案じたために食事が喉を通らずに3キロ痩せたが、当の秋山から連絡が来たために安心して盛大に食べてから帰宅する。 事件終結後はスカイファイナンスを営業再開しており、集金しない秋山に対して集金日に印をしたカレンダーに指を差しながら睨みつけている姿が見られた。 浅木 美涼(あさぎ みすず) 声 - に務めるゾンビ隔離のための「壁」設置と保守を任務とする女性自衛官(階級は)で、男勝りな性格とは裏腹に秋山に「彼女ならうちの店のナンバーワンになれる」と言われる程の美貌の持ち主。 を手に隔離エリア内を探索中に銃も持たずに素手で戦っていた桐生と出会い、彼を救出して共に行動するようになり、桐生と共に生存者が残る神室町ヒルズに向かうが、そこでゾンビと化した仲間達と戦うこととなる。 戦闘後は仲間達の死に悲しむが、すぐに立ち直って桐生と行動を再開し、大吾からガンスミスの情報を得たことで装甲車を運転して「黒鉄ビル」に向かい、桐生にここで待っているように言われる。 その後、最終決戦の際はヘリコプターに乗って桐生に救援物資を届け、その際に完全体オオイカヅチによってヘリを墜落させられてしまうが、無事に生還した。 事件終結後は神室町から去ろうとしている桐生に隊員と共に敬礼しながら見送った。 であるが、関西人も舌を巻くたこ焼きを焼き上げる程の腕を持っている。 また、頑固な性格なために誤解されやすいが、売れ残った商品をホームレスにあげたり、ゾンビ騒動で逃げそびれた少年を匿うなどの人情味溢れる優しい一面もある。 弟子が長続きせずに後継者を育てることを諦めかけていたが、龍司が弟子入りしたことで彼を後継者として教育する。 その後、ゾンビによる非常事態時で二階堂に捕らわれ(いつ捕われたかは不明である)、見せしめとして実験体ヤツカハギにされたことで龍司と対峙するが、最期は自らが龍司に教えた「の急所」で彼に止めを刺された。 DD(ディーディー) 声 - 日系アメリカ人の武器商人で、ゾンビが発生した神室町に白いスーツで現れた本名不明の謎の男だが、実は今回の事件の黒幕で、「タナトス」と呼ばれるを開発して神室町にゾンビを発生させた張本人である。 商売柄で人の死を何度も見てきたせいで極めて厭世的な考えを持っており、「タナトス」の与える「甘美な死」こそが人間を生の苦しみから解放すると、もはや生への冒涜とも言える主張をしている。 「タナトス」を改良して進化させるためにスポンサーを探しており、後にスポンサーとなった近江連合の二階堂と共に行動するが、最終的には二階堂を裏切り、彼に「タナトス」を撃って怪人化させる。 その後巨大化し完全体オオイカヅチにしてしまう。 桐生とオオイカヅチとの決着後は自身の語る人生論を桐生に一蹴され、それでも平然としてヘリコプターで逃走しようとするが、ヘリが秋山に乗っ取られていたために失敗する。 最期は秋山が脱出したことでコントロールを失ったヘリが墜落して手に持っていた「タナトス」が炎の中で消滅した上に自身も作り上げたゾンビ達と共に爆死し、龍司からは「似合いの最期や」と吐き捨てられた。 相棒 [ ] サブストーリーなどをクリアすることでフリールートのみで、仲間として同行させることができる他、各キャラクターには親密度があり、共闘することで上がっていくが、戦闘不能状態にさせてしまうと下がってしまう。 剣堂 凱(けんどう がい) 一応の友人である三谷を庇って刑務所から出所したばかりの青年。 使用武器はショットガンで、親密度が低い状態で体力が少なくなると銃を乱射して言う事を聞かなくなる。 愛する人であるカズミ(声 - )の約束のために劇場前広場で待つが、隔離されてしまう。 その後、駆けつけてきた秋山にカズミが隔離エリア外にいることを告げられ、秋山と共に同行して脱出を図る。 脱出後は借りっぱなしではカッコ悪いために秋山の助力になりたいと申し出る。 その後はカズミの子供の実父である三谷が借金取りから隔離エリアに逃げ込む事を知り、彼を救出した。 真理奈(まりな) 秋山の経営しているキャバクラ「エリーゼ」のキャスト。 昔はを務めていたために非常に正義感が強く、目の前でゾンビが人々を襲う光景を目の当たりにして誰も助けられなかったことを悔やんでいる。 使用武器は軽量タイプのハンドガンで、親密度が低い状態で体力が少なくなるとパニックになって言う事を聞かなくなる。 遠距離恋愛をしていた彼氏がいたが、親友に寝取られた上にゾンビが発生する直前にその親友を連れた恋人に別れを告げられる。 その後、恋人は死亡したが、秋山と一緒に親友を助け、その親友とも和解したことで恋人の事も乗り越える。 黒鷹(くろたか) 「黒鷹」の異名で呼ばれる(本名は不明)ライフルを獲物とする国際的に有名な暗殺者。 使用武器はで、親密度が低い状態で体力が少なくなると命中率が極端に落ちる。 人ではないゾンビを殺したいという考えを持って神室町を動き回っていたが、後に自身と同じ考えを持つ真島に合うと考えたゲイリーの推薦により真島の相棒となる。 その後はゾンビによって負傷した刑事である麻倉のビデオレターを妻子に持って行ったり、麻倉の息子である恭一が父を助けるために隔離エリアに入って行った際は後を追いかけたが、最終的にはゾンビ化した麻倉を真島と共に射殺する。 その後、真島に対して父親が優秀な元警察官であることや殉職したにも関わらずに10日も経つと世間から忘れ去られていたことを嘆いてその影響で現在のようになったことを明かす。 ジュンヤ スターダストの。 威勢は良いが、憶病な性格である。 使用武器はアサルトライフルで、親密度が低い状態で体力が少なくなると逃げ腰になって全く戦えなくなる。 隔離エリアに残された舎弟を助けたい一心でワークス上山で銃購入の交渉をしていたところを龍司と知り合い(銃は龍司が代わりに購入する)、当初はゾンビを見ては逃げ惑う行動を繰り返していたが、何度か龍司と隔離エリアに入るうちに成長していき、ゾンビに対して銃を向けるようになる。 その後、舎弟から地下駐車場に取り残されているとの連絡が入り、龍司と共に現場に駆けつけて見事に救出したが、舎弟の口からまだであることをバラされてしまう。 赤いコートに二丁拳銃というスタイルは健在で、本人曰く「桐生への復讐は自分の生き甲斐」となっている。 使用武器は従来通り二丁拳銃で、親密度が低い状態で体力が少なくなると言う事を聞かなくなり、勝手に先に進んでしまう。 弾切れでゾンビに囲まれていたところを桐生に助けられ、桐生を狙うスナイパーから命を守ったり、アジトに乗り込んだりと義理堅い一面を見せたが、桐生の首を獲るという執念は残っており、隔離エリア内で桐生に救出された際も命を狙っていることを告げる。 使用武器は燃焼効果を持つ特殊な弾を発射する「HA・NA・BI!! 」というショットガンで、親密度が低いと体力が多く残っていても勝手に帰ってしまう場合がある。 本編クリア後にある条件で仲間になるが、この人物は一人だけでなく複数おり、相棒になる者以外に条件をクリアした主人公達にアイテムを渡す者やエスクトラモードの「大乱闘チェイスバトル」の逃げる役を行う者などがいる。 キャバ嬢 声 - 、桜木ひな、川合紗綾、水嶋えりか、林田ゆりあ、、優菜 キャバクラの「JeweL」や「SHINE」で働くキャスト達。 今作のキャバ嬢は攻略することで相棒にすることが可能であるが、彼女達は他の相棒と違って固定の武器(初期装備はハンドガン)は決まっておらず、レベルを上げてもスキルを習得しないためにハンドガン以外の武器やスキルなどの取得には『龍が如くモバイル』との連動が必要となる。 以降は『龍が如くモバイル』のサービス終了に伴い、オンラインに繋ぐことで全ての要素を取得することができる。 詳細は「」を参照 安住(あずみ) 声 - 東城会直系安住組組長で、大吾の側近。 極道としては典型型で、自由奔放な言動を起こす真島とは馬が合わない。 ゾンビに襲撃された際に警備担当の真島が遅れて来たことに苛立ち、胸ぐらを掴んで激昂したが、大吾に止められた。 その後、賽の河原に逃げてきたが、ここで何をすればよいのか分からずに右往左往する。 長濱 友昭(ながはま ともあき) 声 - 桐生に憧れて極道の世界に足を踏み入れた真島組の末端構成員。 さほど目立つ成果は挙げていないが、神室町の裏事情に詳しく、シノギも要領よくこなすために幹部から目を掛けられている。 そびえ立つ壁の前で秋山と出会い、彼に武器を隠しているDVD屋を教え、共に拳銃を持って隔離エリアから脱出し、その後も抜け道を利用して秋山を幾度となく助けた。 その後、秋山と別れ、隔離エリアに取り残された生存者達を神室町ヒルズに誘導し、「俺が死んでも泣く奴はいない」という理由から自分を犠牲にして自身をゾンビに追わせる も地下パーキングで遂にゾンビに追い詰められ、桐生が駆けつけた時には既にゾンビに噛まれていたために彼の目の前でゾンビ化し、最期は憧れであった桐生によって葬られた。 東山(ひがしやま) 真島のサブストーリーに登場した真島組幹部。 真島の右腕として組をまとめるように指示されていたが、自由奔放な組員を中々まとめることが出来ず、問題が起こる度に真島が代わりに隔離エリア内外を走り回って組員達の救出に向かっていたために作中では真島に頻繁に叱られており、戦々恐々となる場面が多い。 荒谷 秀示(あらや しゅうじ) 真島のサブストーリーに登場した真島組の構成員。 自分の手を汚さずに他人を利用して傘下の三次団体から真島組に成り上がってきた切れ者で、成り上がることにかなりの執着を持っている。 より成り上がるためにゾンビ出現の混乱に乗じて邪魔者を消してしまおうと企み、真島組の組員数人を騙して隔離エリアに入り込ませるが、組員達の機転(というよりは強運と真島の介入)により失敗する。 その後、真島に追い詰められて逃走するもその途中でゾンビに咬まれてゾンビ化し、最期は真島によって止めを刺され、死後もその他人任せな生き様から「安っぽくてつまらん男」と吐き捨てられた。 