デザリング wimax。 WiMAXでのテザリング利用のメリット・デメリットをまとめ徹底解説

Web会議(ウェブ会議)で消費するデータ通信量はどのくらい?どんなモバイル通信をえらぶべき?

デザリング wimax

テザリングってなに? そもそもテザリングってなに? 外出時などWi-Fi環境がない場合、WiMAXのようなモバイルWi-Fiルーターがあると便利ですが、スマホのテザリング機能を使うといった選択肢もあります。 そもそも テザリングってなんでしょうか? テザリングとは、簡単に言うと スマホを介してPCやゲーム機などのデバイスにインターネットを接続させる機能です。 スマホをWi-Fiルーターとして使える機能になります。 接続方法は「USB」「Wi-Fi」「Bluetooth」があります。 スマホのテザリングのイメージ スマホを介してインターネットを繋ぐ利用方法になるので、普段スマホが繋がるエリアであれば気にせず使えるメリットがあります。 WiMAXはそのままWiMAXを介して使用するデバイスにインターネットを接続させるものになります。 実際にテザリングとWiMAXを使ってみた 実際に使ってみた 実際にスマホのテザリングとWiMAXで使用感は違うのか、使用する環境・機種によっては影響差が出ますので必ずしも同じ結果とは言えませんが、ここでは 実際に使って分かったポイントを比較してみます。 まずはスマホのテザリングを使って2時間ほど実際に使ってみました。 テザリングの繋ぎ方は「Wi-Fi接続」で、充電MAXのiPhone 8 Plus(au)を東京都品川区で利用していきます。 主に使用する内容はブラウジング、メール送受信、SNSチェックです。 ~1時間後~ 作業をして約1時間ほどでさっそく気になりました。 ~2時間後~ 2時間後のiPhone 2時間使って、このバッテリーの減りようだと モバイルバッテリーは必須!ですね。 メインで使うスマホをそのままテザリングとして使う想定をしているので、実際にはこの間にも電話をしたりスマホ自体の通信をしている状態になります。 ちょっと外で使いたい時に便利ですがバッテリーは気にしたほうがいいでしょう。 テザリングの使い勝手としては、主にブラウジングやTwitter、メールを使っても 通信速度に関しては、遅いと感じることなく使えました。 続いて、WiMAXを使ってみましょう。 使用するWiMAXはBroad WiMAX 「Speed Wi-Fi NEXT W05」になります。 充電MAXで繋ぎ方は「Wi-Fi接続」で使用します。 テザリングと同じく、内容はブラウジング、メール送受信、SNSチェックです。 ここからWiMAXを使う ~1時間後~ WiMAXを使って1時間後、電池の減りはなにも気になりませんでした。 通信も全く問題なく快適に使用できます。 ~2時間後~ 2時間経過するとさすがに少しバッテリーが減りました。 これなら、 使わない時はオフにするとして1日使って就寝時に充電するといったルーティンで利用できそうです。 繋ぐ時間が長時間を越えるようなら、モバイルバッテリーはあったほうが良いでしょう。 今回使用したW05はスペック上の連続通信時間は約7時間となっています。 通信が混み合うとされているお昼のランチタイムをまたいで使っていても、通信速度の体感としては全く問題なく使えました。 スマホのテザリング料金とWiMAXの料金を比較 スマホのテザリングとWiMAX、どっちを使うのがお得なのでしょうか? スマホのプランを見直したほうがいいのか、WiMAXを申し込んでスマホと一緒に使ったほうがいいのか。 料金を比較してみましょう。 ドコモ、au、ソフトバンクのテザリングの料金はオプションになっており、ドコモは無料、auとソフトバンクは500円となります。 ただ、テザリングだけでは契約ができませんので、ここでは各キャリアの月額料金、WiMAXの月額料金を比較します。 家でも頻繁に使いたいなど、利用用途にもよりますがWiMAXを持つことを考えると、スマホのデータ通信のプランを見直したほうがいいといえるでしょう。 また、スマホ1台で使えるので持ち物がかさばらないで使えます。 デメリットは、バッテリーの消耗が激しいことと、頻繁に使っていると通信制限にかかってしまうことも考えられます。 モバイルバッテリーを常備しておくのと、毎月のデータ残量をこまめに確認しておくといいでしょう。 WiMAXのメリットは、無制限で使えること。 外出時はもちろん、工事不要で家でも使えます。 3日で10GBなどの通信制限を気にする必要はありますが、使い方さえ気をつければ大丈夫でしょう。 バッテリー持ちもテザリングよりは不安材料にはなりません。 デメリットとしては、少し外で使いたいといった場合には料金が高いです。 また、対応エリアは拡大していますがスマホと比べるとエリアはまだ広くありません。 申し込みの際に対応エリアの確認、利用頻度を考えておくといいでしょう。 比較まとめ 今回、スマホのテザリングとWiMAXを実際に使ってみました。 テザリングは、バッテリーと毎月のデータ通信量に注意が必要ですが、メインのスマホでさっといつでも使える手軽さがあります。 WiMAXは毎月のランニングコストはかかりますが、長時間つかっていても通信制限、バッテリーの部分でも安心して使えます。 短時間で使うケースが多い人はテザリングを。 1日の中で家でも外でもWi-Fi環境が欲しい人はWiMAXを使うといいでしょう。 自身で使うシーンを想定して利用するようにしましょう。 また、スマホの料金を格安SIMなどで抑えて、WiMAXを使うといった組み合わせもおすすめです。 また、WiMAXはエリアや通信速度が気になる人は15日間無料でお試しできる「 」を利用するといった方法もあるので参考にしてみてください。

