玉ねぎ 保存 吊るす。 玉ねぎを長期保存するための吊るし方をご紹介します!

新玉ねぎの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説

玉ねぎ 保存 吊るす

玉ねぎにとって湿気は玉ねぎを傷める1番の原因です。 そのため直射日光の当らない、風通しがよく乾燥した場所での乾燥が必須となります。 また、 1つ1つが触れ合わないようにすることが、長持ちの秘訣でもあります。 そこでおすすめしたいのが、ネットやストッキングを使って吊るして保存する方法です。 紐で縛って吊るすこともありますが、縛る手間を考えると、 通気性がよく、かつ袋状になっているので簡単にいれることができ、落ちる心配もないネットやストッキングがベストでしょう。 穴が空いたり、伝線して使えなくなったストッキングやみかんが入っているネットなどがあれば、捨てずに取っておくとお金もかかりません。 ぜひ取っておきましょう。 ネットやストッキング一枚につき、玉ねぎを一個使うのは現実的に難しいので、一枚あたりに複数の玉ねぎを入れることになります。 その場合にも、 一枚あたりに入れる玉ねぎの数はできるだけ少なくするように心がけてください。 3~5個程度がよいでしょう。 出来れば1個入れたら結び目を作り、1個1個に仕切りを設けて、それぞれの空間を作ってあげるように入れます。 そして吊るすときにも、他に吊るしているものと少しずつ高さを変えるなど、重ならないように工夫をすることが大切です。 たくさんの数の玉ねぎを、1個1個ばらばらに吊るす方法としては、1本の紐に複数の玉ねぎをずらして取り付け、それを吊るす方法もあります。 ただし、手間のかかる点がデメリットです。 まず、玉ねぎ1つ1つを新聞紙に包みます。 上述したように、 新聞紙には湿気を吸い取る効果があるため、湿気を苦手とする玉ねぎを新聞紙で包むことは、玉ねぎを湿気から守ることとなります。 しっかりと新聞紙で包んだら、あとは玉ねぎを段ボールやかごに入れ、風通しのよい日陰に置くだけです。 段ボールやかごの中に入れる時の注意点としては、玉ねぎをぎちぎちに入れず、 なるべく隙間を作ることです。 それぞれの玉ねぎがくっついた状態は、風通しが悪く、早々に傷んでしまう原因になるからです。 また、 1個でも腐った玉ねぎがあれば、すぐに取り除くようにしましょう。 玉ねぎの腐ってきた部分は、すぐに他の玉ねぎに伝染します。 放っておくと、あっという間に全て腐ってしまうこともあるので、こまめにチェックが必要です。

