ジバコイル 対策。 ポケモンGO:No.462 ジバコイル入手方法・色違いと対策 (大人のポケモン再入門ガイド)

『ジバコイル』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ジバコイル 対策

5 3000 3 相手のパーティを確認して対策する アルロに負けても使用してくるポケモンは変わらない。 1回目でクリアできなかった場合は、相手が使ってきたポケモンに対抗できるポケモンをパーティに入れよう。 相手のシールドを早く使わせる アルロはこちらのゲージ技をシールドで防いでくる。 ただし、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを使って、相手のシールドを全て使わせよう。 アルロ1体目の対策方法 クヌギダマの突破方法 通常技 ゲージ技 ディアルガが安定して戦える カイリューはドラゴンタイプなので、ドラゴンタイプ技でも弱点を突ける。 こちらもドラゴンだと弱点を突かれるが、はがねを持っているディアルガであれば、ドラゴン技を等倍にできる。 一方的に弱点を突けるので、安定して戦える。 2重弱点を突けるこおりタイプで対策するといい。 ロックオンで素早くゲージを貯められるレジアイスや、技とステータスが強いマンムーがおすすめ。 はがねのつばさでこおりの弱点を突かれる カイリューは通常技ではがねのつばさを使うことがある。 はがねタイプの技なので、こおりタイプは弱点を突かれるため、すぐにやられてしまう。 はがねのつばさの場合は、こおりタイプ以外で対策しよう。 対策に使えるポケモン.

