三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社。 企業情報|三菱スペース・ソフトウエア

会社概要 / 会社情報 / 三菱電機ビルテクノサービス

三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社

三菱プレシジョン株式会社 Mitsubishi Precision Co. , Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 〒135-0063 3丁目5番7号 イーストタワー13階 設立 事業内容 精密電子機器及び情報処理関連機器の開発、製造、販売及び保守サービス 代表者 代表取締役社長 藤本 聖二 資本金 31億6,725万円 売上高 200億円 (2018年度) 従業員数 876人 (2019年5月末現在) 決算期 3月 主要株主 株式会社 66. ,Ltd. )は、に本社を置く、のなどを製造・販売する系列の製造会社。 概要 [ ] 、航空用電波事業、パーキングシステム事業を行っている。 の企業で、の会員会社である。 沿革 [ ]• 1962年(37年) 4社(三菱電機株式会社、株式会社、株式会社、株式会社(現 株式会社))と米国 の合弁によって設立される。 1970年(昭和45年) 日本初の人工衛星「」の打上げロケット「L - 4S - 5」ロケットの姿勢制御に成功• 1981年(昭和56年) CGI 方式のビジュアルシステムを自社開発• 1988年(昭和63年) との合弁を解消(旧ゼネラル・プレシジョン(General Precision,Inc. ) 1968年にシンガー(The Singer Company)系列になったため社名変更)• 1994年(6年) H - II ロケット試作1 号機の姿勢制御に成功• 1999年(平成11年) 「環境マネジメントシステム」の認証を取得• 2000年(平成12年) 「品質マネジメントシステム」の認証を取得• 2003年(平成15年) の精密測位サービス「PAS」、「PASデータセンター」を開設。 PAS サービスのデータ配信、サポートサービスを提供開始• 2005年(平成17年) 鎌倉事業所 湘南工場を新設(神奈川県鎌倉市)• 2006年(平成18年) 本社を江東区有明に移転• 2007年(平成19年) 初の国産高速回転ホイールとしてGOSAT用リアクションホイールを納入、「情報セキュリティマネジメントシステム」の認証を取得 主な事業 [ ] シミュレーション事業 [ ] 日本で最初にを手がけた会社で、を始め、、など操縦技術の訓練や、また交通系博物館などアミューズメント用の装置を製作している。 また、この技術を応用し実際では困難な実験や、バーチャル的に運用する事などのシミュレーションも行っている。 航空・宇宙・慣性事業 [ ] 慣性機器として加速度計およびジャイロをセンサーとした慣性航法装置、電波機器としてドプラ効果を利用したドプラ航法装置の開発・設計・製造を行っている。 これは、航空機などの搭載機器に使われており、日本初の人工衛星「」にこの技術が使われている。 パーキングシステム事業 [ ] 三菱プレシジョン独自の駐車場システムを開発。 簡単に入庫・出庫ができるチケットレス化や、精算のキャッシュレス化、利用車両を特定管理できる高セキュリティシステムなどを製造している。 主な製品 [ ] シミュレータ [ ]• 訓練用ヘリコプターシミュレータ• 二輪車運転教育シミュレータ• 訓練用電車シミュレータ• 鉄道乗務員研修生用シミュレータ• マイクロシミュレータ• アミューズメント用電車シミュレータ• 起震装置• バーチャルモーション機械 パーキングシステム [ ] 業種、規模、システムから様々な製品がある。 全自動精算システム• 車番認識システム• 割引・認証システム• キャッシュレスシステム• ロック板システム• 車路管制システム• 総合管理システム• 入退場管理システム• バイク駐車システム 脚注・出典 [ ] [].