島本(しまもと) 桐生のサブストーリーに登場した東城会系島本組組長。 相棒の荒瀬と共に隔離エリアに入ってきた桐生をライフルで狙い、再三狙撃するものの、荒瀬の的確な指示により逆にアジトに乗り込まれてしまう。 その後、神室町がゾンビで混乱している隙を突いて東城会を乗っ取る計画も失敗し、最期はハエオトコに襲われて死亡する。 近江連合の幹部として一目置かれており、真島には「算盤弾くのがお上手な人」と言われている。 郷田龍司に心酔し、長年その右腕として活躍する。 龍司の失脚後は頭角を現し始め、後に神室町で龍司がたこ焼き屋で働いているという情報を得て彼に復帰を呼びかけるも断られ、龍司を破門に追い込んだ上にこのようにした東城会と元四代目会長の桐生に激しい恨みを抱くようになる。 その後はDDと結託して東城会系の組が集結する神室町に林を送り込み、テロとも言えるゾンビ騒動を起こした上で桐生を誘き寄せるために遥を誘拐し、龍司に対して再三挑発に近い形で戻るように呼びかけるも断られ、ミレニアムタワーで龍司と対峙した際には龍司を呼び捨てにする等の今までの付き合いを無にするような会話をした。 その後、切り札である金狼や銀狼に遥を襲わせるのも失敗し、金狼と銀狼も怒りが頂点に達した桐生と龍司に倒されてしまい、追い詰められたことで潔く死を覚悟したところをDDによって新型タナトスを撃たれて実験体化するという不名誉極まりない最期を遂げ、最終的には巨大化し完全体オオイカヅチとなり、ミレニアムタワーの屋上を貫通したが、最期は浅木の支援を受けた桐生によって死闘の末に葬られた。 惚れ込んでいた龍司が破門となったことで二階堂率いる郷龍会での活動はあまりしなかったが、それでも二階堂の鼻を明かそうと単独で動き回り、二階堂の不審な行動を素早く察知する。 その後はDDに二階堂とつるんでいる理由を問い詰めるも二階堂に隙を突かれ、撃たれて負傷し、倒れているところをDDに「タナトス」を注入されたことで実験体にされてしまい、その後の行動が神室町のゾンビ騒動を引き起こすことになる。 その後、北島組を襲撃した際に郷田や神室町ヒルズで桐生と再会するが、すぐに姿を晦ます。 終盤ではミレニアムタワーで桐生と龍司によって倒されるが、死ぬ間際に意識を取り戻して「タナトス」の作用による強烈な快楽から「甘美な死」を高らかに叫んで息絶えた。 近江連合会長 声 - 姓名不明である六代目近江連合会長。 神室町で発生したゾンビ騒動に近江連合幹部である二階堂哲雄が関与している事から堂島大吾と賽の河原の設備を通じて顔を合わせるが、騒動には一切関わっておらずに二階堂の独断であることや過去の東城と近江抗争の影響から近江連合も郷田会長の死亡に加えて近江四天王の崩壊により弱体化は避けられずに東城会と関わる事は好んでいないこと、更には抗争の原因となった郷田龍司を破門にして龍司の存在が神室町で確認された事についても一切の関与を否定した上で近江連合とは何の関りもない人間であることを証言した。 河野(こうの) 龍司のサブストーリーに登場した近江連合の若手の構成員。 龍司のことを噂でしかしらず過去の人間と見下したり、タメ口を聞いたりと礼節をわきまえていない。 二階堂を探していたところで龍司と出会い、龍司にも協力を要請するが、その最中に東城会の人間に捕まってしまい、龍司の情報を簡単に白状してしまう。 その後、助けに入った龍司と共に近江連合の起こしたゾンビ騒動の返しとして、ゾンビ達のうごめく部屋に閉じ込められるが、龍司の助けもあって無事に生き延び、龍司の本物の強さを目の当たりにしたことでこれまでの非礼を詫びた。 今回も情報網を駆使してゾンビ騒ぎの原因を追っており、神室町がゾンビで埋め尽くされている中で地下でバリケードを築いてゾンビの侵入を防ぐ一方で、神室町のために主人公達をサポートするが、物語終盤では情報網が裏目に出て膨大過ぎる情報の整理に忙殺されることとなる。 ガンスミス 声 - 千両通りにある「黒鉄ビル」で義肢装具士の店を営んでいる武器商人で、郷田龍司の右腕をガトリングガンに変形する義手「黒鉄丸」に改造した人物。 物語終盤で店を訪れた龍司の右腕のメンテナンスを行うが、同時に店に訪れた桐生に代金は東城会にツケさせるという条件でを託した。 『4』と同様に初回冒頭に登場し、秋山に覚書を渡すが、忘れられているために宗教の勧誘と間違われる。 桐生には「野郎」、秋山には「虫」、真島には「豚野郎」、龍司には「タコ野郎」などの主人公達を卑下するかのようにで呼んでいる。 どのような状況下であっても登場し、自身の立ち上げた「ゲイリーズ・」に相棒候補を連れ去っていき、プレイヤーと相棒達にトレーニングさせる。 秋山のサブストーリーにおいて隔離エリア内で状況が飲み込めずに右往左往していたところで秋山と出会い、地下でゾンビを欺くためにに変装していた患者と共に隔離エリアの外まで案内してもらう。 脱出後はお礼として一杯奢る約束を交わした。 隔離エリアに取り残された人々を救出している際に龍司と出会い、彼に救出の手助けを依頼する代わりに裏方の仕事を一手に引き受けた。 チャンピオン街が隔離された際に龍司と出会い(その際に龍司に一目惚れする)、彼に知り合いを助けてもらったお礼として亜細亜街への道を教えた。 長谷川と協力し、隔離エリアに通じる出入り口を確保する。 また、桐生のサブストーリーでは神室の盾のメンバーとの連絡が取れずに一人で隔離エリアに入り、そこで自らを囮にしてゾンビを引き寄せるも泰平通りで負傷し、多くのゾンビや変異種に襲われたところを桐生に救われた。 嫌な予感がしたという事で店を天下一通りから中道通りに移店しているが、天下一通りは最初のゾンビ騒動の段階ですでにゾンビ被害を受けており実際に被害を免れている。 岡村(おかむら) 各主人公(秋山を除く)のサブストーリーに登場した映画監督。 初監督作品となるはずだった極道物の映画を製作中に張り切り過ぎて早い段階で予算を使い切ってしまい、製作中止命令を受けてしまう。 その後、工藤と一緒に自棄酒を煽って一夜を過ごしたために隔離エリアに取り残されるが、ゾンビが跳梁跋扈する現状を逆に好機と捉え、タダで撮れる との理由から物凄く不謹慎なのは承知の上でゾンビ映画の撮影に乗り出し、ゾンビ映画を制作する中で主人公達がゾンビを倒す様に惚れて彼らに出演をお願いする。 真島編では映画会社がゾンビに襲われて物理的に消滅し、お蔵入りになるはめになるが、真島の言葉でやり抜く決心をし、また麻倉の遺言を手伝った。 龍司編では戦車の上で身動きできない売れっ子女優の高橋真紀子(『3』のサブストーリーに登場する)が出演許可するまで彼女を救出させないという意地を見せたが、交渉の時間があまりにも長く、成立した直後にカメラのバッテリーが切れて水の泡になる。 桐生編ではバッティングセンターでカメラマンを助けるために自ら囮となってゾンビに襲われるも辛うじて難を逃れており、その際にゾンビがいっぱい集まることでいい画が撮れると思ってメイクを施した上で血糊を付けてゾンビに扮装する。 工藤(くどう) 岡村と同じサブストーリーに登場した岡村監督と共に映画撮影を行う映画会社のカメラマン。 最初は怖がっていたが、監督の熱意に動かされる形で行動し、最終的には岡村と一緒にノリノリになりながらも全てのシーンを撮り終えた。 麻倉(あさくら) 真島のサブストーリーに登場したの刑事。 真島の相棒になった黒鷹に劇場の地下でゾンビに咬まれた状態で発見され、まだ意識があったために妻子に遺言を残したいという気持ちを汲み、真島が出演した映画監督に頼んでビデオレターを遺す。 その後はゾンビ化し、一度は逃げ出すが、最後は息子と再会した直後に真島と黒鷹によって葬られた。 染谷(そめや) 声 - 真島のサブストーリーに登場した染谷組組長(東城会傘下かどうかは不明である)。 中国人マフィアとの取引の日に組事務所でゾンビに襲われてゾンビ化し、取引先に組長がゾンビだと知られないようにや血の付いていないなどを着用させられる。 その後、取引の最中にサングラスから赤い光が見えることからゾンビであることがバレてしまい、取引は破談になりそうになるが、突如として暴れて中国人マフィアを追い返し、自身も街へと駆け抜けて消えて行った。 矢吹(やぶき) 真島のサブストーリーに登場した染谷組構成員。 取引の日に組事務所を隔離されてしまい、組長の安否を気遣う。 その後、何とか事務所にたどり着いた時は既に染谷はゾンビ化していたために取引の間だけと上手く変装させるものの、最終的にはバレてしまう。 その後はルールを破ったとして殺そうとする中国人マフィアを蹴散らした染谷に感謝し、今後の組のことを案じるようになる。 マッサージ嬢 声 - その他 [ ] 長谷川 麗子(はせがわ れいこ) 非常事態に陥った神室町でゾンビの情報を集め続ける謎の女。 官能的なスーツの上に纏った白衣と男勝りの強い口調が特徴で、また誰に対しても高慢な態度を取り、心を開くことはないが、後に桐生に対してのみ心を開くようになる。 かつてUSAMRIID(アメリカ陸軍感染症研究所)にいたことがあり、両親の研究資料を参考にDDが細菌兵器を完成させたことを知ってそれを調べるため神室町にやってきた。 その後、神室町の惨状を知り、元は両親が撒いた種 としてこのゾンビ騒動を止めるために桐生達に協力を依頼し、彼らに「指令」や「特務」を提示した上で自身も報酬として様々なアイテムを提供する。 今作では主人公達にアジト(休憩施設)を提供したり、えびすや(質屋)で買い取りを行っていないキャラクターのを高額で買い取ったりする。 木根(きね) 各主人公にマンホール(神室町アンダーグラウンド)の探索を依頼するオカルト雑誌のライター。 主人公達が持ってきたを浄化してもらった後に元の場所に収めてもらうために桐生に手渡し、最終的にはアンダーグラウンドの謎を解いて記事にした。 