溺れる ナイフ あらすじ。 映画【溺れるナイフ】原作読んでネタバレ。結末は「コウと夏芽を縛る呪いとは・・・」

実写映画『溺れるナイフ』あらすじ・キャスト【小松菜奈×菅田将暉W主演!】

溺れる ナイフ あらすじ

今回は「ジョージ朝倉」先生の 『溺れるナイフ』というマンガのご紹介ですよ。 祖父の急病で父が旅館を継ぐことになって、大都会やモデル業に後ろ髪ひかれながらも田舎へ引っ越すことになった。 閉鎖的な海の町の暮らしに不安も感じる夏芽だったが、そこで コウという不思議な男の子と出会う。 地元の有力者の跡取り息子で周りの大人も子どもも特別扱いしていた。 気まぐれでふてぶてしいコウに、モデル業と同じような煌めくものを感じた夏芽は負けたくない、認められたいと意識するようになっていった。 また、田舎町に都会からモデルがやってきたと夏芽自身も周りから特別視されるのだった。 田舎の人間関係に嫌気がさした夏芽は家出を企てるが、そこにコウが便乗して二人で東京に行くことに。 お山の大将ではなく東京や雑誌撮影の現場でも物怖じしないコウを夏芽はますます意識していく。 そんな時、有名カメラマン・ 広能昌吾(ひろのうしょうご)が夏芽の写真を撮りたいと言い出す。 迷う夏芽だったがコウを見返したい思いから引き受け、高い評価を受けることになった。 中学生になった夏芽はCMや映画出演で再び脚光を浴びるようになり、コウへの対抗心も恋心となり二人は付き合うことに。 そんな時、地元の火付け祭りの客に紛れて父親の旅禍に泊まっていた 男に拉致され襲われてしまう。 助けに来たコウだったが、大人の男にかなうわけもなく首を絞められあわやというところで夏芽の父や大人たちに助けられる。 互いに心身ともに大怪我をした二人は離れ、コウは喧嘩にのめり込んでいく。 受験生の夏芽はコウとも旧いともだちの 大友(おおとも)と付き合うようになった。 大友の深い優しさに癒される夏芽だったが、一方コウは暴力に飲み込まれていく。 孤立していくコウを今度こそ放っておけないと夏芽は大友に別れを告げる。 芸能活動のために東京の高校へ編入した夏芽だったが、前に進もうとしないコウに会いにたびたび地元へ戻ってきていた。 そして 火付け祭りの日、3年ぶりに出所したあの男がー。 17巻の結末 中学1年生の夏芽を襲った変態男ふたたび。 ゲー!もう勘弁してくれ。 カナちゃんの話で奴が火付け祭りに現れたことを知ったコウちゃんは、駆け付けます。 混濁する意識の中で、コウちゃんが犯人を殺してくれたと思い込む夏芽と、夢だと言うコウ。 どうしても納得できない夏芽は カナちゃんの元へ。 神さんの海でカナから本当のことを聞いた夏芽でしたが、聞かなかったことすると後をカナちゃんに託します。 一生の別れと覚悟し、仕事に打ち込む夏芽。 何にも、コウちゃんのいない自分の将来にさえ興味が持てない日々だったが、どこかで見ててくれると芸能活動は頑張るのでした。 そんなとき、テレビ番組で有名な占い師に視てもらうことになった夏芽。 仕事で成功する話、大友のことらしき話、そしてコウちゃんらしき人の転落していく人生の話。 途中で気を失った夏芽は、どこまでが占いでどこからか夢かもわからず、カナちゃんに電話をする。 コウちゃんのことを尋ねると、自殺未遂したと言う。 カナは神さんに呼ばれちょるコウちゃんを町から連れ去ってほしいと言う。 コウが死にかけた神さんの海には、お姉さんがお祓いをした神棚が設けられています。 神さんとこに行かんとってとカナが話しても、コウはカナの心配を口にします。 そこへカナから話を聞いた夏芽が現れ、二人は制服のまま神さんの海へ。 海の中でコウはあの事件以来聞こえにくくなっていた夏芽の右耳にささやきます。 それは 中学時代あの事件のあと、決別することになった二人が駐輪場で話していたときにすれ違いざまにコウが言った言葉でした。 あの時は聞こえなかった言葉が、確かに海の中で聞こえた。 会えなかった2年間は死んだも同じだったと言う夏芽に、コウちゃんも2年間つまらんかったと言い、はじめて本心を語ってくれるのです。 田舎町で権力者の息子としてがんじがらめ、本当の父親は祖父だとか、実の母親に殺されそうになったとか発散しがたい熱情を湛えた少年。 人を魅了する力を持ちながら、その力を発散する場を失い、持て余しながらも衝撃的な輝きを放ち続ける少女。 