新型 コロナ ウイルス いつ 終わる。 新型コロナウイルスはいつまで続く?スピリチュアル超能力者やビルゲイツの予言も

新型コロナウイルスの大流行…いつまで続く?いつ終わる?終息見通し大検証

新型 コロナ ウイルス いつ 終わる

[画像のクリックで拡大表示] 3月13日の金曜日は、26歳のフィオナ・ローレンスタインさんにとって不運な日だった。 週末にかけて高熱が出て、咳が始まり、やがて息切れがして話しづらくなった。 病院に行って検査を受けると、新型コロナウイルスに感染していることがわかったので、入院して酸素吸入が施された。 2日後には退院できるほどに回復したが、症状はそれで終わらなかった。 やがて激しい下痢が始まり、嗅覚を失い、喉の痛みと蕁麻疹(じんましん)に悩まされた。 なかでも厄介だったのは、最初の症状が出てから約1カ月後に現れた、強い疲労感と激しい頭痛だった。 言葉が出にくくなり、集中力を失い、話している途中で何を言おうとしていたのか忘れてしまうようになった。 「トラックにぶつけられたようなものでした」と彼女は振り返る。 「数日間はどうにか仕事をこなしていましたが、ある日、ついにベッドから出られなくなりました」 新型コロナウイルスに感染した人の中に、なぜローレンスタインさんのように発症から数週間から数カ月間も症状がぶり返す人がいるのかは、まだわかっていない。 症状が長期間続く患者は、一部のウイルスが体内にとどまる「持続感染」の状態にあるのかもしれない。 研究者たちは今、ウイルスの持続性、つまりウイルスが患者の体内に残る期間を明らかにしようとしている。 新型コロナウイルスの持続性を理解することは重要だ。 なぜなら、患者がウイルスを他人にうつす恐れのある期間や、患者を隔離するべき期間、あるいは再感染の可能性があるかどうかさえも、それで決まるからだ。 「ウイルスの持続性は厄介です」と、米国立がん研究所がん研究センターの上席研究員でエイズウイルス(HIV)の薬剤耐性を研究しているメアリー・カーニー氏は話す。 特に新型コロナウイルスについては、個人や臓器によってウイルスの持続性にどのような差があるのかがまだわかっていないと氏は言う。 新型コロナウイルスのゲノムは、DNAではなくRNAでできている。 C型肝炎ウイルスもRNAウイルスだが、持続感染により、最初の感染から数十年経ってから肝硬変や肝臓がんに進行することがある。 「持続感染が長期にわたる場合、その影響も長期的である可能性があります」とカーニー氏は言う。 新型コロナウイルスは発見から間もないため、長期的な持続感染の可能性やその影響はまだ明らかでないが、調査する必要がある。

