デビュー。 日韓選考完結「NiziU」デビュー 30日配信(日刊スポーツ)

日韓選考完結「NiziU」デビュー 30日配信(日刊スポーツ)

デビュー

データプラン1GB(スマホ) スマートフォンの新規契約(5~15歳)、ケータイからスマートフォンへ機種変更またはのりかえ(MNP/番号移行)の際にご利用いただけます。 適用条件• 新規契約(回線の使用者が5歳以上15歳以下の場合に限ります)、のりかえ(MNP/番号移行)または機種変更と同時に「基本プラン(音声)」にご加入いただくこと。 ご利用いただく機種が iPhone またはスマートフォンであること。 機種変更の場合、機種変更前にSoftBank携帯電話(フィーチャーフォン)、キッズフォン、みまもりケータイまたはあんしんファミリーケータイのいずれかを利用されていること。 のりかえ(MNP/番号移行)の場合、お客さまの電話番号を表示できる他社のケータイ(従来型携帯電話/フィーチャーフォン)、PHSまたはキッズ向けケータイをご利用されていること。 注意事項• 以下のサービスとは併用できません。 おうち割 光セット• ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラムの特典B(通信料金の割引)• 毎月ご利用のデータ量が1GBを超えた場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに低速化いたします。 1GBを超過した(「1GBプラス」にご加入の場合は、2GBを超過した)場合、追加データを購入することで速度制限されずにデータをご利用いただけます。 通信速度低速化の予告/開始をSMSにてお知らせいたします。 お知らせが不要の場合はMy SoftBankで設定をオフにすることができます。 テザリングオプション月額使用料は500円/月となります。 当請求月に余ったデータ量を翌請求月以降にくりこして利用することはできません。 ソフトバンクへ新たにご加入されるお客さまが申し込みする場合は、加入日から適用され、加入月の定額料は日割計算されます。 ソフトバンクをすでにご利用中のお客さまがお申し込みする場合は、翌請求月から本データプランが適用されます(一部異なる場合があります。 詳しくは提供条件書をご確認ください)。 加入月に解約する場合を除き、解約月については定額料の日割り計算は行いません。 データシェアプラス、家族データシェア、法人データシェアにはご加入いただけません。 データプラン1GB(スマホ)が適用中の回線において、以下のいずれかに該当する場合、当該請求月末をもって適用を終了します。 対象料金サービス(基本プラン(音声)/データプラン1GB(スマホ))を解除、変更その他の理由により終了した場合• ソフトバンクを解約される場合は、解約日まで適用します。 小容量割 「準定額オプション+」または「定額オプション+」に加入されるなど、当社指定の適用条件を満たした場合、データ定額料から1,300円/月が割引されます。 適用条件 以下すべての対象料金サービスに加入されているお客さまを対象とします。 基本プラン(音声)• データプラン1GB(スマホ)またはデータプラン1GB(ケータイ)• 準定額オプション+または定額オプション+ 注意事項• 対象回線契約において、以下のいずれかに該当する場合、それぞれ次の時期をもって、小容量割の適用を終了します。 1 該当した時点が属する請求月の末日 対象料金サービスの全部または一部を解除、変更その他の理由により終了した場合• 本キャンペーンは、予告なく終了し、または内容を変更する場合があります。 1GBプラス 適用条件 以下すべての条件に該当するお客さまを対象とします。 「データプラン1GB(スマホ)」または「データプラン1GB(ケータイ)」にご加入いただいていること• 本サービスにお申し込みいただくこと 注意事項• ソフトバンクに新たに加入する場合は、加入日から適用されます。 月途中に加入する場合は、月額使用料を日割り計算します。 すでにご利用中のお客さまが本サービスにお申し込みする場合、翌請求月から本サービスを適用します。 本サービスを請求月の途中で解約された場合も、解約された請求月の月額使用料は日割り計算を行いません。 本サービスにおいてデータ上限量として設定されたデータ量はデータくりこし(余ったデータ量をくりこし、翌請求月末まで利用できるサービス)の対象外です。 2ヵ月バリューキャンペーン 適用条件 キャンペーン期間中に、以下のいずれかの条件を満たしたお客さまを対象に「1GBプラス」の月額使用料を2ヵ月間無料といたします。 「データプラン1GB(スマホ)」または「データプラン1GB(ケータイ)」(以下「対象データプラン」)と同時に「1GBプラス」(以下「対象サービス」)にご加入いただくこと• 対象データプランにご加入中のお客さまが、機種変更と同時に対象サービスにご加入いただくこと(対象データプランの加入条件において指定する旧機種からの機種変更の場合に限ります)• 注意事項• 対象サービスへのお申し込み日が属する請求月の翌請求月から本割引を適用します。 月額使用料について他の割引が行われる場合、本割引は当該他の割引後の月額使用料に適用されます。 対象回線契約において、以下のいずれかに該当する場合、該当した時点が属する請求月の前請求月の末日をもって、本キャンペーンの適用を終了します。 「電話番号・メールアドレスお預かりサービス」へ加入した場合• 対象回線契約を解約した場合 その他関連プラン/オプション.