園屋 佳織(そのや かおり) 龍司のサブストーリーに登場した龍司の異父妹である狭山薫と瓜二つの顔をした女。 両親の残した借金で蒸発した兄を神室町のニュースで見かけ、隔離エリア内で助けてもらった龍司と共に兄を探していたところで借金の取り立てをしている「流麗会」の人間に一度さらわれるが 、機転を利かせて龍司と共に切り抜ける。 その後は龍司の顔見知りである流麗会の元締めに会い、隔離エリアからの脱出を条件に借金の帳消しと共に兄の居場所を知ると兄の働き先である龍宮城に向かってそこで兄と再会し、直後に再出発を決意したことで龍司から人質取引のために佐久間から貰った宝石を生活の糧として手渡される。 大切なハリセンを取りに行くために龍司と共に地下を同行し、ハリセンを見つけることが出来たが、ガス管からガスが漏れてしまい、銃を使えない状況になってしまう。 その後、ハリセンを武器として龍司に貸した。 脱出後は龍司のハリセンの扱いに感動し、彼をメンバーに勧誘するも断られた。 今作では戦う事はなく、弟子達(一也や次朗、三吾)が殺させられたことに桐生が関わっているのではないかと疑い、後に復活した亜門羅刹を撃破してもらった事に対しては感謝の言葉を述べるが、桐生に対する怨恨は根深く、いずれ必ず決着を付けると言い残し、その場を去って行った。 登場する敵 [ ] 一般ゾンビ [ ] 「タナトス」に感染してゾンビ化した神室町の住民達。 生前は極道、ホームレス、警察官、ウェイトレス、サラリーマンなど様々である。 ゾンビには牙が生える、肌の色が灰色がかる、目が赤く光る等の特徴がある。 また、メタボのガスを吸ったり、サイレンや子どもの泣き声などを聞いたりすると凶暴化する。 凶暴化したゾンビは多少の攻撃を受けても怯みにくくなり、更に防御力が上がる。 人間を見つけると即座に攻撃を行ってくるが、噛みつきや打撃以外に、、、などの武器を使うゾンビもいる。 ゾンビによって噛まれた人間は感染し、個人差があるが数分後やがて同じようにゾンビへと変貌してしまう。 人間に噛みつく動作を行うのはのためではなく、感染したときに快感が得られることを他者(非感染者)に伝えるためである(本来の目的は「タナトス」が子孫を残すため)。 生前の記憶を持っているのか、ベンチに座っていたり、コンビニ前でしゃがみこんでたむろしたりする姿が見られる。 また、前述の染谷や後述のイトウのように一部のサブストーリーよりゾンビ化しても人を襲わない個体が存在していることから自意識と理性が若干残っていると思われる。 自衛官ゾンビ 自衛官のゾンビで、一般ゾンビの中では最強、並のゾンビの数倍の体力を誇る為、拳銃のヘッドショットでは一撃で倒せず、銃撃を側転等で回避する事もある。 リッチゾンビ 片手にカバンを持っているゾンビ。 自分からは一切攻撃せず、プレイヤーを見つけるとすぐに逃げて姿を消す。 逃げ足が速く、容易に倒すことができないが、倒すと必ずレアなアイテムを落とす。 ニューセレナを襲撃したゾンビ 姿と顔がに似ている非常に素早いゾンビ。 花が隠れ潜んでいたニューセレナを女性ゾンビと共に襲撃するが、秋山に射殺された。 イトウ に似ているゾンビで、本人同様上半身裸で下にタイツを履いているのが特徴である。 普通のゾンビとは違い、友好的な性格で、噛みつくなど襲うことはないが、あまり喋ることはできないため、身振りで意思表示をする。 埠頭で釣りをしていると希に釣れることがあり、以後はや、など、ミニゲームの対戦相手として勝負を挑むことができるため、全てのゲームに勝つと「ろくに会話もできないボクにつきあってくれてありがとう。 また遊んでね。 」というメールが届く。 変異種 [ ] ゾンビが突然変異を起こして進化した特殊なゾンビ。 死ぬと必ずアイテムを落とし、この中にはゲーム中に登場する武器の改造に必要なものも含まれる。 デカマッチョ 異様なほどに筋肉が発達した変異種で、小型版(通称・ミニデカマッチョ )も存在する。 動きが遅いが、拳の威力は非常に高く、直接殴打するほか地面を叩くことで発生する振動で攻撃してくる。 専用の所持品であるベルトから見て、元来体格のよい男だったらしい。 ナキオンナ 女性型の変異種。 自らは攻撃しないが、泣き叫ぶことで周囲のゾンビを呼び出す。 彼女を撃退しない限り、延々とゾンビが増えてしまう。 その風貌と専用の所持品の髪留めから生前はキャバ嬢であったことが窺える。 チビザル 小柄でヘルメットを被った変異種。 生前は運動能力が高かったため、素早く動き回り銃撃が当てづらいが、打撃に弱い。 飛びかかってくる他に、プレイヤーをダウンさせるスライディングキックを繰り出してくる。 専用の所持品はヘルメット。 メタボ 体型のの姿をした変異種。 蓄えられたはゾンビを凶暴化させる物質へと変化し、ヘッドショット以外で倒すと、このゾンビ凶暴化のガスを撒き散らして倒れる。 専用の所持品である自前のフォークから見て、もとは美食家だったようだ。 トライバル フードをかぶりをつけ、胴体や両腕にトライバルを入れた変異種。 現代に不満を抱えた若者が変貌した。 プレイヤーと接触したり、自身にダメージが及ばない限り、襲いかかることはない。 専用の所持品はメダル。 ハエオトコ 不摂生をしていた人間が変異の際、周囲の虫を取り込んでしまった変異種。 背中から生えた羽で飛び、チビザル同様素早い。 遠距離では酸の液体を吐いて攻撃し、近距離では突進してくる。 専用の所持品であるネックレスから見て、もとは経済的に豊かな人間だったらしい。 イワダルマ 岩石を纏った変異種で、大型版(通称・オオイワダルマ )も存在する。 内向的だった男の性格をそのまま表したかのように、強固な外殻で覆われている。 岩石に腕が生えたような外見で転がりながら移動し、転がりでの突進や腕の振りまわしで攻撃する。 たまに、物を持ち上げて攻撃することもある。 銃撃を加えることで外殻を剥がすことができ、本体は非常に脆い。 また外殻の影響で熱を溜めやすいため炎が弱点となる。 専用の所持品は御守りの袋で、自分の世界を大切にする人間だったらしい。 実験体 [ ] 通常のゾンビとは異なる能力を持つ異形生物。 特殊な器具が埋め込まれていることから人造生命体であることが解る。 名前はの伝承や妖怪に由来する。 ほとんどの場合は体に赤く光っている部分が弱点である。 (荒吐) ヤモリのような体勢をした実験体。 飛びかかったり腕を伸ばしたりして攻撃する。 床だけではなく、壁や天井など自在に移動することができる。 弱点は腹部にあるが、這って腹を隠すかのように移動しているため当てづらい。 アラハバキ改 アラハバキの改良型。 周囲の風景に擬態し、姿を隠せるようになった。 ただし、擬態中は攻撃頻度が若干落ちる特徴がある。 アラハバキ最終形態 金狼・銀狼 本編終盤にて二頭同時に戦う事となるアラハバキの最終形態で、攻撃力もアラハバキ全形態で最も高い。 爬虫類のような頭部と盲目が特徴の既存個体と異なり、狼の名の通り食肉目のような頭部に赤い目玉を持つ。 それぞれ背中に名前にある通りの色をしたたてがみが生えている。 金狼は火炎を吐き、銀狼は可燃性のオイル状の体液を吐く他、片方の体力が減るともう片方が相手に体力を分け与えるという厄介な能力の持ち主。 またムービーでこの二頭の前に同じ系統と思われる実験体が登場するが、体毛はなく、正式な名称も不明。 (温羅鬼) 全身に岩を纏ったゴリラのような実験体。 攻撃パターンはタックル、地面を叩きつけて起こる衝撃波、ボディープレス、さらに岩や車などを投げつけてくることがある。 始めは岩で覆われているため緩慢になっているが、剥がされた岩の量によって速度が上がり、岩の装甲が完全に剥がれると速度が最速になる。 ただし、タックルは素早い。 弱点は胸。 改良型(オンラキ改)は装甲が砕かれても一定時間で復活する。 高速に町中を走り回る派生型も存在する。 (土蜘蛛) 甲殻類の姿をした実験体。 複数の鎌で攻撃したり、飛びあがって奇襲したり、のように丸くなって突進したりする。 堅い殻で覆われており、防御力が高いので長期戦は免れない。 弱点は腹部。 ある武器を使ってヒットさせると、必ずダウンする。 (八束脛) おやっさんが変貌した、蛸の能力を持つ実験体。 強力な再生能力を持ち専用ヒートスナイプでしかトドメを刺せない。 複数の足で襲いかかったり、建物に開いた穴に潜んで不意撃ちを食らわす。 弱点は脚の先端部分。 (波山) コウモリのような飛行能力を持つ実験体。 常に空中を飛び周り衝撃波や体液で攻撃してくる。 足で人間を掴み上げ、高所から落とす戦法もある。 体力が減少すると猛禽類のような鳴き声で周囲のゾンビを呼び寄せる。 狙撃銃がないと迎撃は困難。 弱点は胸。 (縊鬼) 一見普通の人間のように見える実験体。 正体は郷龍会構成員の林弘。 ゾンビではないが他者に「タナトス」を感染させる能力と、普通の人間と変わらず普通の言葉で喋ったりなどの機械を操作したりするなどの高い知能を持っている。 神室町の東城会系極道事務所に現れてはゾンビ騒ぎを広めていた。 桐生たちと直接対峙する際は「タナトス」による侵食が進行し、青い鱗のような甲殻をまとい、蛇のような異常に長い舌を持った姿となる。 弱点は首筋だが、猿のような素早い動作故に追尾は困難。 狡猾でもあり、手榴弾を投げてきたり、郷田のガトリングアームを奪い取って自ら攻撃に用いるという芸当もやってのける。 また、走っている間に攻撃判定があり、触れると怯んでわずかにダメージを受ける。 二階堂 哲雄 桐生達が最後に戦うことになる敵。 姿は縊鬼と同じく人間大だが、圧倒的なスピードで桐生達を翻弄し、殴打、赤い光を銃のように放つほか掴み上げて体力を奪う攻撃を行う。 また、自らを溶解させてゾンビ型の分身を作り出し、心臓のみで活動することが出来る。 (大雷) 二階堂哲雄が更に変異した「完全体」。 圧倒的に巨大な身体を持ち、攻撃力が高く、攻撃範囲が広い巨大ボス。 