家計 やりくり ブログ。 家計節約ブログ10選 / 節約生活でかしこく貯金する

やりくり生活・やりくり術 人気ブログランキングとブログ検索

家計 やりくり ブログ

スポンサーリンク 家計節約ブログまとめ10選 01. 日々を整える -節約家計簿・収納・インテリア公開日記- 日々の無駄使いを反省し心機一転、マイホーム購入のため1000万円を目標に貯金されているご夫婦のブログです。 整理収納アドバイザーであるにんにんさんの節約術は、手作りの収納グッズアイデアやハンドメイド家具等、住みやすくて節約になる嬉しい工夫がいっぱいあります。 現在、住んでいるという社宅の和室を、洋室風リビングに変更してあるのですが、全部自分たちの手作りという徹底ぶり! 整理収納アドバイザーとしても知識もおしみなく紹介されているにんにんさんのブログは、こんなことまでやるの?こんなことまで自分たちでできるの?と読んでいてビックリすること間違いなしです。 節約家庭ではないがしろにされがちな朝食も、これでもかというほどの品数。 買い物に行く際には、買ってきた食材の写真をすべてアップされており、それを使って作った献立も毎回紹介されているので、節約料理がどのように組み立てられているのかわかりやすく勉強になります。 もちろん、料理以外にも様々な点で日々節約されていますよ。 節約はしたいけれど、毎日の食事は豪華でおいしくしたいという方に、得におすすめの節約ブログです。 60歳までに貯蓄3000万円|節約・貯金・家計管理まとめ タイトル通り、60歳までに貯蓄3000万円残すことを目標に、節約や貯金に関する記事をまとめてある人気ブログ。 出産や育児中にもらうことのできる助成金の記事や、保険の管理など専門的な記事が多いのが特徴です。 とにかく書かれている記事の数が多いので、非常に読み応えがあります。 他のブログだと、自分の家との家庭環境が違う場合、家計費の比較や検討がしづらいというデメリットがありますよね。 ですが、こちらのブログでは、家庭ごとの理想の家計費の内訳と称して、夫婦二人、夫婦と子供一人、単身者等、家庭環境別に家計費について書かれているので、参考にしやすくおすすめです。 ももねいろ 無駄のないストレスフリーな貯金や節約を目指したいというももねさんのブログは、他の節約ブログとはちょっと変わっています。 家計管理はしっかりしているももねさんですが、主婦節約雑誌の修行のような節約記事や住居費の安い方のデータに疑問を持ち、自分のできる一番楽しく暮らせる範囲で、しっかりと貯蓄と節約のできるペースはどこかと模索されているようです。 ももねさんのブログに寄せられるコメントにもあるように、節約するペースは人それぞれですし、住んでいる環境にも左右されます。 他の節約ブログの内容が自分にはピンとこないという方は、一度、ももねさんのブログをのぞいてみてはいかがでしょうか。 年間100万貯金節約ブログ 年間100万円貯蓄を目指すななさんは、去年の貯蓄額160万円と目標をはるかに上回る節約上手な奥さまです。 ご主人の年収が380万円という金額から、160万円もの貯蓄ができるとは、とにかく驚きの一言ですよね。 そんな、ななさんの節約術はとにかく何に対しても細かく調査されています。 いかにして上手に使い購入するか、買い物を安くするかだけでなく、ポイントサイトを使ったお得にポイントを貯める裏技なども豊富に紹介されており、こんな方法知らなかったという情報がてんこもり! 楽してお金を貯めたい、簡単なやり方で節約したいと言う方には向かないかもしれませんが、ななさんのように負けず嫌いで凝り性という方にはぜひおすすめできる節約ブログです。 スポンサーリンク 06. 貯金できる家計目指して 結婚と同時に無計画に住宅を購入してしまたことと、田舎暮らしで車が常に2台必要だというtsumiさんが、ドンブリ勘定の家計簿をあらためて、子供の大学進学資金を貯める節約ブログです。 