次の

サザン デビュー記念日に無観客配信ライブ、50万人視聴 医療従事者に感謝、スタッフ元気づける(スポニチアネックス)

デビュー

2010年5月9日、プロデビューを果たした堀口恭司 王者、強者たちのデビュー戦に焦点を当てるシリーズ。 第1回目は、10年前の今日、2010年5月9日にプロデビューしたRIZIN&ベラトール元バンタム級王者の堀口恭司(29)を紹介したい。 堀口は父親の影響で5歳から伝統派空手を学び、インターハイにも出場。 入門の動機は「自分とKIDさんの背格好がほとんど一緒なんですよ。 KIDさんが自分よりもでかい選手を倒す姿に憧れて、KRAZY BEEに入門しました」と答えている。 慣れない寝技の練習で練習仲間たちに毎日負けながらも徐々に実力をつけていく。 そしてKIDと背格好も同じなことから、KIDのスパーリングパートナーも務めるようになる。 東日本アマチュア修斗オープントーナメント・フェザー級(-60kg)に出場したのだ。 このときの1回戦の相手は内藤のび太の弟で内藤頌貴だった。 度々襲う内藤のタックルを切り、堀口は距離をとって、ハイ、ミドル、そして顔面のパンチ連打で内藤を尻餅をつかせる。 2回戦は魚井フルスイングこと魚井守だったが、開始早々、堀口のパンチの連打を浴びるとすぐにダウン。 1回戦で足を負傷していたようで、立てなくなり堀口が25秒で勝利。 準決勝はパンチでTKO勝利、決勝では判定勝利し優勝、プロ昇格を果たした。 そして翌年の5月9日のプロデビュー戦に挑むことになる。 序盤から打撃でいく堀口に川名は打撃からタックルを仕掛け、堀口を捕まえる。 ロープ側でグラウンドの攻防になるも、立ち上がり抜け出した堀口。 そして再び打撃で相手の顔面を何発かヒットし、優勢に攻めると再び相手はタックルに。 ストライカーの堀口にグラウンドに持ち込みたい川名だったが、堀口はそうはさせず、最後はタックルを切った堀口が相手をガブリ、そして仰向けにさせてパウンドを連打して試合が終了、3-0(20-19、20-19、20-18)の判定勝ちを収めた。 2015年、UFC JAPANに参戦が来まった山本KIDと堀口恭司の両者がファイティングポーズを決める そのKID率いるKRAZYBEEからは田村一聖、矢地祐介に続き3年連続で新人王&MVPが選出された。 当時のインタビューで連続新人王獲得について意識をしていたという問いには「はい。 そのつもりでトーナメントに出ました。 先輩の朴(光哲)さんからはプレッシャーをかけられたんですけど、自分は試合に勝つことだけを考えてやっていたし、MVPはそれについてきたものだと思っています。 さすがにMVPで自分の名前を呼ばれたときはうれしかったですけどね(笑)」と答えている。 そして今後について「(2011年は)3戦以上はやりたいですね。 早く上に行きたいんで、コンスタントに試合がしたいです。 (クラスAや世界ランカーの選手と試合するとしたら?)全然いけると思うんですよね。 あんまり自分の階級に誰がいるかは知らないんですけどね(笑)」と20歳の堀口は強い自信のほどを語っている。 2010年12月、新人王となった堀口恭司(左)と佐々木憂流迦 その後、2013年3月には修斗世界フェザー級王座獲得。 同年10月にはUFC初戦しTKO勝ち。 UFC戦績を7勝1敗としたが契約更新せず17年よりRIZINに参戦。 RIZIN初代バンタム級王座とベラトール王座を獲得するに至る。 なお、この2010年の新人戦の別階級のライト級では佐々木憂流迦が優勝、新人王&技能賞を獲得している。 佐々木も堀口と同じく後にUFCで活躍し、現在RIZINで活躍中だ。 群雄割拠のRIZINバンタム級戦線の一人であり、今後の堀口との対戦にも注目が集まる。 165cm、体重61kg 父親の影響で5歳から伝統派空手を学び、インターハイにも出場。 元RIZINバンタム級王者。 元Bellator世界バンタム級王者。 元修斗世界フェザー級王者.