弱点は腹だが、桐生が用いる対物ライフルでも決定的なダメージを与えることは困難である。 浅木の指示に従って行動しないと倒すことができない。 怨霊 [ ] 亜門 羅刹(あもん らせつ) 条件を満たすことで登場する桐生に復讐を誓う「亜門一族」の祖先に当たる人物で、ゾンビではなく怨霊というべき存在。 ただし、肌と目の色から分かるようにタナトスの力で復活しているため実体を有しており、物理的な攻撃が有効となっている。 強力な攻撃に加えて透明化や体力吸収の能力を持つ。 神室町アンダーグラウンドと深い関係があり、後に亜門一族の一也や次朗、三吾をゾンビ化させ、桐生及びその場に居合わせた丈に襲い掛かるも敗北し、最後は桐生が神器を収めたことで成仏して消えて行った。 劇中の主な用語 [ ] 壁 陸上自衛隊が汚染地域を隔絶するために設置された非常に高い壁。 自衛官は「」と呼んでいる。 下部にドリルのようなものがあり、に穴を開け、支柱を差し込んで建てる仕組みになっている。 元は都市部における戦闘で、敵の侵攻を食い止める(遅らせる)ための即時展開が可能な防壁として開発された。 トラックで運搬し、そのまま直接荷台から立てて設置できる。 壁そのものは戦車の主砲の直撃にも耐えうるほど頑丈だが、あくまで一時的な阻止を目的としたものなので、長期的な大きな衝撃では壊れてしまう欠点がある。 タナトス DDが開発した。 で発見した菌を研究し、兵器として使われるようになった。 その菌は、動物の体液を媒介に増殖し、感染した脳内に大量の(脳内麻薬)を分泌させる。 結果、タナトスに感染した者は幸福感に包まれながら、体が蝕まれることになる。 長谷川の両親が研究していた代謝を制御する細菌の技術も流用されている。 楽曲 [ ]• 主題歌:「Mutation」()• エンディング:BRADBERRY ORCHESTRA「Kizamu」(rhythm zone) 実在企業 [ ]• その他 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 続編の『』と比較してもに収監されているはずの冴島が中国にいたり、今作で死んだはずの亜門三兄弟が登場していたりとストーリー上異なる点もいくつか存在する。 実際は狙撃銃も一応適応自体されはするのだが、仕様上の問題で視覚的に非常に確認しづらい。 桐生のサブストーリーで判明し、後に助けられた生存者達は「あなたが死んだら泣く奴は大勢いる」と感謝していることを桐生に語っている。 セットや合成を必要とせず、ゾンビがエキストラではなく本物なので人件費を使わずに済むためである。 事切れる直前に息子に手を伸ばそうとしたが、それはゾンビの本能なのか、子を想う親の執念だったのかは不明である。 両親自体は所属していた会社に開発していたノウハウごとDDへと売却され、行方不明となっている。 秋山でアジト付近にいる兄か柄本医院付近にいる弟のどちらかと接触することになる。 兄探し中に龍司の助けた佐久間という北関東で有名な地主から金を取るための人質としてである。 出典 [ ]• プレイステーションオフィシャルサイト. Sony Computer Entertainment Inc.. 2014年12月7日閲覧。 プレイステーションオフィシャルサイト. Sony Computer Entertainment Inc.. 2014年12月7日閲覧。 GameFAQs. CBS Interactive, Inc.. 2014年12月7日閲覧。 『ファミ通ゲーム白書2013 補完データ編(分冊版)』、2013年。 2015年12月30日閲覧。 龍が如く. com 2015年11月2日. 2015年12月10日閲覧。 龍Tube 2013年12月4日. 2018年3月27日閲覧。 GAME Watch 2011年2月23日. 2012年7月26日閲覧。 龍が如くモバイル for GREE 2013年4月25日. 2013年11月7日閲覧。 太鼓の達人開発ブログ 2011年6月9日. 2013年5月25日閲覧。 ファミ通. com 2011年11月10日. 2013年11月25日閲覧。 ファミ通. com 2012年2月15日. 2013年11月25日閲覧。 「神室町 RADIO STATION」など龍が如く公式サイトのコンテンツより• 外部リンク [ ]• (公式サイト)•

次の

龍が如くシリーズの登場人物

ゲイリー バスター ホームズ

桐生や冴島がストーリー上で出場する他、『5』では他の主人公もミニゲームとして各種大会に参加できる。 大会では基本的に3連勝することで優勝となり、試合形式も通常の戦い以外に武器のみの試合や灼熱のリングなどの様々な仕掛けが施された試合、タッグマッチ(『3』以降)といった多種多様のものに分かれている。 ゲイリー・バスター・ホームズ 声 - (『ONLINE』) 過去3年間全勝無敗の戦績を誇る、「無敗の地下王者」と呼ばれている黒人男性。 日本語はあまり堪能ではなく、単語の意味を理解せずに使っている節がある。 戦闘では『1』ではパンチを中心とした格闘スタイル、『極』では相沢に似た格闘スタイルで戦う。 桐生を花屋の場所に案内した後は地下闘技場の対戦相手として戦うも敗北する。 『2』では神室町ヒルズの建築現場で働いており、常時ヘルメットを被っている。 戦闘ではを装備して戦う。 再び地下闘技場の対戦相手として桐生と戦うも再び敗北する。 『4』では桐生のサブストーリーに登場し、変わらずに建築現場で働いている。 また、日本語も上達している。 戦闘ではボクシングで戦う。 夜間に神室町ヒルズから謎の音がするという噂を聞いた桐生と再会し、真島組の構成員になった事を話す。 その後、最後にもう一度戦いたいと桐生に申し出てその場で戦うも敗北し、直後に桐生に礼を言って別れた。 『極2』では『極』と同じく相沢に似た格闘スタイルで戦い、後にヒルズ計画を狙う悪徳不動産を倒すために桐生に協力する。 『ONLINE』では、草野球の助っ人として勧誘されそうになったところで春日に出会い、近江連合に勧誘されていると勘違いした春日の介入でこれを退ける。 その後、本物の近江連合を春日と撃退したことで近江連合に目を付けられ、春日を手伝うようになる。 『7』ではデリバリーヘルプの1人として春日たちの戦闘をサポートしてくれる。 ダニエル・フェルドマン 「米国第一級殺人逃亡犯」の肩書を持つ男。 49歳。 『2』でも対戦が可能である。 戦闘ではレスリングで戦い、『極』ではルチャで戦う。 桐生のデビュー戦の相手として戦うも敗北する。 ガオワイヤン・プラムック 声 - (『1』) ムエタイ選手でミドル級元王者。 36歳。 戦闘ではムエタイで戦う。 フェルドマンと同様に桐生の対戦相手として戦うも敗北する。 7kg、B型 黒いコックシャツ(『3』以降は白い甚平)を着た料理人風の男。 年齢は『3』では38歳。 『4』まで対戦が可能である。 戦闘では『1』と『2』では二振りの中華包丁、『3』と『4』では出刃包丁を使用し、真島に似た包丁捌きで戦う。 『4』では40歳。 冴島のサブストーリーにも登場し、田所考案のスペシャルマッチの一戦目の相手として登場するも敗れる。 『極2』では服装が返り血のついた青いコックシャツに変更されており、戦闘では曹に似た包丁捌きで戦う。 『7』では会社経営で人材紹介会社から紹介される社員の1人として登場する。 『極』では「カミソリ保」という名前で登場しており、年齢が29歳に変更されている。 戦闘では『1』と同じく二振りの中華包丁を用いたスタイルで戦う。 戦闘では真島に似たドス捌きで戦う。 『極』では「熊田 勇」という名前で登場しており、年齢が41歳に変更されている。 戦闘では阿波野に似た格闘スタイルで戦う。 最初はサブストーリーに登場し古牧が連れてきた修行相手として登場する。 8kg、AB型 坊主頭に緑色のジャケット(『3』以降は赤いスタジアムジャンパー)といった風貌の男。 『2』以外の作品で対戦が可能である。 年齢は『3』では33歳。 戦闘では『1』ではショットガン、『3』と『4』では玉城に似た拳銃スタイル、『5』では拳銃による射撃を中心に戦う。 『4』では冴島のサブストーリーにも登場し、田所考案のスペシャルマッチの最終戦の相手として登場するも敗れる。 『極』では「深淵」という名前で登場しており、年齢が41歳に変更されている。 戦闘ではスピードタイプの渋澤に似た格闘スタイルで戦う。 戦闘では『1』では嶋野に似た格闘スタイルで戦う。 『極』では「芝雷蔵」という名前で登場しており、年齢が46歳に変更されている。 戦闘では冴島に似た格闘スタイルで戦う。 最初はサブストーリーに登場し古牧が連れてきた修行相手として登場する。 『2』でも対戦が可能である。 戦闘では『1』では錦山に似た格闘スタイル、『2』では大振りな技を主体としたスタイルで戦う。 『極』では「鬼武雅巳」という名前で登場しており、戦闘ではベースタイプの渋澤に似た格闘スタイルで戦う他、桐生の掴みを完全に無効化する術を持つ。 ロブソン・カエタノ・ダ・シウバ 『2』に登場した「ブラジルの超新星」と呼ばれる大男。 27歳。 戦闘では戦斧を使用する。 再び地下闘技場を訪れた桐生の対戦相手として戦うも敗北する。 『7』では会社経営で人材紹介会社から紹介される社員の1人として登場する。 山岡 明(やまおか あきら) 身長182cm、体重92kg 『2』から登場した白いスーツに白いシルクハットと紳士的な容姿の男で、「地下闘技場の帝王」や「ステゴロの帝王」と呼ばれる地下闘技場のNo. 『4』や『5』でも対戦が可能である。 また、ツインドラゴンGPでは黒川般若と組んだ「ザ・サンクチュアリ」というチームで登場する。 戦闘では『2』では桐生に似た格闘スタイル、『4』では杉内、『5』ではヴァレリーに似た格闘スタイルで戦う。 