いちご生産量ランキング。 さくらんぼ(サクランボ・おうとう)の都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

いちごの生産量の都道府県ランキング(平成30年)

いちご生産量ランキング

出典 fruttier. com 聞いて驚いてください!なんといちごの種類と言うのは全部で250種類もあるんです! あなたは全部で何個のいちごの種類を言うことが出来ますか?私は10個も言えません 笑 でも世の中にはいちごは250種類もあるんですね。 実はいちごいうのはバラ科の属する植物なのです。 いちごは分類上果物ではない! 話が脱線していますが・・いちごはバラ科の植物ですので、実は果物ではなく植物や野菜という位置づけになるのです。 果物の定義というのは草や木になる実のことなんです。 果実を食べるものが果物で、果実以外のすべても食べるものは野菜という定義という話もあります。 さらに、野菜は一度収穫してしまうと全てを片付けてしまい、また新しく植え直しますが、果物は草や木になる果実なので、元になる草や木を伐採することはないですよね。 なので、草や木になるものは果物という定義になります。 その定義を元に考えるといちごは果物ではなく野菜や植物という定義になるのですね。 ですが、いちごは果物では?という説も多くありますので、間をとって「果物的野菜」というどっちつかずな定義をすることもあるようです。 kudamononavi. さらに驚いたことに日本のいちごの生産量は世界7位に関わらず、消費量は世界1位という事実です。 世界中で作ったいちごも日本人が食いまくっているということになりますね。 春先に売られているいちごの多くは国内ブランドのいちごなので、海外産のいちごなどはケーキなどに使われているんでしょうかね? 日本で一番の消費が多い都道府県は埼玉県 ちなみに日本国内の都道府県の中で一番いちごの消費量の多いのは埼玉県ですね。 2位は栃木、3位は茨城県となっています。 埼玉県がいちごの消費量の多い理由としては、近くの栃木県が日本一のいちごの生産量として有名なのでその影響が大きいのかもしれませんね。 栃木のいちごブランドであるとちおとめがありますから、とちおとめが埼玉に多く流通して、日本一のいちごの消費量になったのかもしれませんね。

次の

[いちご/苺/イチゴ] 産地 (都道府県)

いちご生産量ランキング

全国各地で生産されているいちごですが、その生産量や出荷量は各地で差があるのでしょうか。 普段食べているいちごは、どの県のいちごが多いのかも気になりますね。 各地の生産・出荷量をランキング形式でまとめました。 生産量ランキング いちごと聞いて、思い浮かぶ県は栃木県ではないでしょうか。 やはり、栃木は 生産量も1位です。 その数字は年間平均28000t、2位の福岡県18000tとは大きな差が開いていますね。 3位以降は以下の通りです。 3位熊本県13000t 、4位長崎県12000t 、5位静岡県11500t 、6位愛知県11000t 、同率7位佐賀県も平均11000t 、8位茨城県9500t 、9位千葉県6600t 、10位宮城県6500t 、11位埼玉県4000t 、12位群馬県3500t 、13位香川県3400t 、14位岐阜県3100t 、15位福島県2700t 、16位鹿児島県2700t 、17位奈良県2500t 、18位三重県2200t 、19位兵庫県2000t 、20位高知県1200tです。 出荷量は? 出荷量も、当然栃木県が1位となります。 その量は年間平均26000t 、2位の福岡県は17000tです。 3位熊本県12000t 、4位長崎県11000t 、5位静岡県10500t。 輸出量も多い2県は、6位愛知県10300t 、7位佐賀県10200t となっています。 8位茨城県8800t 、9位千葉県6300t 、10位宮城県6100t 、11位埼玉県3500t 、12位群馬県3200t 、13位香川県3100t 、14位岐阜県2700t 、15位福島県2400t 、16位鹿児島県2400t 、17位奈良県2300t 、18位三重県2100t。 19位と20位は変動がありますが、平均すると兵庫県1000t 、高知県1100tです。 スポンサードリンク 生産している面積は? 日本でいちごを生産している面積は、年々減少しています。 全体では約5000ヘクタール、栃木県は617ヘクタール、福岡県は464ヘクタールとなっています。 特に栃木県は、いちごを栽培しやすい環境なども整っています。 しかし、出荷量が少なくても、限定された地域だけで収穫できる、特別ないちごも沢山存在します。 出荷量などの数字に関係なく、自分の好きないちごを見つけてみてください。 スポンサードリンク 今のあなたにおすすめの記事 カテゴリー•

