伊織いお 大学。 【伊織いお】建筑系短发女大学生居然拥有超美水滴胸!?

SNSで話題のJカップグラドル・伊織いお「巨乳がコンプレックスで、高校生のときは、男装して通っていました」|ニフティニュース

伊織いお 大学

昨年12月発表の「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」で優秀賞を受賞。 ゼロイチファミリアが送り出す次代のグラビアクイーン・伊織(いおり)いおが、6月8日(月)発売『週刊プレイボーイ25号』のグラビアに初登場。 グラドル、コスプレイヤー、会社員。 週プレが初めてテストシュートしたのは、まだデビューも決まっていない2年前でした。 伊織 今でもよく覚えていますよ。 あの日は雨が降っていて、集英社さんのスタジオに向かっていたんですけど、道に迷って遅刻したっていう......。 あのとき、初めて地図を見るということを学習しました(笑)。 もともとグラビアには興味があった? 伊織 高3のときにコスプレを始めたんです。 アニメの『〈物語(モノガタリ)〉シリーズ』や『Fate』シリーズをやっていました。 最初は趣味でやっていたんですけど、親に反対されたときに「コスプレでお金を稼ぐから口出ししないでほしい」って言って、撮影会にも出るようになったんです。 で、あるときコスプレで水着を着たら反響が良くて。 そこからですね、水着をちょこちょこやるようになったのは。 あと、コスプレイヤーの伊織もえさんが大好きなんですよ。 グラビアもやっていたから、自然と興味を持つようになっていました。 実は、もえさんがあまりに好きすぎて、私の「伊織」も素人時代にそこから名づけたっていう......。 いおちゃんはグラビア業界でも最大級のJカップ! しかも、下乳がとてもセクシーです。 伊織 下乳に関していうと、初めて買った水着のサイズが合わなくて、どうしても出さざるをえなかったという(笑)。 いつの間にかウリのひとつになっていました。 私、工業高校に通っていたんですけど、胸が大きく見られたくなくて、男装していました。 男ばっかりだったから、女として見られたくないっていうのもあって......。 制服が自由な学校だったので、私は男子の制服を着ていたんです。 髪型もショートカットにしていました。 伊織 ある意味、そうなりますね(笑)。 男女関係なく、みんな仲が良かったので、あまり違和感はなかったんじゃないかと。 高校卒業後も建築系の学校に進学したんですよね? 伊織 大学で建築造形を学んでいたんですけど、関係のない授業がイヤすぎて1年で退学、しっかり学べる専門学校に入り直したんです。 で、今年4月から建築系の会社で働いています。 伊織 自分の人生を考えたときに、グラビアは一生続けられないですし、だったら今まで学んできたことを生かした仕事に一度は就いてみたいって思ったんです。 あと私、欲張りなので、好きなことを同時にやりたいっていうのもありました。 会社では、胸が目立たない服を着ているの? 伊織 いや、全然ピチピチニットとか着ていますよ(笑)。 通勤とかでめっちゃガン見されることはありますけど、あんまり気にならないですね。 私も目の前に胸の大きな人がいたら、ついつい見ちゃいますから。 今回の週プレさんの撮り下ろしも、SNSやグラビアをコツコツ頑張ってきたから実現することができた。 これからも一歩一歩進んでいって、その先に表紙とかがあるとうれしいですよね。 「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」優秀賞。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

