中川 みどり。 中川李枝子 みどり保育園で園長がこだわったこと (1/3) :日経DUAL

中川李枝子 みどり保育園で園長がこだわったこと (1/3) :日経DUAL

中川 みどり

に続いて、読者からの質問に答えて、中川李枝子さんが保育士を務めていたみどり保育園のお話をうかがいます。 話を聞いているうちに見えてきたのは、園長先生の自由な発想と信念でした。 ブランコやすべり台はなまけ者を作る!? みどり保育園はずっと無認可の保育園だったそうですが。 認可を取ると、いろいろと面倒な決まりがあるんですよ。 「遊具の指定」とか。 みどり保育園にはブランコも滑り台もありません。 余計な遊具は必要ない、というのが天谷保子園長の考えでした。 「ブランコやすべり台は、なまけ者を作る!」と。 ブランコは座って揺れているだけだし、すべり台も登ってすべるだけ。 その代わり、天谷先生は庭半分を砂場に作り替えました。 広い砂場で、子どもたちは裸足で遊んでいましたね。 本格的なプールも作りました。 あとは足腰を鍛えるのに、登り棒と網を組み合わせた遊具を置きました。 知ってます? 砂場を維持するのって大変なんですよ。 子どもたちが遊んでいると、砂ってポケットや靴の中に入ったりするでしょう。 そして、そのまま家に帰っちゃう。 そうしているうちに、どんどん砂場の砂が減ってしまうんです。 だから、みんなに 「砂を家に持って帰らないで」って(笑)。 お母さんもポケットに砂が入っていると洗濯が大変でしょうが、保育園だって困るんです。 そこで、お母さん達には子どもが着るスモックにポケットをつけないようお願いした(笑)。 それでも砂が減るので見かねた建設会社に勤めている園児のお父さんが、ダンプカー1台分の砂をプレゼントしてくださって助かりました。 でもそれより何より、自由に走り回れる遊び場の確保です。 近くに300坪の空き地があったんです。 ある大企業所有の土地でした。 天谷先生が本社の社長さんのところへ直接伺って、自由に使わせてもらえるようになりました。 天谷先生の行動力は見上げたものです。 何事も子どものために良かれとなれば、即実行するのです。 空き地があれば、おもちゃなんか必要ない。 子どもって、広い場所が大好き。 毎朝子どもたちと走るんです。 ただ走るの。 ちょうどクロっていう犬がいたので、犬も一緒に走りました。 「ほら、クロちゃんに負けないで!」なんて声をかけながら。 子どもって、走るのが好きなのよね。 意味もなく走り出す。 どの子も自分が一番速いと自信満々。 「一等!」と叫びながら気のすむまで走ると、落ちついてきます。 とにかく、子どもは外で遊ぶのが大好き。 遊び場がどういうものかは、保育園を選ぶときに大事なことと思います。 天谷先生と私と、もう1人の若い先生は、体育科を卒業したスポーツウーマンでした。 体を動かすことは何でも得意で、特に陸上で中学生短距離記録保持の経歴があったから、走るときの格好がとても美しくてね。 子どもたちへの教え方は、口より先に体が動いて子どもをパッと惹きつける。 魅力的な先生でした。 ほかにも、特にお願いしたのは音楽と絵の専門家。 音楽は私の友人で幼児の音感教育の先生・熊谷隆子さんに、絵は美術家のうちの夫(中川さんのご主人は画家・中川宗弥さん)に、年長、年中クラスの子たちだけ週1度みてもらいました。

次の

割烹 中川(桐生市・みどり市/和食)<ネット予約可>

中川 みどり

人物 [ ] 松戸市立常盤平中学校、を経てを卒業後、入局。 アナウンサー業務20年間の内、その約半分を関西の放送局で過ごしていることもあり、自身のプロフィールでも大阪は第二の故郷と書いている。 また、京都局勤務当時には公式サイトには本籍地はとも書いていた。 現在の担当番組 [ ]• :案内役(不定期)• :偶数月曜日• :司会(2019年11月10日から。 (1994年4月-1995年3月)• (大阪発)• 『』ナレーション(1998年10月5日~1999年4月3日)• 連続テレビ小説『』107話(あすかを紹介する劇中テレビ番組のインタビュアー 役)• (2000年度)• (2003年2月16日~2004年3月25日)- 司会• (2004年6月7日・8日)- 休業していたアナウンサーに代わり2日間のみ司会を務めた。 サブタイトルは「NHKのアナウンサーのみなさんといっしょ」。 進行役(2006年4月 - 2009年3月)• また、番組ホームページでフォトブログを連載した。 「お好み寄席」司会(2009年3月まで)• 「お好み寄席」司会(2009年3月まで)- 「お好み寄席」は独立番組となった後も担当• 第5週の古典芸能枠進行役(2009年3月まで)• 芸術劇場 古典芸能枠進行役(2009年10月23日)- 後任のアナウンサーが病気療養時に、代わって進行を担当。 グリーン盤(2011年5月3日)- 放送日が5月4日(3日深夜)のであったため、緑にちなんで出演。 進行役 (2014年4月~2017年3月)• (2015年1月~12月) 花燃ゆ紀行 語り• (ラジオ中継(と共に))()(2015年12月31日)• 原文朗読担当• (2016年11月6日〜2016年11月20日 全3回) 脚注 [ ].

