志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止。 白井家の馬フルハート解体画像が酷い!浜松市大山町の自宅庭が異臭現場【志村どうぶつ園】

志村どうぶつ園の日本犬の里では死亡事故が起きていた!?終了した理由は何?

志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止

人気動物バラエティ番組『』 日本テレビ系 が昨年、たびたび炎上した。 動物好きからの支持を集めている一方、「動物をおもちゃ扱いしてる」という声も多々集めている本番組だが、8月には茨城県にある動物園の新施設建設に密着したが、施設の園長の態度が問題となっていた。 「『日本一客が来ない動物園』として、これまでもたびたび紹介されたその動物園ですが、クラウドファンディングで資金を募って新たにイノシシの牧場が建設されることに。 8月10日放送回の中で、オープンの様子が放送されました。 しかし、オープン初日の開園30分前に園長が『開園祭をやる』と言い始め、現場はパニックに。 前日にやる予定だったものの、園長が日にちを間違えていたために当日になってしまったようで、知らされていなかった従業員はてんてこ舞いに。 その様子がばっちり放送されており、園長への批判のほか、『なんでこんなの放送するんだろ』『ネガキャン?』といった番組への疑問の声も聞かれました」 芸能ライター また、人気企画「白井家」への疑惑も根強い。 「白井家はもともと、18年9月に番組で初めて取り上げられ、多くの犬やヤギ、ウサギなどが放し飼いされているという珍しい一般家庭を番組が紹介。 家族の独特のキャラクターも相なり、番組でも一躍人気企画となりました。 しかし、19年11月、『週刊文春』 文藝春秋 で実は白井家の動物の扱いが杜撰であることが報じられると、次々とネットでも『なんでこの家、動物の去勢手術しないんだろう』『動物の脱走とか面白おかしく取り上げてるけど、近隣住民は迷惑だろうな』という声が噴出。 また、同年1月に亡くなったという馬については、同12月に再び『文春』が、家族の知人の男性が馬の遺体をナタで解体し、ボランティアを呼び出して自宅から運ばせたことを報道。 これには『信じられない…』『家族のように思ってたペットを自宅で解体とかありえない』というドン引きの声が殺到。 人気企画の継続を揺るがす大問題となっています」 同 こうした炎上で、ネットからは「もう動物番組はいいよ…」「食傷気味だし、そろそろ終わりそう」といった声も挙がっている。 果たして番組で今後、白井家をまた取り上げることはあるのだろうか。 注目が集まる。 外部サイト.