伊織いお、驚異の二次元ボディ! 例のヒートテック姿がヤバエロ!!(2019年11月28日)|BIGLOBEニュース

伊織いお 大学

昨年12月発表の「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」で優秀賞を受賞。 ゼロイチファミリアが送り出す次代のグラビアクイーン・ 伊織 (いおり)いおが、6月8日(月)発売『週刊プレイボーイ25号』のグラビアに初登場。 グラドル、コスプレイヤー、会社員。 週プレが初めてテストシュートしたのは、まだデビューも決まっていない2年前でした。 伊織 今でもよく覚えていますよ。 あの日は雨が降っていて、集英社さんのスタジオに向かっていたんですけど、道に迷って遅刻したっていう……。 あのとき、初めて地図を見るということを学習しました(笑)。 ——当時は建築系の学校に通っていたときでしたよね。 もともとグラビアには興味があった? 伊織 高3のときにコスプレを始めたんです。 アニメの『〈物語(モノガタリ)〉シリーズ』や『Fate』シリーズをやっていました。 最初は趣味でやっていたんですけど、親に反対されたときに「コスプレでお金を稼ぐから口出ししないでほしい」って言って、撮影会にも出るようになったんです。 で、あるときコスプレで水着を着たら反響が良くて。 そこからですね、水着をちょこちょこやるようになったのは。 あと、コスプレイヤーの伊織もえさんが大好きなんですよ。 グラビアもやっていたから、自然と興味を持つようになっていました。 実は、もえさんがあまりに好きすぎて、私の「伊織」も素人時代にそこから名づけたっていう……。 本当にすみません!! ——いや、うれしいと思うよ。 いおちゃんはグラビア業界でも最大級のJカップ! しかも、下乳がとてもセクシーです。 伊織 下乳に関していうと、初めて買った水着のサイズが合わなくて、どうしても出さざるをえなかったという(笑)。 いつの間にかウリのひとつになっていました。 ——グラドルあるあるで、やっぱり昔はコンプレックスだったの? 伊織 そうですね。 私、工業高校に通っていたんですけど、胸が大きく見られたくなくて、男装していました。 ——え、どういうこと!? 伊織 私は建設科だったんですけど、生徒は全部で80人くらいいて、そのうち女子が10人くらい。 男ばっかりだったから、女として見られたくないっていうのもあって……。 制服が自由な学校だったので、私は男子の制服を着ていたんです。 髪型もショートカットにしていました。 ——高校時代、日常的にコスプレだったわけだ。 伊織 ある意味、そうなりますね(笑)。 男女関係なく、みんな仲が良かったので、あまり違和感はなかったんじゃないかと。 ——そうかなぁ(笑)。 高校卒業後も建築系の学校に進学したんですよね? 伊織 大学で建築造形を学んでいたんですけど、関係のない授業がイヤすぎて1年で退学、しっかり学べる専門学校に入り直したんです。 で、今年4月から建築系の会社で働いています。 ——タレント活動をしながら就職をしたんですね。 伊織 自分の人生を考えたときに、グラビアは一生続けられないですし、だったら今まで学んできたことを生かした仕事に一度は就いてみたいって思ったんです。 あと私、欲張りなので、好きなことを同時にやりたいっていうのもありました。 ——両立は大変そう。 会社では、胸が目立たない服を着ているの? 伊織 いや、全然ピチピチニットとか着ていますよ(笑)。 通勤とかでめっちゃガン見されることはありますけど、あんまり気にならないですね。 私も目の前に胸の大きな人がいたら、ついつい見ちゃいますから。 ——これからチャレンジしてみたいことは? 伊織 私、昔から大きな夢を持つことがなくて、できることをひとつひとつ積み重ねていくタイプなんです。 今回の週プレさんの撮り下ろしも、SNSやグラビアをコツコツ頑張ってきたから実現することができた。 これからも一歩一歩進んでいって、その先に表紙とかがあるとうれしいですよね。 「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」優秀賞。 最新DVD『いおりに恋して』が発売中! 公式Twitter&公式Instagram【 iocos69】 公式YouTubeチャンネル『伊織いおの愛の鞭は結構イタい』 取材・文/高篠友一 撮影/西條彰仁 ().