次の

満塁被弾デビュー直後、母に電話で衝撃の一言 ソフトバンク津森は泣かせる家族思い|【西日本スポーツ】

デビュー

逆にフランクリンをにらみつける松坂 【球界平成裏面史 59 平成の怪物・松坂の巻 6 】今も語り継がれる平成の怪物・松坂のデビュー戦は、平成11年(1999年)新装された本拠地・西武ドームではなく4月7日、敵地・東京ドームでの日本ハム戦だった。 これまで何度もリプレーされてきた初回二死から3番・片岡篤史を空振り三振に仕留めたインハイ、155キロストレートのインパクトが強すぎるため陰に隠れがちだが、プロデビュー戦の高卒ルーキーがいかに高いプロの資質を備えていたかを証明する場面が5回にあった。 1ボール2ストライクから松坂が投げた151キロ速球は左打席に立つフランクリンの顔面をあわや直撃するかと思わせる危険な軌道で打者へと向かって行った。 フランクリンはこれをすんでのところで背後に倒れ込みながら避け直撃を免れたのだが、即座にその1球に対する怒りをあらわにした。 起き上がるやいなや松坂をにらみつけ一歩、二歩とマウンドに詰め寄ろうとするフランクリン。 それを女房役の中嶋聡がなだめている最中、3月に高校を卒業したばかりの松坂はなんとマウンドから相手をにらみ返したものだから、助っ人の興奮は頂点に達し両軍ベンチが総出でもみ合う騒動に発展してしまった。 幸い大事には至らず松坂はこの鮮烈なデビュー戦で初勝利を挙げるのだが、松坂の強心臓ぶりが垣間見えたのがその直後。 並の投手ならそのブラッシュボール1球で配球を外角中心に切り替えてもおかしくないところ。 本紙は翌8日発行の紙面で試合後にフランクリンを直撃しそのインタビュー記事を掲載した。 決して直情型の外国人ではなかった助っ人は「松坂に限らず、誰がピッチャーだったとしてもあんなボールを投げるやつは許さない。 だいたい5点リードしている時に投げる球じゃないだろう。 体に当てられるなら気にしないが、150キロのボールが頭に当たったら今シーズンを棒に振ることになる。 ボクには妻も娘もいるんだ。 仕事を失うわけにはいかない」と感情を押し殺しながら、努めて冷静にこう続けた。 「彼もわざとやったわけではないだろうから、次はもうないだろう。 後でテレビを見たら結構危ないところに行っていた。 すみませんでした」とその場面の心境を語り謝罪の意を示した。 しかし、キャンプの時から「インコースに投げる時はぶつけるくらいの気持ちで投げてます。 小学校くらいの時からそうでした。 当てるのを怖がっていたらピッチャーはできないですから」と内角球への持論を語り「もしバッターが向かってきても逃げたくはないですね。 ひょっとしたら清原さんみたいに立ち向かうかもしれませんよ」と内に秘める闘争心をあらわにしていた。 確かな技術と体力に加え、このメンタルがあったからこそ1年目から最多勝(16勝5敗)に輝き、高卒新人では史上初の3年連続最多勝というサクセスストーリーを駆け上がっていくのだった。

次の