リゾート トラスト コロナ。 ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜 2020年6月17日開業 本日6月18日より、WEB予約受付開始

リゾートトラスト (4681) : 株価チャート [RESORTTRUST]

リゾート トラスト コロナ

リゾートトラストは今日、2020年3月期の決算を発表しました。 今回はその決算説明資料から、3月から本格化した新型コロナウイルスの感染拡大が、どのようにホテルの稼働率に影響しているのかを見ていきます。 実はこの週末には、この決算をレビューすることを主な目的とした勉強会(オフ会)を開催予定でした。 しかし、東京は緊急事態宣言下にあり、予約していた会場も閉鎖となってしまい、結局、お知らせをすることもなく開催ができずにいます。 そこで今回は、できるだけその穴埋めを、決算に関する紹介・分析記事と皆さんとのコメントのやり取りとで行えればと考えています。 決算説明資料を見てみよう まず見ていただきたいのは、リゾートトラストが公表している決算説明資料です。 以下で公開されています。 (公式) リゾートトラストは非常にしっかりとしたIRをする企業として定評があります。 その決算説明資料の中から、まずは何と言ってもホットなコロナ禍の影響について、同社の会員制ホテルの通年の稼働率を通じてチェックしていきます。 エクシブの稼働率 まずはエクシブの年間の稼働率です。 (画像出典:リゾートトラスト決算説明資料。 以下同じ) 2020年3月期には、新規のエクシブの開業はありませんでした。 一方、ベイコート倶楽部の販売を中心に会員は増えている状況です(会員の増加については別記事を予定)。 結果を見ると、4~6月、7~9月はほぼ前年度と同様の稼働率でした。 10~12月になると連続して上陸した台風による影響を受けて、稼働率が対前年比で3. 6ポイント下がっています。 さらに1~3月期には、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、対前年比で5. 2ポイント低下しました。 コロナの影響 以下は、そのコロナ禍の影響を示したグラフです。 1月は対前年比微増で推移していて、2020年3月期は全体としてこうした傾向であったことを示しています。 2月後半から影響が出はじめましたが、2月は前年並みで着地。 2月27日には政府が3月2日からの臨時休校を要請し、自粛ムードが高まります。 それでも3月のエクシブの需要は、キャンセルと予約が交錯する底堅いものでした。 エクシブの3月の実績は対前年比3分の2程度を確保し、同社のビジネスホテル「トラスティ」の3月の稼働率が前年の3分の1に落ち込んだことと比較すると、会員制リゾートホテルという業態の強みが出ていたと言えます。 しかし、4月(これは決算期が違うので、参考資料として掲載されているものです)になると急変。 緊急事態宣言を受けて一部の施設はクローズされ、新規予約も大きく低下し、稼働率は1割を割り込みました(休業のホテルも稼働率の分母には含まれています)。 ベイコートの稼働率 リゾートホテルであるエクシブはこのような状況でしたが、一方の「都市型リゾート」であり現在の主力商品であるベイコート倶楽部の稼働率はどうだったでしょうか。 2019年3月に愛知県蒲郡市にラグーナベイコート倶楽部が開業し、2020年3月期は通年で営業されました。 東京都江東区の東京ベイコート倶楽部、兵庫県芦屋市の芦屋ベイコート倶楽部を合わせた3ホテルの稼働率になります。 4~6月はラグーナの開業効果で前年を上回る稼働率を上げましたが、夏場の7~9月には前年を割り込んでいました。 また、秋の台風シーズンの影響はエクシブよりも大きく、さらに1~3月ではコロナ禍の影響で35. 6%まで稼働率を落としています。 施設ごとの稼働率についてはデータがまだ発表されていないので(6月末の株主総会のタイミングで発表されるものと思います)、ベイコート倶楽部の稼働率については稿を改めて、再度取り上げたいと思います。 ラグーナの初年度、芦屋の2年目の数字はどうだったでしょう。 今日のところは全体の傾向だけチェックしました。 コロナは営業スタイルを変えるのか 今日はコロナ禍の影響について、稼働率を通じてホテル運営の面を見てきましたが、最後に、同社のビジネスに大きな影響があると考えられる点について補足しておきます。 それは、世界が「非接触」に向かっていて、他稿でも触れましたが、高収入な職業ほどその傾向がある、という点です。 さらに、ホテル産業そのものが非接触を志向している。 同社の主力である会員権販売にこの変化が与える影響がかなり大きいのではないか、という問題提起です。 (関連) (関連) これは僕の予想に過ぎませんが、同社が対象としている富裕層は、既にブランド化したクリアーで安心感のあるものを、「非接触的」な方法で購入する志向性が強まっていくように思われます。 