この漫画を10代の頃に読まなくて良かった。 こんなもん多感な時期に読んだらいたたまれなくて次の日から体育でハーフパンツとか履いて準備運動する自分の現実との落差がすごくてやれんわい。 読み終わってからしばし放心。 翌日からもところどころ思い出したりしながら余韻が残る。 夏芽はもういろんな意味でエゴの塊で、そこに存在するだけでいろんな人に衝撃を与えて巻き込んでいく。 コウちゃんはいろんな人のエゴを一身に集めてしまっている。 カナちゃんとかお姉さんとかたくさんの人のエゴが寄せ集まって構成されているイメージ。 私だけでしょうか?主人公ふたりとも好感度ゼロだと思っているのは。 むしろ 登場人物全員がおそろしいほど人間味が溢れている。 大友は特別だけど。 小学生ぐらいで一度ピークを迎えてたふたりは、その全能感、自分はなんでも出来るしなんにでもなれるという感覚が薄れていくもの哀しさというか違和感が堪らないという中で互いに輝きをなくした自分でいること、それを他でもない相手に見られることがつらかった。 子どもから大人になる過程で誰しもが通り、感じることなんだろうけども特別落差を大きく感じていたのかも知れない。 「コウちゃんはわたしの神さん」 「おまえはおれの衝撃」 カナちゃんもコウちゃんのことを神さんと言っていて、確か大友も夏芽のことを衝撃と言っていたよね。 言われるかどうかはともかく言ってみたいよね、会ってみたいよね神さんと思えるような人に。 広島弁らしき方言はコウちゃんの神がかった雰囲気にピッタリ合っていて、田舎町というディテールが物語の基礎にしっかりと組み込まれていてとても良い。 火付け祭りの烏天狗のようなお面がカッコよくて・・・と話の本筋に触れないのはやはり語りにくいから。 やっぱりジョージ(朝倉せんせい)は凄いよ。 なんか ひとことで感想いうと『凄い』にしかならない。 ジャンルは恋愛ってなってますけど、こんなに主人公たちが怪我しまくる流血まみれの恋愛漫画がありますかね。 バイオレンス色強すぎるでしょうが。 荒れまくってるコウちゃんを見てるのはかなり辛かったけど、その募った思いをやっと最終話ではき出して夏芽ちゃんに語ってくれてもうやっとスッキリした。 読者はやきもきしてるというのに、海から上がったコウちゃんの憑き物が落ちたかのような晴れやかさに心漱がれました。 正直途中のバイオレンスがしんどいけど、 最後のさいごの1ページで二人の人生が交わってあったことを知らされるので、心折れずに最後まで読んで欲しい。 かくゆう私はあまりの苦しさに8巻で休憩に入り、3年以上寝かせてから読破したわけで。 もっと早くちゃんと最後まで読んでおけばよかったという経験から、読了をおすすめしております。 最後のさいごまでコウちゃんの気持ちがよくわからないのも良かった。 漫画や小説だと何を考えているのかセリフ以外のところも書かれてたりするけど、コウちゃんは話す言葉だけがすべて。 それも嘘や誤魔化しだったり、本心でなかったりするから読者も夏芽も自分で解釈してくしかない。 でも現実世界ってそうだもんね。 ミステリアスなコウちゃん、暴力ふるうから現実に居たらキライだけど、魅力的な人でした。 「動画配信サービスなら、漫画は関係なくない?」 そう思われた方もいらっしゃると思いますが、 実は、U-NEXTでは漫画も読むことができるんです! しかし、U-NEXTは月額制なので、 映画を見たり、漫画を読んだりするとお金がかかってしまします・・・ 「だったら、無料じゃないんじゃない?」と思われた方、ちょっと待ってください。 今、U-NEXTに新規登録すると、31日間は無料で70誌以上の漫画をタダで読むことができ、 もちろん映画やドラマなども見放題になります。 電子書籍サイトの無料立ち読みも全部読めるわけではありませんし、 違法アップロードされた漫画をダウンロードして読むのはリスクが高いですよね。 「でも、どうしても無料で読みたい。。。 あれ、漫画の話はどうなった? おまたせしました、動画配信で有名な「U-NEXT」では、 実は漫画も読むことができるんですよ!! しかも、新規登録から31日間は無料です! 31日以内に登録解除すれば、1円も使わずに漫画を読むことができるというウラワザ。