『極2』では年齢が40歳に設定され、戦闘では『6』での桐生に似た格闘スタイルで戦う他、桐生のカウンター技である「虎落とし」を使用したり、体力が一定以下になると「アルティメットヒートモード」を発動(エフェクトは無し)するなど、『2』よりも強化されている。 後に桐生が悪徳不動産と戦っていることを聞き、真島建設に入社する。 サイクロプス大場(サイクロプス おおば) 『2』のサブストーリーに登場したプロレスラー。 戦闘では『2』ではプロレス、『極2』ではルチャで戦う。 試合で怪我をしたために龍宮城内で治療に専念していた所を桐生と出会い、飲食物を要求した後にスパーリングを要求したが、桐生に敗北した後は師匠であるゴーリキー寺山が出版した本を桐生に渡す。 その後、完治した後は地下闘技場内の出場選手として復帰する。 『極2』では桐生が悪徳不動産と戦っていることを聞き、真島建設に入社する。 『7』では会社経営での社員の1人として登場する。 河内 元匠(かわち げんしょう) 『2』のサブストーリーに登場した蒼天堀に住む河内兄弟の兄で、高校生でありながら河内流古武術の党首を務めている青年。 17歳。 戦闘では『2』では柔術で戦う他に投げ技を返し技として使用し、『極2』ではスピードタイプの渋澤に似た格闘スタイルで戦う。 自らを鍛えるために武者修行の旅に出ていた際にいつしか目的と手段が入れ替わり、道場破りをするなど「投げ」にとり憑かれてしまう。 河内流のライバルである古牧流を継ぐ桐生を倒すことを目標として地下闘技場に参戦していたが彼に敗北する。 その後、自分自身の思い上がりと不甲斐なさを自覚し蒼天堀へと戻り、まさしく憑き物が落ちたように一層の鍛錬に励むようになった。 『極2』では桐生が悪徳不動産と戦っていることを聞き、真島建設に入社する。 ヴァレリー・ギャレット 身長182cm、体重118kg、A型 『3』から登場したオランダ出身の総合格闘家。 32歳。 『4』でも対戦が可能である。 また、ツインドラゴンGPでは『3』ではミノタウロス大滝、『4』以降はノーマン・クレイジー・ウェイドと組んだ「ヘル・インパルス」というチームで登場する。 戦闘では峯に似た格闘スタイルで戦い、桐生の掴みを完全に無効化する術を持つ。 『5』では34歳。 ビクトリーロードの永洲街予選の出場者として登場し、予選で戦っていた相手に手加減アリで勝ったために相手を激昂させてしまい、たまたま通りかかった桐生に助言を貰って桐生と再度戦うも敗北する。 その後、桐生の相棒として出場する。 宝蔵院 胤禅(ほうぞういん いんぜん) 身長180cm、体重67. 4kg、A型 『3』から登場した和尚の容姿をしたの使い手。 23歳。 『4』でも対戦が可能である。 戦闘ではラウに似た槍捌きで戦う。 『5』では26歳。 ビクトリーロードの錦栄町予選の出場者として登場し、槍を使うのは卑怯だと他の参加者に仕返しを受けるが、品田と共に撃退する。 その後、予選突破をかけて品田と戦うも敗北する。 鬼ヶ島 寅吉(おにがしま とらきち) 身長203cm、体重224. 5kg、O型 『3』から登場した元力士。 28歳。 『4』や『5』でも対戦が可能である。 また、ツインドラゴンGPでは『3』ではザ・グレート・ジャックと組んだ「ザ・ダブルボルケーノ」、『4』以降はADABANAと組んだ「反逆力士会」というチームで登場する。 戦闘では相撲で戦う。 マクシム・ソルダドフ 身長188cm、体重95. 7kg、O型 『3』に登場したウクライナ出身のボクサー。 28歳。 戦闘では玉城に似た格闘スタイルで戦う。 「本当の強さ」を求めて地下闘技場に出場し、桐生との戦いで桐生の強さを感じたことでタッグマッチGPのパートナーになってほしいと懇願する。 その後は桐生の相棒としても参戦する。 桧山 大治(ひやま だいじ) 身長175cm、体重75. 7kg、A型 『3』に登場したプロレスラー。 41歳。 戦闘ではプロレスで戦い、タッグバトルでは特殊なヒートアクションを発動する。 かつては前原辰彦というプロレスラーとタッグを組んでおり、後に前原の死によって引退を考えていたが、桐生の型に囚われない戦い方が前原に似ていると思い、タッグマッチGPのパートナーになってほしいと懇願する。 その後は桐生の相棒としても参戦する。 ブルース海老沼(ブルース えびぬま) 身長171cm、体重65kg、O型 『3』から登場したトラックスーツ姿の拳法家。 『4』や『5』でも対戦が可能である。 また、『5』でのツインドラゴンGPでは伊坂銀士郎と組んだ「マッハパンチャーズ」というチームで登場する。 戦闘ではで戦う。 自分の強さに自信を持ち、『3』では手近なチンピラを雇ってタッグマッチGPに出場するも敗れてしまう。 その経験から自身に合うパートナーを探しており、桐生の強さを見てタッグマッチGPのパートナーにスカウトする。 その後は桐生の相棒としても参戦する。 波多江 真幸(はたえ まさゆき) 『3』に登場した地下闘技場の選手。 戦闘ではリチャードソンに似た格闘スタイルで戦う。 バッティングセンターで飛んでくるボールを避けるトレーニングをしていたところを桐生に迷惑だと注意されて逆上するが、逆に叩きのめされる。 その後は桐生をタッグマッチGPのパートナーにスカウトし、桐生の相棒として参戦する。 神野 慶吾(じんの けいご) 『3』に登場した用心棒志望の男。 戦闘では力也に似た格闘スタイルで戦い、タッグバトルでは特殊なヒートアクションを発動する。 強い男になるために用心棒まがいの事をしており、マッハボウルに強引に押しかけてきた挙句に金を取ろうとしたが、桐生に叩きのめされる。 その後、桐生の強さに惚れこんで弟子になろうとしたところを断られてしまい、代わりに桐生に紹介された地下闘技場に出場するも惨敗し、タッグマッチGPで桐生のパートナーになって強くなりたいと懇願する。 イワン・イブラヒモビッチ 身長200cm、体重106. 02kg 『4』から登場した冴島が賽の河原を訪れた時点での地下闘技場のチャンピオン。 36歳。 半年間100戦無敗を誇っており、通称として「人を超えた男」と呼ばれている。 『5』でも対戦が可能である。 また、ツインドラゴンGPでは銀河要と組んだ「エリート連合」というチームで登場する。 戦闘では大きな体躯を生かした総合格闘術で戦い、相手を気絶させた後に特殊なヒートアクションを繰り出してくる。 冴島と「一方が死ぬまで戦い続ける」というルールのエキシビションマッチで戦うも敗北を喫する。 その後、冴島兄妹を拉致しに来た上野誠和会を相手に冴島や花屋、その部下達と共に戦うも叩きのめされる。 黒川 般若(くろかわ はんにゃ) 身長180cm、体重103kg 『4』から登場した黒い般若の面を付けた格闘家。 また、ツインドラゴンGPでは山岡明と組んだ「ザ・サンクチュアリ」というチームで登場する。 戦闘では素手状態のラウと風間譲二を織り交ぜたような格闘スタイルで戦う。 『5』ではビクトリーロードの蒼天堀予選の出場者として登場し、般若の面を取りたがっているが、面をつけた後で強さを得たために面を取ると弱い自分に戻るのではないかという恐怖心から面を取れずに困惑する。 その後、それを吹っ切るために秋山と戦うも敗北し、直後に彼の助言で強いのは自分自身の力ということに気付いたことで面に対する恐怖心も無くなって面を取ろうとしたところを秋山から「それに気付いたなら取る必要はない」と言われ、面と付き合いながらも更なる強さを目指していくことを決意する。 ヘッドハンター刈谷(ヘッドハンター かりや) 身長179cm、体重85. 4kg 『4』から登場した黒いパーカーに不気味なマスクといった風貌の男。 32歳。 『5』でも対戦が可能である。 戦闘では『4』では戦斧、『5』では大鎌を使用する。 『4』では冴島のサブストーリーにも登場し、田所考案のスペシャルマッチの二戦目の相手として登場するも敗れる。 東野 練(ひがしの れん) 身長180cm、体重70kg 『5』に登場したビクトリーロードの永洲街予選の出場者。 24歳。 戦闘では力也に似た格闘スタイルで戦う。 地下闘技場の名誉チャンピオンである桐生に憧れて彼と戦うために予選に参加しており、永洲街に桐生がいることを他の参加者に促し、自身も桐生と対決するも敗れる。 その後、地下闘技場に参戦する。 白坂 寛太(しらさか かんた) 身長182cm、体重80kg 『5』に登場したビクトリーロードの月見野予選の出場者。 30歳。 戦闘ではヴァレリーとリチャードソンに似た格闘スタイルで戦う。 郊外の集落出身であり、田舎者であることに負い目を感じていたが、冴島に励まされて奮起する。 その後は予選を勝ち進み、冴島に勝負を挑むも敗北する。 敗北後は動きが単調で読みやすいという冴島のアドバイスを受けて再び予選突破を目指し、彼の元を後にした。 その後、地下闘技場に参戦する。 番場 亮一(ばんば りょういち) 身長178cm、体重72kg 『5』に登場したビクトリーロードの蒼天堀予選の出場者。 25歳。 実家は空手道場を経営しており、自信の実力も中学時代に全国優勝した程であるが、それ故に己の力を過信している節がある。 戦闘では風間譲二に似た格闘スタイルで戦う。 父親に己の弱さに気付かされ、強さを証明するために秋山に勝負を挑むも敗北する。 その後は修行を積み、秋山の相棒として地下闘技場に参戦する。 金剛 焔(こんごう ほむら) 身長185cm、体重94kg 『5』に登場したビクトリーロードの蒼天堀予選の出場者で、強さを求めてひたすら山に籠って修行に励む程の生粋の武道家。 35歳。 戦闘では谷村に似た格闘スタイルで戦う。 予選を無敗で勝ち進み、勝負を挑んでくる者がいなくなってしまったために同じく無敗の秋山に勝負を挑むも敗北し、自身よりも強い相手がいることを知ったことで更なる強さを求めて地下闘技場に参戦する。 