指名買い、というような感じでしょうか。 かつてのエクシブの営業は、どちらかというと「濃厚接触」に分類されるような、昔ながらの営業スタイルであったと思います。 しかし、アフターコロナ、ウィズコロナの時代には、そうしたものはどうしても衰退するトレンドにあるのは間違いありません。 今後同社が、オンラインでのプレゼンスを高めて、今まで以上に商品の透明性を高めて、オンライン上で商談をクローズさせられるような、商品の強さ、クリアーさを明確に出せるようになるといいと思っています。 というわけで、次回は利益構造について触れましょう。 かつて、勉強会(オフ会)でも質問したことですが、「会員権の販売」「ホテルの運営」「メディカル」の各事業の利益が、2020年3月期は何対何だったのかを予想して、上記の決算発表資料で確認してみてください。 きっと発見があると思います。 (続き:) (追記:2020-06-27)以下は有価証券報告書に掲載された稼働率のデータです。 収容能力欄の 内は延べ収容可能人数(客室定員数に営業日数を乗じて算出)で、室稼働率欄の 内は定員稼働率(年間の収容実績人数を収容可能人数で除して算出)です。 区分 前連結会計年度 自 2018年4月1日 至 2019年3月31日 当連結会計年度 自 2019年4月1日 至 2020年3月31日 収容能力 室 人 収容実績 人 室稼働率 % % 1日平均 客数 人 収容能力 室 人 収容実績 人 室稼働率 % % 1日平均 客数 人 BCC ラグーナベイコート倶楽部 193 2,544 1,402 56. 9 55. 1 350. 5 193 232,776 88,132 43. 2 37. 8 240. 7 芦屋ベイコート倶楽部 201 241,630 85,208 41. 8 35. 2 233. 4 201 242,292 72,462 35. 4 29. 9 197. 9 東京ベイコート倶楽部 292 351,130 131,216 52. 7 37. 3 359. 4 292 352,092 120,896 48. 3 34. 3 330. 3 ベイコート小計 686 595,304 217,826 48. 2 36. 1 34. 2 39. 4 65. 1 48 60,390 21,108 42. 3 34. 9 57. 7 エクシブ湯河原離宮 187 263,895 135,385 70. 5 51. 3 370. 9 187 264,618 131,760 69. 3 49. 7 360. 0 エクシブ有馬離宮 175 258,055 146,721 80. 5 56. 8 401. 9 175 258,762 144,769 78. 7 55. 9 395. 5 エクシブ箱根離宮 187 269,735 152,507 80. 1 56. 5 417. 8 187 270,474 142,612 74. 8 52. 7 389. 6 エクシブ京都 八瀬離宮 210 383,250 162,967 74. 7 42. 5 446. 4 210 384,300 156,048 71. 7 40. 6 426. 3 エクシブ那須白河 58 105,850 36,239 62. 9 34. 2 99. 2 58 106,140 35,143 66. 1 33. 1 96. 0 エクシブ浜名湖 193 352,225 102,115 51. 0 28. 9 279. 7 193 353,190 94,711 47. 7 26. 8 258. 7 エクシブ初島クラブ 200 277,400 75,226 35. 4 27. 1 206. 0 200 278,160 71,416 33. 8 25. 6 195. 3 26. 9 241. 0 179 327,570 86,131 44. 7 26. 2 235. 3 エクシブ蓼科 230 419,750 101,092 42. 3 24. 0 276. 9 230 420,900 96,365 40. 2 22. 8 263. 2 エクシブ琵琶湖 268 454,060 129,630 46. 4 28. 5 355. 1 268 455,304 121,537 44. 7 26. 6 332. 7 23. 3 332. 5 280 520,818 115,310 43. 3 22. 1 315. 1 エクシブ淡路島 109 195,275 36,747 35. 1 18. 8 100. 6 109 195,810 37,106 33. 8 18. 9 101. 2 26. 5 361. 0 288 498,126 128,941 46. 2 25. 8 352. 0 23. 2 274. 6 248 432,978 91,828 35. 9 21. 2 250. 9 エクシブ伊豆 227 393,105 68,068 30. 6 17. 3 186. 4 227 394,182 64,658 28. 