次の

三菱電機ライフサービス

三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社

三菱プレシジョン株式会社 Mitsubishi Precision Co. , Ltd. 市場情報 非上場 本社所在地 〒135-0063 3丁目5番7号 イーストタワー13階 設立 事業内容 精密電子機器及び情報処理関連機器の開発、製造、販売及び保守サービス 代表者 代表取締役社長 藤本 聖二 資本金 31億6,725万円 売上高 200億円 (2018年度) 従業員数 876人 (2019年5月末現在) 決算期 3月 主要株主 株式会社 66. ,Ltd. )は、に本社を置く、のなどを製造・販売する系列の製造会社。 概要 [ ] 、航空用電波事業、パーキングシステム事業を行っている。 の企業で、の会員会社である。 沿革 [ ]• 1962年(37年) 4社(三菱電機株式会社、株式会社、株式会社、株式会社(現 株式会社))と米国 の合弁によって設立される。 1970年(昭和45年) 日本初の人工衛星「」の打上げロケット「L - 4S - 5」ロケットの姿勢制御に成功• 1981年(昭和56年) CGI 方式のビジュアルシステムを自社開発• 1988年(昭和63年) との合弁を解消(旧ゼネラル・プレシジョン(General Precision,Inc. ) 1968年にシンガー(The Singer Company)系列になったため社名変更)• 1994年(6年) H - II ロケット試作1 号機の姿勢制御に成功• 1999年(平成11年) 「環境マネジメントシステム」の認証を取得• 2000年(平成12年) 「品質マネジメントシステム」の認証を取得• 2003年(平成15年) の精密測位サービス「PAS」、「PASデータセンター」を開設。 PAS サービスのデータ配信、サポートサービスを提供開始• 2005年(平成17年) 鎌倉事業所 湘南工場を新設(神奈川県鎌倉市)• 2006年(平成18年) 本社を江東区有明に移転• 2007年(平成19年) 初の国産高速回転ホイールとしてGOSAT用リアクションホイールを納入、「情報セキュリティマネジメントシステム」の認証を取得 主な事業 [ ] シミュレーション事業 [ ] 日本で最初にを手がけた会社で、を始め、、など操縦技術の訓練や、また交通系博物館などアミューズメント用の装置を製作している。 また、この技術を応用し実際では困難な実験や、バーチャル的に運用する事などのシミュレーションも行っている。 航空・宇宙・慣性事業 [ ] 慣性機器として加速度計およびジャイロをセンサーとした慣性航法装置、電波機器としてドプラ効果を利用したドプラ航法装置の開発・設計・製造を行っている。 これは、航空機などの搭載機器に使われており、日本初の人工衛星「」にこの技術が使われている。 パーキングシステム事業 [ ] 三菱プレシジョン独自の駐車場システムを開発。 簡単に入庫・出庫ができるチケットレス化や、精算のキャッシュレス化、利用車両を特定管理できる高セキュリティシステムなどを製造している。 主な製品 [ ] シミュレータ [ ]• 訓練用ヘリコプターシミュレータ• 二輪車運転教育シミュレータ• 訓練用電車シミュレータ• 鉄道乗務員研修生用シミュレータ• マイクロシミュレータ• アミューズメント用電車シミュレータ• 起震装置• バーチャルモーション機械 パーキングシステム [ ] 業種、規模、システムから様々な製品がある。 全自動精算システム• 車番認識システム• 割引・認証システム• キャッシュレスシステム• ロック板システム• 車路管制システム• 総合管理システム• 入退場管理システム• バイク駐車システム 脚注・出典 [ ] [].