次の

ドコモのポケットWiFi vs WiMAX!おすすめはどっち?

デザリング wimax

テザリングってなに? そもそもテザリングってなに? 外出時などWi-Fi環境がない場合、WiMAXのようなモバイルWi-Fiルーターがあると便利ですが、スマホのテザリング機能を使うといった選択肢もあります。 そもそも テザリングってなんでしょうか? テザリングとは、簡単に言うと スマホを介してPCやゲーム機などのデバイスにインターネットを接続させる機能です。 スマホをWi-Fiルーターとして使える機能になります。 接続方法は「USB」「Wi-Fi」「Bluetooth」があります。 スマホのテザリングのイメージ スマホを介してインターネットを繋ぐ利用方法になるので、普段スマホが繋がるエリアであれば気にせず使えるメリットがあります。 WiMAXはそのままWiMAXを介して使用するデバイスにインターネットを接続させるものになります。 実際にテザリングとWiMAXを使ってみた 実際に使ってみた 実際にスマホのテザリングとWiMAXで使用感は違うのか、使用する環境・機種によっては影響差が出ますので必ずしも同じ結果とは言えませんが、ここでは 実際に使って分かったポイントを比較してみます。 まずはスマホのテザリングを使って2時間ほど実際に使ってみました。 テザリングの繋ぎ方は「Wi-Fi接続」で、充電MAXのiPhone 8 Plus(au)を東京都品川区で利用していきます。 主に使用する内容はブラウジング、メール送受信、SNSチェックです。 ~1時間後~ 作業をして約1時間ほどでさっそく気になりました。 ~2時間後~ 2時間後のiPhone 2時間使って、このバッテリーの減りようだと モバイルバッテリーは必須!ですね。 メインで使うスマホをそのままテザリングとして使う想定をしているので、実際にはこの間にも電話をしたりスマホ自体の通信をしている状態になります。 ちょっと外で使いたい時に便利ですがバッテリーは気にしたほうがいいでしょう。 テザリングの使い勝手としては、主にブラウジングやTwitter、メールを使っても 通信速度に関しては、遅いと感じることなく使えました。 続いて、WiMAXを使ってみましょう。 使用するWiMAXはBroad WiMAX 「Speed Wi-Fi NEXT W05」になります。 充電MAXで繋ぎ方は「Wi-Fi接続」で使用します。 テザリングと同じく、内容はブラウジング、メール送受信、SNSチェックです。 ここからWiMAXを使う ~1時間後~ WiMAXを使って1時間後、電池の減りはなにも気になりませんでした。 通信も全く問題なく快適に使用できます。 ~2時間後~ 2時間経過するとさすがに少しバッテリーが減りました。 これなら、 使わない時はオフにするとして1日使って就寝時に充電するといったルーティンで利用できそうです。 繋ぐ時間が長時間を越えるようなら、モバイルバッテリーはあったほうが良いでしょう。 今回使用したW05はスペック上の連続通信時間は約7時間となっています。 通信が混み合うとされているお昼のランチタイムをまたいで使っていても、通信速度の体感としては全く問題なく使えました。 スマホのテザリング料金とWiMAXの料金を比較 スマホのテザリングとWiMAX、どっちを使うのがお得なのでしょうか? スマホのプランを見直したほうがいいのか、WiMAXを申し込んでスマホと一緒に使ったほうがいいのか。 料金を比較してみましょう。 ドコモ、au、ソフトバンクのテザリングの料金はオプションになっており、ドコモは無料、auとソフトバンクは500円となります。 ただ、テザリングだけでは契約ができませんので、ここでは各キャリアの月額料金、WiMAXの月額料金を比較します。 家でも頻繁に使いたいなど、利用用途にもよりますがWiMAXを持つことを考えると、スマホのデータ通信のプランを見直したほうがいいといえるでしょう。 また、スマホ1台で使えるので持ち物がかさばらないで使えます。 デメリットは、バッテリーの消耗が激しいことと、頻繁に使っていると通信制限にかかってしまうことも考えられます。 モバイルバッテリーを常備しておくのと、毎月のデータ残量をこまめに確認しておくといいでしょう。 WiMAXのメリットは、無制限で使えること。 外出時はもちろん、工事不要で家でも使えます。 3日で10GBなどの通信制限を気にする必要はありますが、使い方さえ気をつければ大丈夫でしょう。 バッテリー持ちもテザリングよりは不安材料にはなりません。 デメリットとしては、少し外で使いたいといった場合には料金が高いです。 また、対応エリアは拡大していますがスマホと比べるとエリアはまだ広くありません。 申し込みの際に対応エリアの確認、利用頻度を考えておくといいでしょう。 比較まとめ 今回、スマホのテザリングとWiMAXを実際に使ってみました。 テザリングは、バッテリーと毎月のデータ通信量に注意が必要ですが、メインのスマホでさっといつでも使える手軽さがあります。 WiMAXは毎月のランニングコストはかかりますが、長時間つかっていても通信制限、バッテリーの部分でも安心して使えます。 短時間で使うケースが多い人はテザリングを。 1日の中で家でも外でもWi-Fi環境が欲しい人はWiMAXを使うといいでしょう。 自身で使うシーンを想定して利用するようにしましょう。 また、スマホの料金を格安SIMなどで抑えて、WiMAXを使うといった組み合わせもおすすめです。 また、WiMAXはエリアや通信速度が気になる人は15日間無料でお試しできる「 」を利用するといった方法もあるので参考にしてみてください。

