キヤノン イン スピック。 誰が買う? キヤノン「iNSPiC REC(インスピック レック)」

カメラ付きiNSPiC(インスピック)を使ってみた!画質は?可愛いスマホ用写真シールプリンターを紹介|うちごもりLIFE

キヤノン イン スピック

iNSPiC REC インスピック・レック は、小型で衝撃に強い携帯型デジタルカメラです。 もともとはキヤノンUSAがIndiegogoに掲載していたものです。 使い方 従来のデジタルカメラは、高性能で、モニターで撮影した画像がすぐにみられる半面、重いものでした。 このiNSPiC REC インスピック・レック は、モニターがないだけでなく、各部が徹底的に軽量化されています。 そのため、大きさは手のひらサイズで重量はたったの90gなので、ベルトにつけて持ち歩くことができるのです。 本体脇がカラビナになっているので、ワンタッチでベルトなどにつけることができます。 また、モニターがないため、子供が振り回してぶつけてしまっても壊れにくくできています。 使い方は簡単です。 被写体に向けてシャッターを押すだけです。 それでこのようなすてきな写真が撮影できるのです。 写真だけでなく、動画も撮影することができます。 撮影した写真や動画は、スマホに送信して確認することができます。 スマホがなくては何を撮ったのかもわからないわけですが、スマホは一人一台持っている世の中なので、見られないということはないでしょう。 また身に着けて撮る場合、画面があっても見られないことは多いと思います。 胸に着けて撮っていたら、液晶画面がついていても見られません。 用途を考えれば、困らないことも多いと思います。 どうしても画面を見ながら撮りたい、たとえば家族の集合写真ならば、スマホのカメラで撮ることもできます。 使い分けですね。 では仕組みです。 本体脇のカラビナの部分がファインダーの役目を果たします。 被写体を中心にとらえることで、いい写真が撮影できるのです。 これがあれば、旅行先でもカメラにわずらわされず、気軽に撮影できますね。 Indiegogoで始まった この製品はもともとキヤノンUSAがIndiegogoに掲載していたものです。 2019年7月のことでした。 海外での製品名は「IVY REC」でした。 Indiegogoで好評を博し、予定していた分は全て在庫切れとなりました。 今回は製品名が「iNSPiC REC」と変わり、日本のキヤノンがMakuakeに載せています。 Indiegogoで好評だったなら、日本市場でもうまくいくのではないか? どんな反応になるか試してみよう、ということになったのではないかと思います。 この思惑は見事に当たり、今回のMakuake分も在庫1000個がすべて品切れとなりました。 スポーツなどに使えるアクションカメラとしては後発ですが、思い切って画面を捨てて割り切ったところがうまくいった、ということでしょうね。 まとめ お値段は14,850円です。 しかし好評につき、Makuakeでは全て在庫切れとなりました。

次の

キヤノンから“攻め”のカメラ登場! カラビナと一体化した「iNSPiC REC」を触ってきた

キヤノン イン スピック

カメラ 有効画素数:約1300万画素 センサーサイズ:1/3型 CMOSセンサー 焦点距離:25. ISO感度:オート(ISO100-3200) ホワイトバランス:オート 露出補正:不可(自動露出のみ) 手ブレ補正機能:動画時のみ有効(電子IS) 記録媒体:microSD/microSDHC/microSDXC メモリーカード(スピードクラス CLASS 10 以上推奨、最大容量256GB) 静止画記録形式:JPEG(Exif2. フルHDで撮影するには専用アプリ「Canon Mini Cam」から設定を変更する必要があります。 モード一覧• 専用アプリよりアスペクト比「4:3」「1:1」の設定、画素数の設定が変更可能。 シャッターボタンを押し続けると連写(約2コマ/秒)できます。 シャッターボタンを1回押すと動画の撮影開始、もう1回押すと撮影を終了します。 1回の撮影につき最長で10分間まで撮影可能。 専用アプリより記録画質の変更が可能です。 ・写真:シャッターボタンを一度押す。 ・ビデオ:シャッターボタンを長押し。 シャッターボタンから指を離すと撮影終了。 1回の撮影につき最長で10分間まで撮影可能。 また、海やプールなどで使用した場合は必ず真水で洗い流し、完全に乾かす必要があります。 インターフェース:micro USB(USB 2. 0)、Wi-Fi IEEE802. 11b/g/n、Bluetooth Specification Version 4. 本体 外形寸法:幅約110. 5mm 重量:約90g(フェイスジャケットを含む) 専用アプリ Canon Mini Cam.

次の

キヤノン、新コンセプトカメラ「iNSPiC REC」発表会レポート

キヤノン イン スピック

写真の楽しみ方が広がる 手のひらサイズのプリンター キヤノン初となるスマホ専用プリンター「iNSPiC(インスピック)PV-123」が登場した。 筐体は手のひらサイズとコンパクト。 シールにもなる用紙も7. プリントは専用アプリ「キヤノンミニプリント」をインストールしたスマホから行なう。 通常のプリントに加え、フィルター効果、テキスト、スタンプなどの挿入加工、1枚の写真を9枚あるいは4枚に分割してプリントするタイル印刷などが楽しめる。 本体カラーは白を基調とした、ピンク、ブルー、ゴールドの3色を用意している。 カッコいいシールで、お気に入りのアイテムをドレスアップ 女性を意識した製品のようだが、写真愛好家にとってもこのプリンターは見逃せない。 デジタル一眼で撮影した画像をWi—Fiでスマホへ送り、このプリンターで出力すれば、ポートレート撮影の後など盛り上がること請け合い。 もちろん各自スマホからプリントしても話の輪は広がるはずだ。 ワーゲンの写真にフィルター効果でパーフォレーションをプラスしてプリント。 趣味のアイテムにプリントを貼っても面白い。 多彩なフィルター効果やテキスト挿入もでき、アイデア次第でさまざまな活用方法がありそうだ。 充電は付属するUSBケーブルで行なう。 充電時間は約90分、フル充電で約20枚プリントできる。 子どもや機械に強くない人が用紙をセットしても失敗するようなことはないだろう。 6cmで名刺より一回り小さいサイズ。 店先のバイクがシャープに再現された。 画像の加工も自由にできる。 用紙の裏紙をはがすとシールになっている。 <iNSPiC専用フォトペーパー> 用紙は、インクカートリッジを使わずフルカラーのプリントが楽しめるZINK社のZero Ink Technologyを採用。 20枚入りと50枚入りが発売される。 0 [対応OS]iOS 9. 0以降、Android 4. 6cm 〈写真・解説〉大浦タケシ.

次の