頑張らない節約を目指しているというtsumiさんの節約は、家計簿もシンプルでなんでもざっくり管理されています。 スライド5週管理法という独特の家計管理をされていた記録も残っているので、気になる方は参考にされると良いでしょう。 のんびりできるところから少しずつ節約されているので、これから家計管理をはじめようという方におすすめのブログとなります。 1000万円貯めたいズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ ずぼらな主婦あきさんの節約挑戦ブログです。 10年間家計簿をきっちりつけていたのに、貯金がまったくできていないことに気付いたあきさんが、一から家計支出や生活を見直していく、挑戦形式のブログとなっています。 生命保険の見直しの仕方や老後の貯金についての話など、わかりやすく丁寧に書かれているので、節約初心者でも読みやすいのではないでしょうか。 また、どこの家庭でもあるクレジットカードの使いすぎ問題にも触れてあり、クレジットカードの使い方を見直すことで支出を減らし、あきさんは年間20万円もの節約を実現されていますよ。 4人暮らしのお金が貯まる暮らし方 貯金と節約が得意だというブログ主さんが、自分の家の家計簿を公開し、どうすればお金が貯められるか、そのノウハウをまとめられているお役立ちブログです。 保険料の見直しにより、保険料を半分にしたという経験談や、現在支払い中の住宅ローンを見直すことで120万円得をする話など、すぐにやってみたくなる内容の記事がたくさん掲載されています。 貯蓄の方法もただお金を貯めるのではなく、株式投資による株主優待特典の話や、投資信託による資産運用等、専門的な話題も多く、節約初心者さんだけでなく、節約上級者さんにもためになる有益情報が満載です。 節約セレブの1億円貯金術! 夫が一番、諭吉君が二番目に好きという節約セレブあかりさんの、40代までに1億円貯めるブログです。 歳をとってから老後資金を貯めるなんてナンセンス、若いうちにコツコツ1億円貯めてしまおうと節約に励むあかりさん。 ご本人は簡単なことのように書かれていますが、実行されている節約術や貯蓄術はかなり専門的でハードな内容になっています。 あかりさんの記事はかなりの毒舌口調なので、本気で節約頑張ろうと思っている方以外は、つっぱねた言い方にムッとくることもあるかもしれません。 なるほどと思うようなことがたくさん書かれている節約心理の記事が個人的におすすめです。 ノマド的節約術 節約・倹約によって生活コストを下げることにより、精神的なゆとりをもった生活を実現するをモットーに、これからの時代を生き抜くための節約術・お金に対する考え方を提案するブログです。 ノマドさんの記事の最大の特徴は、その時リアルタイムで話題になっている旬な情報への対応の早さ! まだ、主婦のための節約情報雑誌等で特集される前から情報発信されていることも多く、新しい節約情報を探している人に最適なブログとなっています。 もちろん、節約の基礎となるお金に対する考え方や心構え、普段から使っていける節約術も豊富に紹介されていますよ。 まとめ 節約って苦しくてつらいものだと思っている方も多いですが、私が紹介した節約ブログの多くは、節約を楽しんで実行しているばかりです。 これからのために節約するといっても、今の生活が苦しくて楽しくなくなったらぜんぶ台無しですよね。 たしかに、節約するとできなくなることもありますが、お金を貯める工夫や貯めること自体を楽しめる余裕がないと節約生活は長続きしません。 いきなりすべてを実行する必要はないですし、自分にあった節約方法をじっくり探すことも大事なステップ。 こちらで紹介した節約ブログのみなさんも、試行錯誤しながら自分の節約術を見つけてる方ばかりです。 色々な節約方法を実行されている個性的な節約ブログを集めてあるので、みなさんもここから自分に合った節約法を探してみてくださいね。

