テドロス 発言。 WHOテドロス氏、「中国寄り」で渦中の人に 「遺体袋」で反撃も 写真8枚 国際ニュース:AFPBB News

台湾がWHOのテドロス発言に猛反発した背景 先住民族や対中交流、その試行錯誤の歴史

テドロス 発言

(え・・飲みすぎて死ぬウイルスなのかな・・) へっぽこ 僕のコロナウイルスに対するイメージは こんな感じでした。 それもそのはず、当初は感染者が 41名の死者が 2名の大したことない状況だったからです。 しかし、現在(2020年4月28日)は感染者は世界で 3,000,341 名で、死者は 210,037名に上ります。 日本でも感染者は13,443名を記録し、 明日は我が身の状態です。 ここまで感染が広がったのは中国当局の隠蔽が大きな原因の1つだと考えられますが、世界の安全を守り、最前線でリードすべき WHOの対応が事態をさらに 深刻にしたと批難をうけています。 そこで今回はWHOの発言と対応を時系列にまとめ、 真偽を確かめたいと思います。 ついでに 感染対策グッズのリンクをまとめました。 明日は我が身、予防に越したことはありません。 WHOとテドロスは莫迦で阿房で無責任だから、今でも「封じ込めは可能」とか言ってるけれど、日本はもうそのように考えてはいない。 封じ込めのフェーズは過ぎたとして、水際対策の失敗を公式には認めてはいないが、政府も有識者会議も水際対策には早々に見切りをつけてそのように動いている。 医療現場のキャパシティを考えて、時間稼ぎをしつつ、新型コロナの実像を見いだしながら現場にフィードバックし、徐々に検査体制を整えて件数を増やすのは正しい。 そのためにも感染拡大防止は肝になる。 集団感染者の発生に注意しないと、一気に罹患者が増えれば医療現場は崩壊する。 このように動いているので、ロジカルではないWHOには逆に口出し無用と考えてほしいくらいだ。 そもそもね、中国への忖度で緊急事態宣言を見送ったお前らが四の五の言えた義理じゃねえんだよ。 ほんと腹立つな、このエチオピア人。 👍 230 👎 12 3月4日(水)致死率は3. 4%「インフルエンザを大きく上回る」 世界感染者:93,141人 いやいや、WHOは中国政府が感染の実態を把握していた時点から報告を受けていて対処してきたと豪語しているが、それならば何故、ここまで周知徹底されなかったのだろうか?何故、春節前にも情報を知っていたはずなのに、渡航禁止を出せなかったのだろうか?今になってそれ程までに世界中に危機感を煽るのであれば、あの時点で渡航禁止を出していればこの様な事態にはならなかったと思われるのだが?そもそも、その一部の国を未だに名指しできない程、事なかれ主義を貫こうとするのであれば、もはや自ら存在価値を放棄しているとしか言いようがないよね? 👍 886 👎 23 3月12日(木)パンデミックを表明 世界感染者:125,121人.

