クジラ の おなか から プラスチック。 海のプラスチックごみ問題がよくわかる本・雑誌まとめ

私たちも「プラスチックゴミ」を食べている 『クジラのおなかからプラスチック』

クジラ の おなか から プラスチック

『クジラのおなかからプラスチック』 高橋 美徳 美人タレントが美しい海岸で人魚を演じているエステ店のCMを見た。 画像の中にプラスチックによる海洋汚染の短い2カットが挿入されていた。 1950年代から作られ始めた様々な種類のプラスチックは、その利便性からたちまち私たちの生活の中に溢れ、今やプラスチック製品の無い生活は考えられない。 軽くて丈夫でどんな形にも成形できる化学合成素材であるが、ひとたびゴミとなった時これ程の厄介者は無い。 焼却や埋め立て、リサイクルされなかったプラスチックは、風で運ばれたり川に流されたりで結局海に行き着く。 大きなプラゴミは景観を損ねるだけでなく、紫外線によって徐々に細かく砕かれマイクロプラスチックとなっていき、長年月を経ても完全には分解されない。 『クジラのおなかからプラスチック』は小学生向けに書かれていて、表紙や挿絵も可愛く平易な内容でわかりやすい。 サイエンスライターの著者は、将来の地球を真剣に心配して、行動を起こしてくれる読者として小学生を選んだ。 巻頭のプラスチック製の魚網に絡まったウミガメやポリ袋が纏わりついたシュバシコウの写真は人類の罪深さを我々に突きつける。 波間に漂うポリ袋は、クラゲにそっくりだ。 ウミガメやペンギンは餌としてクラゲを食べているので、間違えて飲み込んでしまう。 弱って死んだクジラの胃から80枚ものプラスチック袋が出てきて、死亡原因はポリ袋によって生じた吸収障害だろうと推定された。 小さくちぎれて5ミリメートル以下となったものをマイクロプラスチックと呼び、化粧品や洗顔料に含まれる1ミリメートル以下のマイクロビーズというプラスチックもある。 日本周囲の海は世界海洋の27倍のプラスチック濃度だそうだ。 自国からの汚染もあるが、隣国からの流入も相当量にのぼると考えられる。 東京湾で採れたカタクチイワシの8割の体内からマイクロプラスチックが見つかっており、結局ヒトに摂取されることになる。 プラスチックには有害物質が添加されていたかもしれないし、海でさまざまな有害物質を吸着している可能性もある。 ヒトに対する実害は未解明であるが、内分泌撹乱物質となる可能性が指摘されている。 現状のままプラスチックを作り続けていけば、2050年には海の魚重量をプラスチックゴミ重量が超えると推定されている。 世界主要国は2018年6月に「海洋プラスチック憲章」をまとめ、各国の努力目標を定めたが、日本と米国はこれに署名しなかった。 遅ればせながら日本も2019年4月からの使い捨てプラ削減基本方針をようやく閣議決定した。 使い捨てプラ生産を減らし、生分解性プラへ転換し、リサイクル率を上げる努力をしていかなければならない。 海洋に拡大してしまったプラスチックの回収は困難なので、今後の流出をとにかく減らしていかなくてはならない。 2016年3月、サイエンス誌にPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌が大阪府堺市のPETリサイクル工場のサンプルから見つかり、イデオネラ・サカイエンシスと名付けたとの記事が掲載された。 さらに2018年4月にはこの細菌を研究して米英チームが新種のプラスチック分解酵素を発見している。 今後のプラスチック分解研究発展からも目が離せない。 美しい海を次世代に引き継いでいくために、それぞれの最初の一歩を踏み出す時期に来ている。