次の

家計簿公開! 月収30万台で毎月10万以上貯金、節約上手さんのやりくり術

家計 やりくり ブログ

管理人はこんな人 50代前半の、パートで働くのんびりした性格の主婦です。 住まい: 神戸 家族構成: 同じく50代前半の夫 私 20代の息子2人 社会人 仕事: ショッピングモールでキッチン用品を扱うパートをしています。 将来の受け取り年金を増やすため、2016年6月から106万の壁を越え扶養を抜けました。 趣味: 美術鑑賞 特に浮世絵が大好き 田舎をぼや~っと一人で散策すること 読書 家計の記録とストレス発散のために、節約ブログを始めたのは2013年の8月末でした。 夫が何度も職を転々とし、とうとう20代の新婚当時より収入が少なくなり、 涙 先々の事を思うと 不安でいっぱい&ネガティブ度バリバリ全開な時期もあり、 他愛無い事をメモ程度に だら~りと書いて、 その気持ちを発散して来ました。 blogを始めてからも、相変らず夫の仕事のこと収入のことで色んなことがあり どよ~んと凹みまくりましたが、 ブログを書くことで気持ちを整理することが出来、とても助けられました。 旧ブログ50歳年収220万からの脱出に細かく書き留めています。 管理人がこれからも成長し続けるために blogを書いて自分の考えをまとめたり、 今までよりもっと簡単で効果的な節約方法を思いついたり、 いつまでたっても減らすことが出来ない食費を嘆いてみたり、反省してみたり、 ついつい散らかってしまう部屋を綺麗にしたいと気合を入れたり、 油断するとネガティブになってしまう心配性の性格を 何とか前に向かせたいと思ったり・・・。 書くことで気持ちを整理し、暮らしを振り返り、前を向いて進みたい。 精神的な成長を目指して、諦めずいつも歩んで行きたい。 そんな思いから扶養を抜けたことをきっかけに、 気持ちも新たに新しいこのblogへお引越しをすることにしました。 節約の楽しさを伝えるために ライフワークとして心がけてきた節約のこと、 年金暮らしの準備期間としての50代の暮らし、 遊びに行って楽しかった記録、使ってみて良かった物、買わなければ良かった物や、 本やTVで得たお得な情報、 たわいない主婦の暮らしを書き留めて行こうと思います。 そんな中から節約って楽しいものなんだ!と言うことが少しでも伝われば嬉しいです。 特に将来の年金暮らしが目の前に迫った50代の方や、 既に年金で暮らしていらっしゃる60代以降の方に向けて、 当ブログが少しでも参考になって、 管理人と共に楽しい節約生活を送っていただければな~という夢を持っています。 つたないblogですが、 これからもどうぞ末永くお付き合いいただけますよう宜しくお願いします。 2016年7月吉日 ななえ 追記 昔、資生堂の美容部員をしていました。 化粧品のことが大好きで、化粧品に関するブログを2つ作りました。 もし良かったらご覧になってくださいね。 メディア掲載 大人女性向けライフメディアfolkで当ブログを取り上げていただきました。 に選ばれました。 他にもたくさん節約の参考になるブログが集まっているので ご覧になってくださいね! 広告掲載のご依頼について 当ブログでの広告ご依頼は各ASPを通じてご連絡くださいませ。 前向きに検討させていただきたいと思っています。

