ウエストダイエット。 1日たった30秒でウエスト6cm減!と 話題のダイエット「フリパラ」って?

短期間でウエスト痩せ!簡単で即効性のあるウエストのダイエット方法20選|CALORI [カロリ]

ウエストダイエット

ウエストやお腹の引き締めにも効果のあるダイエット体操! ダイエットの本来の意味は、健康や美容を目的とした食事制限を指し、運動などはこれに含まれません。 海外ではダイエット=食事制限なのです。 ダイエットという言葉に運動の意味も含まれるのは、日本ならではなのだそうですが、最近は世界的に見ても食事を極端に制限するよりも、運動によって消費カロリーを増やしたり、筋肉をつけて痩せやすい体を作ることが大切と言われています。 とは言え、痩せたいと思っている人が誰しも、消費カロリーの高い運動を行えるわけではありません。 そのような時は、 ダイエット体操と呼ばれている エクササイズや ストレッチを習慣にしてみませんか? そこで今回は、痩せ効果のあるエクササイズやストレッチをご紹介したいと思います。 ダイエット体操とは? ダイエット体操とは、 筋肉をほぐして血行をよくしたり、筋肉を鍛えたり、脂肪を燃焼させる作用のあるエクササイズやストレッチなどを行うことを言います。 現代人は、デスクワーク中心の仕事に、通勤には電車やバス、車を使用している方が多いため、運動をする機会がほとんどないということも珍しくありません。 運動不足は肥満の第一歩と言われています。 しかし、だからといって仕事帰りにジムに通ったり、帰宅後にジョギングなどの運動を定期的に続けられる人ばかりではありませんよね。 ですが、簡単に行えるエクササイズやストレッチなら、寝る前のわずかな時間を利用したり、起床時に意識づけて行うことが可能ではないでしょうか。 このように、「運動できないからダイエットは無理」と決めつけてしまうのではなく、まずはダイエット体操のように気軽に行えるもので運動不足の状態から体を解放し、筋肉のコリや血行不良などを解消したり、筋トレに近い効果を得ることで、痩せやすい体作りを目指すことが大切と言えます。 なぜ体操やエクササイズ・ストレッチなどでダイエットできるの? 体操やエクササイズ、ストレッチは、筋トレや有酸素運動に比べて負荷が軽いため、「やっても意味がないのでは?」と思う方もいるかも知れませんが、前述した通りデスクワーク中心で運動する機会の少ない生活を送っていると、筋力が落ち、血行不良やむくみ、冷えなどの原因になります。 むくみや冷えが生じると、体はどんどんと脂肪を溜めやすくなってしまいます。 そこで、エクササイズやストレッチなどで体をほぐすことで、筋肉のコリを防いだり、血行を促して老廃物を排出することで、太りやすい体質を痩せやすい体質へと変えることができると言われています。 また、エクササイズやストレッチの中には、筋肉に働いて体を引き締める効果のあるものもあります。 筋トレのように筋肉痛がバンバン起こるほどハードな運動ではないものの、普段使わない筋肉を意識して動かすことで筋肉の退化や低下を防ぐだけではなく、脂肪や皮膚のたるみを改善することができると言われています。 ダイエット効果のある体操やエクササイズやストレッチおすすめ15選! 運動をする時間まではないけれど、エクササイズやストレッチなら気軽にできそうという方のために、ここではダイエット効果のあるダイエット体操をご紹介したいと思います。 最大限倒したところで5秒キープします。 反対側も同様に行いましょう。 反対側も同様に行い、左右交互に8回行います。 そこから一気に脱力します。 この流れを5回繰り返しましょう。 続いて腹筋に力を入れて上体を起こしながら体を捻ります。 10秒キープし、反対側も同様に行いましょう。 息を吐きながら、腰を持ち上げて10秒キープします。 反対側も同様に行いましょう。 20~30秒キープします。 ダイエット効果のある体操やエクササイズとストレッチ15選!のまとめ エクササイズやストレッチは、毎日続けることで体質を変え、痩せやすい体を作ってくれます。 今回ご紹介したエクササイズやストレッチなら、空いた時間に手軽に行えると思いますので、ぜひ習慣になるように続けてみましょう。