次の

伊織いお

伊織いお 大学

昨年12月発表の「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」で優秀賞を受賞。 ゼロイチファミリアが送り出す次代のグラビアクイーン・ 伊織 (いおり)いおが、6月8日(月)発売『週刊プレイボーイ25号』のグラビアに初登場。 グラドル、コスプレイヤー、会社員。 週プレが初めてテストシュートしたのは、まだデビューも決まっていない2年前でした。 伊織 今でもよく覚えていますよ。 あの日は雨が降っていて、集英社さんのスタジオに向かっていたんですけど、道に迷って遅刻したっていう......。 あのとき、初めて地図を見るということを学習しました(笑)。 ——当時は建築系の学校に通っていたときでしたよね。 もともとグラビアには興味があった? 伊織 高3のときにコスプレを始めたんです。 アニメの『〈物語(モノガタリ)〉シリーズ』や『Fate』シリーズをやっていました。 最初は趣味でやっていたんですけど、親に反対されたときに「コスプレでお金を稼ぐから口出ししないでほしい」って言って、撮影会にも出るようになったんです。 で、あるときコスプレで水着を着たら反響が良くて。 そこからですね、水着をちょこちょこやるようになったのは。 あと、コスプレイヤーの伊織もえさんが大好きなんですよ。 グラビアもやっていたから、自然と興味を持つようになっていました。 実は、もえさんがあまりに好きすぎて、私の「伊織」も素人時代にそこから名づけたっていう......。 本当にすみません!! ——いや、うれしいと思うよ。 いおちゃんはグラビア業界でも最大級のJカップ! しかも、下乳がとてもセクシーです。 伊織 下乳に関していうと、初めて買った水着のサイズが合わなくて、どうしても出さざるをえなかったという(笑)。 いつの間にかウリのひとつになっていました。 ——グラドルあるあるで、やっぱり昔はコンプレックスだったの? 伊織 そうですね。 私、工業高校に通っていたんですけど、胸が大きく見られたくなくて、男装していました。 ——え、どういうこと!? 伊織 私は建設科だったんですけど、生徒は全部で80人くらいいて、そのうち女子が10人くらい。 男ばっかりだったから、女として見られたくないっていうのもあって......。 制服が自由な学校だったので、私は男子の制服を着ていたんです。 髪型もショートカットにしていました。 ——高校時代、日常的にコスプレだったわけだ。 伊織 ある意味、そうなりますね(笑)。 男女関係なく、みんな仲が良かったので、あまり違和感はなかったんじゃないかと。 ——そうかなぁ(笑)。 高校卒業後も建築系の学校に進学したんですよね? 伊織 大学で建築造形を学んでいたんですけど、関係のない授業がイヤすぎて1年で退学、しっかり学べる専門学校に入り直したんです。 で、今年4月から建築系の会社で働いています。 ——タレント活動をしながら就職をしたんですね。 伊織 自分の人生を考えたときに、グラビアは一生続けられないですし、だったら今まで学んできたことを生かした仕事に一度は就いてみたいって思ったんです。 あと私、欲張りなので、好きなことを同時にやりたいっていうのもありました。 ——両立は大変そう。 会社では、胸が目立たない服を着ているの? 伊織 いや、全然ピチピチニットとか着ていますよ(笑)。 通勤とかでめっちゃガン見されることはありますけど、あんまり気にならないですね。 私も目の前に胸の大きな人がいたら、ついつい見ちゃいますから。 ——これからチャレンジしてみたいことは? 伊織 私、昔から大きな夢を持つことがなくて、できることをひとつひとつ積み重ねていくタイプなんです。 今回の週プレさんの撮り下ろしも、SNSやグラビアをコツコツ頑張ってきたから実現することができた。 これからも一歩一歩進んでいって、その先に表紙とかがあるとうれしいですよね。 「グラビア・オブ・ザ・イヤー2019」優秀賞。 最新DVD『いおりに恋して』が発売中! 公式Twitter&公式Instagram【 iocos69】 公式YouTubeチャンネル『伊織いおの愛の鞭は結構イタい』 取材・文/高篠友一 撮影/西條彰仁.

次の