次の

家計のやりくりが成功するコツとは?やりくり上手の考え方をFPがご紹介☆

家計 やりくり ブログ

家計が赤字になっていた原因がわかる• 家計が改善するやりくり方法がわかる• もう2度とお金のことで悩まなくなる 毎月いろいろ我慢して頑張っているのに、気が付くと足りなくなっていて赤字・・・。 将来のために貯金もしたいのに、貯金なんて夢のまた夢。 お給料が多くても少なくても同じで、家計管理がうまくできなくて赤字になってしまうことや、貯金が出来ない悩みを抱える人はたくさんいます。 家計管理のてっぱんともいえる 黒字になれる法則を身に着けて、毎月のゆとりと貯金を手にし、 もう二度とお金のことで悩まない暮らしをぜひとも手に入れていってください。 スポンサーリンク 1、家計やりくりにはまず家計簿! 毎日コツコツと家計簿を続けていらっしゃる方は次のステップ以降からがおすすめですが、「 家計管理をこれからはじめる」「 家計を改善したい!」という方はぜひこのセクション1から取り入れていってください。 家計管理をする上で、ベースとなる家計簿。 つけていない方がいたら今日からつけるのをおすすめします。 家計簿は、会社でいう帳簿と同じ。 もし企業が、どんぶり勘定で適当に会計をしていたら会社を成長させていくことはできませんし、いずれ破たんしてしまうかもしれません。 家計簿も 家庭という1つの会社の大切な帳簿です。 今財政状況がどうなっているのか、目標にはどれくらい近づいているのか、改善点はあるのか、家計簿1つを付けていくことで、いつでも把握することが出来ます。 これは家計のいわゆる羅針盤。 大海原での大事なコンパスでもあります。 まずは家計簿をスタートして、今ありのままの家計状況を把握していくことから始めましょう。 何に使っているか把握するのはちょっぴり怖いですが、大事なスタート地点。 ここからどんどん良くなっていくのだから大丈夫!勇気をもって書き出してみてください。 スポンサーリンク 2、家計管理の黄金比率を知る 家計簿をつけていくうえで1つ大事なことがあります。 例えば、「家計簿をつけることによって、無駄使いを抑えれるようになりたい」とか、「年間〇〇円貯金したい!」とか、そういった簡単なもので十分なのですが、家計簿をつけて達成したいことを明確するのが大切です。 やりくりの黄金比率はこれだ! やりくり上手さんが知っている家計の黄金比率。 それは「 2:6:2の法則」というものです。 「 2:6:2の法則」とは、「 貯金:生活費:自己投資」をこの比率に当てはめて割り振りしていくことをいいます。 例えば、手取り25万円であれば、「貯金5万円:生活費15万円:自己投資5万円」となります。 これは、家族の構成や人数によっても多少変化があるものなので、各家庭によっては配分に違いがでると思いますが、基本的にはこの法則にそって毎月暮らしていくと、 5年間で年収分の貯金が自然と貯まります。 では、さらにその内訳についても、理想の配分バランスはどれくらいなのか見てみたいと思います。 スポンサーリンク 3、やりくりの黄金比率に当てはめ予算を決める 大体の家計の理想的なバランスがわかったら、それを自分の家庭にあったバランスで予算を決めていきます。 家庭によってお金をかけたい費目も違いますので、そこは上手に考えながら配分していきます。 大事なのは、ここで「貯金」の部分を削らないように気をつけること。 ここを削ってしまうと、いつまでたっても貯まらない家計になってしまうので、「貯金」の部分を先に残しつつ予算を組んでいきます。 ここで、どうしても収入が少なくて、貯金にまで回せるほど他の費目も削りようがないぎりぎりの場合は、記事後半でその対策についてもまとめていますので、あわせてそちらもご参考いただければと思います。 貯金するスピードがどんどん早まるコツや考え方については、の記事にまとめています。 よろしければご参考ください。 スポンサーリンク 4、予算をはみ出さない買い物の仕方を知る 食費や日用品費、雑費といった費目は、家賃や保険料などの固定費とは違い、やりくりでお金をうかせることもできる部分でもあります。 反対に、食費が月に10万、15万と膨らんでしまい家計を圧迫しているケースなどもあります。 家庭に合った適切なバランスでお金をつかえるようにするためにも、決めた予算をはみ出さない買い物の仕方を知って、予算を守るようにすることが大切です。 やりくり上手な主婦が実践する買い物方法とは まずするべきことしては、「食費」考え方を改めることが大切です。 家族でいく外食や、晩酌などのお酒、毎月必ずかかるお米代や調味料代などは、食費からいったん外して考えます。 ここでいくつかのポイントをリストにしておきます。 行ける限り、特売日などの安い日を狙って行くようにする。 お仕事などで買い物時間が厳しい時は、休みの日に少し郊外の安いスーパーまで出向いてまとめ買いがおすすめ。 必要な物のみを買えるように、買い物メモを作っていく。 行く前にチラシを見て特売品を知っておく。 お肉や魚など極力お得で安い食材を買う。 副メニューは、メインメニューの食材の余りで作るよう考える。 ショッピングカートはなるべく使わない。 開店後30分や、夕方の値引き時間にあわせて買い物に行く。 専業主婦か、共働きかによってもお買い物に行ける時間が違いますが、 1週間分などとまとめ買いをすることが、食費を抑えるのに大きな効果を発揮します。 特売日などにあわせるのが厳しい場合は、お仕事のお休みの日などに、お得な価格で食材を販売しているスーパーに少し遠出をして、まとめ買いするのがおすすめです。 メニューをがっちり決めてからお買い物にいくのも、無駄がなくてとてもいいですが、必要な食材が割高になっている場合も多々あるので注意が必要です。 食費をとにかく抑えたい場合は、むね肉や、もやしなど安い食材をなるべく買うようにします。 メインメニュー以外の 副メニューは、材料を特別に買わず余った食材で作るように、あとから調べてメニューを組み立てます。 