ひげおやじ 本名。 炎上した中高生向けSNS『ゴルスタ』の厳しすぎる運営に実況者レトルト・牛沢「ニコニコだったら全員BAN」

YouTuber“ヒカルのマネージャー”高橋氏が立ち上げた新会社「Guild」とは? 高橋将一インタビュー | ガジェット通信 GetNews

ひげおやじ 本名

元VAZ副社長にしてYouTuberヒカルの友人でありマネージャーの 高橋将一氏が、新たに会社を立ち上げる事を2019年10月21日に発表しました。 新会社は『 株式会社Guild』(ギルド)。 中世において職業別の集まりを意味する名前の会社で、高橋氏は「代表:ギルドマスター」という役職に就いています。 Guildはいったいどんな会社なのか、高橋氏に直接インタビューをしてみました。 しかし 従来のプロダクション型ではなくエージェント型でのマネジメントを行います。 またベースモデルに関して言えば、 逆ホールディングス型をとります。 エージェント型にしても逆ホールディングス型にしても、クリエイターサポートを行う会社としては 日本で初めてですね。 芸能プロダクションってテレビに出たりとか、CM撮ったりとか、割といろんな大人の人が絡んでるんでプロダクションが補填しないといけません。 例えばCMだったら1年間保証しないといけないんで、クリエイター直でお願いするのではなくプロダクションが保証部分を担保するんです。 YouTubeのクリエイティブにはプロダクション形式よりも適している形があるはず 高橋:しかしYouTubeプロダクションってチャンネルとタレントを両方ともYouTuberが運営しているので、YouTubeプロダクション自体ができる事っていうのが少ないんですね。 企業からのPR案件とかも、動画1本だけの契約等が主流なので、CMのように保証期間とかがあるわけではないです。 作る側に居たのでYouTube業界で必要な事は全部知っています。 YouTubeプロダクションの場合、芸能のそれに比べてできる事の幅が狭い。 そんな中で僕たちはお金の使い方について思っている事もあります。 年間にしたら7200万円です。 これ、割といい会社の役員を7人雇えるくらいの金額なんですね。 これってどうなのかなぁ、って僕は考えてました。 もっと明朗会計で安い金額でサポートしてくれるんだったら、そういうほうがいいんじゃないか、って。 僕的にはそのお金使ってもっとクリエイティブの企画費とかに充てたほうが純粋に面白いコンテンツもできるし、そうするとクリエイターもユーザーもハッピーだしそっちの方がいいじゃないかと思っています。 エージェント型の場合、クリエイターはあくまで独立した形をとり、主導権もクリエイターが持ちます。 Guildはクリエイターに対して、企画提案なども行える組織なのですね。 具体的にはどんな風にそれを行うのでしょうか 高橋:今度僕たちがやろうとしているものに「 サロン」があります。 僕たちはこの 企画買取型サロンを「IDEA GUILD」と名付けました。 たとえば「僕、素人だけどチャレンジしてみたいんですよね」「アイデアはあるんです」という人は居ると思うんです。 企画に限らず、動画編集でもいいし、デザインでもいいし、 なにかに携わりチャレンジしたい人たちを集めて、コンテンツに携わる場所、クリエイティブが発掘できるようなサロンというのを作りたいな、と。 サロンという場所は無料で提供するけど、出来上がったコンテンツで収益化していくというイメージですか? 高橋:サロンに払うお金を中抜きするとかって発想はあんまり無くて。 それはもう、そのまま企画として繋げちゃっていいって考えています。 どちらかというと 才能が発掘できるってところが強いです。 結局、僕たちは代理店としての機能も持っていますので。