次の

いちご(イチゴ・苺)の都道府県別生産量(収穫量)/グラフ/地図/一覧表|統計データ・ランキング|家勉キッズ

いちご生産量ランキング

冬から春にかけてフルーツ売り場を彩る存在と言えば『いちご』。 人気のフルーツだけに品種ごとの競争も熾烈で、年々新しい品種が生まれてはなかには 人知れず市場から淘汰されるものも・・・。 今回はそんな中から 比較的入手が容易な品種をピックアップして食べ比べて味わい、糖度などをデータ化した上で、筆者の個人的な観点も踏まえてランキング化してみました。 改めて食べ比べると味の違いは明確になりますね。 今後他の品種も手に入り次第データを追加していければと思います。 同時期に出回る柑橘のランキングも執筆していますので興味のある方は参考までにご覧ください。 ランキングにエントリーする人気のいちご5品種 それではまずエントリーするいちごの品種をご紹介します。 エントリー品種は以上5品種。 左から福岡より "あまおう"、栃木より "スカイベリー"と "ロイヤルクイーン"、静岡より "きらぴ香"、茨城より "とちおとめ"がエントリー。 安心安定の"とちおとめ"やもはや定番となった"あまおう"は知っている方も多いことでしょうが、それと比べると DQNネームのような雰囲気を漂わせる"きらぴ香"や"ロイヤルクイーン"なども気になるところ。 アングルを変えて、今度はヘタ方向からのビジュアルもチェックしてみましょう。 どれも素敵な色合いを持ったいちごがエントリーしてくれました。 これを今から食べ比べられると思うと いちご好きとしては興奮冷めやらぬ思いです。 ランキングを参考にするさいの注意点 さて、ランキング前に注意事項です。 まず今回揃えたいちごは全てスーパーで購入したため 鮮度にバラつきがあります。 あしからずご了承ください。 また、本ランキングは 筆者の個人的な好みと意見によって決定づけられるもので、どのいちご品種も大変優秀かつ素晴らしいものであり、そこに根本的な優劣を決めるものではないことはご理解くださいませ。 それでは各いちごのデータ化とランキングへと参りましょう。 スカイベリーの味わい スカイベリーはまさにとちおとめをそのまま昇華させたよう存在感を放っています。 ズバリ、スカイベリーの味わいの特徴は酸味と甘みのバランス、適度な果肉感、そしてとちおとめには無いサイズ感です。 近年、いちごに限らずフルーツが「甘ければ高級」という嗜好性を見せる中で、スカイベリーは甘すぎず、酸味も絡ませたバランス重視の味わいで、いちごに必要な"甘酸っぱさ"を表現しています。 かつやわらかすぎない歯ごたえのある食感は食べごたえにも繋がり、サイズ感も大きいため贈答用にも適し、存在感と高級感も。 後述するとちおとめと甲乙つけがたい部分もありますが、現状ではとちおとめよりもブランドイメージを重視した生産・販売体制がしかれているためハズレ個体をひく可能性も低く、個体も大きめ、生産者や食べる場所を限定しない条件下では一粒当たりの満足感という意味では個人的にはこちらに軍配があがるかなという印象です。 いちご品種ランキング第2位 「きらぴ香」 静岡県はフルーツ好きなら注目度の高い県で、多種多様なフルーツを数より品質で勝負して生産しています。 いちごに関しては今まで紅ほっぺという品種を主力として頑張っていたものの個人的に今一つピンとこない印象でしたが、今回食べたきらぴ香が予想以上に完成度が高く、今後への期待も込めて上位にランクインしました。 きらぴ香は2017年に品種登録が完了したばかりの新品種で紅ほっぺの血を用いて17年にわたる育成の末に行き着いた静岡の自信作で、今後はきらぴ香をメインに栽培を切り替えたいと意気込むほど。 フルーツの隠れた名産地である静岡の送りだす刺客が今後いちご市場にどのような影響を与えるのか注目です。 いちご品種ランキング第3位 「とちおとめ」 今や栃木のみならず全国的に栽培されているとちおとめは日本のいちご市場を代表する品種。 特に東日本では圧倒的な知名度と存在感を放っています。 とちおとめの魅力は生産者の豊富さと栽培技術の浸透によってもはや同一品種とは思えないほど味の違いを持ったとちおとめを楽しめる点。 