パグ と ブルドッグ。 【楽天市場】パグ:Buhheeees

パグとフレンチブルドッグの違いってなに?価格、性格、特徴の違いについて解説

パグ と ブルドッグ

それぞれの原産国と歴史 <パグ> パグは、紀元前2000年頃にはアジアで存在したといわれている、 中国を原産国とする最も古い犬種の1つです。 元々は現在ほど小柄な犬種ではなく、チベタン・スパニエルやペキニーズとの交配を重ねることで小型化されたといわれています。 1500年代に入りヨーロッパに渡ると、王侯貴族の寵愛を受け王室のシンボルになるほどの人気を博しました。 19世紀にはアメリカへと伝わり、1885年にアメリカンケネルクラブの公認に。 そして20世紀、戦中から戦後の1900年代前半になり、パグは愛玩犬として日本へとやってきました。 <ブルドッグ> ブルドッグは イギリス原産の犬種で、1630年代に独立した犬種として分類されました。 ブルドッグの起源は、「ブルベイティング(牛に噛みつく)」という競技のために、マスティフ系の犬種を改良したのが始まりとされています。 こうした背景からも分かるように、何よりも強さを求めて改良が加えられたことで、現在のような姿になりました。 当時のブルドッグは、現在よりも体重が重く60㎏近くもあり、性格も獰猛かつ攻撃的だったといわれています。 しかし、この「ブルベイティング」という競技は、動物愛護の観点から1835年に禁止されることとなり、存在理由を失ったブルドッグは一時絶滅の危機に瀕してしまいます。 その後、絶滅を危ぶんだ一部の愛好家たちが、犬種存続のため時代に合った愛玩犬へとブルドッグを改良していきました。 こうして、現在良く知られるブルドッグの姿になりました。 まとめ 短頭種でシワの多い犬種は、良くパグに間違われてしまいます。 顔だけ見ていると特徴が似ているので無理はないかもしれません。 しかし、それぞれの特徴を理解すれば見分けられるようになるでしょう。 パグの特徴や性格、飼い方など、基本的な情報については下記ページでご覧いただけます。 まずはパグがどんなワンちゃんなのか理解すると、分かりやすいのではないでしょうか。 パグを飼うことを検討中であれば、ブリーダーからお迎えするという選択をおすすめしています。 ブリーダーなら、パグの飼い方について丁寧に説明してくれますし、お迎えした後でも悩みや疑問などの相談に乗ってくれる心強い味方になってくれますよ! 下記の「パグの子犬を探す」ボタンからは、ブリーダーナビに掲載しているパグの子犬をご覧いただけます。 選りすぐりの可愛いワンちゃんたちを、ぜひ覗いてみてください。