次の

映画「溺れるナイフ」ネタバレを結末まで/退屈な日々を送る少女は浮雲町の神と出会う

溺れる ナイフ あらすじ

「 」• 映画「溺れるナイフ」あらすじ 東京で雑誌モデルを務める望月夏芽(小松菜奈)は、急に父親の郷里である浮雲町に転居することになる。 彼女は都会とはかけ離れた田舎での地味な生活に幻滅してしまうが、長谷川航一朗(菅田将暉)と出会ったことで人生が一変する。 彼は田舎町で有名な神主の一族の出身で、夏芽はひねくれ者で一風変わった航一朗に強く惹き付けられる。 未読だが、少女マンガによくある初期設定とキャラ設定だけで走り出して、読者の反応をみながらもめ事(ハプニング)が起こったり、ライバルが登場する、恋愛マンガとは一線を画す、重い主題を描いた作品なのだろうと思う。 「BANANA FISH」や「風と木の詩」に近い、若い2人が惹かれあい、お互いを守ろうとする、そして「離れ離れになる=大人になる」というラストを迎える、文学的かつシリアスなヒリヒリする青春ラブストーリーでした。 映画そのものとしては、ストーリー自体はかなり散漫でわかりにくく、主人公の少女(小松菜名)がどうして相手役の少年(菅田将暉)を好きになったのかよくわからんし、途中で起こる2人を隔てる事件の描き方も中途半端で、どうして二人が葛藤するのかもわかりにくかった。 描かれなかった部分が重要だったりするのと、なんとなく映画を見てると内容を見失うので、かなり脳内で補填が必要。 ただ原作の持つパワーがすさまじく、わからんなりにぐいぐい引き込まれていきます。 さらに、主演キャストの小松菜名と菅田将暉が素晴らしい。 一生の中で彼と彼女の最も美しい瞬間を切り取った映画なのではないかと。 雑な展開でも、アップのワンカットの少年と少女の白い肌と、輝く瞳を見るだけで、この映画を観て良かったと思わせる、透明感に溢れた息を飲む美しさです。 映画「溺れるナイフ」映像への感想:雑すぎる予算がなさすぎる、かけ足で撮ったのがわかりすぎる 予算なかったのね、という作品。 時間なかったのね、という作品でもある。 調べたらトータル17日での撮影と書いてあった。 参考: それをプロモーションの売り文句にしているあたり、よほどプロモーション的なネタがないというか、言い訳というか… 17日にしてはがんばったねと思うけど、もっと時間をかけたら格段に良くなっていた気がするので残念でならない。 田舎(全編和歌山ロケとのこと)でロケしている割には、ロケハンやアングルが悪い。 肝心なシーンが合成くさかったりと、とにかく時間がなかったことばかりが伝わってくる。 「女子供にはこの程度でも大丈夫だろう」的なこだわりのない映像で見ていてバカにされた気がする。 ここももう少しカット割ろうぜみたいなところも、悪い意味で長回しになってたりして、綺麗に見せたいシーンだろうに、役者の動きが汚かったりして見ていてもったいない。 丁寧に演技指導して、アングルとカット割りをきちんとしたら、めちゃくちゃ美しかったんじゃないの?というシーンが次々と登場する。 主演の2人がすばらしく美しいのでもったいない。 脳内で美しく描きなおすという焼き直し作業が必須。 背景やアングルにこだわるだけで、はるかに美しい映像美を追求できたのではないか? また、天気待ちをする時間がなかったのだろうけど、曇り空の外ロケが続いていて心情と天気がリンクしてないのが辛い。 ここぞというシーンでMV的な手法が使われているのだけれど、使用楽曲も良いし個人的にはMVとかPVとか大好きなので期待値があがるんだけど、結局映像が雑で… クライマックスの火祭りのダンスシーンの菅田将暉とか、美しく描きたかったのは伝わるし、菅田将暉の表情は美しいんだけど、ダンスが素人すぎて、顔はうっとりと踊ってるのに体がカッチカチ。 