ゼットスケーラー 急落。 IPO投資にブレーキ?好決算銘柄が急落するマーケットでいま起きていること (2019年9月13日)

小型成長株が軒並み急落している今こそ、好決算企業の絶好の買い場に! ズームやクラウドストライク、ロク、オクタなど「今買うべき銘柄」はこれだ!|世界投資へのパスポート|ザイ・オンライン

ゼットスケーラー 急落

5-7月期決算を発表しており、1株利益、売上高ともは予想を上回ったものの、通期の見通しが予想を下回っていたことが嫌気されている。 市場の期待が強かっただけに失望感が強かったようだ。 今回の決算を受けてアナリストからの目標株価引き下げも相次いでいる。 一部のアナリストからは、同社はその分野のリーダーであり続けると思われるが、投資家は成長への耐久性やバリュエーションを考慮する際に、競争激化にも留意する必要があるとの指摘も出ていた。 (5-7月・第4四半期) ・1株利益(調整後):0. 07ドル(予想:0. 01ドル) ・売上高:8610万ドル(予想:8270万ドル) (8-10月・第1四半期) ・1株利益(調整後):0~0. 01ドル(予想:0. 02ドル) ・売上高:8900~9000万ドル(予想:8780億ドル) (通期見通し) ・1株利益(調整後):0. 12~0. 15ドル(予想:0. 20ドル) ・売上高:3. 95~4. 05億ドル(予想:4. 02億ドル) (NY時間11:30) ゼットスケーラー 46. 83(-14. 77 -23. また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。 ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

あのZoomじゃないズームの株価が急伸した事情

ゼットスケーラー 急落

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 【サース急落は炭鉱のカナリアか?】期待値を下げて景気後退に備える - チンギスハン米国株永久投資はてなブックマーク - 【サース急落は炭鉱のカナリアか?】期待値を下げて景気後退に備える - チンギスハン米国株永久投資 プレビュー 【サース急落は炭鉱のカナリアか?】期待値を下げて景気後退に備える - チンギスハン米国株永久投資はてなブックマーク - 【サース急落は炭鉱のカナリアか?】期待値を下げて景気後退に備える - チンギスハン米国株永久投資 【サース急落は炭鉱のカナリアか?】期待値を下げて景気後退に備える - チンギスハン米国株永久投資 3大幅上昇もサースは大落 2019年8月20日(火) 昨日は大幅上昇でダウは... 概要を表示 3大幅上昇もサースは大落 2019年8月20日(火) 昨日は大幅上昇でダウは2. 6万をは8千をした。 下はです の初めののして50日線に戻ってきました も50をした。 「超の群」も長期以外は上昇した。 最大はMSFTの1. 67%、ほぼ最に戻ってきました。 V,も圏復帰です。 皆様のも上昇でしょう。 おめでとざい。 こんななかでサースは急落した。 のZSゼットスケーラーの. 26%安を初めすべてが下落した。 好だったも2. 29%安です。 サースはのの役目を果たす 6月に1回7月に2回の急落をしてい。 そして8月は今回。 が急落したのは除き。 今回のように3揃っ.

次の

トウキョウベース/TOKYOBASEの業績が急降下、いったい何があった?

ゼットスケーラー 急落

パブリッククラウドとデータセンター向けのアプリ間通信保護により、ゼロトラスト市場におけるーダーシップを強化 クラウドセキュリティ業界を牽引するZscaler(本社:米国カリフォルニア州、以下 ゼットスケーラー)は本日、パブリッククラウドとデータセンター向けのアプリケーション間通信セキュリティの先駆者であるEdgewise Networksを買収したことを発表しました。 Edgewise Networksは、アプリケーションソフトウェア、サービス、プロセスのIDを検証してゼロトラスト環境を実現し、East-West通信を大幅に改善した企業です。 これにより攻撃対象領域が格段に減少し、不正アクセスやデータ漏洩のリスクも軽減されました。 現代のセキュリティはユーザー、アプリケーション、データの保護が求められており、今日のクラウドとモビリティの世界では、境界ごとに構築したネットワークセキュリティが以前より役割を果たせなくなっています。 ゼットスケーラーはビジネスポリシーに基づきながら、ゼロトラストネットワークアクセスと呼ぶ企業ネットワークに接続することなく、ユーザーとアプリケーション間の接続を確保します。 Edgewise Networksはゼットスケーラーのクラウドネイティブプラットフォームを拡大し、アプリケーション間の通信を保護することで、パブリッククラウドとデータセンターにより強力なセキュリティを提供します。 企業は、East-Westトラフィックのネットワーク内を水平方向に自由に移動する攻撃によって、大きな脅威に直面しています。 不正アクセスを受けた一台のサーバーによって、攻撃者はネットワーク上の複数のサーバーやアプリケーションを攻撃することが可能になります。 Edgewise Networksは個々のアプリケーションとそれらの正しい通信パターンを発見し、AIと機械学習アルゴリズムを利用して、許可された通信を自動的に作成、強化することでアプリケーションのセグメンテーションを行います。 こうしたアプローチは、レガシーネットワークのセグメンテーションと比較して、セキュリティ面においてはるかに優れています。 ゼットスケーラーの会長兼CEOのジェイ・チャウドリー(Jay Chaudhry)は次のように述べています。 「ゼットスケーラーは、クラウドファーストの世界でセキュリティに革新を起こすために創立されました。 ゼットスケーラーは、お客様のためにレガシーネットワークセキュリティに破壊的革新を起こして、ビジネスリスクを軽減し、ユーザー経験を改善、セキュリティポイント製品を統合しています。 Edgewise Networksは、仮想ファイアウォールなどによる従来のネットワークセグメンテーションを行わずともアプリケーションのセグメンテーションを可能にする、極めて革新的なテクノロジーです。 ゼットスケーラーファミリーにEdgewise Networksを迎え入れることを大変喜ばしく思っています。 」 Edgewise Networksのピーター・スミス(Peter Smith)は次のように述べています。 「Edgewise Networksは、複雑なマルチクラウド環境において利用できるゼロトラストセキュリティを開発したことを誇りに感じています。 Edgewise Networksのコアイノベーションは、セキュリティ強化とオペレーションの簡素化を同時に実現するソフトウェアID検証の利用です。 Edgewise NetworksはIDベースのポリシーを自動化して、パブリッククラウド、マルチクラウド、データセンター、さらにはコンテナ環境に関わらず、攻撃対象領域の削減を容易にしました。 ゼットスケーラーファミリーに加わることで、世界中のゼットスケーラーのお客様に私たちのイノベーションを提供できることをとても楽しみにしています。 」 なお、買収取引の諸条件は公開していません。 ゼットスケーラーの代表的サービスである Zscaler Internet AccessおよびZscaler Private Accessは、デバイス、場所、ネットワークなどに影響されることなく、ユーザーと アプリケーション間の高速でセキュアな接続を構築します。 これらのサービスは100%クラウドで提供されるため、従来のアプリケーションとは比較にならない容易さ、高度なセキュリティ、優れた ユーザーエクスペリエンスを提供します。 185か国以上で使用されているマルチクラウド分散型セキュリティプラットフォームを運営し、サイバー攻撃とデータ消失から数千社の顧客企業を保護しています。 zscaler. 「買収」をもっと詳しく.

次の