次の

【ポケモン鎧の孤島】ジバコイルの育成論と対策|おすすめ性格【剣盾】|ゲームエイト

ジバコイル 対策

同複合はのみ。 弱点3・耐性11・無効1という非常に優秀な補完を誇り、流し性能が非常に高い。 C130から放たれる一致技は強力で、の存在から安易な受け出しを許さず、ボルトチェンジにより有利サイクルを展開しやすい。 ただしメジャーなが4倍弱点であることに注意。 がある程度の保険にはなるが、無理をせずサイクルに持ち込むのが得策となる。 サブウェポンに乏しく、一致技半減の電気やなども苦手なため、後続でカバーしたい。 鎧の孤島での復帰にあたり、新たに「てっていこうせん」「ボディプレス」「ライジングボルト」などを習得した。 C特化こだわりメガネジバコイルが放つアナライズ込みてっていこうせんの火力指数は81900に及び、 半減相手でさえ無振り・無振りが確定1、無振りも高乱数1で落ちるという凄まじいまでの破壊力。 フィールドがある状態のライジングボルトならばそれ以上の火力が出せるなど、瞬間火力の高さは今までにもまして磨きがかかっている。 一方でチャージビーム・だいばくはつ・じゅうりょく・どくどく・リサイクルが過去作限定に、 めざめるパワー・シグナルビーム・バリアーに至っては技そのものが消えてしまった。 狭い技範囲を補ってくれていためざめるパワーの喪失は致命的であり、苦手な電気吸収特性持ちやじめんタイプ相手に辛くなる場面が増えている。 特性考察 特性は3つとも有用で、採用率は環境によって絶えず変動している。 ただし、どれでもよいということではなく、特性によって役割や運用方法が異なる。 何の目的でジバコイルを採用するのかをよく考え、特性を選択する必要がある。 じりょく 、を逃がさずに狩れる。 受けループ戦法に強い。 ボディプレス1発くらいは耐えられるだけの耐久があるので、鉄壁を積まれる前に拘束してしまいたい。 めざめるパワー廃止が非常に痛くやに対してはボディプレスくらいしか有効打を持たないので注意。 ゴースト複合のや、のようなとんぼがえり・ボルトチェンジ等の交代技持ちは拘束できない。 相手にされると逆に自分が拘束されるが、ボルトチェンジを持っていれば逃げられる。 がんじょう 耐性が多いとはいえ弱点を突かれやすいのであると安心。 一撃必殺技も無効化し、タイマンにも強くなるため安定性では一番。 ミラーコートやピンチ系きのみ、じゃくてんほけんと合わせた戦術も考えられる。 ふうせんを持たせる場合はふうせん潰しの攻撃でがんじょうも潰れてしまうため、他の特性の方が使いやすい。 には貫通されるため注意。 今作ではダイマックス技も1発耐えられるために有用性が上がった。 アナライズ 隠れ特性。 相手の交代時にも発動するため、耐性によって相手を流しやすくボルトチェンジを覚えるジバコイルとは相性がよい。 受けに出てきた相手に大きなダメージを与え、サイクル戦を有利に運べる。 「耐えて返り討ちにする」のではなく、「流して出てきた相手を崩す」ための特性である。 雨下での使用やダイサンダーにも。 飛行タイプや浮遊持ちには威力アップなし。 性能安定。 攻撃しつつ麻痺撒き。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 有利対面作りに。 今作で空振り保険とのコンボやダイサンダー化というオプションができた。 サポート技。 じりょくで拘束した相手を起点化可能。 てっていこうせん 鋼 140 210 95 最大HPの半分減少 タイプ一致技。 火力重視や退場用。 デメリットが痛いのでダイマックス前提も。 性能安定。 電気技とあわせて電気以外の17タイプに等倍以上。 はかいこうせん 無 150 90 次ターン行動不可 技不足に対する苦肉の策。 ダイアタック前提でも。 電気技とあわせて全タイプに等倍以上。 ダイマックスでは使いやすい。 ミラーコート 超 - 100 優先度-5 特殊技を倍返し。 がんじょうとあわせて。 弱点・空振り保険前提やトリパで。 アイアンローラー 鋼 130 195 100 フィールド破壊 タイプ一致技。 エレキフィールドやグラスフィールドの解除はデメリット。 ボディプレス 闘 80 100 自身の防御で計算 対鋼。 鉄壁とあわせて。 だいばくはつ 無 250 100 自爆技 じゃくてんほけん前提。 過去作限定 変化技 タイプ 命中 備考 でんじは 電 90 鈍足と相性がよいが、アナライズとの相性は悪い。 電気や地面に注意。 きんぞくおん 鋼 85 特殊受けを弱体化。 みがわり貫通。 ボディプレスの威力強化にも。 でんじふゆう 電 - 地面技対策。 耐性向上に。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 こらえる 無 - ダイマックス枯らしや擬似頑丈に。 