3 16. 4 176. 9 27. 2 628. 8 526 845,460 221,910 42. 3 26. 2 606. 3 エクシブ小計 3,613 6,047,140 1,839,932 50. 1 30. 0 29. 車で到着するとルームキーが渡され、駐車後に直接部屋へ。 予約の調整や食事の確認は部屋で済ませる。 5時過ぎにレストランが開いて7時にラストオーダー。 8時にはレストランが閉まって一回転で終業。 なので、鉄板などはかなり狭き門。 大浴場は営業しているけど整髪料や髭剃りは回収されている。 受付で係員を呼び出せば髭剃りなどは受け取れる。 部屋番号を書いてタオルを受け取るという儀式もない。 ロッカーは鍵があらかじめ刺さっていて、刺さっているロッカーのみが使える。 使い終わったらロッカーキーを浴場フロントの鍵箱に戻す。 係員側は鍵が戻ったところをまとめて清掃。 ロッカーの中にはフェースタオルとバスタオルがあらかじめ入っている。 お代わりタオルはあらかじめ脱衣所に置かれた会議テーブルに配置されている 基本的に大浴場で係員には顔を合わせない。 外風呂・内風呂・カラン・冷水器は以前と変わらず。 サウナは三密回避で封鎖。 でも水風呂は絶賛営業中。 使う人はいないけど。 夕食後にチェックアウト手続きをするよう促される 翌日チェックアウトはベルに荷物を預け、ルームキーを渡して終わり。 車を玄関につけて荷物を引き取ってそのまま帰路。 安い「おひとり様プラン」で予約して、その実家族で乗り込んでも、 まあ分からないよな。 的なオペレーションでした。 Balthasarさん、最新の利用形態のレポートをありがとうございました。 ・チェックイン・アウトの非接触化(直接ルームイン、事前チェックアウト) ・大浴場のオペレーションの簡素化 といったところは、これまでエクシブがこれまでの習慣にとらわれて改善できていなかった部分かもしれないですね。 今後もコロナ前とは違うオペレーションが継続するのではないでしょうか。 ・レストランのソーシャルディスタンス確保と稼働率の低下 この部分は、エクシブの営業スタイルに大きな影響がありそうです。 エクシブは素泊まりOKなリゾート会員権ですが、一方で多くのレストランをラインナップして魅力を高めてきました。 しかし、施設によっては経年によるレストランの稼働率低下で、営業の合理化で定休日を設けたり営業を集約したりするなどの取り組みが見られました。 (関連) このトレンドが今後加速するかと思われていましたが、しばらくの間は、「2回転」などの営業の合理化ではなく、「倍のスペースを使って三密を防ぐ」という方向での営業が予想されますね。 料飲部門に力のあるエクシブだからできそうな前向きな話ですが、コストアップにつながる面も否定できません。 動向を注視していきましょう。 いずれにしても、エクシブは堂々たるハードウェアを誇る「密」になりづらい施設で、かつ、会員制で「プライベートリゾート」を標榜していてインルームでの対応も自然に行えるタイプのホテルですから、ポストコロナの旅行先としてはかなりよいチョイスのように思われます。 makunoutibentouさん、ようやく経産省の資料をチェックできました。 (出典) エクシブがこのキャンペーンの対象になるといいなと僕も思います。 しかし、気になる部分もあります。 キャンペーンの対象は「旅行商品を購入する消費者」とされています。 会員制リゾートホテルを利用できる立場の会員は果たして「消費者」なのかは難しい判断のように感じます。 会員は初期費用に加えて租税公課や年会費を支払うことと引き換えに、「高級な」施設を安価に利用できる「権利」を得ています。 それが「会員権」ですね。 そうした「特別な会員」に対して、一般の旅行商品と同じ値引きインセンティブが適用されるだろうと考えるのは、かなり無理があるようにも思われるのです。 というわけで、期待しつつ、動向を注視してまいりましょう。 もなあくさん、コメントありがとうございます。 僕も昨日のお昼休みにちょうど見ていました。 ベイコートとエクシブは客層が明らかに違いますね。 面白いのは、RT社の計画より、エクシブの消費単価は下回っていて、ベイコートの消費単価は上回っていることです。 ベイコートの消費単価は前期32,098円。 対してエクシブが18,523円で、サンメンバーズが11,228円です。 下から1. 6~1. 7倍すると次のクラスタに移るという、三層構造です。 さらに乱暴に単純化すると、サンメン1万、エクシブ2万、ベイコート3万、というのが客単価です。 リゾートトラストはベイコートによってエクシブよりもさらに高価格帯の市場を開拓したであろうことがわかります。 ベイコートの稼働率は低いのが問題ですが、稼働率を4~5割の水準で維持できれば、ウイズコロナの時代には密にならない安心材料という面もあるでしょう。 ベイコートのお客さんたちによって、完全会員制という新しいホテル文化が定着するとよいと思います。

