昼神温泉 宿 ランキング。 鬼怒川温泉旅館・ホテル・宿|おすすめランキング【JTB】

鬼怒川温泉旅館・ホテル・宿|おすすめランキング【JTB】

昼神温泉 宿 ランキング

石苔亭いしだ なかなか表舞台に登場せず、あまり騒がれることの無かった昼神温泉だが、最近テレビや雑誌でその名が登場する機会が増え、個人的には嬉しく思っている。 なんせここのph値の高いアルカリ性の硫黄泉は、男ながらにツルツル・スベスベで、入っていて嬉しくなる湯だからで、なぜに人気がでないのか不思議に思っていた。 そんな昼神温泉でおすすめしたい宿が、「和」の真髄、「和」の粋、「和」の心が随所に感じとれる、究極の「和」の宿である「石苔亭いしだ」だ。 本格的な造りを見せる平屋の建物は、「和」を感じる数寄屋造りであるのは当然のこと、茅葺き屋根の茶室や、情緒豊かな庭園、天然石をふんだんに使った洞窟風岩風呂、館内に置かれた調度品の数々と「和」の演出が続く。 だがこれにとどまらないのがこの宿の凄さで、なんと総桧造りの能舞台まで登場するわけで、日本建築の良さを今に伝え、日本情緒を限りなく表現した素晴らしい宿となっている。 「和」を尊ぶ人はもちろんのこと、昔ながらの日本の美に触れたい外国人などは泣いて喜ぶのでは…と思うほど「和」へのこだわりが随所に見られる。 それは足元灯に照らされた、丹念に打ち水された玄関先ですでに感じ取れるほどで、背後にそびえる網掛山の四季の移ろいまでが、この宿を一層風雅なものへと変えていく。 そんな宿でいただく、美人の湯と誉れ高い昼神温泉の湯は格別で、泉質や湯舟の造りがどうのこうのというものを超越した心地良さがここにある。 夕食には、吟味された素材と一流の職人技が光る信州会席料理が登場するが、それ以上にインパクトがあるのが朝食に出される、もはや「石苔亭いしだ」の名物とも言える「31膳」だ。 彩りも鮮やかで、視覚からくる驚きに眠気が一気に吹っ飛ぶわけだが、もちろん見た目だけで褒め称えているわけではない。 見た目のインパクトに違わぬほどに、味も秀逸なのである。 この朝食目当てに訪れる方もいると言うから驚きである。 夕食目当ての旅館は多くとも、朝食となると高級シティホテルのバイキング以外ではそうは耳にしない。 凄いことだ。 若い頃はあまり興味もなかった日本の伝統や美意識だが、歳とともに懐かしさもプラスされて理解できてくるわけで、年々「和」に惹かれていく自分がいるが、「和」の宿というものが、これほどまでに日本人の心をくすぐり、すべてを変えていってしまうものなのか…と、正直魔法にでもかかたような心持ちにさせてくれるのが、この「石苔亭いしだ」だ。 若いカップルには難しいかもしれないが、みなさんにも「和」づくしの「石苔亭いしだ」で、「和」づくしの至福のひと時を過ごして頂きたいと素直に思うのである。 温泉の鮮度だけで言えば、他に紹介したい宿もあるが、一夜を過ごすということはそれだけではないわけで、この「石苔亭いしだ」が持つ魅力を、存分に味わってほしいのである。 昼神温泉を一望する高台に建つ、小さな宿だからこそできる隅々まで行き届いたおもてなしが魅力の温泉宿。