次の

炎上した中高生向けSNS『ゴルスタ』の厳しすぎる運営に実況者レトルト・牛沢「ニコニコだったら全員BAN」

ひげおやじ 本名

皆さんは「 赤髪のとも」という ゲーム実況者をご存知でしょうか? 2019年9月現在の YouTubeチャンネル登録者数は 189万人と日本のゲーム実況 ジャンルにおいて、 最上位に位置するゲーム実況者です。 元々はニコニコ動画で活動をしていましたが、 2016年くらいから本格的に YouTubeに拠点を移し、 一時期は 登録者数で日本で 一番に なっていた時期もありました。 動画がコンスタントに上がることは 勿論のこと、 赤髪のともさん本人の声が中世的で 所謂イケボというもので、 人気となった大きな理由でもあります。 顔出しも度々されていて、マスク越しでは ありますが、漏れ出るイケメンな雰囲気に 女性ファンが多いのも有名な話です。 今回はそんな赤髪のともさんの年齢や彼女 炎上や裏で囁かれる性格の悪さ、マスク無 しの顔について、調査をしてきました! 赤髪のともさんみたく、自分でも スマホで簡単にゲーム配信ができる! の記事に書いてみました。 赤髪のとものプロフィール!気になる本名や年齢は? 出展: 本名:不明 生年月日:1986年7月23日 年齢:33歳 (2019年9月現在) 出身地:千葉県 在住地:東京都 身長:170cm 体重:不明 血液型:O型 職業:YouTuber 所属事務所:ガジェクリ 彼女の有無: 後述 気になる赤髪のともさんの本名は、 噂はありますが確証となるものが無く、 2019年9月現在では不明なままのようです。 YouTubeから始めた人は個人情報に疎い方が多く、 何かと流失をしてしまうものですが、 ニコニコから実況を始めた方達は その辺がしっかりしている印象があります! 因みにですが、噂として出ている名前は " ともや"、" ともあき"、" ともゆき"だそうです! 赤髪の"とも"ってHNでありますから、 きっと名前から取ったんだろう という推測から出た噂のようですね。 そして気になる年齢は" 33歳"のようです! 若々しい見た目だからギャップに驚いた方も 多いのではないでしょうか? こちらは赤髪のともさん本人からは 公表されておらず、 実際には非公開な情報となっております。 では何故バレたのかと言いますと、 ともさんが今ほどの人気が無い頃、 視聴者からの質問で来た際に ポロッと「1986年」 と答えたからだそうです! 知るファンぞ知る情報のようで、 誕生日はTwitterIDから分かったそうです! 今では赤髪のともさんも誕生日について 言及されるようになり、 ファンからのプレゼントは嬉しい というツイートもされていました。 スポンサードリンク 赤髪のともって彼女は居るの? 今では名実共に日本の トップゲーム実況者として 沢山の番組で活躍をされている 赤髪のともさん。 そんな方と言えば気になるのが 彼女の有無では無いでしょうか? ここまで人気もあり、平和主義者で穏やかな 性格でなおかつイケメンということもあり 言い寄る女性も彼女事情が気になる方も多い のではないかと思います。 そんな赤髪のともさんですが、 過去に一度 彼女ではないかと噂をされていた方が居まし た。 それが「 ドミニク」さんという 同じゲーム実況者として活躍されている女性の方です! 出展: 噂の発端はドミニクさんが赤髪のともさんの 実況動画に良く出演されているからだそうです。 確かに赤髪のともさんと言えば 他のYouTuberさんとのコラボ動画が 非常に人気で、特になどは 赤髪のともさんの動画でも 屈指の人気を誇っているので、 気になる方はチェックしてみて下さい! 話を戻しますが、そんなコラボをしている YouTuberさんの中でも女性だけに限定をする ならドミニクさんは非常に出演回数が多く、 そこから噂が出てきたのではないかと思います。 