鷲野 健一(わしの けんいち) 身長184cm、体重104kg 『5』に登場したビクトリーロードの錦栄町予選の出場者。 29歳。 戦闘ではプロレスで戦う。 かつてはプロレスラーとして活躍していたが、怪我で引退まで追い詰められてしまい、酒に溺れる日々を送るようになる。 その後、品田にそのことを叱咤され、激昂して勝負を挑むも敗北する。 その後はかつての自分を思い出させてくれた品田に感謝し、品田の相棒として地下闘技場に参戦する。 雷電(らいでん) 身長198cm、体重121kg 『5』に登場したビクトリーロードの神室町予選の出場者。 かつて某国で戦場に赴いてその戦場での過酷さを知ったことから「甘い考えでは生き残れない」と豪語しているが、その考え方は極めて盲目的かつ独善的で、対戦した予選参加者を再起不能になるまで痛めつけるという非情さを見せる。 その為、桐生からは「自分が見た地獄を人に味わわせようとする不幸自慢」と軽蔑される。 戦闘ではヴァレリーに似た格闘スタイルで戦う。 ビクトリーロード決勝戦で桐生と対決するも敗れ、その後は地下闘技場に参戦するようになって山岡とトップを争うようになる。 (しのはら しんいち) 『極』のサブストーリーに登場した元柔道家。 戦闘では柔道を主体とした格闘スタイルで戦い、素手による力強い攻撃と、一度掴まれれば脱出不能な投げ技を繰り出す。 神室町に観光に訪れた際に桐生がチンピラに絡まれていると勘違いしてそのチンピラを叩きのめすが、直後に誤解であることを知るとすぐに謝罪を示す。 その後、桐生に案内されながら神室町を観光するが、それでも「刺激が足りない」と桐生に進言したことで地下闘技場に案内される。 その後は地下闘技場に参戦して勝ち抜き、その際に桐生に勝負を申し出て彼と戦うも敗北する。 敗北後は桐生の強さを称えつつも自身も更に強くなることを決意し、以降は地下闘技場に参戦する。 声 - (『1』 - 『4』、『極2』)、堀内隼人(『5』) 曽田地道場 『4』の冴島の「格つく」のイベントに登場する道場。 新人トーナメントで優勝させた門下生は地下闘技場で対戦したり、タッグパートナーとして共闘することが可能となる。 『5』ではまだ存在していたが、『6』では土地の値上がりにより既に売られており、もう存在していないことが曽田地の口から語られた。 曽田地 康夫(そだち やすお) 声 - (『6』) 曽田地道場の師範。 実技経験がなく、格闘家としての実力はないが、格闘理論を学んできたためにアドバイスが上手い。 門下生が集まらずに道場が経営難に陥っていたところを地下闘技場で冴島の強さと相手を思いやる優しさに惚れ込み、冴島に道場で師範を勤めるように依頼する。 また、地下闘技場の受付でファンだった桐生と出会い、門下生の勉強として彼らのタッグパートナーとしての出場をお願いする。 『5』の冴島のサブストーリーにも登場し、道場を訪れた冴島に対して道場生が増えていることや冴島の鍛えた門下生達も各地で自立していることを明かす。 戦闘では独特な構えをしているが弟子達よりも弱く、一撃を喰らうだけで倒れてしまう。 その後は道場の強奪を目論む「エンジェル不動産」に襲撃されるが冴島と共に撃退し、道場を死守した。 また、冴島のカラオケ「ばかみたい」のムービーでは冴島とのツーショット写真に登場する。 『極』『7』ではカラオケに「ソダチヤスオ」というアカウント名で登場しており、初期のランキングでは『極』では4位、『7』では1位にランクインしている。 『6』でもサブストーリーに登場し、戦闘では最初の対戦時こそ素人丸出しの動きだが、のちに過去作品に登場した強敵達に似た格闘スタイルを駆使し、最後の戦いでは久瀬に似た格闘スタイルで戦う。 土地の値上がりに乗じて道場を売り払い、売った際に手に入れた金を元手に「」に通い始め、桐生と再会した時(桐生自身は覚えていなかった)には屈強な体付きになる。 その後、桐生に勝負を挑んで敗北したことで更なるトレーニングを積み、結果として自身の格闘理論を実践できる程の強さを手にしたが、桐生との再戦でも敗北する。 敗北後は桐生から強くなったことを認められ、それを嬉しく思いつつも更に強くなることを誓い、桐生会の仲間になる。 『極2』では新・クランクリエイターの求人で仲間にすることができる。 杉山 秀夫(すぎやま ひでお) 身長183cm、体重73. 6kg 冴島が曽田地道場に訪れる以前から入門していた唯一の門下生。 25歳。 真面目な性格だが、弱気かつで、伊達眼鏡を掛けている。 格闘スタイルは空手で、均整の取れた能力を持つ。 片想いの女の子を惹くために格闘技を始めるが、弱すぎるために冴島の最初の弟子となる。 新人トーナメント優勝後は彼女に告白しようとしたところをその彼女が男とイチャついている場面を目の当たりにしたことで失恋してしまうが、それでもより一層格闘技に励むようになり、男としての成長を見せた。 江浜 丈裕(えはま たけひろ) 身長178cm、体重80. 7kg 曽田地道場に入門した元サラリーマン。 40歳。 曽田地が勝手にマスクを被せ、マスクマンとして戦うことになるも本人はとても気に入っており、四六時中マスクを被っている。 格闘スタイルは跳び技中心のプロレスで、全弟子中最高のスピードを身上とするが、体力とパワーに乏しく調子を崩しやすい。 些細な理由(ピンセットを安全ピンのセットと間違えた)から会社をリストラされ、妻と息子には家を出て行かれたことで空っぽで情けない自分を直すために道場に入門するが、後に曽田地の計らいで家族が見にきていた新人トーナメントで優勝し、それをきっかけに家族との仲も元に戻り、更には新たな就職先(建築会社)も決まる。 (おちあい ふくし) 身長186cm、体重110kg 曽田地道場で寝てばかりいる青年。 22歳。 慢心家で、自身の実力を過剰に評価している。 格闘スタイルは投げ技を取り入れたボクシング主体で、高いパワーと体力を併せ持つが、スピードに乏しく、信頼度が低いと練習をサボる悪癖を持つ。 杉山と江浜の優勝を知り、それなら俺も優勝できると半ば強引に冴島に弟子入りをし、初めは冴島の言うことをほとんど聞くことがなかったが、徐々に冴島を信頼していき、最終的には新人トーナメントで優勝した。 3kg 曽田地道場の新規門下生。 27歳。 かなりと言って良い程のナルシストで、自身の容姿と格闘スタイルを美しいと言って憚らない。 格闘スタイルはムエタイで、テクニックに関しては並ぶ者がおらずに特に目立った欠点もないが、勝負弱いところがある。 前道場の門下生に馬鹿にされたことで逃げ出し、以前の道場はレベルが低いとして曽田地道場に入門する。 新人トーナメント優勝後は自身をバカにした前道場の門下生を嘲笑ってやろうと道場に呼ぶが、あっさりとした掌返しに呆れてしまい、つまらない相手に拘っていた事を恥じながらもこれをきっかけに人間として一皮剥けて成長した。 『5』では29歳。 ビクトリーロードの月見野予選の出場者として登場し着実に実力もつけていたが、性格は変わらずに以前のままである。 格闘スタイルは以前と異なってプロレスで戦う。 ビクトリーロード予選では無敗で勝ち進んでおり、師である冴島を越えることを目標としているために冴島に勝負を仕掛けてくるも敗北し、闘技場では冴島のパートナーに名乗りを上げる。 PS4版では名前が「時田誠」に変更された。 渡辺 正高(わたなべ まさたか) 身長180cm、体重120. 5kg 曽田地道場の新規門下生。 28歳。 大柄な体格に優しい性格で、力は非常に強いが、相手を傷つけることを嫌い、他人の顔色を窺ってばかりいた。 格闘スタイルは軽妙な打撃技を織り交ぜる力技主体のプロレスで、成長は遅いものの、見た目通りのパワーや体力、更にスピードやテクニックの伸びしろもあり、高水準に纏まった能力を秘める。 同じ門下生の音喜多(時田)に気持ちよく戦って貰おうと手を抜いて相手をしていたが、それが音喜多(時田)の反感を買ってしまう。 新人トーナメント優勝後は音喜多(時田)と向き合い、真剣勝負を申し出たことで和解する。 三途の川底 『0』に登場した蒼天堀の地下深くにある、ビリケンが運営している地下闘技場施設。 真島がストーリー上で出場する他、桐生も蒼天堀を訪れた際に参加することができる。 出場選手はそれぞれに罪状を持っており、一年間戦い続けることで放免となる仕組みになっているが、罪人でなくても、真島や桐生、米木のように実力者であれば飛び入り参加することが可能となっている。 試合形式は神室町の地下闘技場のように多種多様のものに分かれている。 ジンジャー・チャップマン 死体を食べて証拠隠滅を図った罪状を持つ連続殺人犯。 23歳。 戦闘では真鍋に似たナイフ捌きで戦う。 地下闘技場に参戦した真島のデビュー戦の相手として戦うも敗れる。 ドクター・キリヒト 患者を自然死に見せかけて殺害した罪状を持つ医師。 31歳。 戦闘では鉄の爪を装備し、勝矢に似た格闘スタイルで戦う。 地下闘技場に参戦した真島の二戦目の相手として戦うも敗れる。 デッド・バンチャー リング上で対戦相手を故意に撲殺した罪状から「法では裁けぬ悪魔の拳」と称されるボクサー。 36歳。 戦闘では玉城に似た格闘スタイルで戦う。 地下闘技場に参戦した真島の最終戦の相手として戦うも敗れる。 ダヴィド・ディヤーヴォル 大量虐殺の罪状を持つソビエト出身の大男。 32歳。 全身を人工的に改造・強化しており三途の川底に収容されている犯罪者の中では最強の実力を持つ。 戦闘では冴島に似た格闘スタイルで戦う他、掴みを完全に無効化する術を持つ。 リング・アナウンサー 声 -• PS4版では、谷村の一部台詞に修正が必要になったが、PS3版で谷村を演じていた成宮が芸能界を引退していることもありボイスの再収録が行えず、新たなキャストに変更されている。 また、外見も成宮に寄せてはいるが、オリジナルのものに変更されている。 