がんじょうにより確実に耐えられるので、素早さに振るのもあり。 最速で準速70族を抜ける。 ダイマックスを使う前提ならボディプレスではなくトライアタックも選択肢になる。 鋼タイプで使用率トップのはゴーストタイプの特性で束縛されないのでじりょくで捕まえることができない。 火力重視でひかえめにした場合、先手でボディプレスを撃たれないように最低でも4振りエアームドを抜けるように素早さを振っておきたい。 S92振りで4振りに先手が取れる。 ただし側も今作でボディプレスを習得しているので迅速に処理したい。 B特化エアームドのボディプレスでH252ジバコイルが確2。 頑丈持ちによりSで負けていれば労せず突破されるのでS調整は必須。 同タイプのも意識しておきたい。 S132振りなら4振り(4振り75族)を抜ける。 てっぺき+ボディプレスのコンボも可能である。 最速で最速115族抜き、準速で最速100族抜き。 こだわりながら柔軟に動けるボルトチェンジの優先度が高い。 アナライズ読みの裏をかけるものの、火力は雲泥の差。 レアコイルの方が素早さが高く、火力も明確に確定数が変わるような相手は多くないため、純粋にスカーフの強味を生かすならレアコイルに軍配が上がる。 しかし、ジバコイルは耐久に振った型が多く、スカーフ警戒がなされやすいレアコイルに比べて奇襲が成功しやすいため、十分にこちらも採用価値が認められる。 対ジバコイル 注意すべき点 高い特攻と、豊富な耐性による流し性能。 そのどちらとも相性のよい特性。 タイマン性能が高い型、鋼タイプをピンポイントで狩る型も存在し、型が読みにくい。 相性補完に優れるなどと組み、ボルトチェンジで無償降臨される恐れも。 対策方法 4倍弱点の地面で一撃だががんじょうやふうせんもある。 ねこだましや特性「」があれば確実。 電気タイプに対してはあまり有効打がないので、一致弱点を突ける、等なら撃ち負けない。 レアコイル No. 3倍になる) 体重 :60. ジバコイルよりもSが10高く、Cも120とアタッカーとして十分な数値。 S70という数値は絶妙であり、上を取れる範囲が大きく変わることで進化後とは違った強みが見いだせる。 特性により行動回数が確保されているため、高いSを最大限活かせるこだわりスカーフとの相性が非常によい。 ジバコイルと違い素でを抜いていること、と同速なのが強み。 他の利点としては体重が下がることでけたぐりのダメージが減ること、しんかのきせきを持たせられることなどがあるが、 たべのこしなどの定数回復込みの耐久だとジバコイルときせきレアコイルとでは、メジャーどころからの確定数がそう変わらない。 しんかのきせき型の場合も単純な耐久数値だけではなく、やはり素早さの違いを活かした運用が重要といえる。 Sが上がる性質上との相性が悪くなるため、基本の特性はorとなる。 なお、ジバコイルが習得可能な「ボディプレス」は習得できない為、技範囲はジバコイルより更に狭い。 ジバコイルと違い120族付近の、は勿論、最速まで抜けることが魅力。 特攻も120とより高く、最低限の火力はあると言えるが、やはりアナライズ発動時のジバコイルなどと比べると火力には大きな差が出る。 うまく耐性を活かして繰り出し回数を増やしたり、先制ボルトチェンジでのサイクル回しを利用したい。 めざめるパワー廃止で4枠目の技が少々悩ましいところである。 トリックを覚えないので、 てっていこうせん・トライアタックから選択となる。 、と同速以上であり、輝石もあってそれらの縛りはジバコイル以上にしやすい。 こちらはボディプレスを覚えないため相手はジバコイル以上に厳しい。 対レアコイル 注意すべき点 ジバコイルに勝る素早さと、負けず劣らずの特攻。 他の進化前ポケモンと違い、きせき以外にスカーフやZクリスタル持ちも多く、 はたきおとすやスカーフトリックで機能停止しにくい。 対策方法 ジバコイルより少し硬いか、少し素早い程度で、攻撃範囲や技構成はほぼ同じ。 アナライズ型は少なく、火力は落ちるので、電気や鋼に耐性があれば受けるのは容易。 でがんじょうを貫通して倒すのもよい。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技72 ボルトチェンジ 70 100 でんき 特殊 20 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技74 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技93 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の

