競艇 常滑。 KyoTei Tip

競艇らーめん うをとよ (【旧店名】イトウ)

競艇 常滑

常滑競艇場で開催のG3オールレディース2020(優勝戦)競艇予想公開!! 常滑競艇場でG3オールレディースが開幕しました!! 本日からは常滑・江戸川と連続で女子戦勝負です。 今節も優勝候補筆頭になる選手や穴を開ける選手まで 期待に胸を膨らませるようなメンバーが揃った。 女子戦は道中での逆転は毎度のことですが 最近は1マークの攻防が激しくなっています。 以前は「捲り一辺倒」の決まり手がありましたが 展開に応じての攻め方も変わってきています。 もちろん実力差が気になりますがそこに妙味はない。 展開を付ける選手を中心に勝負して行きます!! 残すは 「優勝戦日」となりました。 勝負したレースは逃げ決着でした。 スタートがあっていない選手がいる事で 壁が崩れれば逃げも決まらないと 想定していたがキッチリ逃げでした。 OPでの7万舟は飛び出しましたが その後は大きな波乱はなかったですね。 特級レースも的中出来ず 水野選手ただ一人がST14の好スタートをし 先マイして危なげなく勝ち切りました。 スタートは早い選手ですので捲り展開で 藤堂の捲り差しを想定して舟券を組んだ 追加斡旋だが展開向けばチャンスはあった 【結果】 イン戦をしっかりスタート踏み込み 西澤選手が逃げた。 藤堂選手も展開を付けなかった。 決着:1-2-6 配当:¥1,630 続いて7R ここは 「センター勢」を軸に狙った。 イン戦は準優勝戦にも進出をする 水口選手が構えていた。 2号艇は藤堂選手壁としての 不安がありました。 ここは同じく準優組の2選手を中心に 舟券を組んでいきました!! 【結果】 水口選手が遅れる事なくスタートして 逃げ切りました。 センター勢は藤堂選手が捲りを 選択した事で攻めきれなかった。 決着:1-6-4 配当:¥2,180 最後は12R 地元の期待に答えるように 今節のSLを勝ち取った 大瀧選手のイン戦 ここではやはり逃げを嫌い過ぎるのは 無理があるので展開が向いてくる 古賀・池田選手を2着付けにして勝負!! 同じく地元の細川選手は握っていくので 差し場が空く可能性が高かった。 【結果】 最後も大瀧選手がTOPスタートして しっかりと逃げ切り内3艇での決着 決着:1-2-3 配当:¥410 常滑G3オールレディース2020(優勝戦)を予想していきましょう!! LINEの方では自信のある直前予想だったり 進入が動いた時の穴直前予想などを配信しています。 無料で登録できるので是非参考にしてみて下さいね! ー【PR】ーーーーーーーーーーーーーーーーー 全国を網羅して最強に精度の高い情報を提供し 勝ち続けているおすすめ競艇予想サイトを紹介 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 他の競艇予想サイトとの決定的な違いは… 弊社では元業界関係者を筆頭顧問に配置し 長年の歳月を経て信頼関係を構築した 情報提供者との独占契約を結び、不可能と言われた 【独自ルートの情報を確立することに成功】 業界NO. しかし昨日はスタートで遅れていた。 何とか舟足・技術でカバーしていた。 5段階に分けた期待値で勝負レースを提供。 払い戻しはあくまでも今後の軍資金。 全額コロガシのような危険は投資は 当サイトでは一切推奨致しません。