また、MIAが「MBI」に変わっていたり(『極』で日本版と統一される)、ニューセレナのママが『3』と『4』では「マリコ」と名前が付けられていたりと日本版と異なる点がいくつか見られる。 左胸に彫られた刺青は月下美人で 、一夜でも一目でも構わないから桐生に会いたいという意味が込められている。 外伝作品の『OF THE END』で六代目会長が登場しているが、本編の六代目かは不明である。 外伝作品の『OF THE END』で東城会直系安住組組長で、大吾の側近である安住という人物が登場しているが、同一人物かは不明である。 初めから信管の抜かれていた時限爆弾を、高島を欺くためや桐生達を生かすために作動させる。 高島は「寺田の人脈を利用してジングォン派をパイプとし、世界進出する」ことを目的としているとその際に語っているので、 この寺田殺害は自らの未来を自らの手で閉ざしている。 黒澤からその愚直さは手駒として扱いやすいとして重宝されていたが、同時にその人を惹き付けるカリスマ性は文字通りに汚濁を綴りながらのし上がり続けた自分と比べて危険視もされていた。 これまで反抗すらせずただ犬のように命令に従う真島に歯がゆさを感じていたが、この時の狂犬の如き狂気をはらんだ真島の言動を見てうれしさのような感情を覗かせており、「やっと檻から飛び出したな」という台詞を発している。 真島とは「カラの一坪」の一件で彼を痛めつけたり追い詰めたりとしながらも根本の部分では協力しあうという奇妙な関係性を築いていき、後に自身はこのある種の友情めいた関係性を「楽しかった」としており、真島も自身の行動から「何があっても諦めない執着心」を教わったとして感謝の弁を述べていた。 自身の破天荒な立ち振る舞いや逃がす時に自身が発した言葉が後の真島のパーソナリティを作り上げた一大要素となるなどの真島に多大な影響を与えたキャラクターといえる• 幼少期に母親の虐待によってつけられたもの。 この偽札はのちに春日の胸ポケットに差し込まれ、星野へのメッセージと春日に対する「親心」を立証するものとなり、春日と星野の関係を深めるきっかけにもなった。 実際はその隣のロッカーにいた子供こそ本来の実子であり、同日に遺棄された沢城丈の子供と取り違えていた。 実子は桃源郷店長・春日次郎の手によって救出されており、また一部始終を目撃していた沢城から「春日一番が荒川真澄の実子である可能性が高い」とも推理されていた。 自身もその可能性に思い至ったような発言をしていたが、夢物語と断じて父子とも真相を知らぬまま命を落とし、春日の意向もあってはされておらず真実は描かれていない。 その際コミジュルによって「星野会長が狙われている」という情報を匿名で流していたことが判明し、「本当は殺したくなかったが、表立って青木の命に背く事は出来なかったので、春日に止めて貰いたかったのでは? 」とハン・ジュンギは推理したが、真相が語られる事はなかった。 その容姿をミラーフェイスに利用され、結果的に青木の社会的地位を地に落とすこととなった。 タカシへの茶碗は「京香を大事にしてほしい」という組長からのメッセージ、組長への指輪は「ちゃんと落ち着いたら二人でそれを返してもらいに父のところへ伺う」つまりは一人前の夫婦になったら二人で改めて挨拶に伺うというメッセージが込められている。 冴島が使用した銃はゴムスタン弾で、実際は誰一人殺害していなかったが、冴島が去った後に気絶した18人を射殺した。 葛城によると新井に射殺されたその日に就任したとされており、実態としては上野誠和会が東城会に因縁をけしかけるための特進、あるいは方便である。 小清水に射殺される前には観念して目を瞑るような姿が見られており、最初から覚悟していた事が窺われる。 また、殺された後は公には拳銃自殺として公表された。 勇太、松永と共に草野球チーム『仁涯サンダーズ』に所属していたが、試合相手の『瀬戸内ウォーリアーズ』に助っ人で呼ばれた桐生に試合中に喧嘩をふっかけた事で乱闘騒ぎとなった後、出禁処分となった。 海外などで安楽死に使用される塩化カリウム。 蛇華の立て直しのために本部から神室町へ送り込まれたが、後に本部から見捨てられる形で忘れ去られ、帰国することもできずその日暮らしを強いられており、自分達より後から現れた祭汪会からは相手にすらされていない事の悔しさから祭汪会への攻撃を始めた。 ただし、劇中で前記の制裁を行ったのは、その部下がスターダストを尋ねてきた桐生達を無碍に追い返すという無礼を働いた為であり、勇太の一件に関しても、桐生の制止を振り切って半ば喧嘩腰で挑んでくるなど、勇太の方にも非がなかったわけではない。 なお、ハン自身はこの業態を「下品」と評し、快くは思っていない。 本人の「真拳派の最期の花火」という発言や、スポーツマンシップを掲げる彼が、相手の足を踏んで動きを封じたり、や、といった反則技を繰り出すことからもその本気度が伺える。 その死は東城会の手によるものとされ、当初は予定調和であった東城会と祭汪会の抗争を激化する口実に使われた。 詳細は、を参照。 言われた際、嬉しそうな顔をした。 結局、キムの父親は然程待遇が変わる事もなく、体を壊していたにも関わらず、酒に溺れ続けた末に命を落とした。 ハン(キム)曰く、「本物のハン・ジュンギ」は話し方やファッションセンスなど品行方正であり、自分の及ぶところではないと語っている。 「はぐれジングォン派」の一派であったコミジュルは息を潜めつつも、ジングォン派本体の神室町での動向を遠巻きながら見守っており、事態を把握し察したソンヒの命により、コミジュルのメンバーに偽警察官を装わせ、ハン(キム)らを救出に向かわせた。 『6』にて、尾道仁涯町にある巌見造船資材置き場にて桐生と戦い敗れた際、真相を話してる最中に狙撃されたが、後に狙撃したのが広瀬徹だと知る。 その後、襲ってきた残党達はハン(キム)の想いを知って和解し、全員コミジュルに合流する事となった。 スナック街の浜子の店ではなく、サバイバー2階アジト• 知っている中国語は、「ニーハオ」と「シェイシェイ」のみ• 参加したチームは、神室町の暴走族「神室腐餌似苦巣(フェニックス)」、関東でも有力な実力を持つ「関東ギャングスターズ」、外国人集団の「スラムドッグス」、互いをナンバーで呼び合う「黒悪夢」、プロの殺し屋集団「パープルキラーズ」の5チーム。 神室腐餌似苦巣以外のチームはリーダー敗退後も残党として桐生を狙ってくる。 なお、彼らの店にいたNo. 1達はそれぞれ働いていた店がサンシャインに敗れた後に全員サンシャインに移籍している。 月山の店のブラックリストの客に対して「拷問部屋に連れてこい」と言い放つなどかなりエグいことをしているようで、自身の店でもツケを払わない客に対して、手下を使って勤務先に出向いて脅しを掛けたり、妻や子を人質に取ったりして半ば強引に回収するなどしている。 幼少期にグランドで働いていた母親が店の売り上げを盗んだ犯人に仕立て上げられて解雇になり、これが原因で再就職先も見つからず、最後は自分に保険金をかけて自殺してしまった事でグランドへの復讐心が芽生えた。 『6』での教団の案内人(声 - )曰く「教祖以外の者が発言してはならない単語」であり、うっかり発言してしまった桐生に対し驚愕と怒りを露わにした。 実際は女性に薬を入れたお酒を飲ませて幻覚を見ている状態にした上で、金を払った男性とのカップルを成立させるという悪質なものであり、結局は参加者を騙しているだけに過ぎない。 桐生に手口を暴露された際にも「仮にきっかけが嘘だとして何が悪い」と屁理屈をこねるなどして開き直っている。 必殺技として、現実においての現在の棚橋の(FH)であるではなく、かつてのFHであったスリング・ブレイドが採用されているが、これはハイフライフローがトップロープからの飛び技であることからゲームとして再現し難かったことによるものと思われる。 本人曰く「」とのことである。 複数のカラーギャング達の通称で、『1』に登場したブラッディアイやブルーZといったチーム、『6』に登場したテンコジなどが所属していた。 ゲーム内での技の演出は、掴んだ相手にグーパンチを仕掛けて怯ませてからでフォールするものになっている。 その死は組織の正当性を示すために利用され、表向きは偽札を暴くためコミジュルのアジトに火を放った末の死亡として殉死扱いにされた。 『2』ではオリジナルで描かれた外見のキャラクターであったが、『極2』では寺島本人の顔をキャプチャーした外見に変更されている。 100億円はそのほとんどが爆風によって周囲の空に舞い散り、ミレニアムタワー付近にいた人達(秋山駿もその一人)のクリスマスプレゼントと化した。 亜細亜街の火事を起こした上で大吾を嵌めたのも自身にとって都合の良い人材にすげ替えるためで、更には用済みとしてジミーを始末する。 かなが所属するグループ新鋭店「広島スイートゴッド」、AIKAが所属する「大阪ヘブンズゴッド」、しょう子が所属する「神室町ゴッドクイーン」、悠亜が所属する「錦栄町プラチナムゴッド」の4店舗。 いずれも各リーグの頂点に立ち、フィーバーヒートの効果も異なるものとなっている。 また、各店舗のNo. 1はリーグチャンピオンシップ敗北後にフォーシャインに移籍する。 サンシャインで黒服として働いていた際に、その熱心な仕事ぶりから次期店長候補と目される程に厚い信頼を受けて店の経営も任されるようになっていたが、友人の借金による連帯保証人となったことから多額負債を抱える事となり、返済の為に様々な悪事に手を染めていた中で、キャバクラ買収を持ちかけられる。 その後、サンシャインの買収を成功させた暁には自分の会社を設立させてくれるという誘いに乗り、名義を自分の名前に変える事で乗っ取りに成功し、結果的にユキや陽田を裏切り、彼らを追放した後に神崎グループを立ち上げた。 桐生はこの本を手渡された直後に技を覚えるということもあり、いわゆる師匠的な立ち位置のキャラクターにもなっている。 