次の

ポストコロナで変わるホテルの常識

リゾート トラスト コロナ

リゾートトラスト株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:伏見 有貴)は、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」を、2020年6月17日に開業することを決定いたしました。 また宿泊予約の受付を、本日2019年6月18日(火)午前11時よりWEBにて開始いたします。 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」は、半世紀以上にわたり、アメリカ大統領や世界各国の要人や著名人をお迎えし、今なお数多くの人々を魅了し続けるハワイ・オアフ島のラグジュアリーホテルとして知られ、2014年10月以降、当社が経営を担っております。 このたび「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の総支配人に就任しましたマイケル ピーター カッシュは、「この就任を非常に光栄に思います。 」と述べています。 知性と五感を刺激するアロハスピリットに溢れたハワイと、世界中の新しい文化を尊重し受け入れ、ともに発展させてきた横浜が融合し、このたび誕生する「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」。 清々しい光を反射するクリスタルの輝きに満ち溢れ、シルバーとクリスタルの透明感が融合した、スタイリッシュでエレガントな空間です。 今回のデザインは、国内海外において数々の5スターホテルのデザインを手掛ける観光企画設計社が担当いたしました。 なかでも「ザ・カハラ スイート」は、109~119㎡の広さを誇り、優雅で洗練された特別なホテルステイをお約束いたします。 ) <レストラン> メインダイニングのイタリア料理レストランに加え、日本料理レストラン(鉄板焼も併設)とラウンジ&バーを開設いたします。 イタリア料理レストランでは、グラマラスな雰囲気の中で本格的なイタリア料理をお楽しみいただけます。 日本料理レストランでは、窓外に広がる水庭を眺めながら、ゆったりとした雰囲気の中で和食の真髄をご堪能いただけます。 ラウンジ&バーは、温かみのあるウッディな風合いとクラッシックモダンな空間の中で、オリジナルカクテルを片手に特別なひとときをお楽しみいただけます。 <スパ> 長さ約20mのインドアプール(温水)からは、横浜港を見渡す臨港パークや、海へと続くロマンチックで美しい並木道が広がります。 また、VIPルームを含む全5室からなるトリートメントルームでは、セラピストの巧みな施術を通し、心身ともに癒やされリフレッシュできる極上のひとときをお過ごしいただけます。 <ボールルーム> ゴールドとシルバーを基調としたクリスタルな輝きが、限りなきラグジュアリー感を演出する、407㎡のグランドボールルームと153㎡のボールルーム。 宴会場や講演会場としてさまざまなご用途にお応えいたします。 アクセス 【お車で】首都高速神奈川1号横羽線「東神奈川」出口より約6分、「みなとみらい」出口 より約4分 【電車で】みなとみらい線「新高島」駅・「みなとみらい」駅より徒歩約8分、東海道本線 「横浜」駅よりタクシーで約6分、東海道新幹線「新横浜」駅よりタクシーで約20分 敷地面積 9,486. 76㎡(横浜ベイコート倶楽部を含む) 延床面積 48,114. ・日本においては、「インターコンチネンタルホテル東京ベイ」、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」等での勤務経験を持つ。