次の

テザリング

デザリング wimax

ギガ放題プラン たっぷり高速通信を楽しみたい! 月間データ容量が制限なし 注1で使えるプランです。 スマホやパソコンでインターネットをたっぷり楽しみたい方におすすめです!• ライトプラン 必要最低限ネットしたい! 月間データ容量は7GB 注1で、料金を手軽にした格安プランです。 メールやサイトの閲覧など、必要最低限の利用でOKという方におすすめです! 月額最安ギガ放題プラン 月額最安ライトプラン 月額利用料 高速通信もたっぷり利用可能! 制限なし 注1 月間データ量 月間7GBまでネットが利用可能! 制限あり 注1• 通常だと利用した月1,004円 かかるオプション料金が• 無料 LTEエリア 利用料• 通常だと利用した月1,004円 かかるオプション料金が• 通常時 18,857円が Web割キャンペーンで• 0 円• 通常時 18,857円が Web割キャンペーンで• 0 円• ただし、2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで制限が継続することがあります。 この場合、一旦、セッションを切断すると速度制限が解除されます。 エリア混雑状況により速度を制限する場合があります。 1 日割料金は端末発送日からのご請求となります。 2 課金開始月を含む翌月を1ヶ月目とし、24か月間おトク割500円 税抜 とにねん割100円 税抜 が適用となります。 3 Web割キャンペーン適用は「Web申込」「月額最安プラン」「クレジットカード払い」「指定オプション加入」が条件となります。 4 プラン変更の申請は1ヶ月に1回です。 プラン変更は申請した翌月から適用されます。

次の