龍が如くシリーズの製作スタッフであるの大学時代の親友で政治家のがモデルとなっている。 ただし、『極2』では店の景品で取得する形になっている。 見栄えを良くするためにカツラを装着しており、対戦中にカツラが外れると脇目もふらずに拾いに行く。 家業と財産の相続について両親と揉めた事で殺害し莫大な遺産を手に入れた後、裏の世界で動きやすくするために表向きに死んだことにした。 ジムにいた有能な選手は引き抜かれ、借金もローン会社をマフィアが乗っ取った事でマフィアが債権者となった。 実際のRIZAPの統括トレーナーである幕田純がモデルとなっている。 この様子はカメラマンの柳井により撮られ、後ににて感動的な実話として掲載された。 この子犬に石をぶつけるシーンや「運が悪かったんだよ」の台詞は印象深かったためか、続編や外伝作品でも何度かアレンジされて登場している。 刺青のデザインまでも丁寧に似せる精巧さから、由美本人に間違えた錦山組に拉致されて度重なる拷問により死亡した。 選択肢次第では桐生の金を奪う事に成功したが、後に街を歩いていたところを桐生に見つかり、犯罪を白状すると共にバーの居場所を教えた。 真犯人は喫茶アルプスの現店長である木下マサルの妻で元従業員の木下裕子(声 - )。 事件当時の旧姓は斎藤で、織田と結婚を考えるまでに付き合っていたが、退職後に訪れた日に織田と宇佐見の浮気現場を目撃し、浮気現場を見られたのにもかかわらず一方的に別れ話を持ち出したことに激昂して殺害した。 殺害動機を白状した後は事件の担当刑事であった前田淳二によって緊急逮捕された。 その見た目に違わぬ大食家で、好物は韓国焼肉料理店「韓来」の特選牛カルビ弁当である。 また、その見た目からは想像できない程の美声の持ち主で、カラオケ(持ち歌は「Rain Drops」)ではその実力を遺憾なく発揮する。 パワーと反射神経に優れた覆面レスラーのナオキとカートを弾き飛ばす前頭の濱の海、直線勝負が得意な事から「ハマのスピードスター」の異名を持つディーラーのアイ(声 - )、加速力に優れたベテランドライバーのマツコ、データ収集力と分析力に優れたエリート商社マンのスグル、バイク仕込みのコーナリングを得意とする元暴走族のアキラ(声 - )、現レーサー達の中では最強の実力を持つ極道のジンの七人。 後のポケサー仲間になるミカに片想いしているヒデキ(17年後も片想いのままである)がミカを取られるのを恐れて避けていたというのが真相であるが、そのミカが桐生に惚れてしまい、これを境に桐生はヒデキを始めとした様々なレーサーから勝負を挑まれる事になる。 伊集院晴彦と城之内桜子の二人。 双方ともに面接では嘘の志望動機を述べて完璧な就活生を演じ、合格通知を知らされた際に支払われる会社の交通費を巻き上げていた。 桐生との面接で嘘を見抜かれた際には逆上したり開き直るなど横柄な態度をとったがために桐生に一喝されて逃げ出したが、それでも反省せずに桐生に対して恨み言を吐いていた。 詳細はを参照。 PS4版では荒木を始めとする『』の7人のモデル達は、当時の雑誌編集部がなくなったことによる権利関係の問題で使用できず、代わりに新たなキャストが登場する形になった。 聡史が自分ではなく明菜が跡継ぎに任命された事に対して納得できず、無理矢理に龍司の刺青の下絵を奪い五代目を名乗ろうとした一件で、最後は桐生に叩きのめされて失敗に終わった。 この件に関しては「1年がかりでアイドルを育てる」という契約だったが、朴は「半年で育てろ」と荻田自身に無理強いし、さらに契約内容をちゃんと読んでなかったため違約金が取れなくなった。 その余りの卑劣さ故に、秋山がエミの兄に対し「君の妹がさっきから胸糞悪い」と面と向かって吐き捨てる程に不快感を表している。 他のバイトの女性も同様にマコト(李)に協力しており、仮に彼女達の身に危険が及んでもマコト(李)がすぐに助けに来る事になっている。 ただし、いずれの女性も李がマコトを名乗っている事から李をマコトと認識している。 この依頼以外にも、自身に対して敬語を使って会話したり、「陽田さん」と敬称で呼ばれていることから、少なからず神崎からの信頼度もあったことが伺える。 金を貢いでると思ったり(実際は一人暮らしの際の借金の返済)、すぐに女を乗り換える男と認識したり(実際は再婚の相談)と色々あったが後に誤解も解け、娘を心配してくれる姿勢から真島達も父から信頼されるようになる。 『極2』にも登場し、娘に再婚した事を報告するが、相手の女性が結婚詐欺師だったために財産を持ち逃げされてしまった。 桐谷本人は神崎のフォーシャインの倍の給料を支払うという裏工作によって神崎グループに引き抜かれてしまった。 盗まれた下着は祖母の物で、囮用の新品のクマさんパンツをベンチに置いて犯人を誘き寄せる作戦を使い、犯人が自身にセクハラ行為をしてフォーシャインを入店禁止になった客であることが判明するが、反省する気のない態度から桐生に叩きのめされた。 その後に真相を知った際は青ざめて逃げだした。 商店街の組合長に就任した大阪出身の男が、ヤクザと結託して帳簿を改ざんして作った裏金で商店街を潰そうとしている事を知り、警察に告訴するために組合長の裏帳簿を盗んだが、それが原因で幹夫の素性がばれて家族に危害が及ぶと考えたため。 四天王には自身以外に、気性の荒さと強引な運転で車のみならず相手も廃車同然にしてしまうクラッシュ梶原や冷静な判断力と分析力で勝利をもぎ取ってきたクール吉見、チームの古株で熟練した技を持つNo. 2のジェントル中村(声 - )がおり、チームの中でも群を抜いた実力を持つ。 他球団のスカウトがドラフト終了後にも拘わらず裏金を使ってワイバーンズの入団の話を蹴るように唆したため、金に目がくらんで指示に従ってしまった。 七代目近江連合会長の黒澤翼の出身母体である組。 直参組織なのかどうかは不明である。 品田はコンサート中止のためにイベント会社に支払う違約金3億円を求めて秋山の店を訪れており、これが二人が出会うきっかけとなる。 尾道近海を脅かしている赤い目をしたホオジロザメ。 何人もの漁師の命を奪っており、犠牲者の中には天野の父親もいるため天野にとっては父親の仇でもある。 他の海域には巨大イカ「帝王イカ」や、世界一美味いタコと言われる巨大タコ「デリシャス・オクトパス」が生息している。 瀬戸内の名産品であるの顔に尾道仁涯町の名物であるの帽子、漁師町であることを伝える魚のポシェットに漁師の長靴、そして苗字であり尾道を模した「ONO」のプリントが入ったトレーナーといった尾道仁涯町の象徴を詰め込んだような容姿をしている。 暴言や大声で総会を荒らす粗暴な性格から「株主総会の壊し屋」と呼ばれる中野渡、税理士の資格を持ち企業の利益やデータから弱みを握る事を得意とする才木、元新聞記者でブラック企業の摘発を得意とする一面から「ブラック企業キラー」の異名を持つ三連星のリーダー格の美園玲子の三人組の総称。 神室雪月花は以降のシリーズからカラオケや店内BGMなどさまざまな形で登場する。 なお、カラオケで表記される作曲者は実際の作曲者であるとなっている。 実態は、長らく付き添っていたマネージャーがプロデューサーに性行為を強請られていたところを彼女を守るために立ち向かったのだが、その真実はプロデューサーによって「映画の出演料で揉めた事で起こした暴力事件」として揉み消されてしまった。 その後、マネージャーは芸能界を引退したため、真実を話すと彼女が世間に晒されてしまうために恐れて黙秘を貫いた。 店内から赤ん坊の泣き声が聞こえ、店内で出産があったのかと勘違いして駆け込んだのだが、実際には幼児プレイ中の権田原達の泣き声であった。 元プロレスラーのバイオレンス飛田、ちゃんこ屋の店員で力士見習いの岩熊、極道から足を洗いたがっている難波修一、エイジアに入り浸っている武器オタクの平野の4人。 松山と共に実際のの社員がモデルとなっている。 その動きは桐生によって技に昇華されたが、桐生の4人に対して自身は6人に行っていることからも実力の高さが伺える。 リストラをする以外に黒字転換の見込みがない会社を黒字にする、つまりはリストラに踏み切る。 ニセ秋山を懲らしめるために花が考案した作戦で、取引相手や刺客は花やエリーゼの従業員による演技だった。 江頭は「生物最強を目指すため」、佐藤は「桐生が気に食わないから」、川橋は「遊ぶ金欲しさ」、大江は「育毛剤を手に入れるため」といずれも自分勝手なものばかりであり、後に桐生や真島と和解するような素振りをみせるが結局は敵対する流れになってしまう。 ゾンビが徘徊する神室町を舞台にボディーガードに守られながら踊るというもので、ゾンビ役のエキストラにも自身を本気で襲うように通達しているために、自身のボディーガード役に相応しい人物を探していた。 故人である事を示すためか春日以外の人間には自身の姿が見えず声も聞こえないため、周りからは春日の独り言だと思われている。 「セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜」2018年8月28日放送分より• ファミ通. com 2018年10月23日. 2018年10月23日閲覧。 「龍が如く3 完全攻略 極ノ書」 エンターブレイン、2009年3月30日発売• 「神室町 RADIO STATION」など龍が如く公式サイトのコンテンツより。 堀井螺旋 2013年6月26日. 2015年12月22日閲覧。 ファミ通. com 2017年4月29日. 2017年5月15日閲覧。 「セガなま 〜セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ〜」2018年5月29日放送分より• ゲーム内でも状態異常の一つ「泥酔」になりにくいという特徴を持つ。 電撃オンライン 2010年3月25日. 2015年12月22日閲覧。

次の