次の

お知らせ

昼神温泉 宿 ランキング

この記事の目次• 石苔亭いしだ 昼神温泉街を流れる阿知川沿いに佇む「石苔亭いしだ」。 総平屋建ての純和風旅館で、門をくぐり抜けると総檜造りの能舞台が迎えてくれます。 客室は、狂言の演目名が付けられており、それぞれ趣の異なる伝統の空間を演出。 温泉は、巨岩や奇岩を配した露天風呂や大浴場で美肌の湯を。 食事は、月ごとに替わる信州会席料理を味わうことができます。 名称 石苔亭いしだ せきたいていいしだ 住所 長野県下伊那郡阿智村智里332-3 電話 0265-43-3300 HP 石苔亭いしだ 宿泊プラン 2. 昼神の棲 玄竹 大正浪漫をコンセプトとした温もりの宿「昼神の棲 玄竹」。 館内では、艶をまとった年代物の床や柱があたたかな木のぬくもりを感じさせてくれます。 客室は、露天風呂と庭園の付いたプライベート感たっぷりの離れが人気。 温泉は、美人の湯と称されるトロリとしたお湯を、広々とした露天と内湯で。 食事は、信州の山の幸にこだわり、一品一品を丁寧に仕上げた創作和食を堪能することができます。 名称 昼神の棲 玄竹 ひるがみのすみか くろたけ 住所 長野県下伊那郡阿智村智里331-8 電話 0265-43-5111 HP 昼神の棲 玄竹 宿泊プラン 3. ホテルはなや 昼神温泉の高台に佇む「ホテルはなや」。 眼下には情緒溢れる温泉街、晴れた日には遠くに南アルプスを望める絶好のロケーションにあります。 客室は、眺望抜群の特別室や数寄屋造りの離れ、和洋室などタイプの異なる20室。 食事は、極上の信州牛や四季折々の山菜を贅沢に使った日本料理。 温泉は、庭園を一望できる露天風呂や20畳もの大浴場、無料の貸切風呂で美人の湯を思う存分楽しむことができます。 名称 ホテルはなや 住所 長野県下伊那郡阿智村智里530-1 電話 0265-43-2700 HP ホテルはなや 宿泊プラン 4. 日長庵 桂月 料理自慢の本格和風旅館「日長庵 桂月」。 館内は、情緒豊かな数寄屋造りの空間です。 客室は、10畳~12. 5畳の3タイプ。 特に最上階の露天風呂付客室が人気です。 温泉は、総高野槇造りの大浴場と露天風呂でトロトロの昼神の湯を。 老舗料亭を姉妹店に持つ桂月は料理が自慢。 信州で選りすぐりの食材を、料亭の技で仕立てた月替わりの会席料理を味わうことができます。 名称 日長庵 桂月 にっちょうあん けいげつ 住所 長野県下伊那郡阿智村智里425 電話 0265-43-3500 HP 日長庵 桂月 宿泊プラン.

次の

お知らせ

昼神温泉 宿 ランキング

石苔亭いしだ なかなか表舞台に登場せず、あまり騒がれることの無かった昼神温泉だが、最近テレビや雑誌でその名が登場する機会が増え、個人的には嬉しく思っている。 なんせここのph値の高いアルカリ性の硫黄泉は、男ながらにツルツル・スベスベで、入っていて嬉しくなる湯だからで、なぜに人気がでないのか不思議に思っていた。 そんな昼神温泉でおすすめしたい宿が、「和」の真髄、「和」の粋、「和」の心が随所に感じとれる、究極の「和」の宿である「石苔亭いしだ」だ。 本格的な造りを見せる平屋の建物は、「和」を感じる数寄屋造りであるのは当然のこと、茅葺き屋根の茶室や、情緒豊かな庭園、天然石をふんだんに使った洞窟風岩風呂、館内に置かれた調度品の数々と「和」の演出が続く。 だがこれにとどまらないのがこの宿の凄さで、なんと総桧造りの能舞台まで登場するわけで、日本建築の良さを今に伝え、日本情緒を限りなく表現した素晴らしい宿となっている。 「和」を尊ぶ人はもちろんのこと、昔ながらの日本の美に触れたい外国人などは泣いて喜ぶのでは…と思うほど「和」へのこだわりが随所に見られる。 それは足元灯に照らされた、丹念に打ち水された玄関先ですでに感じ取れるほどで、背後にそびえる網掛山の四季の移ろいまでが、この宿を一層風雅なものへと変えていく。 そんな宿でいただく、美人の湯と誉れ高い昼神温泉の湯は格別で、泉質や湯舟の造りがどうのこうのというものを超越した心地良さがここにある。 夕食には、吟味された素材と一流の職人技が光る信州会席料理が登場するが、それ以上にインパクトがあるのが朝食に出される、もはや「石苔亭いしだ」の名物とも言える「31膳」だ。 彩りも鮮やかで、視覚からくる驚きに眠気が一気に吹っ飛ぶわけだが、もちろん見た目だけで褒め称えているわけではない。 見た目のインパクトに違わぬほどに、味も秀逸なのである。 この朝食目当てに訪れる方もいると言うから驚きである。 夕食目当ての旅館は多くとも、朝食となると高級シティホテルのバイキング以外ではそうは耳にしない。 凄いことだ。 若い頃はあまり興味もなかった日本の伝統や美意識だが、歳とともに懐かしさもプラスされて理解できてくるわけで、年々「和」に惹かれていく自分がいるが、「和」の宿というものが、これほどまでに日本人の心をくすぐり、すべてを変えていってしまうものなのか…と、正直魔法にでもかかたような心持ちにさせてくれるのが、この「石苔亭いしだ」だ。 若いカップルには難しいかもしれないが、みなさんにも「和」づくしの「石苔亭いしだ」で、「和」づくしの至福のひと時を過ごして頂きたいと素直に思うのである。 温泉の鮮度だけで言えば、他に紹介したい宿もあるが、一夜を過ごすということはそれだけではないわけで、この「石苔亭いしだ」が持つ魅力を、存分に味わってほしいのである。 昼神温泉を一望する高台に建つ、小さな宿だからこそできる隅々まで行き届いたおもてなしが魅力の温泉宿。

次の