次の

BOAT RACEとこなめ公式ウェブサイト

競艇 常滑

常滑競艇場の基本情報 常滑競艇場 ボートレースとこなめ は 愛知県常滑市に位置して「とこなめボート」の愛称を持っています。 常滑市が焼き物を名産にしていて、場内に大きな招き猫の焼き物が置いてあります。 アクセスは名鉄常滑駅から徒歩5分で、名古屋より特急利用で30分、車で利用の場合は3,000台収納の無料駐車場を用意されています。 外向発売所のウィンボ常滑を併設していて、中部国際空港とも直結し、中部国際空港セントレアのアクセスプラザ1F小規模場外発売場があります。 施設は3階建て規模は小さめですが、イベントホールの用意があり、場内には 名物どて焼きを販売する「とり伊」 のほか、昔ながらの食堂が多数入っています。 常滑競艇場の 特徴 海を利用したコースで水質は海水。 水門を設けているのでレース中の水位変動は少ないです。 バックストレッチ側の幅は非常に広く、インコースが有利な特性を持ちます。 ベテラン選手や地元選手は積極的にインを狙ってくるので一般戦では枠なりくずれが起こりやすいです。 外側が不利なので内枠選手がインコースを死守しようとするため、重賞や優勝戦など実力選手が集まると枠なり進入が増えます。 伊勢湾に面しているので海からの風が入りやすく、 追い風になりやすい立地です。 防風ネットを設置していますが、それでも風の強い日は影響が強くフライングの起こりやすいコースです。 選手の累積事故点数もチェックして スタート展示からどれくらい攻めてくるのか見極めるとよいでしょう。 コース別成績 2017. 1~2018. 31 勝率 1着率 2連対率 3連対率 1コース 7. 91 56. 51 13. 26 11. 04 10. 22 6. 11 1. 5コースまでは3着内率が高く、6コースだけは極端に低くなっています。 インコース争いが激しいため、 外からのレースでも前や内側でやりあう選手の合間を縫って3着内率に入るチャンスが多いです。 6コースだけは、もともとインコース有利のコース特性の影響で3連対率が低くなっています。 追い風6m以上になると、 1コースの1着率は81. 参考元: このようにある程度枠で着順が計算できるような競艇場で、安定した勝ちを積み続けるには、 やはり素人には見えない部分の紛れを活かしていかなければなりません。 そこにはやはり競艇予想サイトの力が必要になってくるわけですが、その中でも特に実績があるサイトを選ぶことが重要になるでしょう。 現在で言えば、「」がその筆頭です。 主な 開催レース• 周年記念 G1 トコタンキング決定戦• 企業杯 G3 INAX杯とこなめ大賞 定期 、中日カップ 東海地区持ち回り SG開催実績 1967年 第13回モーターボート記念競走 1974年 第9回総理大臣杯競走 1975年 第2回笹川賞競走 1980年 第26回モーターボート記念競走 1984年 第19回総理大臣杯競走 1994年 第41回全日本選手権競走 1997年 第24回笹川賞競走 2001年 第48回全日本選手権競走 2005年 第32回笹川賞競走 2009年 第12回競艇王チャレンジカップ競走 2013年 第23回グランドチャンピオン決定戦 2019年 第24回 オーシャンカップ 7月10-15日開催予定 常滑の定期開催レース 季節ごとの特別競走 ・新春特別競走 正月 ・チャンピオン大会 ゴールデンウィーク ・名鉄杯争奪納涼お盆レース お盆.

次の

ボートレース常滑競艇場攻略!特徴や傾向まとめ

競艇 常滑

常滑競艇場の基本情報 常滑競艇場 ボートレースとこなめ は 愛知県常滑市に位置して「とこなめボート」の愛称を持っています。 常滑市が焼き物を名産にしていて、場内に大きな招き猫の焼き物が置いてあります。 アクセスは名鉄常滑駅から徒歩5分で、名古屋より特急利用で30分、車で利用の場合は3,000台収納の無料駐車場を用意されています。 外向発売所のウィンボ常滑を併設していて、中部国際空港とも直結し、中部国際空港セントレアのアクセスプラザ1F小規模場外発売場があります。 施設は3階建て規模は小さめですが、イベントホールの用意があり、場内には 名物どて焼きを販売する「とり伊」 のほか、昔ながらの食堂が多数入っています。 常滑競艇場の 特徴 海を利用したコースで水質は海水。 水門を設けているのでレース中の水位変動は少ないです。 バックストレッチ側の幅は非常に広く、インコースが有利な特性を持ちます。 ベテラン選手や地元選手は積極的にインを狙ってくるので一般戦では枠なりくずれが起こりやすいです。 外側が不利なので内枠選手がインコースを死守しようとするため、重賞や優勝戦など実力選手が集まると枠なり進入が増えます。 伊勢湾に面しているので海からの風が入りやすく、 追い風になりやすい立地です。 防風ネットを設置していますが、それでも風の強い日は影響が強くフライングの起こりやすいコースです。 選手の累積事故点数もチェックして スタート展示からどれくらい攻めてくるのか見極めるとよいでしょう。 コース別成績 2017. 1~2018. 31 勝率 1着率 2連対率 3連対率 1コース 7. 91 56. 51 13. 26 11. 04 10. 22 6. 11 1. 5コースまでは3着内率が高く、6コースだけは極端に低くなっています。 インコース争いが激しいため、 外からのレースでも前や内側でやりあう選手の合間を縫って3着内率に入るチャンスが多いです。 6コースだけは、もともとインコース有利のコース特性の影響で3連対率が低くなっています。 追い風6m以上になると、 1コースの1着率は81. 参考元: このようにある程度枠で着順が計算できるような競艇場で、安定した勝ちを積み続けるには、 やはり素人には見えない部分の紛れを活かしていかなければなりません。 そこにはやはり競艇予想サイトの力が必要になってくるわけですが、その中でも特に実績があるサイトを選ぶことが重要になるでしょう。 現在で言えば、「」がその筆頭です。 主な 開催レース• 周年記念 G1 トコタンキング決定戦• 企業杯 G3 INAX杯とこなめ大賞 定期 、中日カップ 東海地区持ち回り SG開催実績 1967年 第13回モーターボート記念競走 1974年 第9回総理大臣杯競走 1975年 第2回笹川賞競走 1980年 第26回モーターボート記念競走 1984年 第19回総理大臣杯競走 1994年 第41回全日本選手権競走 1997年 第24回笹川賞競走 2001年 第48回全日本選手権競走 2005年 第32回笹川賞競走 2009年 第12回競艇王チャレンジカップ競走 2013年 第23回グランドチャンピオン決定戦 2019年 第24回 オーシャンカップ 7月10-15日開催予定 常滑の定期開催レース 季節ごとの特別競走 ・新春特別競走 正月 ・チャンピオン大会 ゴールデンウィーク ・名鉄杯争奪納涼お盆レース お盆.

次の