【よくわかるポケモン解説】ジバコイル編

ジバコイル 対策

今回の解説はです。 基本データ No. 462 分類 じば 英語名 Magnezone タイプ でんき はがね H70 A70 B115 C130 S60 高さ 1. 2m 重さ 180. でレベルアップ(DPt)• でレベルアップ(BW)• 13番道路でレベルアップ(XY)• ニューキンセツでレベルアップ()• ポニの大峡谷でレベルアップ(SM)• 3つの ユニットから じりょくを だす。 、 を かがくりょくで しんか させようと こころみる しゅうだんが いたが しっぱいした。 とくしゅな じばで の ぶんし こうぞうが くみかえられて に しんかした。 、 つよすぎる じりょくを だして どうし ひきよせあって まったく うごけなくなったりする。 3つのユニットから じりょくを だす。 よぞらを とぶ を UFOと まちがえる ほうこくが たはつ。 かいでんぱを はっしん しながら そらを とびまわり みちの でんぱを じゅしん していると いう。 ウルトラサン じぶんの テリトリーを レーダーで かんし している。 しんにゅうしゃは で ただちに しょぶん。 ウルトラムーン いまだに うちゅうから やってきたと しんじる ひとびとも いる。 きょうりょくな じりょくを はなつ。 中央のコイルが楕円形に巨大化、左右のコイルは小さいままアームの様な配置となり、それらを固定する形で金属のリングが出現している。 全体的にUFOの様な形態であり、まるでUFOキャッチャーを連想させる愛嬌のある姿で人気の高いである。 作中の世界でも夜空を飛ぶ彼らをUFOと間違えた報告がある他、宇宙からやってきたと信じる人々もいる模様。 真ん中の赤い目は、両側と違って一切表情などの変化を見せず、眠らせても目を閉じない。 このため長年目ではないと思われてきたが、実は攻撃時に相手の方を見ており、ちゃんと目であるということが分かる。 ある集団が科学力を利用して同じような現象を起こし、更なる進化を試みたが失敗に終わったらしい。 概要 『』 第4世代 から初登場した。 第1世代から登場しているシリーズ皆勤賞のが進化したことで、古参のファンを驚かせ話題となった。 特殊な磁場の影響で、ボディの分子構造が組み換えられて変化した形態。 それらを制御する力も上がっているようだが、強すぎる磁力を出して同士引き合い動けなくなってしまう事もある模様。 巨大化した中央のコイルは頭にアンテナの様な器官が出現し、怪電波を発信しながら飛び回って未知の電波を受信しているという。 また、自分のテリトリーをアンテナを用いたレーダーで監視する縄張り意識の強い面も持ち、侵入者はでただちに処分する。 対戦の 能力 進化前から軒並みパラメーターは強化され、特に「防御」「特攻」「特防」が高く設定されている。 唯一進化前より劣化したのは「素早さ」のみである。 特攻においては未だに最強クラス。 特性 「がんじょう」はHPが満タンのときに致命傷を受けても体力1で踏み留まる。 これを利用した「メタルバースト」や一撃必殺の「じわれ」などの搦め手が主流。 「じりょく」は相手の『はがね』タイプのは逃げたり、を交代することができなくなる。 は「アナライズ」。 自分の攻撃がターンで一番最後の時、技の威力が1. 3倍になる。 そのどちらとも相性のよい特性アナライズ。 タイマン性能が高いがんじょう型、鋼タイプをピンポイントで狩るじりょく型も存在し、型が読みにくい。 相性補完に優れるやと組み、で無償降臨される恐れも。 対策方法 4倍弱点の地面で一撃だががんじょうやふうせんもある。 や特性「かたやぶり」があれば確実。 電気タイプに対してはあまり有効打がないので、一致弱点を突ける、持ち霊獣等なら撃ち負けない。 の歴史 第四世代 の進化形として登場。 当時活躍していたやに一致で抜群を取れる点が評価された。 ただ、まだこの世代ではがんじょうが強化される前であったのでタイプ不一致のじめんタイプの技でも安心できなかった。 むしろの相性補完として利用すると強かった面の方が目立った。 に関しては広く半減以下に抑えることができる点と単純に火力が高い点を活かしてHPと特攻に厚く振ると汎用性を高めることができる。 これは現在でも変わらない。 第五世代 新たに獲得した技はエレキボール、、。 この内有用なのは。 