こちらは未だに確証となる情報が出ていないので、 噂の域は出ていませんから 赤髪のとも さんの彼女の有無は現在も不明 となっています。 ただ、もし彼女が出来るのなら ドミニクさんなのかなー と個人的には思っちゃいます! スポンサードリンク 赤髪のともの炎上事件と性格の悪さについて! クリーンなイメージがある赤髪のともさん ですが、最近一度だけ 炎上をしかけてしまっ たことがありました! 活動を始めてから目立った炎上事件というの はこれが初めてのようで、 ファンにもかなりの動揺があったようです。 その原因は、去年の年末年始に YouTuber達でのコラボがあったのですが、 その面子の一人である 「love」さんという方が不参加を発表。 不参加の理由は、 コラボを予定しているYouTuber達の間での 陰口や悪口が激しいということで かなり悩んだためだそうです。 この話が大きく拡散され考察をした結果、 陰口をしていたのは 赤髪のともさんではないかという結論に至り、 炎上という形になったようです。 性格が悪いのではないかという噂も この事件がもとになったようですね。 これに対しての赤髪のともさんからの 言及は無く、 それが「沈黙は肯定ではないか?」と 捉えられ、大炎上となりかけましたが、 時間とともに事態は収束、無事鎮火しました。 実際に陰口を行っていた可能性が高いのが 赤髪のともさんだというだけで、 確証となる発言は無く推測の域を出ません。 ですが、クリーンなイメージがついていた 赤髪のともさん絡みの騒動だからこそ、 ここまで燃えたのではないかと思います。 結局は無駄に煽ることはせず、 沈黙を選んだ赤髪のともさんの大人の対応が 事態の収束へと繋がりました。 スポンサードリンク 赤髪のとものマスク無しの顔について! 赤髪のともさんは顔出しの番組やイベントに 出演をする際、 必ずマスクを着用しています。 これはYouTube以外に先生として働かれていた 頃からの習慣で、 専業YouTuberになった今でもマスクは取られていません。 (でマスクなしの顔を公開しています。 ) マスク越しでもイケメンな雰囲気が出ているだけに、 素顔が気になる方も多いようです。 7月23日! 赤髪のともさんの誕生日!! おめでとうございます🎉 良い1日を! — アミト アカウント移行しました ami1029aot そんな赤髪のともさんのマスク無しの顔画像を 見つけることが出来ましたが、 何分遠目からの画像ものしか無く、 詳細に顔を判断出来るものはありませんでした。 出典: 遠目からでもイケメンなのでは!?という雰囲 気はあるのですが、イケメン!と言えるほど 判断出来るものが無いので、何とも言えないの が現状です。 やはりプライベートの管理は 徹底されているようですね。 ゲーム実況者はほとんど顔が 分からないですよね! そんなユーチューバーの 素顔に迫った記事が 他にもあるのでよろしければご覧ください。 まとめ いかがだったでしょうか? 赤髪のともさんについての調査結果でした。 2018年にゲーム実況者として人生初の炎上をし、 真相が判明しないままあること無いことを囁かれ、 苦労をされていました。 しかし、根強いファンが多いともさんは 負けずに動画投稿を続け、 今では騒動も過去のものとなり いつもの平和な動画に戻っています。 思えば騒動の際の大人な対応で赤髪のとも さんの平和主義?な思想が見て取れたのでは ないでしょうか! トーク力に性格の良さ、 ルックスもイケメンで 精力的に動画投稿をされる姿勢から 多くのファンがいる赤髪のともさん。 もしかしたら性格の悪いという噂が本当 な可能性もありますが、それが事実だと 判明するまで、また判明したとしても 謝罪をすることが出来れば、 変わらず1ファンとして応援を 続けて行こうと思います。 自分でもゲーム配信をしてみたい! という方にスマホアプリを用いた 方法を紹介した記事は。