次の

クジラのおなかからプラスチックの通販/保坂 直紀

クジラ の おなか から プラスチック

『クジラのおなかからプラスチック』 高橋 美徳 美人タレントが美しい海岸で人魚を演じているエステ店のCMを見た。 画像の中にプラスチックによる海洋汚染の短い2カットが挿入されていた。 1950年代から作られ始めた様々な種類のプラスチックは、その利便性からたちまち私たちの生活の中に溢れ、今やプラスチック製品の無い生活は考えられない。 軽くて丈夫でどんな形にも成形できる化学合成素材であるが、ひとたびゴミとなった時これ程の厄介者は無い。 焼却や埋め立て、リサイクルされなかったプラスチックは、風で運ばれたり川に流されたりで結局海に行き着く。 大きなプラゴミは景観を損ねるだけでなく、紫外線によって徐々に細かく砕かれマイクロプラスチックとなっていき、長年月を経ても完全には分解されない。 『クジラのおなかからプラスチック』は小学生向けに書かれていて、表紙や挿絵も可愛く平易な内容でわかりやすい。 サイエンスライターの著者は、将来の地球を真剣に心配して、行動を起こしてくれる読者として小学生を選んだ。 巻頭のプラスチック製の魚網に絡まったウミガメやポリ袋が纏わりついたシュバシコウの写真は人類の罪深さを我々に突きつける。 波間に漂うポリ袋は、クラゲにそっくりだ。 ウミガメやペンギンは餌としてクラゲを食べているので、間違えて飲み込んでしまう。 弱って死んだクジラの胃から80枚ものプラスチック袋が出てきて、死亡原因はポリ袋によって生じた吸収障害だろうと推定された。 小さくちぎれて5ミリメートル以下となったものをマイクロプラスチックと呼び、化粧品や洗顔料に含まれる1ミリメートル以下のマイクロビーズというプラスチックもある。 日本周囲の海は世界海洋の27倍のプラスチック濃度だそうだ。 自国からの汚染もあるが、隣国からの流入も相当量にのぼると考えられる。 東京湾で採れたカタクチイワシの8割の体内からマイクロプラスチックが見つかっており、結局ヒトに摂取されることになる。 プラスチックには有害物質が添加されていたかもしれないし、海でさまざまな有害物質を吸着している可能性もある。 ヒトに対する実害は未解明であるが、内分泌撹乱物質となる可能性が指摘されている。 現状のままプラスチックを作り続けていけば、2050年には海の魚重量をプラスチックゴミ重量が超えると推定されている。 世界主要国は2018年6月に「海洋プラスチック憲章」をまとめ、各国の努力目標を定めたが、日本と米国はこれに署名しなかった。 遅ればせながら日本も2019年4月からの使い捨てプラ削減基本方針をようやく閣議決定した。 使い捨てプラ生産を減らし、生分解性プラへ転換し、リサイクル率を上げる努力をしていかなければならない。 海洋に拡大してしまったプラスチックの回収は困難なので、今後の流出をとにかく減らしていかなくてはならない。 2016年3月、サイエンス誌にPET(ポリエチレンテレフタレート)を分解する細菌が大阪府堺市のPETリサイクル工場のサンプルから見つかり、イデオネラ・サカイエンシスと名付けたとの記事が掲載された。 さらに2018年4月にはこの細菌を研究して米英チームが新種のプラスチック分解酵素を発見している。 今後のプラスチック分解研究発展からも目が離せない。 美しい海を次世代に引き継いでいくために、それぞれの最初の一歩を踏み出す時期に来ている。

次の

私たちも「プラスチックゴミ」を食べている 『クジラのおなかからプラスチック』

クジラ の おなか から プラスチック

プラスチックに関係するニュースが増えてきた。 2018年11月には、インドネシアでマッコウクジラの死骸の胃から、プラスチック製のカップ115個とポリ袋25枚など、6キロ近くのプラスチックごみが見つかった。 同じような話は6月にもあった。 タイの海岸に打ち上げられたクジラの胃から80枚を超えるプラスチックの袋が出てきた。 重さは何と8キロもあったという。 アフリカゾウ14億頭分 あの巨大なクジラが、何とも簡単に、私たちが普段から使っているレジ袋などを飲み込んで死んでしまう。 人間にとって便利な袋が、クジラにとってはある種の凶器に早変わりする。 そんな時代に生きているということを改めて知らされる。 本書『クジラのおなかからプラスチック』(旬報社)は極めてタイムリーな一冊だ。 話題の「海洋プラスチックごみ問題」がいちばんよくわかる本! というキャッチコピーが付いている。 著者の保坂直紀さんは東京大学理学部地球物理学科卒業。 同大大学院で海洋物理学を専攻。 1985年読売新聞社に入社。 おもに科学報道にたずさわる。 そのせいか、文章がわかりやすい。 東京大学海洋アライアンス上席主幹研究員を経て現在はサイエンスライターとして、海洋や気象、環境問題などをテーマに執筆している。 著書に『謎解き・海洋と大気の物理』『謎解き・津波と波浪の物理』『びっくり! 地球46億年史』『海まるごと大研究』 講談社 、『これは異常気象なのか? 』『やさしく解説 地球温暖化』 岩崎書店 などがある。 プラスチックは19世紀半ばに発明され、20世紀になって広まった。 今やプラスチックなしの生活は想像できない。 スーパーのレジ袋、食品の包装材料、ペットボトルと何でもかんでもプラスチックだ。 これまでに生産された総量は地球上で83億トンと推定されている。 アフリカゾウ14億頭分だという。 木製ストローが開発された 使い終わってごみになったプラスチックは、埋めたり、燃やしたり、リサイクルしたりする必要があるが、実態として生産量の1. 7~4. 6%が海に流れ込んでいるという。 プラスチックごみは、2050年に海の魚の重量を超えるといわれるそうだ。 ただ海を浮遊しているだけではない。 クジラの例のように、それらが海の生き物を苦しめている。 クラゲなどの餌ではないかと思って飲み込んだりする。 特に最近問題になっているのがマイクロプラスチックだ。 大きさが5ミリ以下の微小なプラスチック。 こちらはプランクトンと間違われて、魚が呑み込んでしまう。 東京湾のカタクチイワシの8割から見つかっている。 食物連鎖でさらに大きな魚に吸収されるから、いつの間にか私たちもマイクロプラスチックを食べていることになる。 G7では2018年6月、「海洋プラスチック憲章」をまとめ、自国でのプラスチックごみの削減に向けて動き出した。 残念ながら日本と米国は署名していないそうだ。 世界的な企業の取り組みも目立ち始めた。 すでにスターバックスは、2020年には使い捨てのストローを止めると発表した。 マクドナルドも紙製のストローへの転換を模索しているそうだ。 日本では木製のストローが開発されたというニュースもあった。 本書は文字が大きく、写真やイラスト、地図も豊富。 小中学校の図書館にはぜひ置いておいておきたい一冊だ。 本欄では類書として、『』(コロナ社)、『』(文一総合出版)なども紹介している。

次の