ニュアンス パーマ。 ニュアンスパーマって何??メリットとデメリットも解説!!

【2020年】美容師が選ぶメンズのマッシュパーマ スタイル12選!

ニュアンス パーマ

出典: 動きがランダムになるようなパーマのかけ方をすると、ルーズなアレンジをしやすくなります。 くせ毛風にいろんな方向に髪が動くと抜け感のあるロングヘアに。 ニュアンスパーマでほつれた毛先が可愛く仕上がります。 時々パーマを強くかけないとすぐ取れたり、スタイリングがしづらいと思ってるお客様がいます。 最近人気のモテスタイルは、長さを問わずゆるめのスタイルです。 取れかけくらいのパーマが可愛く仕上がるコツです。 以前はホット系のデジタルパーマもしっかりカールをつけるのが流行っていました。 最近はワンカール位でくせ毛風にルーズに仕上げるほうが人気です。 どうしてもスタイリングが苦手な人は、毛先をちょっと軽めにするのもポイントです。 ぜひチャレンジしてみてくださいね。

次の

ボディーパーマ(ニュアンスパーマ)とはどんなヘアスタイル?

ニュアンス パーマ

パーマの事を詳しく知りたいかたはまずコチラ お客様からのオーダーも多く、 ちょっと大人っぽさもありつつオシャレに決まってくれるパーマデザインが 「ニュアンスパーマ」です。 いわゆるパーマスタイルという雰囲気ではなく、 柔らかく自然に髪が動いて欲しいという方からのオーダーが多いです。 では実際ニュアンスパーマとはどんなデザインなのか? まずパーマデザインって色々な呼び方があって良く分からないですよね。 ワンカール、ウェーブ、ニュアンス、ハード、スパイラルetc… なんとなく言葉の響きでイメージしている方も多いですが、 それで全然オッケーです!! 美容用語って基本決まった名前があるわけじゃ無い事も多いですからね。 例えば青系のカラーリングにするとしても アッシュ、ブルー、ブルージュ、オーシャン、サファイヤetc… というように美容室やメーカーによっていろんな呼び方があって、 仕上がりのイメージが付きやすい言葉で読んでいる事が多いんですよね。 今回のブログのテーマにした 「ニュアンスパーマ」 も全国統一で決まった形がある訳では無いので、 なんとなく緩めのパーマ?? くらいに思ってくれていれば全然オッケーです!! それだとブログとしてはもの足りないので少し僕が思う 「ニュアンスパーマ」についての解説を メリットやデメリットも踏まえて今回は説明していきたいと思います。 ニュアンスパーマとは? ではまずニュアンスパーマとは、、、 毛先にカールが強く入っていなくて、 やや自然な丸みが少しある程度の動きのパーマの事です。 このようにパーマの形状は強さに段階があるのですが、 ニュアンスパーマは一番右の「Cカール」から 強くても真ん中の「Sカール」までで構成されているパーマです。 つまり一番左の毛先がクルんとしているカールのパーマは あまりニュアンスパーマとは言えないですね。 あくまで、 毛先にカールが強く入っていなくて、 やや自然な丸みが少しある程度の動きのパーマの事です。 では次は実際のデザインの例をご紹介します。 個人的にはショートとニュアンスパーマの相性はとても良いと思っています。 直毛の方はショートヘアだとツンツンしてしまってスタイリングがしにくかったり、 男性っぽく見えて見えてしまいがちです。 髪が柔らかい方はボリュームが出にくくトップがペタッとしてしまいます。 そんなお悩みを持っているショートへあの方はニュアンスでパーマをかけて 毛先に女性らしい柔らかさをプラスしたり、 トップがふんわりしやすいようにボリュームを出す。 