次の

50歳、元主婦の挑戦!デンマークへ移住し、納豆屋になりたい!(中川みどり 2018/04/23 公開)

中川 みどり

恋人のいるデンマークへ移住し、起業したい! はじめまして、沖縄在住の中川みどりと申します!私は、今年2月まで、で働いていました。 そこで、彼らがクラウドファンディングで頑張る姿に触発され、自分も夢のために一歩踏み出したい!と思うようになり、今回挑戦する決意をいたしました。 離婚を経験し、2人の子供を育ててきた私は今年で50歳になりますが、デンマークにかれこれ3年半も超遠距離交際をしている恋人がいます。 彼とは、まるで文通のような交際を遠く離れながらもインターネットを通じて続け、彼の住むデンマークに移住し、起業する夢を心の中で育ててきました。 ところが、デンマークへの移住は何かと難しいことがあるとわかりました。 以下に引用して、その実情をご紹介します。 「(デンマークでは)アジア、中東からの急激な移民増加を受けて社会問題が発生した影響で、欧州一とも言われる厳格な移民法が成立して施行されている。 現在、デンマークへの新規移住は不可能ではないが難易度が高いとされる。 (中略)未だに寛容な受け入れ対策をするスウェーデン と違い、ノルウェー やフィンランドと同様に安易な移民受け入れに反対する政党が政権へ影響力を持っている」(引用元:「デンマーク」Wikipedia) 私が今回挑戦するプロジェクトは、その難易度が高いとされる新規移住のための第一歩。 ゆくゆくはデンマークで起業するためにも、まずはデンマーク語と文化の知識を修得します。 そのために、デンマークへの語学留学費用をクラウドファンディングで集めたいと考えています。 ご支援ご協力のほど、心よりよろしくお願いいたします。 私が彼と知り合うきっかけとなったイベント(世界サンタクロース会議in天草)のカレンダーです デンマークに住んで、どんな仕事をするか? デンマークに移住したら何をして暮らそうか……そのことをずっと考えていました。 私は主婦を長年やってきましたし、料理をすることは楽しくて好きです。 若い頃は自給自足を目指して、いろんな加工食品づくりに挑戦してきました。 そして50歳になる上で、そろそろ更年期障害なんてこともあるわけですが、その予防と対策に納豆が良いらしい!と知ったのです。 調べてみると、納豆は実に優れた食物で、様々な栄養に富んでいます。 例えば、骨を丈夫にしたり、肩こりや疲労を取り除き、整腸効果もあるそうです。 ところで、我が国における伝統食といえる豆腐や醤油などは、和食ブームということで、既に世界中から注目を浴びています。 しかし、同じ発酵食品でありながら、まだ多くの外国人から敬遠されてしまっている納豆には、「裏を返せば、チャンスがあるんじゃないか!?」と私は思い、起業する決意をしました。 そのためにも、まずは、どうしても必要となる現地の言語習得のため、今回のプロジェクトを立ち上げたのです。 自作の納豆たまごチャーハン 皆様からいただいたご支援で、まずはデンマーク語を学びます。 今回のプロジェクトでは、皆様からご支援をいただき、まずはデンマーク語とデンマーク文化を学べる学校に入学します。 期間は8月から12月の5ヶ月間で、全寮制のノーフュンス・ホイスコーレで学ぶことが決まっています。 「毎日デンマーク語という日常環境になれることから始まり、寮生活を通して自然にデンマーク語を学ぶことができます。 読み書き、話せるようになるだけではなく、デンマーク人の考え方やデンマークの社会、文化、歴史、政治、社会保障などについても学ぶことができます」(引用元:ノーフュンス・ホイスコーレのHP) 実は私、英語はあまり得意ではありません。 しかし、このノーフュンス・ホイスコーレには日本人スタッフが何人もいらっしゃいます。 ゆえに、安心感も大きいため、そのことがこの学校を選んだ決め手となりました。 昨年夏に彼からもらったプレゼント 無い無いづくしでも頑張れる!そんな証明がしたい! 「もう若くない」「資金がない」 「勇気がない」「自信がない」 「能力がない」「運がない」 人間はとにかくできない理由を見つけては、夢の実現を自らストップさせてしまいがちです。 私もまたそんな無い無い尽くしで50年!ずっとそんな調子で諦めばかりの人生を歩んできました……。 そんな私だからこそ、「願い続けて行動を起こせば、誰でも夢の実現は可能なんだ!」ということを、このプロジェクトの成功で証明できたらいいなと思っています。 どうか、皆様のお力を貸してください。 何卒よろしくお願いいたします。 是非とも応援よろしくお願いいたします! プロフィール.

次の