次の

オフィスで痩せる!座りながらダイエット【お腹・足痩せ】

ウエストダイエット

ダイエットを考えている人の多くはウエストをを細くしたいと考えています。 ウエストは簡単に痩せてくれるようでなかなか痩せてくれない場合が多いので、ウエストのためのダイエットも必要になります。 ではウエストダイエットはどのような方法をしていけばよいのでしょうか。 ウエストダイエットで大事になるのが3つになります。 カロリーの摂取を控えるようにする、運動をする、腹筋を鍛えるようにすることです。 どのダイエットでもそうですが、カロリーを抑えることが重要としていて、これができていないと当然痩せてくれません。 そして運動は絶対に必要としていて、運動することによって代謝機能が上がりエネルギー消費が増えてくれます。 特にウエストの場合内臓脂肪が溜まっている状態で、内臓脂肪はなかなか燃焼してくれない脂肪です。 なのでより消費しやすい状態にしてあげることが大事になりますので、運動は無理のない程度でも良いですので絶対にしましょう。 さらにお腹の場合、筋肉がなくてたるんでいる状態でもぽっこりと太って見えてしまいます。 そのため筋肉を鍛えてたるまないようにすることも必要としているので、腹筋を鍛える運動も必要になってきます。 ウエストを痩せるのはかなり大変になってきますので、ウエストダイエットする場合はある程度の覚悟をして頑張るようにしてください。 効果的な運動は? ウエストをより痩せるために必要としているのが運動になります。 しかしどの運動でもしっかりとウエストが痩せてくれるのかというとそうではなく、効率が良い運動をしていないと痩せてくれません。 ではウエストダイエットで効率的な運動はどれをすればよいのでしょうか。 ウエストを効率的に痩せられる運動になるのが、エクササイズをすることです。 ジョギング、そして腹筋をする方法でもウエストを細くすることが出来ます。 ただこれらの方法で問題になるのがとてもつらいという部分で、これがあるからこそ長続きしてくれません。 長続きさせて毎日できるようにすることが一番になりますので、そこまで辛くないエクササイズすることがオススメです。 もう1つオススメしたいのが、腕振り運動する方法です。 走るのではなく、走るように腕振りするだけでもウエストダイエットが可能になります。 これならそこまで辛くない運動でもあるので、毎日続けることが可能です。 運動する場合、毎日続けることが最も有効的な方法になるので、毎日続けられる方法で運動していきましょう。 腹筋は効果的なのか? ウエストダイエットでよくやっている方法の一つになるのが腹筋になります。 お腹の筋肉を使うことでその部分を痩せようとするこの方法ですが、そこまで効果的ではないのでそこまでオススメしません。 ではなぜ効果的ではないのかというと、 それは辛い部分が勝ってしまうからです。 腹筋はかなり辛い運動の一つで、なかなか回数を続けることが出来ません。 ウエストを補足するための腹筋運動はかなりの回数していないとカロリー消費をしてくれませんし、そこまで筋肉を使うことがありません。 そのため、ダイエット効果よりも辛い部分が勝ってしまい続けることができなくなってしまうためそこまで効果的ではありません。 