次の

コロナ禍はいつ収まるのか、山中教授が出した答え:日経バイオテクONLINE

新型 コロナ ウイルス いつ 終わる

コロナはいつ収束するの!? ハリウッド開運術 占星術 :サラ・セイヤス先生 サラセイヤス先生は、ロサンゼルスを活動の足場にしている占い師です。 運命鑑定師の家系の生まれで、幼い頃から算命学、数秘術、占星術などを勉強し、大学卒業後両親から運命鑑定を引き継いだことをきっかに人気を集めることになったそうです。 また、コロナウィルスについてサラ・セイヤス先生は、占星術を用いて以下のように言われています。 2020年は魚座の時代からみずがめ座の時代に移行する重要な年• 時代の移行は2000年という長い時間をかけて起こるもの• 新型コロナウィルスは、コンジャンクションにあわせるように世界に広まり、2020年4月現在も収束していません。 現在の状況から、次に重要な日として4月10日の満月の日を挙げられています。 そして、 この4月10日の満月の日から5月の半ばくらいまでは、注意が必要であり、5月半ばを過ぎるころに収束する可能性が高いと言われています。 2020年4月現在、世間では5月ごろまで営業を自粛したり自宅勤務など外出を控える流れになっているので、サラ・セイヤス先生の言う通り、5月半ばまではじっと耐える必要がありますね。 マンディーン占星術:yoya先生 yoya先生はマンディーン占星術(金融占星術)を用いて、経済について占いをされています。 その内容は有名企業や、アメリカ経済、原油下落についてなど様々で、非常に興味深いですね。 そんなyoya先生ですが、新型コロナウイルスの未来についても占われています。 yoya先生の未来予測では、 3月末から4月頭ごろがピークであり、そこからは落ち着いていくと予想されています。 ただし、ワクチンができるまでは完全に収束することはなく、まだ時間がかかるとも予想されています。 少し時間はかかってしまうかもしれませんが、油断することなく生活し、しかるべく時を待つことが重要ですね。 魔女占い ホロスコープ :カメリア・マキ先生 カメリア・マキ先生は、 全米魔女協会より魔女名Darkmoonを受けた日本人で初めての魔女です。 テレビ出演や雑誌での連載、講師としての活動など、幅広く活躍されている人気、知名度のどちらも高い占い師の先生です。 カメリア・マキ先生は、新型コロナウイルスについても、西洋占星術を用いて占われています。 木星と土星がコンジャンクションに入る20年~25年の一度の周期は、社会が混乱して恐れられる時期だと言われており、この星の配置は 2020年2月以降ピークを迎え、3月23日にいったん抜けたあと、4月10日の満月あたりで、すさまじい勢いになると予測されています。 この星の配置が終わるのが5月14日ということも言われていますので、そのあたりから落ち着きだすのでは?という感じでしょうか。 どちらにせよ、対策のために私たちの行動も問われることかと思います。 霊感タロット:たまき 霊感タロットたまきチャンネルというYouTubeチャンネルで占いの動画を配信されている占い師の先生です。 霊感タロットを用いて、結婚や恋愛についてだったり、芸能人やユーチューバーなどの有名人を占ったりなど、豊富なネタが満載の動画になっています。 その中には時事ネタもあり、新型コロナウイルスについても霊感タロット占いをされています。 3月20日に配信されている『新型コロナウイルスに関する質問をまとめて占った!』では、ヨーロッパの収束ではいつ収束するのか、地球上で最後までくすぶる地域はどこなのか、などの質問に対し占いの結果を知ることができます。 いつ収束するのか?については、8月ごろを予測されており、必要以上に不安になる必要はないというメッセージではないかと読み解かれています。 算命学、易学など:渋谷の父ハリー田西 ハリー田西先生は、幼い頃から手相、算命学、姓名判断、気学などを研究されており、運命鑑定師として活躍しながら、放送作家としても活躍している占い師の先生です。 芸能界や政財界でも鑑定をするほど人気、信頼、実力を持たれています。 