次の

【戦犯はテドロス】コロナウイルスに関するWHOの発言と対応を時系列にまとめてみた

テドロス 発言

WHOのテドロス事務局長は20日、スイスのジュネーブの本部で開いた定例記者会見で、新型コロナウイルスに関して「若者が無敵だとは言えない。 感染すれば何週間もの間入院することになるかもしれないし、死に至ることもある」と述べ、50歳未満の感染者も入院を余儀なくされるケースが相次いでいると、若者にも警戒を強めるよう求めました。 また中国・湖北省の武漢で新たな感染者が確認されなかったことに「最も厳しい状況に置かれても事態を好転させられると、世界に希望を与えている」と中国に対して称賛するような発言もしています。 以前からWHOに問題があることは分かっていましたが、今回の新型コロナウイルスの対応でまた世界中からすっかり信用がなくなってしまっています。 WHOはこの先どうなっていくのでしょうか。 何かを発信するほど世界から否定的な声が聞こえるとなると、もう世界保健機関としての機能は停止状態ではないのでしょうか。 事務局長の更迭くらいはするべきだと思うのですが。 前任の事務局長も中国推薦の香港出身マーガレット・チャン氏であり、現在は中国に多くの負債を抱えるエチオピア出身のテドロス氏となれば、あまりにも露骨過ぎて言葉も出ないですね。 国連といい、WHOといいお金に釣られて中国に忖度している状況では、日本もトランプ大統領ほど露骨にとは言わないですが、問題提起したり、分担金を減らすくらいのアクションが必要なのではないでしょうか。 実際どれだけ分担金を負担しても国連の常任理事国入りはいつまでたっても日本はできないでいますし、何より人権侵害がひどい中国、ロシアが常任理事国であること自体がちょっとおかしいと思うのですが。 今回のテドロス事務局長の「若者も警戒を」との発言や中国賞讃発言に海外の方達からも様々なコメントが寄せられていましたので一部をご紹介します。 facebook. facebook. ただし、WHOは信頼できない! 中国はこの病気の真実を隠し WHOはその過程で中国を助けたからね。 海外の名無しさんを翻訳しました 彼らは中国政府の協力者として 最初はパンデミックについて警告するあらゆる努力を拒否した。 この腐った組織を調査する時だろ。 海外の名無しさんを翻訳しました 「パニックにならない。 パニックになる必要はない」 これ覚えてるけど? 海外の名無しさんを翻訳しました 残念なことにアメリカでは多くの若者が 高血圧、糖尿病を抱えているよ。 これは深刻な合併症につながる可能性があるよね… 海外の名無しさんを翻訳しました WHOは最初この病気は人から人へ感染することはないという 中国の主張を繰り返してたよね! 海外の名無しさんを翻訳しました 準備をして春休みを楽しんでいる アメリカの若い世代にそれを伝えるべきだな。 海外の名無しさんを翻訳しました さて、中国での発生の3ヶ月後に 彼らは今これを仮定しているんだ? この組織はまったく尊敬に値しない。 彼らは中国経済を心配していただけだ。 海外の名無しさんを翻訳しました 多くの人がすでに知っている声明を出してくれて感謝するよ! なんて絶望的な組織だ! 海外の名無しさんを翻訳しました 俺はかつてWHOをもっと尊敬してたよ。 世界の健康に対する彼らの使命が 中国との関係で妥協したと ただ認めることだけを望むよ。 海外の名無しさんを翻訳しました この男がやってきたことは 「中国に感謝」と「中国を賞賛」… 公衆衛生機関に彼のための場所はなし!! 海外の名無しさんを翻訳しました WHOの博士は、私たちが既にに知っていることを常に話してる。 ここイタリアでは、数日前に50歳未満の多くの人が 既に亡くなっているんだが… 海外の名無しさんを翻訳しました この男は中共の代弁者だ! WHOと中共が協力してウイルスを隠蔽したため 世界は厳重封鎖モードになってるんだ! 海外の名無しさんを翻訳しました かなり役に立たない情報! 海外の名無しさんを翻訳しました この愚か者は中国との国境を閉鎖したことでトランプを批判した。 彼は無能で危険であり、辞任するべきだろ! 海外の名無しさんを翻訳しました WHOは国際組織ではなく 中国の組織として活動してるよ… 《 ECパートナーズ 佐藤行一 です。 048,999,6996 ネットショップ実務士 》 《 福岡県久留米市御井町1630-6 , 藤木俊一 藤木俊平 藤木恵津子 藤木セイ子 》 安倍晋三のコロナ対策とパフォーマンス ・世界中がコロナで大騒ぎの中、中国人に向けて「春節ウェルカム!どんどん来てください」とアピール」 ・各国が騒ぐ中「自己申告」と「サーモグラフ」のみ ・他国がし始めたのを見て武漢にチャーター便を飛ばす ・武漢にいる日本国民にアナウンスなし ・帰国した人は原則自由に帰っていい ホテル滞在希望なら相部屋です ・案の定 相部屋で2人発症。 相部屋で8時間過ごした人はもらい事故 ・中国人キャリア数万人が上陸した後で国内でヒトヒト感染が発生 ・「対策をもう一段回上げる」と具体策を一切示さずにパフォーマンス ・空港、医療機関に一切通達なし。 自己判断で対応しろと無責任ぶん投げ 《 レイシスト議員杉田水脈 ナチス 自民 安倍 イラン 国立感染症研究所 トランプ イタリア》 《 まさに税金の無駄遣い!! 国民の血税に寄生する私人 安倍昭恵 》 《 新田哲史「常識的に安倍首相を批判する野次は、知的障害者へのヘイトスピーチそのもので規制すべきである」 》 《 森まさこ大臣が、一連の騒動について真実を語る「震災時に黒川弘務をはじめ多くの検察官が逃亡した。 その後 黒川氏の謝罪を受け、安倍首相の命令で黒川の定年延長を決定した」 》 《 koichi. sato. 79656 》.