というのもニュアンスパーマの為せる技ですね!! ボブのニュアンスウェーブ 次は伸ばしかけのボブのお客様。 肩でハネる長さがなのでどうしても扱いにくいとの事。 ニュアンスのパーマをかけてストレスなく伸ばせるようにします。 直毛の方は特にハネやすいのでストレスを感じやすいですね。 しかし毛先だけの動きだと、スタイリングがやりにくくなるので、 表面から大きくニュアンスウェーブを無造作に作っています。 緩い動きを全体に作る事で、 カジュアルさと女性らしさのどちらも入ったデザインになります。 ニュアンスパーマのメリット では何故あえてニュアンスパーマにするのか少しメリットをまとめます。 パーマ感が主張されないので、パーマ初心者の方もトライしやすい• 後頭部や、トップなどのボリューム調整ができる• 女性らしい柔らかい品のあるデザインになる• 仕上がりがナチュラル• 髪への負担が比較的少ない(ケースバイケースで) このようにデザインに強い印象がつかないので、 パーマ初心者の方でもデザイン的にはトライしやすいのが特徴ですね。 ニュアンスパーマのデメリット メリットがあれば当然デメリットもあるのです。 緩めのパーマなので取れるのが早い• クセがある方は扱いにくい時がある• スタイリングが崩れやすい というようにパーマの寿命が短かったり、 スタイリングの持ちが悪かったりするので、 なるべく長く楽な状態にしたい場合はやや不向きですね。 ニュアンスパーマのデメリット対策 とはいえパーマを専門的に扱う美容師としては、 そのまま何も対策を立てずに見逃す訳にもいきません!!! 完璧にデメリットを無くす事は難しいですが、 なるべくニュアンスパーマを楽しんで貰えるような工夫をします。 一回のパーマで2度美味しい戦法ですね。 このように髪質や、髪の状態によってデメリットが強く なりそうなお客様にはそれに合った作戦を立てるのも必要です! ニュアンスパーマはこんな人にオススメ ここまで細かくメリットなど書いて来ましたが、 ザックリこんな感じでパーマをかけたいなと思っている方は 「ニュアンスパーマ」がオススメです!• パーマをあまりかけた事が無いので似合うか不安• 女性らしい柔らかさのあるパーマにしたい• クルクルにしたい訳では無いけどボリュームは欲しい• 自然なクセ毛くらいの動きが欲しい ニュアンスパーマに向かない方、、、。 ニュアンンスパーマがあまりオススメ出来ない方は、 髪質やライフワークによって変わって来ます。 髪の状態や髪質• 直毛でかなり強い髪質• かなり柔らかい軟毛• ハイダメージ毛 こういう髪の方はパーマのモチがあまり期待できない方です。 工夫してニュアンスパーマをかけたとしても、 そもそもの寿命が短いニュアンスパーマだと、 パーマを楽しめる期間がかなり短くなってしまいます、、、。 ライフワーク 生活の中での髪の向き合い方によっても、 ニュアンスパーマが向いていない場合があります。 朝は水で濡らすのが面倒• スタイリング剤を付けたく無い つまり、ある程度朝のスタイリングはして貰う必要があるって事です。 緩い動きのパーマなので、 スタイリング剤などである程度固めて置かないと すぐに崩れてしまうって事です。 パーマの事について詳しく知りたい方はまずコレ読んで貰えれば分かりやすいです。 ご予約ご希望の方はコチラから LINE やInstagramからご相談だけでも大丈夫です。 最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが、お気軽にご相談頂いて大丈夫です!.