「顔で踊ってる感出してどうにかしようとしている」っていうのがわかりすぎて… 一番良いシーンのはずが声を立てて笑ってしまった。 もっときちんと準備をしたら、めちゃくちゃ良いシーンになっただろうに… ただし、総評としては小松菜名と菅田将暉がとにかく美しく、内面から輝くような若さのオーラを発しているので、全て許される名作になっていました。 監督も通り一遍な女子中高生向けの少女マンガ原作のスイーツ映画で終わらんぞ!という気概は感じるものの、結局予算と日程の関係で妥協したんかな… がんばりは伝わったけど、惜しいな、残念だなという映像のオンパレードでした。 本当に主演2人の美しさに救われた作品だと思う。 「 」 映画「溺れるナイフ」キャスティングへの感想:ちょい役だけどキーマンを演じるドレスコーズの志磨遼平がかっこいい この映画の魅力の9割はキャスティングなのではないでしょうか? 主要な登場人物、主人公2人である小松菜名と菅田将暉は言わずもがな、四角関係を演じる重岡大毅と上白石萌音もすばらしかった。 あとほとんど出番もセリフもないけど、キーマンとして登場する、ドレスコーズの志磨遼平がチャーミング。 上白石萌音は出番が少ないものの、中学3年の素朴で純情な演技から、高校1年の高校デビューしてイジワルな言いまわしや表情など見事でした。 この人はきちんと女優さんなんだな〜と見ていてしみじみ。 演技を初めてみた重岡大毅もとても良かった。 あまり詳しくないのですがジャニーズ事務所のアイドルの人らしく、特に演技がうまいとかじゃないし、地元民の役なのになぜか彼だけバリバリの関西弁を喋ることに違和感を感じましたが、内面から滲み出る「こいつええ奴」っぽさがすごかった。 本人に近い役だったのかな? 違和感がまったくないはまり役だったと思います。 映画を見た人のほとんどが彼に好印象を持ったと思います。 やっぱりアイドルだけあって、人に好かれる才能のあのかもしれない。 そして著名なカメラマン役で登場するドレスコーズの志磨遼平。 私は彼が出ているのを知らなかったので、彼が登場した時にドレスコーズの志磨遼平っぽいかっこいい人が出てきたなとは思ったけれど、まさか本当に志磨遼平だとは思いませんでした(エンドロールで本人とわかった)。 典型的なハンサムではないですが、とにかく絵になる。 アップで小松菜名と同じ画面に並んでも、輝きが負けてなかった。 これからは、俳優さんとしてもっと活躍してもらいたな。 「 」 Amazonプライムは1ヶ月(30日間)無料体験できます 私は映画「溺れるナイフ」を「Amazonプライム・ビデオ」で無料視聴しました。 Amazonプライム無料体験期間中は、「Amazonプライム・ビデオ」を無制限で無料視聴できます。 また、Amazonで買い物をした際に、お急ぎ便やお届け日時指定便が追加料金なしで無制限に使うこともできます。 Prime Music(プライム・ミュージック)という音楽の聞き放題サービス、およびKindle(キンドル)オーナーライブラリーという書籍の一部無料サービスも利用できます。 無料体験期間中は、会費の請求は発生しません。 無料体験期間が終わると、有料のAmazonプライム会員へ自動的に切り替わります。 (有料登録を希望しない場合は、1ヶ月経過前に退会手続きをする必要があります)• 参考: 映画やテレビなど映像作品のレビューまとめました jikobukken.