腹筋するよりもオススメなのがエクササイズなど比較的軽い運動をすることです。 とくにボクシングを使った運動などは腰をひねる動作がウエストに効果的です。 大変な運動よりも毎日続けられる運動のほうがウエストダイエットには効果的になりますので、腹筋がとても好きという人以外は違う方法でウエストダイエットをしていきましょう。 おすすめの器具は? より効率的にダイエットするためには器具を使用することもオススメします。 ではウエストダイエットを目的としている場合、どのような器具がオススメになるのでしょうか。 一番オススメしたい器具になるのがフラフープになります。 腹筋を補助してくれる器具などウエストダイエットを目的としている器具は数多くあるのですが、ただ欠点を言うと高いことです。 どうしても高くなってしまっているのがウエストダイエットの器具で1万円以上してしまう場合がかなり多いです。 フラフープなら2千円しないで購入可能としていますのでかなり簡単に手に入れることができます。 フラフープはウエストダイエットに最適な運動の一つになります。 フラフープならそこまで辛い運動ではないけれどもそれなりにカロリー消費が期待できますし、さらにお腹を刺激することで便秘解消も可能としています。 遊びのように楽しくダイエットするのもOKですので、器具で安くを求めているのならフラフープを購入してみてはいかがでしょうか。 短期間で細くするには? ダイエットは長期間続けることが必要としている場合が多く、短期間で成果を出すのはかなり難しくなります。 特にウエストはなかなか脂肪燃焼をしてくれなくて、内臓脂肪が多ければ多いほどそれだけ時間が必要としてしまいます。 では短期間でウエストダイエットは出来ないのかというとそうではありません。 ウエストダイエットを短期間で成果を出すために必要としているのが、 鍛えることそして便秘解消することです。 脂肪燃焼をさせるのはどうしても限界があり短期間でしっかりと痩せてくれるわけではありません。 なので他の方法で痩せているように見せないといけないので、そのためには鍛えることが必要です。 年齢によってですが筋肉がほとんどない状態になると垂れ下がってしまいそれがお腹太りをしているように見せてしまいます。 なので腹筋そして胸の筋肉などを鍛えるようにしてたれないようにすれば、ある程度改善できます。 そして便秘しているのも太って見えてしまう原因の一つです。 下剤ではなく酵素や乳酸菌を利用して便秘解消をしてあげればこれもまた短期間で効果が出てくれます。 ただこれらは根本的なダイエットではありませんので、より痩せるためにも継続的にダイエットしていくことが必要です。 ウエストが気になる方へシボヘール! 機能性表示食品のシボヘールはお腹やウエスト周りが気になる方に人気の商品です。 実は骨盤の歪みが原因かも!? 腹筋にフラフープに有酸素運動などたくさんウエストダイエットを頑張っているけど、全然効果が出てこない。 そんな方はもしかすると骨盤の歪みが原因になっているかもしれません。 短期間でウエストダイエットをするのは難しいものがありますので、ある程度の期間を設けて運動と食事をあわせたダイエットをおすすめいたします。