次の

会社概要 / 会社情報 / 三菱電機ビルテクノサービス

三菱 電機 ライフ サービス 株式 会社

三菱電機 役員の年収給料まとめ【社長の役員報酬、ボーナス賞与】 三菱電機の役員の役職別の年収は以下の通りです。 役職 年収合計 人数 一人当たり平均 執行役 2,692 21 128 取締役 327 6 55 社外取締役 69 5 14 単位:百万円 三菱電機 有価証券報告書(2019 年3月期決算)を元に筆者作成 三菱電機の役員の年収を他の大手企業の役員報酬と比較してみましょう。 <役員報酬の他社比較> 会社名 年度 役職 一人当たり平均 伊藤忠商事 201903 取締役 346 日産自動車 201903 取締役 323 キヤノン 201812 取締役 197 三菱商事 201903 取締役 162 三菱電機 201903 執行役 128 パナソニック 201903 取締役 121 三井物産 201903 取締役 111 日立製作所 201903 執行役 103 信越化学工業 201903 取締役 103 三菱重工 201903 取締役 102 ホンダ 201903 取締役 98 ソニー 201903 執行役 90 三菱地所 201903 執行役 82 富士フイルム 201903 取締役 70 ANA 201903 取締役 61 日本航空 201903 取締役 54 富士通 201903 取締役 53 ZOZO 201903 取締役 52 オリックス 201903 執行役 51 メルカリ 201906 取締役 50 東日本旅客鉄道 201903 取締役 45 キーエンス 201903 取締役 37 単位:百万円 <年収1億円以上の役員> 年収(役員報酬)が1億円以上の上場会社役員は、有価証券報告書にその報酬の額を開示することとされています。 三菱電機の場合、年収1億円以上の役員は21名で、各役員の年収は以下の通りです。 氏名 役職 年収 杉山 武史 執行役 240 大橋 豊 執行役 131 井口 功 執行役 130 伊藤 泰之 執行役 130 漆間 啓 執行役 130 大隅 信幸 執行役 125 宮田 芳和 執行役 125 松本 匡 執行役 125 織戸 浩一 執行役 125 坂本 隆 執行役 123 加藤 恒 執行役 121 岡村 将光 執行役 121 原田 真治 執行役 119 皮籠石 斉 執行役 119 藤田 正弘 執行役 118 松下 聡 執行役 118 大西 寛 執行役 118 永澤 淳 執行役 118 室園 孝和 執行役 118 眞田 享 執行役 114 西村 隆司 執行役 114 単位:百万円 三菱電機 杉山武史社長の役員報酬【年収給料、ボーナス賞与】 三菱電機の杉山武史社長は、1979年に23歳で三菱電機に入社して、39年の勤務を経て社長に上り詰めました。 三菱電機のトップである杉山武史社長の主な経歴、役員報酬と年収の詳細は以下のようになっています。 <杉山武史社長の役員報酬・年収> 年収内訳 総額 基本報酬 72 業績連動報酬 70 業績連動株式報酬 70 退任慰労金 28 合計 240 三菱電機 有価証券報告書(2019 年3月期決算)を元に筆者作成 上場会社の役員の役員の多くは自社の株式を保有しており、会社からもらう役員報酬以外にも、保有する自社の株式から配当金が年収として入ってきます。 杉山武史社長の配当による年収と、保有する自社の株式の資産価値は以下の通りです。 企業の役員になると、従業員のように給与・ボーナスだけでなく、さまざまな体系で給与・賞与や会社の株式などが支給されます。 <役員報酬の体系> 制度 内容 一定金額報酬 職務の内容や会社の状況等を勘案した相当額 業績連動報酬 当期の連結業績(親会社株主に帰属する当期純利益)等により支給額を決定する報酬 退任慰労金 報酬月額及び在任年数等に基づき支給額が決定。 三菱電機の役員報酬は、最近の大企業では一般的な株式報酬を導入していません。 株の新規発行がない分、株主にとっては株式価値の希薄化が生じないというメリットがある一方で、役員の株価上昇に対するコミットが薄れるデメリットも考えられます。 三菱電機の役員報酬と従業員の年収を比較 次に三菱電機の役員と従業員の年収を比較してみましょう。 <役員と従業員の年収を比較> 年収(円) 従業員との比率 倍 役員最高年収 240,000,000 29. 4 執行役 128,190,476 15. 7 取締役 54,500,000 6. 7 社外取締役 13,800,000 1. 7 従業員 平均 8,169,232 — 三菱電機 有価証券報告書(2019 年3月期決算)を元に筆者作成 三菱電機の役員と従業員の年収を比較してみると、役員で最高額の年収と従業員平均年収との比率は実に29. 4倍、執行役と従業員平均年収との比率でも15. 7倍の差があります。 この差を見て「いつかは自分もそれくらい稼ぐぞ」と考えらえるか、「自分はこんなに頑張っているのに役員よりこんなに年収が低いのか。。 」と考えるかは皆さん次第ですね。 役員と従業員の違い。 取締役はなぜ高額の役員報酬・ボーナスが貰える? 一般の従業員とはかけ離れた高額な役員報酬・ボーナスを貰う事ができる役員とはいったい何者なのでしょうか。 