実際に筆者が購入したスーパーにもとちおとめだけで4パッケージほど存在し、粒感も異なるものばかりでした。 正直筆者が今まで食べたことのあるいちごの中で最も美味しかったのはとちおとめでした。 いちごは鮮度も重要なので、採れたてでかつ贈答用を意識した大粒のとちおとめで、かつこだわりの生産者さんのつくったものはまさに王者の風格をもっています。 その反面で安価なものにはハズレも多く、高価なものは値段的には他の稀少ブランドと変わらないくらい高いのに珍しさはないということで、嗜好品フルーツとしては物の真価が分かる方向きになりつつあるようにあるという点でここにランクインしました。 とちおとめの味わい 一見すると平凡なとちおとめですが、とちおとめの魅力はこのニュートラルな味わいにあります。 まさしくすっぴん美人で素材の良い女性というイメージで、化粧やファッションをいじればスターダムにのし上がれる可能性を秘めているのがとちおとめの特徴です。 もちろんそれは今回挙げた他のいちごにもいえることなのですが、とちおとめ最大のメリットは豊富な栽培経験が培われていることだと思います。 いわば化粧やファッションの技術を研究しつくしたカリスマスタイリストがついているような状態なのです。 美味しいとちおとめに出会いたい方はぜひ生産者に注目してみましょう。 近場に直売所のようなフルーツ売り場があればラッキーで、美味しいとちおとめに出会えるかもしれません。 あまおうの味わい あまおうを食べてまず驚くのはその甘さ。 いちごの中でも随一の甘みを持つあまおうを一番好きないちごに挙げる方も多いことでしょう。 味の濃度・・・特に甘さにおいてはスバ抜けたいちごですが、反面で甘さがクドく感じることも多く個人的にはこの順位付とさせて頂きました。 また、東日本住まいの筆者は残念ながら産直の気合の入ったあまおうを食べる機会が少なく、それどころからスーパーに陳列されているものの中には若干劣化がみられるものも多いことからあまおうの真価を体験したことがないのも要因のひとつ。 その点においてはあまおうは西日本の方にとってはスカイベリーやきらぴ香といった今回の上位品種よりも美味しく感じやすい品種かもしれませんね。 いちごの品種別の味の違いとランキングのまとめ 今や戦国時代とも揶揄れる苺業界では常に新しい品種が生み出され、 次世代のとちおとめやあまおうの座を狙って味わいやストーリーにまで演出を行っています。 一方で 長い栽培経験を活かしたとちおとめなどの主要品種は味にばらつきこそあるものの、美味しい生産者に出会えれば他をよせつけないクオリティを誇ることも・・・。 いちご一つとっても楽しみ方はそれぞれですが、スーパーなどの量販店で購入する場合は品種重視、生産の者の顔が見えるお店なら生産者重視でいちごを選ぶと、感動的ないちごとの出会いに恵まれるかもしれません。 ぜひ美味しいいちごとの出会いに挑戦してみてください。 CHECK! 当サイトではフルーツ通販に をオススメしています。 最高レベルの旬のフルーツのみを扱う非常に信頼度の高い通販サイトで筆者もよく利用しています。 フルーツを通販するのに抵抗のある人も多いと思いますが、ナマモノだからこそ管理がしっかりしているお店から仕入れたいところです! はその時の旬のものしか販売していないのでお目手当のフルーツが手に入るかはわかりませんが、贈答用や日々の贅沢にとぜひチェックしたいフルーツ通販サイトです。 余ったいちごはぜひ手作りシロップにしてみましょう! 意外と知らない正しいいちごの保存法を身に付けましょう。 当ブログではフルーツオタクの筆者がさまざまなフルーツについてお役立ち情報などを記事に執筆しています。 ぜひご覧ください。 bollet Amazonでの買い物の機会が多い方はいちどAmazonチャージでAmazonギフト券で買い物するのがオススメ。 じつはいま 現金で5000円以上チャージするとチャージ額の最大2. 特にプライム会員だともらえるポイントが多くなるので、とよりおいしいです 1ヶ月の無料お試し期間中でも適用! で初回チャージのさいに1000円分のポイントまでついてきます。 現金払いなどいくつかチャージするさいの注意点はありますが、Amazonで買い物される方はメリットしかないのでぜひチェックしてみましょう。

次の