がんじょうの仕様変更によりじめんタイプにはある程度強く出られるようになった。 しかしこの世代ではが大幅に強化されており、特にやなどの素早さに優れたアタッカーには不利が付いたため、総合的には第四世代より弱体化したと言える。 環境で活躍していたともタイプ相性が悪く、こちらが交代せざるを得ないという意味でじりょくが役に立たない点からじりょく型は勢いが衰えた。 の登場によっての相性補完ができるとしての立場も若干揺らいだ。 それでも、ドラゴンを半減で受けられてみずに一致で弱点を突けることから、1匹で雨パや厨ポケへの一定の解答になるポテンシャルは侮れないものがあった。 世代末期にはこだわりメガネを持たせ、特性をアナライズにして、かみなり、ラスターカノン、めざめるパワー(こおり)、ねごとという技構成にした、キノコのほうしを安易に撒くをパワーで圧殺する型まで登場した。 第六世代 『XY』期 じばそうさを獲得。 遺伝の仕様変更により、アナライズ個体の厳選難易度が大幅に低下。 フェアリータイプの登場によってフェアリーメタとして候補に挙がった。 ただ、の場合は特防のが130と非常に高く、特防を全振りしたもいると考えると、のラスターカノンで十分なダメージが与えられるとは言い切れなかった。 とはいえサイクル戦を行うには都合が良いスペックであり、 『』期 シーズン7、シーズン8、シーズン11、シーズン15で使用率ベスト30に入っていた。 しばらくはシーズンやリーグにもよるがレート戦でアナライズ型の使用率ががんじょう型の使用率を上回ってたことがあり、同時期にはこだわりメガネを持たせたタイプが公表データに基づけば最も主流であったと言える。 グローバルリンクのデータによると、主にを突破するために利用されたと推測される。 第七世代 『SM』期 カプやなどフェアリータイプの普及により強化されたようにも見えるが、相性補完としては依然としてやの方が好まれている。 そのためレーティングバトルでは第六世代と変わらず使用率ベスト30入りには恵まれない。 一定の活躍の場であったの廃止も向い風。 カプは軒並み超火力を誇りるため、配分を誤れば半減してもなお確定2発ないし乱数2発に持ち込まれかねない。 一方、をじりょくで捕まえて処理できるとしての性質を帯びるに至るなど、ならではのこの世代での利点もある。 単体ではやや落ち目だが、を主軸とした「マンマンレ」に相性補完としてを出張させた「マンマンジバコレ」という構築が誕生するなど、サイクル戦向けであるという性質は相変わらずである。 因みに、この世代に流行している特殊耐久特化型のをひかえめがで攻めたら、最低乱数で25. 型がメインのであるが、このようにでハマりにくいというのは美味しいだろう。 『USUM』期 いわゆる「上位禁止縛り」のシングルバトルとして行われたシーズン16ルレートでは使用率4位を記録。 同ルレート使用率1位のなどへの攻め、使用率3位のなどに対する受けとして機能したのである。 ただ、同レートではが使用率9位に付けていたため、過信は禁物であった。 大会実績 2017年4月末から5月初頭にかけてアローラダブルとして行われたインターネット大会『2017 International Challenge April Masters』ではジュニアカテゴリ28位、マスターカテゴリ25位を記録。 2018年2月に行われた限定戦の『バトル オブ 』ではジュニアカテゴリで18位、マスターカテゴリで16位の使用率を記録。 『』の 2019年5月18日に実装。 通常の方法では進化できず、同時に実装された特別なルアーモジュール「マグネットルアー」を使ったの周囲で進化させる必要がある。 性能 攻撃が高く耐性も多くのアタッカーとしては非常に優秀(はがね技は残念ながらゲージ技の「ラスターカノン」しか無い)。 のとして見た場合、こおり技を軽減しつつ戦える貴重な存在であり、元よりでんき技がよく効くことも相まって、みずタイプの相手には鬼神の如き強さを発揮できる。 特にレイドでは最適解とまで言われるほど。 ただし、はがねが加わったことで弱点も増えており、特に二重弱点のじめん技には要注意。 どちらかといえば、防衛よりも攻撃面で進化を発揮するキャターと言えるだろう。 アニメの• DP編第158話に登場。 声優は特別出演のTIMの。 XY編第66話で、ベルモンドのとして登場。 主な使用• これで紹介を終えます。 KOKUBANLEMON.

次の