次の

トラブルが続く志村どうぶつ園 愛馬をバラバラ解体で「白井家の母」を直撃

志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止

「由紀子さんに呼び出されたボランティアの人々が白井家に着くと、あたり一帯に 異臭が漂っていたそうです。 そして彼らの目の前にあったのは白井家の愛馬のバラバラ死体。 由紀子さんの指示で、ボランティアがその遺体を運搬させられた」 (2019年12月7日公開 週刊文春デジタル有料記事より) 馬や牛などの死体の解体は、 死亡獣畜取扱場という施設以外で行ってはいけないと 法律で決められており、その 違法性も指摘されているそうです。 白井家の愛馬フルハートがバラバラ解体画像 文春によれば愛馬フルハートは 死後4日間放置されました。 そして、 4日後に白井家の敷地内(庭)でバラバラに解体されたというのです。 無料の文春オンラインの記事で公開されたフルハートの遺体画像がこちら。 画像全体にモザイクが掛けられています。 さらに文春の 有料記事では、 四肢が切り落とされた画像3枚が 追加で公開されていました。 そのため、 正直これがあのフルハートなのか?と思ってしまいました。 切り口周辺は 真っ赤な血痕が残っていました。 さすがに文春の有料画像(3枚)でも 一番生々しいであろう死体の切り口部分はモザイクがかけられていました。 そのため モザイク無しの解体画像は有料記事でも公開されていません。 しかし、 頭部・脚・尾が切り取られた胴体写真から伝わってくる生々しさは 酷かったです。 白井家の解体現場は自宅庭!場所は浜松市西区大山町? 馬バラバラ解体の現場となった白井家の場所はどこなのでしょうか? 白井家の場所は 静岡県浜松市西区大山町ではないかといわれています。 地元のお祭に関するツイートが白井家のアカウントから投稿されていました。 白井家の外観写真も週刊文春が公開しています。 フルハートの違法解体の現場は、ボランティアの人たちが目の当たりにしたそうです。 ボランティアがかけつけると 馬の死体はバラバラに解体されていました。 頭部・脚・尾が、すでにトラックに積まれており ボランティアは 1番重たい胴体部分をトラックに積むよう依頼されたそうです。 ボランティアの人たちは馬の残骸をみて大変ショックを受けたそうです。 白井家でバラバラ解体された愛馬フルハートとは フルハートといえば白井家が愛してやまなかった愛馬です。 フルハートは元々 競走馬でした。 引退して 殺処分寸前だったところを10年前、 白井家が引き取りました。 フルハートは30歳で、 人間で言うと100歳以上の高齢馬。 人懐っこい性格で子ども好きの優しい馬でした。 『志村どうぶつ園』でも『家族のようだ』と白井家で可愛がられる様子が報じられています。 白井家フルハートの怪我&死も番組で放送される 2019年1月17日、白井家の愛馬・フルハートが座る際にバランスを崩して転倒。 フルハートは複雑骨折という大ケガを負ってしまいました。 その後フルハートは亡くなりました。 2019年2月16日に放送された志村動物園ではフルハートの死を悼む白井家の様子も放送されました。 フル君が天国に召された。。 白井家の人々や動物たちの深い悲しみに心が痛んだけれど、フルハートの名前通りハート溢れる家族や仲間に恵まれて幸せそうだった。 迅くんは素朴で優しい子なんです。 自分もフルハートの死に向かい合っていました。 しかし 由紀子さんはボランティアを呼び出した張本人であるにもかかわらず、家に籠ったきりで外に出てこようともしなかった。 鴻明くんも外出していて、家にすらいなかった。 (2019年12月7日公開 週刊文春デジタル有料記事より) 週刊文春が由紀子さんに直接取材すると・・ 解体については『そんな事実はない』、 ボランティアについては『そんな人はいない』、 事実ではない点の説明を求めても『説明はできない』とのこと。 文春の記事によれば、バラバラ死体の現場には迅くんがいたようです。 解体の事実は迅くんに聞けば分かるはずですが・・?.

次の

白井家の動物22匹と暮らす兄弟姉妹はハーフ?Twitterは?【志村どうぶつ園】 | ペットと暮らす研究室~enjoy life~

志村 どうぶつ 園 白井 家 放送 中止

白井家が起こしたトラブルとは? 白井家のトラブルは、次のとおりです。 白井家宅の裏に大量の動物の糞尿が山積みされており、その悪臭が外部にも漏れている• 2018年、家から500m離れたところにある白井家所有の農地に大量の糞尿が運び込まれた• 番組密着中だけではなく、普段から動物が脱走している• 馬が脱走し、パトカーが出動したことがある• 2017年12月11日、白井家のヤギに野菜を食い荒らされ、苦情を言いに行くと、大型犬のトーマスに右腕を噛みつかれ、数針縫った。 事件から4ヶ月後、治療費2万円とお詫びの手紙が同封された封筒が届いた• 以前にもトーマスは噛みつき事件を起こしており、浜松市と処分について話し合われたことがある• バレンタインデーに、長男の鴻明さんが、白ヤギの体にスプレーでハートマークの落書きをした• 亡くなった愛馬・フルハートを自宅で解体した疑惑• 愛犬・トーマスが、グレーのモルモット(おもち)を咬傷し、次男・迅さんが裏庭に埋葬。 しかし、『志村どうぶつ園』に、よく似たモルモットが何事もなかったように登場した。 一連の出来事に疑問を抱いたボランティアに、すべてを公表される 流石に、トラブルとしては多過ぎます。  『志村どうぶつ園』で白井家が放送中止になる? 長男の鴻明さんは、記者に対して、「迷惑をかけた方たちには今すぐに謝りたい」と反省の弁を述べ、白井家の非を認めています。 また、母・由紀子さんは、鴻明さんによるヤギの落書きについては否定したものの、他のトラブルは概ね認めました。 日本テレビも、「事実でないことを放送していない」とのことなので、当面は、白井家の放送は続くでしょう。 しかし、今後もトラブルが続くようだと、『志村どうぶつ園』から白井家の放送が消えてもおかしくありません。 番組を観ていても、次から次へと動物を飼い、確実に個人で飼えるキャパシティを超えているので、余裕を持って飼える数に留めていただきたいものです。 今後も『志村どうぶつ園』で白井家と動物たちの姿が見られるように、改善を望みます。

次の