次の

『溺れるナイフ』ネタバレ映画ラストシーンまで詳しく解説

溺れる ナイフ あらすじ

Contents• 「溺れるナイフ」のネタバレ! まずは、あらすじ部分から見ていきましょう。 小学6年生の望月夏芽 (ナツメ)は親の都合で東京から浮雲町 (ド田舎)へ引っ越すことになった。 東京では雑誌モデルもしていた夏芽は刺激のない田舎への引っ越しに落ち込むが、1人の同級生との出会いがそんな夏芽を変える。 地元の元大地主「長谷川家」の跡取り息子で、比類ないカリスマ性を持つ男子・長谷川航一朗 (コウ) 2人は強く惹かれあっていくが…。 あらすじ補足 主人公とヒロインが最初に出会ったのはなんと小学6年生の頃! ここから単行本全17巻かけて中学生時代、高校生時代と成長していく2人の姿が描かれています。 先生いわく、原作タイトルの「ナイフ」が意味するものは「10代の自意識」 ジョージ朝倉作品らしい、むき出しの感情やダークな展開が描かれる「溺れるナイフ」は、いわゆる少女漫画とは一線を画する作品です。 漫画を読んでいる読者まで疲れさせてしまうほどの、生々しい10代の感情・エネルギー。 それが「溺れるナイフ」の魅力なんですね。 では、次からは物語のネタバレについて! 事件 中学生になった夏芽は、有名カメラマンの目に留まり写真集を出した。 美しく特別感のある夏芽。 その写真集がきっかけとなり、夏芽とコウは付き合うことになった。 夏芽はさらに芸能活動を続ける。 そして、全てをぶち壊しにするあの事件が起こった。 夏芽の熱狂的なファンである蓮目(27)がついに行動を起こし、夏芽を拉致!暴行に及ぼうとしたのだ。 夏芽は恐怖の中でコウの助けを信じ、そして本当にコウはその場に現れた。 しかし、中学生1年生が大の男に敵うわけもなく、コウは大怪我を負い蓮目に敗北してしまう。 その後、蓮目は逮捕されたが事件を機に夏芽とコウは破局。 何より決定的だったのは「助けられなかった」という事実ではなく、子どもなりの万能感から「神さん」として神聖視されていたコウが敗北してしまったこと。 どんなに周りから特別だと思われていても、コウも夏芽も所詮はただの無力な子供に過ぎない。 2人はそのことに気づいてしまった。 大友 破局してからというもの、コウは素行不良となり荒れ、夏芽は事件のトラウマからふさぎ込むようになってしまった。 コウは暴力的な性格となり、後輩いびりやタバコにまで手を出して親友の大友とさえも疎遠になってしまう。 そして2年の月日が過ぎ、中学3年生の夏。 夏芽は大友から告白され、2人は付き合うことになる。 思いやりにあふれ、優しく接してくれる大友。 夏芽はそんな大友にどんどん惹かれていき、いつしか本来の明るさを取り戻すこともできた。 そんな中、夏芽は事件のせいで退いていた芸能界から再び声をかけられる。 さんざん悩んだ夏芽だったが、ドラマ出演を決意したのだった。 コウの渇望 今や夏芽たちは高校生。 このまま大友と夏芽はずっと幸せに過ごしていく、かのように思われていた。 しかし、コウも夏芽も心の最奥ではお互いを想いあっている気持ちを失くしてはいなかった。 コウはついに実力行使に出る。 コウはまるで暴行のような形で夏芽を手籠めにしようとし、そのまま2人は身体を重ねた。 そして、これをきっかけに夏芽もまたコウへの気持ちを取り戻す。 夏芽と大友は破局した。 コウの劣等感 しかし、夏芽とコウはかつてのような関係に戻ることはできなかった。 夏芽はますます芸能界で活躍している一方で、コウは「あの事件」でかつての万能感(自信)を失ったまま夏芽に劣等感を抱いてしまう。 浮雲町の絶対的なカリスマであり、王であり、神であり、「本物」であったコウは夏芽に告げる。 