次の

【YouTuberヒカル】ひろゆきとひげおやじって誰?

ひげおやじ 本名

概要 [ ] 手塚治虫のを代表する「俳優」のひとり。 頭頂部から禿げ上がった頭と、二股に垂れ下がった白いがトレードマークの中年男性として描かれる。 服装はに格子模様の蝶を付けていることが多い。 『』をはじめとした複数作品で「本名は伴俊作、通称ヒゲオヤジ」と名乗っているので「伴俊作」が俳優としての本名であるかのように言われることもあるが、実際にはそれ以外の役名で登場した作品も多く、その中には、「」や「」など、明らかに日本人でないものも含まれている。 そのため俳優名としては「ヒゲオヤジ」で通すのが一般的である。 商業作品でのヒゲオヤジのデビューは、の『関西輿論新聞』版『』 (ただし、それ以前に、同年の『』第26回(1946年2月2日掲載)にも1コマだけ出演している )。 単行本では10月の『怪人コロンコ博士』が初出であり、同作で初めてとコンビを組んでいる。 また、「伴俊作」名での初出演作は、1948年の単行本版『』である。 『』(1948年)・『』(1950年)等の初期長編では、少年主人公のとコンビを組んで、準主役を演じていることが多い。 得意な役柄は気質(手塚によれば「の生まれ」 )の熱血漢で、正義感が強く不正や差別には断固として敵対する。 また好奇心が強く様々な事件に首を突っ込むところがあり、そのため多くの作品で私立が当たり役となっている。 ただし、決して善玉専門というわけではなく、悪役やそれに近い役柄で出演したこともある。 キャラクター原案は手塚ではなく、手塚の中学時代の友人Iである。 の菓子屋「鶴屋八幡」の息子だった彼が、自分の祖父をモデルに落書きしたのを、手塚が漫画の登場人物として借用した『オヤジ探偵』が起源である。 そのため、手塚の中学時代の習作では、ヒゲオヤジはを話していた。 「アトム今昔物語」にて、20代後半から30代始め頃の姿が登場しているが、がっしりした体格の気の強そうな青年であった。 登場作品 [ ]• 『』(1945年) - 漫画家デビュー前の習作。 火気親次(民間素人探偵及び萬呂頭(よろず)研究家)• 『怪人コロンコ博士』(1947年) - Q-Q-光線を発明した科学者• 『怪盗黄金バット』(1947年) - サラダ公爵• 『』(1948年) - ビルおじさん(ロケット列車建造工場長)• 『魔法屋敷』(1948年) - ヒゲタ博士• 『』(1948年) - 伴俊作(私立探偵)• 『』(1949年) - 探偵• 『』(1950年) - ケン一のおじ• 『』(1950 - 54年) - ケン一のおじ• 『』(1951 - 68年) - 伴俊作(お茶の水小学校の教師、元私立探偵)• 『』(1951年) - 伴俊作(私立探偵)• 『』(1952 - 54年) - 大助の父• 『』(1953年) - 「地下鉄サム」ことサム・ユードオ(元ギャング)• 『』(1954年) - 伴俊作(私立探偵)• 『大洪水時代』(1955年) - 元医師の脱獄囚• 『虹のとりで』(1956 - 57年) - アンパカ刑事• 『スリル博士』(1959年) - スリル博士(医師)• 『』(1959 - 62年)• 『』(1960 - 61年)• 『』(1966 - 67年) - 伴俊作(私立探偵)• 『』(1970年) - やけっぱちの父親• 『』(1972 - 83年) - パンパス刑事• 『』(1973年) - フーテン• 『』(1974 - 78年) - 中華料理屋「来々軒」の主人• 『』(1976 - 78年) - 酒処「水と油」の主人• 『』(1986 - 87年) - 三戸仙吉(ミッドナイトの父)• 『』(1987 - 89年) など多数 声優 [ ]• (下記を除いたほぼ全てのヒゲオヤジが出演する作品。 (アニメ:)• (アニメ:)• (アニメ:)• (アニメ:)• (アニメ:)• (アニメ:鉄腕アトム(アニメ第1作))- 矢島から交代。 (劇場版アニメ:)• (人形劇:)• (アニメ:)• (アニメ:) 俳優 [ ]• () 脚注 [ ]• , p. 363. , p. , p. 231, 渡辺泰「解説」. , pp. 363-364. 364. 私立探偵役での出演作に、『ロストワールド』(1948年)、『』(1949年)、『』(1951年)、『火星からきた男』(1952年)、『』(1954年)、『伴俊作まかり通る』(1961年)、『フライング・ベン』(1966-67年)、『』(1966-67年)などがある。 また『』では元私立探偵の小学校教師。 悪役やそれに近い役柄での出演作に、『一千年后の世界』(1948年)のボロ王、『』(1956年)の黒田隊員、『偉大なるゼオ』(1964年)の大臣、『』(1970年)の玩具屋などがある。 また『』ではスリ師(「山手線の哲」)や吝嗇な大富豪(「灰とダイヤモンド」)など、様々な役を演じている。 参考文献 [ ]• 『手塚治虫デビュー作品集』 、1991年10月10日。 - 初刊『ぼくはマンガ家』(1969年)。 「解説 名優ヒゲオヤジの軌跡」、編 『手塚治虫漫画劇場 ヒゲオヤジの冒険』 〈〉、2002年9月20日、362-381頁。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• () この項目は、に関連した です。

次の