渋谷の父とも呼ばれているハリー田西先生ですが、4月のブログで新型コロナウイルスについてつづられています。 このブログで以前、ハリー田西先生は、 2020年と2021年は『2年でひとくくり』で考えるべきと述べられていますが、新型コロナウイルスの影響で2020年のオリンピックが1年延長され、2021年の開催になったことで、『2020年に起きた出来事が2021年にまで影響した』ことを的中されています。 また、 4月は庚辰の月であり、リーダーが未来に向けて前向きかじをとれば良い方向へ向かうと読まれています。 占星術:レイコローラン ファッション雑誌eclat(エクラ)のwebサイトにて、占いを担当されているレイコローラン先生。 London School of Astrology認定の占星術師であり、西洋占星術、数秘術を用いて注目を集めている人物や時事問題について、占いをされています。 2020年の運勢を占った際には、 『2020年は大きな変化がある年』と言われており、何かが起こることは予測されていましたが、それがウイルスだということまでは予測できなかったと述べられています。 コロナウイルスはいつ収束するのかという点では、 収束するのはワクチンができるまでですが、落ち着いたり、目途がつくのは7月の上旬あたりだと言われています。 コロナウイルスが激しい勢いを見せ始めたのは、土星がみずがめ座入りした3月19日前後であり、土星がやぎ座に戻るのが7月頭ということから、落ち着くのも7月だと予測されています。 コロナウイルスのことを予言・予測していた占い師はいる? 占い師として コロナウイルスのことを具体的に予言していた人はいませんでした。 しかし「すごく当たってるけどこれって予言なの?」と話題になったことが2つありますので ご紹介します。 松原照子先生 2019年の 月刊ムー2月号『松原照子の大世見』にて、新型インフルエンザが生じ、流行病として表明されるといった内容が掲載されています。 また、2013年の時点で東京でオリンピックが中止になるということも予言されています。 大友克洋先生 大友克洋先生は占い師ではなく漫画家の先生です。 大友克洋先生の作品の中でも有名な作品である SF漫画『AKIRA』。 1983年の漫画であり、35年以上も前の作品ですが、この作品の中でコロナウイルスが予言されていると思えるほど、伝染病についてや2020年の東京オリンピックのことが描かれおり、『AKIRA』がコロナウイルスを予言しているとSNS上で話題になっています。 職場の人に教えて貰ったんだけど、何年も前のAKIRAっていう漫画が、今の日本と完全一致しててヤバい 東京五輪開催 カウントダウンのパネル 肺炎伝染 東京オリンピック中止 作者は予言者なのかよ、、、 てかマンガのことが今現実で起きてるって相当やばいな — U GAMES ugames666 有名占い師は2020年の運勢をどう占ってる? 具体的にコロナに関して言及はしていませんが、有名占い師たちも 2020年は世の中がガラッと変わるという予測をしている人が多いです。 ゲッターズ飯田先生の2020年の運勢予想 ゲッターズ飯田先生は、2020年に気をつけるべきことの中で、このようなことを予言されています。 おくまん「2020年、あとは気をつけるべきことはなんでしょう?」 飯田「夏はちょっと危ない。 ほんとに。 大きい事故起きるよ。 大変です。 なので、本当に気をつけて欲しいので。 」 おくまん「夏にそういう、大きいのがある可能性がある」 飯田「あるあるある。 運気的にね。 だから、あんまり悪いことなければいいな、と思ってますけど。 まあでも、起きやすいからって全員が巻き込まれる訳ではないですけど、まあ暑いとかはね、あるから、やっぱり。 特に日本は夏運気良くないのよ、真夏。 」 おくまん「えっ、それは2020年が?」 飯田「いや、もともと。 」 おくまん「毎年?」 飯田「毎年。 」 おくまん「夏、運気悪いんだ!」 飯田「(中略)まあ、良い時もあるんだけど、でもそれはちょっと注意かな。 