次の

ボディーパーマ(ニュアンスパーマ)とはどんなヘアスタイル?

ニュアンス パーマ

パーマの事を詳しく知りたいかたはまずコチラ お客様からのオーダーも多く、 ちょっと大人っぽさもありつつオシャレに決まってくれるパーマデザインが 「ニュアンスパーマ」です。 いわゆるパーマスタイルという雰囲気ではなく、 柔らかく自然に髪が動いて欲しいという方からのオーダーが多いです。 では実際ニュアンスパーマとはどんなデザインなのか? まずパーマデザインって色々な呼び方があって良く分からないですよね。 ワンカール、ウェーブ、ニュアンス、ハード、スパイラルetc… なんとなく言葉の響きでイメージしている方も多いですが、 それで全然オッケーです!! 美容用語って基本決まった名前があるわけじゃ無い事も多いですからね。 例えば青系のカラーリングにするとしても アッシュ、ブルー、ブルージュ、オーシャン、サファイヤetc… というように美容室やメーカーによっていろんな呼び方があって、 仕上がりのイメージが付きやすい言葉で読んでいる事が多いんですよね。 今回のブログのテーマにした 「ニュアンスパーマ」 も全国統一で決まった形がある訳では無いので、 なんとなく緩めのパーマ?? くらいに思ってくれていれば全然オッケーです!! それだとブログとしてはもの足りないので少し僕が思う 「ニュアンスパーマ」についての解説を メリットやデメリットも踏まえて今回は説明していきたいと思います。 ニュアンスパーマとは? ではまずニュアンスパーマとは、、、 毛先にカールが強く入っていなくて、 やや自然な丸みが少しある程度の動きのパーマの事です。 このようにパーマの形状は強さに段階があるのですが、 ニュアンスパーマは一番右の「Cカール」から 強くても真ん中の「Sカール」までで構成されているパーマです。 つまり一番左の毛先がクルんとしているカールのパーマは あまりニュアンスパーマとは言えないですね。 あくまで、 毛先にカールが強く入っていなくて、 やや自然な丸みが少しある程度の動きのパーマの事です。 では次は実際のデザインの例をご紹介します。 個人的にはショートとニュアンスパーマの相性はとても良いと思っています。 直毛の方はショートヘアだとツンツンしてしまってスタイリングがしにくかったり、 男性っぽく見えて見えてしまいがちです。 髪が柔らかい方はボリュームが出にくくトップがペタッとしてしまいます。 そんなお悩みを持っているショートへあの方はニュアンスでパーマをかけて 毛先に女性らしい柔らかさをプラスしたり、 トップがふんわりしやすいようにボリュームを出す。 というのもニュアンスパーマの為せる技ですね!! ボブのニュアンスウェーブ 次は伸ばしかけのボブのお客様。 肩でハネる長さがなのでどうしても扱いにくいとの事。 ニュアンスのパーマをかけてストレスなく伸ばせるようにします。 直毛の方は特にハネやすいのでストレスを感じやすいですね。 しかし毛先だけの動きだと、スタイリングがやりにくくなるので、 表面から大きくニュアンスウェーブを無造作に作っています。 緩い動きを全体に作る事で、 カジュアルさと女性らしさのどちらも入ったデザインになります。 ニュアンスパーマのメリット では何故あえてニュアンスパーマにするのか少しメリットをまとめます。 パーマ感が主張されないので、パーマ初心者の方もトライしやすい• 後頭部や、トップなどのボリューム調整ができる• 女性らしい柔らかい品のあるデザインになる• 仕上がりがナチュラル• 髪への負担が比較的少ない(ケースバイケースで) このようにデザインに強い印象がつかないので、 パーマ初心者の方でもデザイン的にはトライしやすいのが特徴ですね。 ニュアンスパーマのデメリット メリットがあれば当然デメリットもあるのです。 緩めのパーマなので取れるのが早い• クセがある方は扱いにくい時がある• スタイリングが崩れやすい というようにパーマの寿命が短かったり、 スタイリングの持ちが悪かったりするので、 なるべく長く楽な状態にしたい場合はやや不向きですね。 ニュアンスパーマのデメリット対策 とはいえパーマを専門的に扱う美容師としては、 そのまま何も対策を立てずに見逃す訳にもいきません!!! 完璧にデメリットを無くす事は難しいですが、 なるべくニュアンスパーマを楽しんで貰えるような工夫をします。 一回のパーマで2度美味しい戦法ですね。 このように髪質や、髪の状態によってデメリットが強く なりそうなお客様にはそれに合った作戦を立てるのも必要です! ニュアンスパーマはこんな人にオススメ ここまで細かくメリットなど書いて来ましたが、 ザックリこんな感じでパーマをかけたいなと思っている方は 「ニュアンスパーマ」がオススメです!• パーマをあまりかけた事が無いので似合うか不安• 女性らしい柔らかさのあるパーマにしたい• クルクルにしたい訳では無いけどボリュームは欲しい• 自然なクセ毛くらいの動きが欲しい ニュアンスパーマに向かない方、、、。 ニュアンンスパーマがあまりオススメ出来ない方は、 髪質やライフワークによって変わって来ます。 髪の状態や髪質• 直毛でかなり強い髪質• かなり柔らかい軟毛• ハイダメージ毛 こういう髪の方はパーマのモチがあまり期待できない方です。 工夫してニュアンスパーマをかけたとしても、 そもそもの寿命が短いニュアンスパーマだと、 パーマを楽しめる期間がかなり短くなってしまいます、、、。 ライフワーク 生活の中での髪の向き合い方によっても、 ニュアンスパーマが向いていない場合があります。 朝は水で濡らすのが面倒• スタイリング剤を付けたく無い つまり、ある程度朝のスタイリングはして貰う必要があるって事です。 緩い動きのパーマなので、 スタイリング剤などである程度固めて置かないと すぐに崩れてしまうって事です。 パーマの事について詳しく知りたい方はまずコレ読んで貰えれば分かりやすいです。 ご予約ご希望の方はコチラから LINE やInstagramからご相談だけでも大丈夫です。 最初はちょっと勇気がいるかもしれませんが、お気軽にご相談頂いて大丈夫です!.

次の