ウィー ウィル ロック ユー 歌詞 カタカナ。 【歌詞カタカナ】We Will Rock You

Queen

ウィー ウィル ロック ユー 歌詞 カタカナ

We will we will rock you Everybody We will we will rock you We will we will rock you Alright ウィー・ウィル・ロック・ユー お前をロックさせてやる — クイーン 兄弟、お前はデカイ騒音を出す奴だ 道端で演奏することが いつかお前をビッグな奴にするだろう お前の顔に泥をくらっても でかい侮辱をくらっても そこら中で空き缶を蹴っ飛ばしてやれ 歌え 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる 兄弟、お前は若い奴だ、激しい奴だ 道端で叫ぶことが いつかお前を世界へ連れて行くだろう 顔に血反吐をくらっても でかい屈辱をくらっても そこら中でお前の旗を振ってやれ 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる 歌え! 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる 兄弟、お前は年寄りで貧乏なやつだ お前の目で訴えることが いつかお前に安らぎを与えてくれるだろう お前の顔に泥をくらっても でかい侮辱をくらっても 誰かがお前を引き戻すだろう お前のいるべき場所に 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる 歌え! 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる みんな 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる 俺たちは、俺たちはお前をロックさせてやる そうさ インデックス• 1,808• 139• 105• 137• 102• 207• 126• 110• 1,786• 128• 351• 169• 103• 122• 112• 170• 102• 173• 103• 4 最近の公開• 最近のコメント• に 夏樹 より• に 匿名 より• に eikashi より• に eikashi より• に 夏樹 より• に MAYO より• に eikashi より• に eikashi より• に eikashi より• に 夏樹 より.

次の

【歌詞カタカナ】We Will Rock You

ウィー ウィル ロック ユー 歌詞 カタカナ

レン とは言え、やはり その様々な楽曲をを歌いこなせる ボーカル「Freddie Mercury」の 天才的な力があったことで 「世界で最も売れたアーティスト」 となったんです。 そんな「Queen」の 「We Will Rock You」の意味は 「今に大物になるだろう お前たちをあっと驚かせてやる」 という力強い思いが込められている曲なんです。 当時に込めた想いを、 夢としてそのまま叶えたこの曲。 何だか素敵ですね。 では、そんな素敵な曲の 実際の歌詞や和訳も見ていきましょう! 「We Will Rock You」歌詞和訳! 騒ぎ立てる少年よ。 今は街で遊んでいるけど、 いずれ大物になるであろう。 顔に泥をつけろ。 情けない。 あちこちで、やりたい放題しながら 歌ってるやがる。 お前達をあっといわせてやるぜ。 お前達を揺さぶってやるぜ。 気難しい若き青年よ、 今は街で声を張り上げてるけど、 いつの日か世界を支配するだろうよ。 顔に血が付いてるぞ。 なんたる不名誉。 あちこちで自分の誇りを掲げて 歌ってやがる。 お前達をあっといわせてやるぜ。 お前達を揺さぶってやるぜ。 哀れな老人よ。 その目が訴えてるぜ。 いつの日か心に平穏を 手に入れたいと。 顔に泥をつけて。 なんたる恥辱。 いつか元の居場所へ戻るであろう。 お前達をあっといわせてやるぜ。 お前達を揺さぶってやるぜ。 どうでしょうか? ちなみに、サビ以外で印象的な オープニングのリズムは 教会を改造したスタジオで メンバー全員が床を踏み鳴らしたり 手拍子をしたりしながら録音したそうです。 こういった「Queen」の遊び心も 大きな特徴で、他にも 「ブレイク・フリー 」という曲は 「メンバーの女装で話題を呼んだ」 ロックな遊び心全開の曲です。 気になる人はこちらの記事も 読んでみて下さいね。

次の

Queen

ウィー ウィル ロック ユー 歌詞 カタカナ

 イギリスのロックバンド クイーンの6thアルバム「 New Of The World」 邦題:世界に捧ぐ に収録されている曲です。 『』との両A面シングルで、1977年10月にリリースされました。 ライヴでは「 ファストバージョン」と呼ばれる、原曲とアレンジが異なるハイテンポなバージョンも披露されていました。  歌詞の意味と解釈 ブライアン・メイによると、この曲は「 観客と一体になれるアンセムを作る」という意図で作られた曲だそうです。 また、印象的な「ストンプ・ストンプ・クラップ」 足踏み・足踏み・手拍子 のビートは、自身の夢に出てきて閃いたものだと言います。 歌詞の内容は、それぞれ「少年」「青年」「老人」に語りかける計3つのパートと、「ウィー・ウィル・ロック・ユー」というサビで構成された、シンプルなものです。 シンプルが故に、様々な訳し方が可能です。 ですので、1つ目の訳し方としては、言葉をストレートに訳し「 俺達 クイーン が、 パッとしない お前らをロックする 目覚めさせる 」となります。 こうすると、一体感が俄然高まった感じがします。 この場合、歌詞に登場する少年達は「 うだつの上がらない自分たち We 」を表したものだと言えます。 以下の訳は、後者の解釈で訳させていただきました。 また、それとは別のもう1つの解釈は、和訳の後に掲載させていただきます。 歌詞の出だし部分は以下のとおり Little Jesus, sweetly sleep, do not stir We will lend a coat of fur We will rock you, rock you, rock you We will rock you, rock you, rock you See the fur to keep you warm Snugly round your tiny form.  ロッキング・キャロル・・・チェコに伝わるキャロル(賛美歌の一種)が1920年代に英訳されたもの。 「赤ん坊のキリストがゆりかごに揺られ眠っている」という内容だそうです。 若干こじつけ気味ではありますが、曲調を全く無視して、歌詞を以下のように訳してみました。 この曲を書いたブライアン・メイが「フレディの事を思い浮かべて書いた」と考えると少し興味深いものがあります。 News Of The World(邦題: 世界に捧ぐ 1977年) カテゴリー•

次の