ただ、さっきも言ったけど、庶民からスターが出る運気なので、そういった部分では面白いと思いますね。 」 ウイルスのことではありませんが、夏ごろが危険だと予言されています。 時期的にも少しずれがありますが、大きなことが起きると言われていますね。 また、権力者や大きい企業が崩れてくるというような予言もされています。 飯田「権力者とか、大きい企業があと1年だけなので。 2021年ぐらいまでしかないので、大きい所が、ガタってくる。 」 おくまん「よし! じゃあトゥインクルコーポレーション大丈夫だ! こっからだよ! ちっちゃい所が」 飯田「ちっちゃ過ぎて逆にやばいよ。 常にやばいよ。 」 おくまん「ええ〜大きい所はそうなんだ。 」 飯田「大手は、まあいくでしょうね、そろそろ。 2020年からガタってくるから。 」 おくまん「そっか、価値観が変わり始めるから。 」 飯田「そう、もともとあったこういう価値ってものが無くなってくる部分では、ちょっと変わってきますね。 」 仕事の進展が遅れたり、ストップしてしまったりと、企業にとっても大きな影響がありますよね。 新型コロナウイルスによる企業への影響を予言していたとも捉えられるのではないでしょうか? 2020年は大きな変化がある年とも言われている通り、新型コロナウイルスの影響で、私たちの日常も大きく変わってしまっています。 水晶玉子先生の2020年の運勢予想 水晶玉子先生の開運歴2020には、ゲッターズ飯田先生との対談が収録されており、この中で水晶玉子先生は次のようなことを話されています。 2020年は、六十干支で「庚子」(かのえね)で、新しい流れができていく運気の変わり目になる。 世の中が混沌としそうだから、2024年の「甲辰」(きのえたつ)のほうが明るく活動的な気の年なのでいいのでは?と思ったんです。 実は1964年の東京オリンピックも「甲辰」の年で。 だから、あれほど祝祭的になったのではないかと。 引用元:水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020 未知のものと遭遇し、人々の意識が刷新されるような、大きな時代の曲がり角になるのは間違いないと思います。 引用元:水晶玉子のオリエンタル占星術 開運暦2020 コロナウイルスのことは話されていませんが、世の中が混沌としそうだと予言されていますね。 まさに、現在のコロナウイルスの影響を受けた日本の状態を表しているのではないでしょうか? 2020年は200年に一度の大きな運気の切り替わりであり、未知のものと遭遇することで大きな時代の曲がり角になるとも言われています。 この『未知のもの』は新型コロナウイルスを指していると考えられます。 未知のものに遭遇したことによって混乱している状態ですが、今一度落ち着いて心を1つにし、困難を乗り越えることが大事ですね。 オフェリア・麗先生の2020年の運勢予想 2020年は激動の年と読まれているオフェリア・麗先生は、日本にとって試練の時であり、激動の時代が始まると言われています。 2020年の前半は、はっきり言って 日本にとって試練のときとなりそうです。 前半の早い時期に大きな出来事があり、激動の時代が始まります。 この12月に木星が山羊座に入りました。 1年にひとつずつ星座を移動する木星は幸運を司る星ですが、1月には土星と冥王星も天頂に位置する山羊座に集まります。 この 3大惑星が接近する、「トリプル・コンジャクション」といわれる非常にまれな年が2020年なのです。 土星を表現する言葉は「制裁」、そして「歴史をつくる」星。 冥王星は「眠っているものを呼び覚ます力」を示す星です。 木星は「物事が本来の姿を取り戻す」ことを表しています。 これら3つの惑星が山羊座で織りなす稀有な配置が何を意味するか。 まさに 「大いなる審判が下されるとき」と言っても過言ではありません。 古い枠組みが崩れて、社会の再構築がはかられるという意味では、日本にとって必要な試練といえますが、やはり 払うべき代償は小さくありません。 社会も一時的に混乱をきたすでしょう。 