次の

ウエスト痩せに効果的なダイエット12選!くびれのあるお腹周りへ

ウエストダイエット

45歳で35キロのダイエットに成功した私。 6年経つ今もリバウンドせず、普通体型を維持しているけれど、年齢的にどうしてもお腹まわりや二の腕のいや〜な脂肪がついてきて、これがなかなか取れない! きちんと運動をすれば効果はあるのかもしれないけれど……なにせ「運動嫌いここに極まれり」というものぐさで、ジム通いなど絶対無理(以前一念発起して入会したジムは10年以上幽霊会員だった) 美容ライターとしてさまざまなエクササイズを取材してきて、毎回「きちんとやれば効果があるんだろうな〜」と思うのだけれど、所要時間が10分以上で、しかもステップがいろいろあったりすると、もう覚える気さえ起きない(ごめんなさい!) そんなダメダメな私に思わぬ朗報が! なんと30秒その場でお腹をひねるだけで、お腹、脚、二の腕がみるみるやせる、というなんとも都合のいいエクササイズがあるとのこと。 リンパ液のタンク「乳び槽」を刺激 考案した高橋義人さんは、オリンピックアスリートや夏木マリさん、土屋アンナさんなど有名芸能人が絶大な信頼を寄せるカリスマトレーナー。 「まずはやってみましょう」と30秒試してみたらこれがキツイ! 体の中からカーッと熱くなってきて汗ばみ、数十メートルダッシュしたときのようにみぞおちあたりがキューッと痛くなってきて、30秒でへとへとに。 そして計測したら、ふくらはぎが0. 「リンパ管ということは、自分で動けないんですよね?」 「そうなんです。 リンパを流すためには適度な刺激が必要なのですが、西園寺さんのように猫背でデスクワークが多い人は、乳び槽を圧迫するので溜まったリンパ液が流れにくくなり、むくみ、血行不良、冷えにつながり、脂肪が燃えにくい体になる、つまり脂肪がつきやすくなるんです」 ドキッ! 思い当たることばかり。 「乳び槽へのアプローチは、医学的にも注目されている最新の理論なんです。 信州大学の研究室が、20分腹式呼吸して乳び槽を刺激すると免疫力があがる、という研究データを発表したんですよ」 「20分腹式呼吸……ズボラな私には続ける自信ないです」 「でしょう(笑)?それを30秒でできるようにしたのが、このフリパラツイスト。 下半身を固定してお腹周りをスピーディにひねることで遠心力がかかり、乳び槽がポンプのように動き、一気にリンパ液を流していくんです」 「なるほど~。 全身のリンパの流れがスムーズになると、余分な水分が排出されやすくなるから、むくみも取れて、ウエストや脚もサイズダウンできるわけですね。 あと、かなり体も熱くなるので、脂肪燃焼効果もありそう」 「ダイエット効果はすごいですよ。 僕も食事をほとんど変えずに、朝晩1分ずつ1ヵ月半やるだけで、8キロ痩せましたよ」 「え~私もやります!」 最初は30秒からでOKだけれど、1分やるとより効果的だそう。 難しければ、30秒を何セットかやるのでもいい。 高速でひねるほど運動効果が高まるので、慣れてきたらがんばってできるだけ速くひねるようアドバイスを受けた。 パソコン作業の気分転換に30秒、トイレに立ったついでに30秒、お茶を入れるついでに30秒、とやり、慣れてきたら1分続けてやるようにして3週間。 なんと、ウエストマイナス4センチ、二の腕マイナス2センチ、太ももマイナス2センチ!! 数字だけ見るとたいしたことないように見えるかもしれないけれど、今まで履いていたスカートはぶかぶかになり、脚は頑固な膝上のお肉がとれてすっきりし、見た目にはかなりの変化があった。 食事も変えず、運動もせずにこの結果はすごいと思う。 そして、「このエクササイズ、ハンパない!」と感動したのが、やせる以外にも体にいいことがいろいろあったこと。 まず、肩こりがすこぶるラクに! やると肩のあたりがじ~んと温まってきて、あるでマッサージの後みたいにすっきり。 目や頭のくもりまできれいに晴れていく感じ。 それからなんと姿勢がよくなってきたのだ! 高橋さん曰く、腕を上げながら体をひねることで、前に引っ張られている肩甲骨や肩を後方の正しいポジションに戻し、凝り固まった筋肉をストレッチできるからだそう。 うれしいことにフェイスラインもスッキリしてきて、若い頃からずっと気になっていた二重アゴは「猫背で首~肩の筋肉が凝り固まっていたのが根本的な原因だったのね」ということも痛感。 「40歳を過ぎたらむしろハードなトレーニングは必要ない」と髙橋さんはいいます。 (涙がでるほど嬉しいのは私だけ?) 部分痩せで思うような結果がでない人にも、筋トレ嫌いで1mmも動きたくない私のような人にも、スタイルアップを目指す人にも効く、目からウロコのフリパラツイスト。 30秒やっただけでふくらはぎがマイナス0.5センチもサイズダウンするほど、目に見える何らかの変化を即実感するので、百利あって一害なし。 こんなにラクな運動なら習慣化できてダイエットにも弾みがつきまよ!.

次の