次の

リゾートトラストレディス

リゾート トラスト コロナ

リゾートトラスト株式会社(所在地:愛知県名古屋市中区、代表取締役社長:伏見 有貴)は、「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」を、2020年6月17日に開業することを決定いたしました。 また宿泊予約の受付を、本日2019年6月18日(火)午前11時よりWEBにて開始いたします。 「ザ・カハラ・ホテル&リゾート」は、半世紀以上にわたり、アメリカ大統領や世界各国の要人や著名人をお迎えし、今なお数多くの人々を魅了し続けるハワイ・オアフ島のラグジュアリーホテルとして知られ、2014年10月以降、当社が経営を担っております。 このたび「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」の総支配人に就任しましたマイケル ピーター カッシュは、「この就任を非常に光栄に思います。 」と述べています。 知性と五感を刺激するアロハスピリットに溢れたハワイと、世界中の新しい文化を尊重し受け入れ、ともに発展させてきた横浜が融合し、このたび誕生する「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」。 清々しい光を反射するクリスタルの輝きに満ち溢れ、シルバーとクリスタルの透明感が融合した、スタイリッシュでエレガントな空間です。 今回のデザインは、国内海外において数々の5スターホテルのデザインを手掛ける観光企画設計社が担当いたしました。 なかでも「ザ・カハラ スイート」は、109~119㎡の広さを誇り、優雅で洗練された特別なホテルステイをお約束いたします。 ) <レストラン> メインダイニングのイタリア料理レストランに加え、日本料理レストラン(鉄板焼も併設)とラウンジ&バーを開設いたします。 イタリア料理レストランでは、グラマラスな雰囲気の中で本格的なイタリア料理をお楽しみいただけます。 日本料理レストランでは、窓外に広がる水庭を眺めながら、ゆったりとした雰囲気の中で和食の真髄をご堪能いただけます。 ラウンジ&バーは、温かみのあるウッディな風合いとクラッシックモダンな空間の中で、オリジナルカクテルを片手に特別なひとときをお楽しみいただけます。 <スパ> 長さ約20mのインドアプール(温水)からは、横浜港を見渡す臨港パークや、海へと続くロマンチックで美しい並木道が広がります。 また、VIPルームを含む全5室からなるトリートメントルームでは、セラピストの巧みな施術を通し、心身ともに癒やされリフレッシュできる極上のひとときをお過ごしいただけます。 <ボールルーム> ゴールドとシルバーを基調としたクリスタルな輝きが、限りなきラグジュアリー感を演出する、407㎡のグランドボールルームと153㎡のボールルーム。 宴会場や講演会場としてさまざまなご用途にお応えいたします。 アクセス 【お車で】首都高速神奈川1号横羽線「東神奈川」出口より約6分、「みなとみらい」出口 より約4分 【電車で】みなとみらい線「新高島」駅・「みなとみらい」駅より徒歩約8分、東海道本線 「横浜」駅よりタクシーで約6分、東海道新幹線「新横浜」駅よりタクシーで約20分 敷地面積 9,486. 76㎡(横浜ベイコート倶楽部を含む) 延床面積 48,114. ・日本においては、「インターコンチネンタルホテル東京ベイ」、「ヨコハマ グランド インターコンチネンタルホテル」等での勤務経験を持つ。

次の