次の

パグ

パグ と ブルドッグ

18世紀のイギリスには囲いの中で犬が雄牛を追い立てる様子を見るというブルバイティングという娯楽がありました。 これは「牛いじめ」とも呼ばれています。 そこで活躍していたのがブルドッグです。 鎖につながれているとはいえ、自身の何倍もの大きさの牛の鼻に数匹の犬が噛みつき、殺していたのです。 最初の頃はマスティフという体重80キロもの大型犬が活躍していたのですが、多額の賞金目当てに改良を重ねて生み出されました。 特徴的なつぶれた鼻も牛に噛みついた状態で呼吸が楽に出来るようにという目的のためです。 1835年になるとその残酷な娯楽、ブルバイティングは禁止されました。 需要がなくなったブルドッグは絶滅寸前に追い込まれたものの、そのユニークな外見から飼い犬として扱いやすいよう改良を加えられながら現在に至ります。 特徴的な姿と忠実で愛想の良い性格で現在も世界中の愛犬家に親しまれる犬です。 ただあまりに顔に特徴を残そうという異常な改良を続けたため、帝王切開でしか出産できなかったり、病気になりやすいなど弱点も出てきています。 パグの歴史や特徴・由来について しわだらけでブルドッグとよく似た見た目を持つパグですが、そのルーツはブルドッグとは異なります。 紀元前400年以前には中国王室で飼われていたとされ、とても歴史の長い犬なのです。 ただあまりに昔なので、その歴史ははっきりとは分かっていません。 その後、オランダ東インド会社によってヨーロッパに渡り、オランダ王室では王家公認の犬となり王の肖像画にも描かれるほど寵愛されました。 フランスではナポレオンの妻・ジョゼフィーヌにかわいがられています。 ヴィクトリア朝時代にはイギリスにわたり、ここでも裕福な愛犬家を中心に人気となっています。 1885年にはアメリカでも犬種認定され、いまや世界中で愛されています。 冷静で威厳あるその性格は富裕層とともに生きてきたゆえの姿でしょう。 元々ヨーロッパでいた犬はマズルが長いものが主流だったので、つぶれたようなその顔の愛らしさに魅了されたのでしょう。 その名前は外観が握りこぶしに見えることからラテン語のこぶし・プグニュスが由来とされたり、マーモセットというサルの別名・パグモンキーと似ているからという説もあります。 2つの犬種の見た目や飼い方の違いについて 見た目が似ている両者ですが、大きさは異なります。 ブルドッグは中型犬に、パグは小型犬に分類されます。 ブルドッグは、闘犬だったため顔や体つきは獰猛ですが、改良が重ねられた今やとても温厚な性格となっています。 子供がいる家でも安心して飼うことができます。 むしろ外見に反して繊細で華奢なので室外で飼うことは難しかったりします。 多彩な毛色で、黒を基調にしたものや白基調のものなどさまざまな中から好みの1匹を見つけ出すことができるでしょう。 一方、パグは赤みかかった色・シルバー・フォーン・ブラックなどが一般的です。 後頭部から尻尾にかけては黒い線が伸びています。 がっしりしたからだやしわだらけの顔・つぶれた鼻は同じですが、飛び出した大きな目が特徴的です。 そのため表情豊かで愛嬌があります。 ブルドッグ同様、暑さに弱いので室内飼いがよいでしょう。 お散歩の時には目が傷つきやすいので注意が必要です。 どちらも他の犬種より手間はかかりますが、愛らしく愛嬌あふれる外観とかわいらしさで皆に愛されているのです。 特に夏の暑い時期は注意してあげましょう。 — おすすめ記事 —.

次の

【楽天市場】パグ:Buhheeees

パグ と ブルドッグ

それぞれの原産国と歴史 <パグ> パグは、紀元前2000年頃にはアジアで存在したといわれている、 中国を原産国とする最も古い犬種の1つです。 元々は現在ほど小柄な犬種ではなく、チベタン・スパニエルやペキニーズとの交配を重ねることで小型化されたといわれています。 1500年代に入りヨーロッパに渡ると、王侯貴族の寵愛を受け王室のシンボルになるほどの人気を博しました。 19世紀にはアメリカへと伝わり、1885年にアメリカンケネルクラブの公認に。 そして20世紀、戦中から戦後の1900年代前半になり、パグは愛玩犬として日本へとやってきました。 <ブルドッグ> ブルドッグは イギリス原産の犬種で、1630年代に独立した犬種として分類されました。 ブルドッグの起源は、「ブルベイティング(牛に噛みつく)」という競技のために、マスティフ系の犬種を改良したのが始まりとされています。 こうした背景からも分かるように、何よりも強さを求めて改良が加えられたことで、現在のような姿になりました。 当時のブルドッグは、現在よりも体重が重く60㎏近くもあり、性格も獰猛かつ攻撃的だったといわれています。 しかし、この「ブルベイティング」という競技は、動物愛護の観点から1835年に禁止されることとなり、存在理由を失ったブルドッグは一時絶滅の危機に瀕してしまいます。 その後、絶滅を危ぶんだ一部の愛好家たちが、犬種存続のため時代に合った愛玩犬へとブルドッグを改良していきました。 こうして、現在良く知られるブルドッグの姿になりました。 まとめ 短頭種でシワの多い犬種は、良くパグに間違われてしまいます。 顔だけ見ていると特徴が似ているので無理はないかもしれません。 しかし、それぞれの特徴を理解すれば見分けられるようになるでしょう。 パグの特徴や性格、飼い方など、基本的な情報については下記ページでご覧いただけます。 まずはパグがどんなワンちゃんなのか理解すると、分かりやすいのではないでしょうか。 パグを飼うことを検討中であれば、ブリーダーからお迎えするという選択をおすすめしています。 ブリーダーなら、パグの飼い方について丁寧に説明してくれますし、お迎えした後でも悩みや疑問などの相談に乗ってくれる心強い味方になってくれますよ! 下記の「パグの子犬を探す」ボタンからは、ブリーダーナビに掲載しているパグの子犬をご覧いただけます。 選りすぐりの可愛いワンちゃんたちを、ぜひ覗いてみてください。

次の