役員とは、一般的には会社の業務執行や監査などを行う権限のある幹部社員のことを言い、実は役員と従業員は、それぞれ会社との関係がまったく違うのです。 会社と従業員の関係は雇用関係であり、労働力を提供してもらうために労働契約を結んでいます。 そのため、従業員は役員をはじめとする会社の幹部たちの指揮命令に従って働くことが求めら、その対価として給料が支払われます。 あくまで指揮命令に従って働くという関係なので、それほど高い年収は望めません。 一方で、 会社と役員の関係は委任関係で、株主から会社の経営を任されているという間柄になります。 そのため、サラリーマン社長のように一般の従業員であった人が役員になる場合には、役員に昇格する際に従業員として会社をいったん退職し、あらためて委任関係で会社と関わることになります。 役員と従業員はこのような会社との関係性の違いにより、従業員は指揮命令に従ってそれほど高くない年収で労働力を提供し、役員は会社を経営するたちばにあるので労働の対価だけでなく、役員たちが会社を運営して稼いだ利益を分配してもらうことができるので、高額な役員報酬を得ることができるのです。 具体的には役員の年収(役員報酬)は以下の手続きを経て決定されます。 <役員の年収(役員報酬)の決定フロー> ・株主総会で役員報酬の総額を決定する ・取締役会等で個々の役員に対する役員報酬を決定する。 ・大企業の場合には報酬委員会と呼ばれる役員報酬制度の設計、見直しを行う機関がある場合も 三菱電機の会社概要 ではここからは三菱電機の会社概要や業績についても触れていきたいと思います。 三菱電機は三菱造船から分離独立する形で1921年に設立された総合電機メーカーで、エレベーター、家電、半導体、防衛機器など多種多様な事業を行っています。 パワハラ等を理由にした社員の自殺が相次ぎ、2018年、2019年にブラック企業大賞を2年連続で受賞した企業でもあり、その企業体質には世間の批判が向けられています。 <三菱電機の会社概要> 会社名:三菱電機株式会社 英語表記:Mitsubishi Electric Corporation 設立:1921年 本社所在地:東京都千代田区 業種:電気機器 決算月:3月 事業内容:エレベーター、家電、半導体、防衛機器等の製造販売 グループ売上高: 4,519,921百万円(2019年3月期) グループ従業員数: 145,817人(2019年3月期) 株式上場:東証第一部(1949年上場) 会社HP: 三菱電機の業績、財務内容【役員報酬は会社の業績次第】 三菱電機の業績、財務内容はどのようになっているのでしょうか。 役員の年収は会社の業績と連動する制度設計をしている会社が多いため、業績が上向いていくとそれに伴って役員の年収も上がっていくケースが多いです。 三菱電機の直近3事業年度の業績 三菱電機の直近3事業年度の業績は以下の通りです。 なお、役員報酬は一般的には、販売費および一般管理費に計上されるので、役員報酬を増やせば増やすほど、会社の営業利益が減ることになります。 <三菱電機の直近3事業年度の業績> 決算期 17年3月期 18年3月期 19年3月期 会計基準 米国基準 米国基準 IFRS基準 売上高(百万円) 4,238,666 4,431,198 4,519,921 営業利益(百万円) 270,104 318,637 290,477 営業利益率 6. 三菱電機の事業別の業績と事業内容 三菱電機のような大企業は様々な事業を行っているため、会社全体の業績を見るだけでなく事業別の業績を見ることで、どの事業が稼ぎ頭か、どの事業が足手まといになっているかを知ることができます。 三菱電機では以下のセグメント区分で事業を展開しています。 ・重電システム ・産業メカトロニクス ・情報通信システム ・電子デバイス ・家庭電器 ・その他 セグメントごとの売上高と営業利益は以下のようになっています。 <三菱電機のセグメント別売上高と営業利益> それではここからは、各セグメントごとの事業内容、業績について見ていきましょう。 重電システムの売上、業績と事業内容 <主要製品・サービス> タービン発電機、水車発電機、原子力機器、電動機、変圧器、パワーエレクトロニクス機器、遮断機、ガス絶縁開閉装置、開閉制御装置、監視制御・保護市捨て宇、電力流通システム、大型映像表示装置、車両用電機品、エレベーター、エスカレーター、ビルセキュリティーシステム、ビル管理システム、その他 <主要会社> 東洋電機、三菱電機コントロールパネル、三菱電機パワー・プロダクツ社、三菱エレベーター・アジア社、韓国三菱エレベーター社、東芝三菱電機産業システム、三菱日立ホームエレベーター <業績情報> 決算期 18年3月期 19年3月期 売上高 1,244,941 1,287,724 営業利益 65,457 82,501 売上総利益率 5. 1 27. 6 一人当たり営業利益 1. 4 1. 