中国 映画 おすすめ。 中国映画のおすすめランキング10選

「香港映画」が観たいなら!押さえておきたいおすすめ16選【2020年最新版】

中国 映画 おすすめ

中国映画のおすすめランキング10選 実は名作がたくさんあるのに知られていない残念なジャンルが中国映画です。 心の移り変わりや歴史の背景描写を取り入れた作品制作が非常にうまく、四季があることから季節感を描くのにも定評があります。 ぜひこの機会に興味のあるものを鑑賞してみてください。 第1位 北京ヴァイオリン 注目ポイント&見所 「始皇帝暗殺」や「さらばわが愛・覇王別姫」など中国を代表する名作を排出し続けているチェン・カイコー監督の至極の1本。 母の形見のヴァイオリンを練習しはじめた息子、その息子の特別な才能をみきわめた父親が生活に見合わないことを承知で苦労しながら勉強させる物語です。 究極の父親愛を全編に渡ってこれでもかとみせてくれる泣きの感動作品。 ただ素直な気持ちで静かに感涙できる意外な名作です。 詳細 第2位 變臉 へんめん 注目ポイント&見所 泣きたい映画を見たいならまずこれでしょう。 四川省の伝統芸でもある変面は、次々と瞬間的に面を変えていくマジックショーのようなもの。 この物語はその変面の達人である老人が後継者がいないがために、人買いから子供を買うところからはじまります。 しかし、その子供は女の子で後継者にはできない。 ここから老人と少女の涙なしでは語れない心の絆が描かれていきます。 見終わったあとジーンと温かくなるそんな映画です。 詳細 第3位 幸せの絆 注目ポイント&見所 珍しく中国全土を通してヒットした感動ヒューマンドラマ。 中国映画でお約束になっている、老人と少女の交流が描かれている作品です。 この映画の見所は俳優陣の演技の達者さです。 もし脚本がいまいちであったとしてもこの俳優たちに心を動かされること間違いなし。 特にヒロインの少女を演じた天才子役の少女は、2000人の中から選ばれた逸材。 くったくなく微笑む美しい笑顔が特徴の少女に魅せられてください。 詳細 第4位 あの子を探して 注目ポイント&見所 14歳の代理担任が10歳の出稼ぎにでた生徒を探しにいくというタイトルそのままの作品。 学校に来なかった生徒を心配し自宅に行くと、家計を助けるため出稼ぎにいかせたと。 担任は引き止めるためバスに乗ろうとするが運賃が無く、生徒と力を合わせて金を稼ぎ探しにいくという日本にはあまりないような素朴な物語です。 物が溢れていない中国の田舎だからこそ感動できる絵となっているのでしょう。 詳細 第5位 胡同 フートン のひまわり 注目ポイント&見所 絵描きの才能があるひとりの少年を大人になるまで描いた作品。 絵の才能があったが強制労働で手が潰され、描くことができなくなった父親は息子に託すすように。 しかし練習に自由を奪われた息子は父に反発し、才能との間で悩みます。 そんな彼は30歳を過ぎ画家としても伸びますが、未だにある父との心の溝を埋められず。 ありがちな思春期の親子の諍いが大きな溝を生んでしまい、その後取り返しのつかないことになってしまうという親子の絆の物語です。 詳細 第6位 グォさんの仮装大賞 注目ポイント&見所 老人たちをフューチャーしたロードムービー。 老いへの不安と家族との確執、それぞれの寂しさや苦悩を胸に抱えたグォさんたち老人4人が仮装大賞出場を夢見る物語です。 しかし体などの心配した家族から反対される彼らは、老人ホームから勝手に飛び出してしまう。 この作品は久しぶりに見る外の世界や新しい物への感動、美しい景色が見所の1つ。 何より誰もが抱えるだろう老いへの不安をリアルに爽やかに描いています。 詳細 第7位 心の香り 注目ポイント&見所 両親の別居で祖父と暮らすことになった少年と老人、周囲に暮らす人びとの物語。 若いながら京劇の俳優として才能を見出されている少年と、かつて名優だった祖父の心の交流を描いています。 祖父が大事にしている女性が急死したことから葬式代を稼ぐため街で踊る少年、その姿を見て祖父は京劇の才能があると確信し彼に今後の人生は自分で選択しろと言う。 自分の今後を考えていく少年の姿は凛々しく感動的です。 京劇を演じるシーンも見所の1つです。 詳細 第8位 胡同 フートン の理髪師 注目ポイント&見所 観光スポットと化して来ている北京の昔からの裏通り・胡同。 ここに実際に理髪師として暮らしているチン老人を主人公に、ドキュメンタリーチックに物語が進んでいきます。 しかし発展し続ける北京は、容赦なく老人たちの憩いの場である胡同を開発土地としてしまう。 そこに暮らしている老人たちは様々な思いを抱え立ち退いたり、または寿命で亡くなっていきます。 そこでチンさんも死について考え始めます。 日本人には知られることが少ない胡同の景色やノスタルジックな中国の風景が見所です。 詳細 第9位 海洋天堂 注目ポイント&見所 癌で余命わずかの父、自閉症の息子という親子の絆を感動的に描いた作品。 先が無い父親は自閉症の息子を何とか一人で生活させられるように教えていきます。 最後のその日まで1つずつ丁寧に教えるその父親の姿は、悲しくもあり潔くもあり。 きちんとした映画というのはまさにこのような作品のことを言うのでは無いでしょうか。 この映画の最大の見所はジェット・リーがアクションを封印して演技だけに集中したこと。 カンフーのイメージが強い彼の最高の魅力がそこにあります。 詳細 第10位 初恋のきた道 注目ポイント&見所 チャン・ツィーの可愛らしい少女時代と切なく深い愛情がテーマの感動作品。 田舎の村に教師として来た青年と、そこに暮らす少女の恋模様を描いています。 くっつきそうでくっかない、時代の波に翻弄される若い男女の切ない姿がぐっと来ます。 やがて迎えるラストシーンは冒頭シーンを解明させる見所の1つ。 「初恋の来た道」というタイトルがぱっと頭に浮かぶような感動の名シーンです。 心静かに、そして激しく泣いてしまう、そんな映画です。 詳細 まとめ いかがでしたか?こちらにランクインした作品はどれも中国本土でも人気の感動作品ばかりです。 入りづらい中国映画、こんなに泣けてしまうのかとびっくりしてしまうかもしれません。 ぜひ興味のある作品を鑑賞してください。