「【本物】のお前の目に映るのが…しんどい」 夏芽はコウにかつての自信を取り戻させるため町の「火付け祭り」に出させるように仕組み、コウには「祭りに出てくれたら2度と会わない」と引き換え条件を出す。 祭りの日の真実 そして「火付け祭り」当日。 夏芽は現実か夢か判別できない体験をする。 山の小屋にいた夏芽の前に現れたのは、「あの事件」の犯人・蓮目。 蓮目は再び夏芽に暴行しようとするが、またしてもそこにコウが現れる。 ただし、結果はあの時とは違った。 コウは蓮目を一方的に痛めつけ、ついには息の根を止めてしまったのだ。 夏芽は思った「ああ…私の神さんがもどってきた」 しかし、後になって確認してみるとコウは「火付け祭り」に参加していたという。 そして、コウとカナが祭りの翌日に産婦人科に行っていたことから2人は付き合っているとも…。 コウを神聖視していて何かと行動を起こす。 夏芽はカナを問い詰め、真実の出来事を耳にする。 あの日、コウは確かに蓮目を手にかけていた。 いや、正確に言えば最後に蓮目は自らガソリンをかぶり燃えながら身投げしたためコウにそこまでの罪はない。 しかし、コウは蓮目の身投げを目撃していたカナに「遺体隠しを手伝ってほしい」と頼む。 蓮目の目的が「何であれ夏芽の経歴に傷をつけることだった」と読んだコウは事件の隠ぺいを目論み、それと引き換えにカナに「一生お前のモノだ」と約束する。 コウの真意を知った夏芽は、コウの意向を汲み取り、涙ながらにカナに告げた。 「ずっと…コウちゃんをよろしくおねがいします」 最終話 あれから2年が過ぎた。 コウにとっても、夏芽にとっても、それは空虚な日々。 そんな中、夏芽は「コウが海に身投げした」と聞き浮雲町へ戻る。 「もう2度と会わない」といったけど、コウを失うことはなによりも恐ろしいと告げる夏芽。 対するコウも、初めて会った時から夏芽に惹かれていたと告げ、約束は撤回された。 …それからさらに歳月が経過する。 コウと夏芽はその後別々の道を歩んでいたが、2人が38歳になる年に再会。 翌年には夏芽がコウの子供を産んだ。 そして2人が55歳になる年、ようやくコウと夏芽は結婚したのであった。 補足と感想 というわけで2人が迎えた結末は「 (熟年?)結婚」! まさか最終話で何十年も時が経過するとは思いませんでした。 「溺れるナイフ」の最終話については「読者の想像に託す」のような余地があり、しっかりと再会・出産・結婚の経緯が描かれているわけではありません。 しかし、全17巻分のコウと夏芽の物語を読んだ後ならいくらでも年月を埋めるような想像もできるというものです(笑) 今回はネタバレとして作品の内容、そして最終回の展開までを大筋で追ってきましたが、未読の方はぜひ原作漫画の方もチェックして下さいね。 繊細で丁寧な絵や、登場人物たちの複雑かつ生々しい感情を表現する表情など、ストーリー以外の部分の魅力の方が「溺れるナイフ」の本質だと思われます。 しかし、いざ最終回までのネタバレを見てしまうと、気になるのは実写映画の展開・結末。 果たして原作漫画に忠実な形でまとめられるのか、映画オリジナルになるのか、はたまた漫画最終話で描かれなかったエピソードが登場するのか! 公開が待ち遠しいですね。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作でも 課金なしで見ることができます。 単行本全17巻、ジョージ朝倉作品史上最も長編な「溺れるナイフ」は熱心なファンも多い人気作品。 「10代の自意識」を意味するタイトル通り、思春期特有の思考や、汚い部分も含めたリアルな人間描写が話題になりました。

次の