しかし 3月後半あたりから、早くも希望の兆しが見え、世の中は徐々によい方向に向かっていきます。 火星と木星が重なり、 3月20日の春分の日以降は、よい気運に満ちてきます。 志のある人材が頭角を現し、再生へと導くでしょう。 先に厳しい試練が訪れるけれど、その 混乱の中で立ち上がり、戦う人が登場する。 そういうタフな人物が出てきそうな気配が感じられます。 この年に限ったことではありませんが、 災害への備えは日頃から心がけておくとよいですね。 新しくて便利といわれているものより、 昔から使われている道具のほうが役に立つシーンは多々あると思います。 「地図」を見ることができる能力も大事ですし、「ろうそく」「らんたん」「ヘルメット」などのアナログな道具も有効です。 災害グッズなどを用意しておくのはいいことだと思います。 2020年の前半に、大きな出来事があると読まれており、現在の日本の状態と一致していますね。 占星術の世界では200年に一度の大変革の時代と読まれている2020年。 世界に大きな変化があり、私たちを取り巻く状況も大きく変わっている状態ですが、3月後半あたりから希望の兆しが見えるとも予言されています。 大きな試練のまっただ中にいても、希望を持って前向きに行動することが大事ですね。 コロナで生活環境が変わってしまった方へ SNSやインターネットを見ていると、「テレワークになって好きな人と会える機会が減ってしまった。 どうアプローチしたら良いんだろう…」「コロナで仕事の将来を考えるようになったけど、私は今後どうすべきなんだろう…?」という声がたくさんあがっています。 私は迷ったときに占いで今自分の置かれている現在地や、今後どんな道 選択肢 があるのかを見るようにしています。 ただ自粛中では、対面の占い店に行くのって難しいですよね。 対面の占い店の休業も続いていますし… 筆者が通っている対面店も緊急事態宣言を受けてLINE電話で鑑定するスタイルに変わりました。 誰かに相談したい!アドバイスしてほしい!という方には初回無料サービスもある電話占いがおすすめです。 占いに行きたいけど、今の時期の対面占いはちょっとリスクを感じる• 電話占いって聞いたことあるけど、やったことないしな…• 電話占いって高く請求されそうで不安 とちょっと不安にお思いの方は、電話占いのWILLに相談してみませんか?• 専門のコンシェルジュが受付や鑑定について細かく説明してくれる• 初回3,000円分の無料鑑定プレゼント• 対面店舗もあるサービスなので、実体がある分信頼できる \3000円分無料お試し鑑定特典キャンペーン/ 最後に 今回はコロナウイルスについて占っている占い師や、コロナウイルスを予言していた占い師を紹介しました。 直接的ではないものの、2020年に何か大きなことが起きるということは、どの占い師も予言しています。 私たちにとって2020年は大きな変化の年になりますが、 占いはあくまで指標です。 コロナウイルスの収束は、ワクチンが完成するまで時間がかかると思いますが、私たち1人1人の行動も大きく影響するのではないでしょうか? 収束に向けて不要不急の外出を避けたり、手洗いうがいなどの対策は個人個人で行いましょう。 2020年4月現在、コロナウイルスにより大きな混乱を招いていますが、 早く平和な世の中になることを願います。 本当に当たる電話占い知りたくないですか?• 電話占いがありすぎて選べない• 電話占いは初めてで不安• 本当に当たる占いってどこなの?• 無料で占える電話占いサイトがあるの?• 無料特典が豊富な占いがいい! 電話占いは受けてみたいけど色々不安という方に向けて、独自調査&口コミを徹底比較して、全76サイトもの電話占いを比較しています!• 口コミで人気の電話占いランキング• 無料特典が豊富な電話占いランキング• 復縁に強い電話占いランキング• 恋愛成就に強い電話占いランキング• 霊能者が在籍する電話占いランキング• 自分にあった電話占いの選び方 をまとめていますので、お店選びで失敗したくないという方はぜひご覧ください。 \全76サイト徹底比較/ 関連する記事•