次の

たまねぎの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

玉ねぎ 保存 吊るす

Contents• 吊るして干された玉ねぎ 皆さんは、玉ねぎが外に吊るされている光景を目にしたことがありませんか? 家のベランダ、駐車場、庭の軒下などでよく見かけますよね。 先日、散歩をしていると大量の玉ねぎが、なんとまぁ、洗濯物干しスタンドに干してあり驚きました。 玉ねぎを干すのはなぜ? 本来玉ねぎは、他の野菜と同じように収穫後すぐに食べるのが一番美味しいです。 新玉ねぎは水にさらさなくても、辛みなど一切なく、すぐに食べられますよね。 実は、タマネギって、日数の経過に伴い、辛みや渋みがましていくのです。 しかし、そうとわかっていても、大量の玉ねぎを一度に食べれるはずがないですよね・・ d  ̄  ̄ そう!! 玉ねぎを吊るして干すのは保存のためなのです。 風通しの良い、冷暗場に干すことで長期保存が可能なんです。 湿気がなければ数ヶ月は保存できると言われています。 玉ねぎは湿気に強くないため、梅雨時期の保存は気を使いますね。 冷凍させる 湿気が多い時は、タマネギをスライスし、ラップに包んで冷凍保存するのもおすすめです。 ただ、冷凍保存すると、タマネギの魅力でもあるシャキシャキ感がなくなってしまいますので、生で食べることはおすすめしません。 カレーなどのルー料理、オニオンスープなどスープ系に活用すると出来上がりも早く、美味しく食べることができます。 スポンサーリンク 玉ねぎを干すメリット 玉ねぎを干すのは、ただ単に長期保存させるためだけでなく、他にもメリットがあるからなんですよ。 実は、紫外線に当てることでタマネギがケルセチンを分泌するのです。 もともとタマネギは、ケルセチンが含まれていますが干すことで増量するのですよ! 皮を剥いた状態で干すのが良いです。 ケルセチンとは 抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用、強い血管弛緩作用、が報告されているフラボノイドの一種です。 これらの作用が期待できるのなら、長期保存のためだけではなく、ケルセチン増量のためにも玉ねぎを干したいものですね。 玉ねぎの選び方を知ってる? 玉ねぎは箱に入って、ばら売りされていることも多いですよね。 玉ねぎを買うときに気をつけていることってありますか? 良い玉ねぎを選ぶに気をつけたいこと!! ・先述した通り、玉ねぎは湿気に弱いため、茶色い表面がしっかりと乾いていて艶があるものを選びましょう。 ・手に持ったとき、重みのあるものを選びましょう。 重みがあるということは水分を保っているおいしいたまねぎなんですよ。 ・玉ねぎを上部から見て、中央部分を軽く押しても柔らかくないものを選びましょう。 玉ねぎは中心部分から傷むため、柔らかく凹みがあるものは傷んでいる可能性があります。 ・新玉ねぎの場合、特に傷みが早いですよね。 実がかたく、表面に傷のなくて重みのあるものを選びましょう。 玉ねぎを大量にもらったら? 玉ねぎを大量にいただくことがありませんか? そんな時、皆さんはどのように消化していますか? 様々な「玉ねぎ料理ランキング」があるので、それを参考にされている方も多いでしょう。 ちなみに、いくつかご紹介いたしますと・・。 * * * * * * どれも美味しそうなレシピです。 悩んだときには、ぜひご活用くださいね! スポンサーリンク 飴色(あめいろ)玉ねぎ そして、我が家の「玉ねぎ」消化法第一位は「飴色(あめいろ)玉ねぎ」です。 生で使う分を取り分け、残りは全てみじん切りにして飴色たまねぎに変身します。 作り方は簡単 1. みじん切り、または薄切りにします。 鍋にオリーブ油、バターを入れて熱を加え、溶かします。 玉ねぎを投入。 焦がさないよう混ぜながら、中火弱めで 1時間ほど炒め続けます。 火にかけると水分がブワ~ッと出てきますので、その水分を飛ばすように炒めていきます。 水分が減ってくると焦げやすくなるので注意しましょう。 玉ねぎが飴色になったら完成です。 我が家では、冷めたら使う分量ごとラップに包んで冷凍します。 ハンバーグのタネ、カレーやシチュー、オニオンスープ、肉料理のソース、ドレッシングなどに幅広く使えるのでとても重宝します。 冷凍で 1ヵ月ほど保存可能なので、バリエーションを増やすのにも役立ちますよ。 以上、玉ねぎを干す理由から保存方法、調理法までのご紹介でした。 大量にいただいた玉ねぎが傷む前に、ぜひ実践されてみてくださいね!! スポンサーリンク 美味しい情報まとめ 【玉ねぎ】を吊るして干すのはなぜ?その理由と保存方法、料理法などを最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

玉ねぎを吊るしてみたよ。どんな場所がいいの?効果はある?

玉ねぎ 保存 吊るす

またタマネギの話題です。 またかと思わずにお付き合いください。 タマネギを保存するのに数個をまとめて結んでいたのですが、茎が乾燥するにしたがって緩み、よく下に落ちていたんです。 このカーポートの向こうは水田なので、落ちて転がり水の中に漬かっていたということがたびたびありました。 タマネギが乾いても落ちない結び方を教えてもらいました。 このやり方だと乾燥させずに、葉が青い時にやっても大丈夫だそうです。 詳しくいきますね。 1、長めのひもを半分に折り2重にしたもので茎のまわりを回します。 2、片方の輪になっているところに反対側の2本のひもを通します。 3、引っ張ります。 これで締まりますね。 でも、これだけではダメみたいです。 4、さらに、タマネギが4個なら2個づつに分けた真ん中を下側からひもを回し、上に上げます。 (追記 なるべく葉が枯れてから結んだ方がいいです。 重みで締まっていくのですが葉が生っぽいと途中で引っかかり締りが悪いみたいです) わかりましたか? 何がいいって力がまったくいりません。 ひもを輪に通すだけなので簡単。 乾燥するとタマネギ自体の重みでしまっていくので絶対に落ちることはないということ。 腐った時には落ちますけどね。 上に上げたヒモを結び2個で1セットにします。 これを支柱に吊るすのだそうです。 一番最初の写真のタマネギは今までの吊るし方。 教えてもらったやり方は、こんな風に少し長めのひもになります。 家にあった赤タマネギでやってますが、倉庫には大量のタマネギが手付かずのまま残されています。 この方法でやってみよう。 残念なことが1つ。 ビニールのヒモを大量に切っていました。 これでは長さが足りず、もう一度切り直し。 ああ、もったいない。 こんにちわ、Beeさん。 雨降り出しましたか? 早生タマネギは夏まで保存ですが、普通種は来年3月まで持つものもありますよ。 長期保存用のタマネギを選べばね。 今年のBeeさんのタマネギは早生っぽかったからね。 早くに食べて正解です。 今年植えるタマネギは長期保存用にして、この吊るし方で保存してみてください。 やってみてよかったらタマネギの落ちない結び方として普及させましょう。 ジャガイモは冷暗所に保存かな。 ってどこ?と言われそうですね。 本当は冷蔵庫がいいんでしょうけど家庭では無理ですからね。 がんばって早く食べてください(笑)役に立たない先生です。 投稿: 2007年6月14日 木 11時07分.

次の