8 単位:百万円 産業メカトロニクスの売上、業績と事業内容 <主要製品・サービス> プログラマブルコントローラー、インバーター、サーボ、表示器、電動機、ホイスト、電磁開閉器、ノーヒューズ遮断機、漏電遮断機、配電用変圧器、電力量計、無停電電源装置、産業用送風機、数値制御装置、放電加工機、レーザー加工機、産業用ロボット、クラッチ、自動車用電装品、電動パワートレインシステム、カーエレクトロニクス・カーメカトロニクス機器、カーマルチメディア機器、その他 <主要会社> デービー精工、三菱電機オートモーティブ・アメリカ社、三菱電機タイ・オートバーツ、三菱電機オートモーティブ・メキシコ社、日本インジェクタ <業績情報> 決算期 18年3月期 19年3月期 売上高 1,431,713 1,453,958 営業利益 187,350 142,563 売上総利益率 13. 2 43. 4 一人当たり営業利益 5. 8 4. 3 単位:百万円 情報通信システムの売上、業績と事業内容 <主要製品・サービス> 無線通信機器、有線通信機器、ネットワークカメラシステム、衛星通信装置、人工衛星、レーダー装置、アンテナ、誘導飛しょう体、射撃管制装置、放送機器、データ伝送装置、ネットワークセキュリティーシステム、情報システム関連機器及びシステムインテグレーション、その他 <主要会社> 三菱電機特機システム、三菱プレシジョン、島田理化工業、西菱電機、ミヨシ電子 <業績情報> 決算期 18年3月期 19年3月期 売上高 390,915 384,851 営業利益 11,340 12,247 売上総利益率 2. 8 25. 3 一人当たり営業利益 0. 7 0. 8 単位:百万円 電子デバイスの売上、業績と事業内容 <主要製品・サービス> パワーモジュール、高周波素子、光素子、液晶表示装置、その他 <主要会社> メルコ・ディスプレイ・テクノロジー、メルコパワーデバイス、ウィンコテック・ホールディングス社 <業績情報> 決算期 18年3月期 19年3月期 売上高 165,378 157,987 営業利益 14,164 1,442 売上総利益率 8. 6 29. 2 一人当たり営業利益 2. 5 0. 3 単位:百万円 家庭電器の売上、業績と事業内容 <主要製品・サービス> ルームエアコン、パッケージエアコン、チラー、ショーケース、圧縮機、冷凍機、ヒートポンプ式給湯暖房システム、換気扇、太陽光発電システム、電気温水器、IHクッキングヒーター、LEDランプ、蛍光ランプ、照明器具、液晶テレビ、冷蔵庫、扇風機、除湿器、空気清浄機、クリーナー、ジャー炊飯器、電子レンジ、その他 <主要会社> 三菱電機証明、三菱電機ホーム機器、三菱電機コンシューマー・プロダクツ(タイ)社、三菱電機(広州)圧縮機有限公司、三菱電機ハイドロニクス&アイティークーリングシステムズ社、サイアム・コンプレッサー・インダストリー社、三菱電機エア・コンディショニング・システムズ・ヨーロッパ社、カンヨン・エレクトリック社 <業績情報> 決算期 18年3月期 19年3月期 売上高 1,033,134 1,056,943 営業利益 55,496 59,451 売上総利益率 5. 7 39. 5 一人当たり営業利益 2. 1 2. 2 単位:百万円 その他の売上、業績と事業内容 <主要製品・サービス> 資材調達・物流。 不動産・広告宣伝・金融等のサービス、その他 <主要会社> 三菱電機トレーディング、三菱電機エンジニアリング、三菱電機ロジスティクス、三菱電機システムサービス、三菱電機ライフサービス、弘電社、アイプラネット、メルコトレーディング(タイ)社、三菱電機クレジット、北弘電社 <業績情報> 決算期 18年3月期 19年3月期 売上高 178,343 178,458 営業利益 24,034 24,172 売上総利益率 13. 9 14. 0 一人当たり営業利益 2. 0 1. 9 単位:百万円 三菱電機の歴史と沿革、ニュース 年月 内容 1921年1月 三菱造船の電機製作所を継承して創立。 変圧器、電動機、扇風機等を手掛ける。 1923年11月 長崎工場を新設、タービン発電機、船舶用直流機等大型重電機器を手掛ける。 1924年9月 名古屋製作所を新設、汎用誘電電動機等の標準電機品や家庭用電気機器を手掛ける。 1949年5月 東証に株式上場 まとめ 三菱電機 役員の年収給料【社長の役員報酬、ボーナス賞与】 三菱電機の役員の年収は思っていたより高かったでしょうか、低かったでしょうか。 日本の大企業で働いているサラリーマンはたくさんいますが、その中で役員まで上り詰めるのは実力もさることながら運の要素も大きくあります。 今の時代は大企業であってもリストラが当たり前の時代なので、自社での出世を目指しつつも、他社への転職による年収アップを狙ったり、副業を育てたりするなど、自分の可能性を一つに絞らないで複数の道を探っていくのが良い結果に結びつくように思います。 【記事一覧】大企業の役員 社長の年収・役員報酬 大企業の役員、社長、会長などの役員報酬についてまとめています。 皆さん、がっぽり稼いでいらっしゃいます。 【大手企業内定者が解説】失敗しない転職講座メニュー 第二新卒、未経験職種という底辺の転職から、その後のスキルと経験の蓄積によって、超大手企業への内定を獲得しました。 ノウハウはブログ記事にまとめています。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の