次の

【新型コロナウイルス】いつ終わる?いつまで続くの?終息の時期を予測・予想をまとめてみた

新型 コロナ ウイルス いつ 終わる

イギリスのボリス・ジョンソン首相は、12週間のうちにイギリスはウイルスに対して「形勢を逆転できる」だろうし、イギリスはウイルスを「追い払う」ことができるはずだと述べた。 しかし、たとえ今から3カ月の間に感染者が減り始めたとしても、まだまだ終わりからは程遠い。 首相は潮目を変えると言ったが、潮が完全に引くまでにはかなりの時間がかかる。 下手をすると何年もかかるかもしれない。 社会の大部分を停止させるという現在の戦略を、長期的に継続するのは不可能だ。 それははっきりしている。 社会と経済の損失は、とてつもないものになる。 各国は「出口戦略」を必要としている。 様々な規制を解除して、平常に戻るための方策だ。 けれども、新型コロナウイルスは消えてなくなりはしない。 ウイルスを押さえ込んでいる規制を解除すれば、症例は否が応でも一気に増える。 日常生活が一変、世界各地の状況は? 新型ウイルス 英エディンバラ大学のマーク・ウールハウス教授(感染症疫学)は、「出口戦略はどういうもので、どうやって今の事態から抜け出すのか、大問題を抱えている」と話す。 「イギリスだけではない。 どこの国にも、出口戦略がない」 科学にとっても社会にとっても、これはとてつもない問題だ。 この混乱から抜け出すための方法は、煎じ詰めれば次の3つだ。 ワクチン• 相当数の人が感染して免疫をつける• 自分たちの行動や社会のあり方を恒久的に変える どの道を選んでも、ウイルスの拡散を防ぐ効果がある。 ワクチン - 少なくとも1年~1年半は先 ワクチンの摂取を受ければ免疫がつくので、ウイルスに接触しても発症しない。 それなりの人数、たとえば人口の約6割が免疫をつければ、ウイルスの大流行は起きない。 これがいわゆる「集団免疫」の概念だ。 アメリカで今月半ば、初めて試験的にワクチン接種を受けた人がいる。 通常ならば動物実験を繰り返して初めて人間相手の治験が許可されるものだが、今回はその手続きの省略が認められたのだ。 かつてないペースでワクチン開発が進められているが、成功の保証はないし、実用可能になっても世界全体での摂取が必要になる。 全てが順調に行っても、ワクチン開発にはまだ1年から1年半はかかるだろう。 かなり先の話だ。 平時において前例がないほどの制約を社会に強いている状態で、1年から1年半も待つのは大変だ。 「ワクチンをただ漫然と待つことを、戦略という立派な名前で呼ぶべきではない。 そんなものは戦略とは呼ばない」と、ウールハウス教授はBBCに話した。 自然の免疫 - 少なくとも2年先 イギリスの当面の短期的戦略は、医療機関がパンクしないように、感染者数をできる限り抑制するというものだ。 集中治療病床が不足すれば、すなわち死者数が急増してしまうので。 感染をいったん抑えることができれば、一部の規制策は一時的にでも解除できるかもしれない。 その内にまた感染が増えて、規制再開が必要になるかもしれないが。 これがいつになるのかは、不透明だ。 英政府の首席科学顧問、サー・パトリック・ヴァランスは、「何がいつどうなると、はっきりした時系列を定めるのは無理だ」と述べている。 しかし規制をしばし解除すれば、そういうつもりはなくても、感染者が次々と増えて集団免疫の獲得につながるかもしれない。 しかし、免疫が十分に積み上がるには、何年もかかるかもしれない。 インペリアル・コレッジ・ロンドンのニール・ファーガソン教授は、「できれば国民のごく一部が感染するだけで済むレベルに、伝播(でんぱ)をいかに抑えるかという話だ」と説明する。 「なのでこの対応を2年余り続けたとして、もしかするとその時点ですでに、必要なだけの国民がすでに感染を経験していて、免疫を獲得していたとする。 そうすれば、その人たちが、社会全体を守る防波堤になる」 しかし、この集団免疫がいつまで続くのかは疑問だ。 普通の風邪のような症状を引き起こす他のコロナウイルスは、感染してもあまりしっかりした免疫がつかない。 だからこそ、同じウイルスに何度も感染して発症する人が出てくるのだ。 代替案 - 明確な終息なし 「3つ目の選択肢は、自分たちの行動形式を決定的に変えることだ。 感染率を低く抑えるために」と、ウールハウス教授は言う。 すでに実施された対策を今後もずっと続けるというのも、ひとつの方法かもしれない。 あるいは、アウトブレイク(大流行)を制御するため、検査と隔離を徹底して行うことも、やり方としてはあり得る。 「早期発見と接触者の追跡を試してみたが、うまくいかなかった」と教授は付け足す。 新型コロナウイルスによる感染症「COVID-19」に効く治療薬の開発も、他の戦略を補完する。 症状が出たとたんに患者に使えば、次の人への伝染を抑えられる。 これは「感染制御」と呼ばれるプロセスだ。 あるいは、入院患者の症状を薬で和らげ、集中治療室の負担を減らすという意味もある。 これによって、ロックダウン(外出禁止)を再開してしまう前に、まずは急増した感染者を手当てできるようになる。 集中治療病床を増やすことも、大規模なアウトブレイクへの対応能力を増やすという意味で、同じような効果がある。 英政府の医療対策責任者、イングランド主任医務官のクリス・ウィッティー教授に、どういう出口戦略を用意しているのか質問してみた。 「長期的には明らかに、ワクチンがひとつの脱出方法だ。 できるだけ早くに開発されることを、みんな期待している」と、教授は答えた。 「あとは地球全体として、科学が答えを見つけるよう、期待している」 (英語記事 ).

次の