次の

トランプも激怒!全人類が呆れたWHOテドロス事務局長の“逆ギレ発言”(2020年4月30日)|BIGLOBEニュース

テドロス 発言

「世界保健機構」は忌み嫌う「台湾」にこそ対策を学べ コロナ禍は人災である。 世界的な大流行を招いた戦犯は、WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長その人だ。 彼が忌み嫌う台湾にこそ、対策を学ぶべきではないか。 *** もはや失笑を禁じ得ないが、国連のホームページにはこんな紹介文がある。 〈WHOは、グローバルな保健問題についてリーダーシップを発揮し、健康に関する研究課題を作成し、規範や基準を設定する〉 今回もテドロス事務局長がリーダーとして早々に警告を発すれば、世界に危機が周知され各国政府は感染対策を徹底できたはずだ。 WHOのテドロス事務局長(ITU Pictures from Geneva, Switzerland/Wikimedia Commons) さる海外通信社の東京特派員が解説する。 「彼はWHOで初めて医師の資格を持たずにトップとなった人物。 中国から多額の経済援助を受けるエチオピアで長く保健相を務め、首根っこを習近平国家主席に掴まれているのです」 故にWHOは1月5日、「中国で原因不明の肺炎が見つかった」と認めながら、同月30日まで「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」の宣言を先送り。 ようやく発表した席でも、テドロス事務局長は災いを招いた国をこう庇(かば)った。 〈中国は短時間で病原菌を特定し、即座に共有し、診断ツールの迅速な発展を導いた。 2月4日に開かれたWHOの執行理事会で、中国からの渡航者への入国拒否や貿易制限措置を、 〈公衆衛生上の意味はあまりなく、不安や悪いイメージを助長する恐れがある〉 などと指摘して、世界各国に自重を求めてしまった。 台湾の死者は6名 「自重要請」が免罪符となり、中国人観光客が大挙して日本や欧州へ押し寄せ、結果的にパンデミックを招く。 遂には米国も大激怒し、トランプ大統領は中国寄りのWHOへの資金拠出を凍結すると宣言。 〈政治問題にするのはやめて欲しい〉 自身が政治色にまみれながら、こう反論したテドロス事務局長は、その矛先を別の国へと向けたのである。 4月8日、WHOは「中国一国」を標榜するせいで、加盟を認めていない台湾を非難したのだ。 先の特派員が話すには、 「昨年末の段階で、台湾はWHOに武漢で発生したウイルスの危険性を問い質したのに黙殺された。 効率的なマスク配布に加え、この素早い判断が功を奏し、感染源に至近の国ながらコロナによる死者は4月下旬の時点でわずか6名で、感染者429名のうち281名が回復しています」(同) WHOに加盟できないことから情報共有もできず、それがかえって適切な対応に繋がったというのだ。 あまりに影多きこの男、トップ交代は必至である。 「週刊新潮」2020年5月7・14日号 掲載 外部サイト.

次の