今はレシピサイトなどで、いろんな食材を使ったレシピ調べることが出来るので、メニューにこだわらず、家族が食べる分量を考慮しながら安くお得な食材を買っていく方法で対応するのがおすすめです。 無駄なく買い物をするために、チラシサイトやアプリなどで最寄りのスーパーの価格を事前にチェックし、 1週間分のまとめ買いリストを作成してから買い物にいくことで、買い忘れもなく、食材も必要量手にすることができます。 そしてお店ではなるべくカートを使わず 手でカゴを持つようにしながらお買い物をします。 そうすることで、どんどんカートに入れてしまうのを防ぐことが出来るので、結果として無駄使いの防止に役立ちます。 お買い物にいく時間は、前日の売れ残りを値下げして売りはじめる 開店後30分くらいしてからか、夕方の値引きの時間帯がねらい目です。 スーパーでは、1週間の予算を越えないように気をつけながら買い物をすることが大切です。 お買い物の仕方を意識して変えていくだけで、食費はぐっと大きく抑えることが出来ます。 5、改善点を見つけ出し翌月へ活かす まとめ買いを続け、家計簿に記入し、1か月過ごしたあとは必ず 振り返る時間をもつことが大切です。 予算通りに買い物できたのか、どこかに改善点がないか、振り返らなければ、家計を改善していくことは出来ません。 目標に向かって行動し、達成していくために「 PDCA」のサイクルをぜひ取り入れていってください。 さらに、「A=Action(改善)」で、翌月はどこを改良すれば、抑えた食費で満足のいく食事がとれるか考えていきます。 家計が赤字になる原因は何? 気をつけてはいるつもりなのに、赤字になる原因は以下の3つがあげられます。 何にいくらまで使っていいかが不明。 今いくら使っているか不明。 必要だからと言い訳をしている。 何にいくらまで使っていいかが不明 これは、初めの段階での予算決めがうまくできていない状態です。 限度を決めなければ、1か月の中でどんどん使ってしまいますので、自然と支出が増えていってしまいます。 今いくら使っているか不明 家計簿をつけていないおうちでは、何にいくら使っているか把握することができません。 頭で大体覚えていて、お財布の中で帳尻があえばいいというどんぶり勘定のやり方もありますが、膨らんでいる支出に悩んでいるならば家計簿をつけて把握することが大切です。 必要だからといいわけしている 私自身もよくあることですが、大体の人は、物を目の前にしては買いたい気持ちのが強くなり、これを買うため理由を探し始めます。 「今買っておかないと」「これは使うから」それも確かにあっていることなのですが、赤字家計になっていかないために大切なポイントが1つあります。 それは、本当に必要なものを買う際は、どこかの支出でカバーしたり、あらかじめ予算取りをしてお金を準備しておくなどの計画性が必要ということです。 そこまでやりくりしてもどうしても必要なものかどうか、購入前に考えることが大切です。 どうしても赤字家計がなおらない時は どうしても赤字が直らない時は、以下の3つの対策が考えられます。 引っ越しや家の売却を考える。 副業やアルバイトで収入をあげる。 家計問題のプロであるFPに相談する。 引っ越しや家の売却を考える 引っ越しや家の売却を考えるという部分については、大きな決断がいるので悩むところですが、細かいやりくりでどうしても赤字が直らず、毎月の赤字が深刻な状況が続いている場合、家計費の中で一番大きな割合を占める住居費を下げることで一気に改善することができる場合もあります。 毎月、固定されて出ていくお金でもあるので、一度この住居費を下げてしまえば、家計に残るお金はやりくりに関わらず増えることになります。 もう少し家賃の安い物件に住み変える、もしくは、家計を圧迫している住宅ローンをなくすために売却し住み変えるといった方法です。 今はいろんな不動産サービスがあるので、住んでいる家を人に貸してローンを払っていきながら、自分は賃貸に住むといったことができる方法もあります。 副業やアルバイトで収入をあげる 引っ越しなどでは対応出来ない場合、もしくは別の方法がいい場合の手段としては、副業やアルバイトで今の収入をもう少し増やすという方法があります。 時間的にも、体力的にもやや頑張りが必要ですが、家を変えることなく収入を太くしていくことができるので取り組みやすい方法とも言えます。 ネット上でも様々なサービスが展開し、特技を活かしてできるものから、データ入力やちょっとした記事執筆といったクラウドソーシングのお仕事、ポイントを集めて現金に換金するポイントサイトなど、さまざまな収入源が増えてきています。 家計問題のプロFPに相談する。 FPとはフィナンシャルプランナーのことで、お金のこと全般に関する深い知識をもった、家計問題のプロとも言えます。 フィナンシャルプランナーに相談をするには、相場として5,000円~10,000円ほどの費用が発生しますが、対面で会い直接不安を打ち明けることが出来ます。 また、各家計にあった改善方法と将来設計のプランまで一緒に考えてくれるので、将来的にも大きな効果と安心が生まれます。 自分一人で考えているだけではどうしても不安が残る場合は、一度相談してみることで安心と様々な知恵をもらうことが出来るので、とてもおすすめです。 海外では今お金のジムと呼ばれる「フィナンシャルジム」の人気があがってきていています。 マンツーマンでお金のことについて学びながら、家計を改善し、貯金できる体質に変わっていくことができると利用する人もじわじわと増えていっています。 日本でも類似のサービスがじわじわ出てきていますので、機会をみてご紹介できればと思います。 【まとめ】お金の使い方はバランスが大事 お金の使い方ひとつで暮らしは大きく変わったりするものです。 生きていくうえで切っても切り離せないものだからこそ、しっかりと学び管理していくことが大事だなと改めて私自身も思いました。 ぜひみなさんもマネーリテラシーを身に着けて、豊かな人生築いていってください。 今後もお金に関する情報をまとめていきたいと思います。

次の