次の

【5選】レッドクリフだけじゃない三国志を題材にしたおすすめ映画

中国 映画 おすすめ

1896年に中国に持ち込まれた映画は、上海を中心に発達していきました。 しかし、そもそも中国の映画と一口に言っても、中には言語によって様々な地域の映画として分別されています。 主に、中国映画、台湾映画、香港映画と大きく分けられますが、これは台湾と香港が中国から「独立している」という言い分のもと、別ものとして分けられているのです。 また、作風もその地域によって大きな特色が生まれています。 中国映画は、主に武侠ものがメイン。 中国の歴史を描いた作品が多く、資本もあるためハリウッド進出をするなど、映画自体のスケールが大きいです。 対して、香港映画はカンフーやノアール、犯罪映画などがメイン。 ジャッキー・チェンやブルース・リーによるカンフーものも、香港映画です。 また、『恋する惑星』などで知られるウォン・カーウァイの作品もこちらに分類されます。 そして台湾映画はミニシアター、アート映画が多い傾向があり日本では2000年代に流行った印象があります。 『恋恋風塵 れんれんふうじん 』のホウ・シャオシェンや、『恐怖分子』、『牯嶺街 クーリンチェ 少年殺人事件』のエドワード・ヤン監督などが代表的に挙げられます。 この記事では台湾・香港映画を除き、中国映画のみにフォーカスしておすすめ作品を紹介していきます。 ルー・チャン監督作『南京!南京!』 2009 は、1937年に起きた南京事件を扱った中国映画です。 南京に侵略し、南京城を墜落させた日本軍。 多くの中国兵が逃げる中で、その場に残り戦い抜く者たちもいました。 そんな中国兵を残酷に、徹底的に抹殺する日本兵。 そのうちの一人の日本兵士が自らの行動に疑問を抱きます。 監督はスケールの大きなテーマを扱いながらも、個人に焦点を当てることに重きを置いていました。 それによって本作は、残忍な行動をとった兵士の動機や混乱、精神状態、ヒロイズムにより深く迫っています。 戦争に参加した人々の感情を描いたという作品。 特に慰安婦のシーンが劇中多く存在する本作は、日本で収集した2000冊以上の写真集をはじめ、多くの歴史的資料を元に作られました。 しかし、日本では紆余曲折し映画祭でたった1日のみの公開という結果になりました。 中国では2010年末に公開され、空前の大ヒットとなった姜文の監督主演によるこの映画。 日本では昨年夏に上映されたが見逃しており、恥ずかしながらようやく中国製DVDで鑑賞した。 舞台は民国初頭の中国・四川。 姜文演じる土匪が、馬に牽引される列車を襲撃、葛優演じる馬邦徳らを襲撃する。 馬邦徳は金で県長の座を手に入れ、着任する道中だったのだ。 馬邦徳は自分は顧問 師爺 だと嘘をつき、土匪はそれならば、と自分が県長になりすまして、鵝県に乗り込む。 そこに待ち受けていたのが地元を影で操る黄四郎 チョウ・ユンファ。 やがてこの三人の間で緊張感に富んだ駆け引きが展開される…。 展開がなかなか読めないし、姜文演じる土匪が、圧倒的に強い黄四郎と張り合っていく様子は見応えがある。 セリフも面白い。 この映画は、政治的な風刺に満ちていると言われる。 冒頭の馬が牽引する列車は、「馬列」=マルクス・レーニンを表している、という解釈は広く流布している。 その他にも一見しただけでは何を表しているのかよく分からない 隠喩なのかどうかを含め 描写も少なくない。 繰り返し見て確認したくなること請け合いで、ヒットした理由がわかる気がする。 もちろん現実の風刺と解釈しなくても楽しめる映画ではあるのだが。 大陸の映画もエンターテイメントとして成熟してきたと感じる いまさらの感想かも知れないが。 香港勢は、ユンファの他にカリーナ・ラウ劉嘉玲も出演しているが意外とあっさり死んでしまう。 その他もカメオ出演を含め豪華キャストだ。 チアン・ウェン監督作『鬼が来た!』 2000 は、1945年中国の僻地の村を舞台に日本兵と村人の交流を描き、カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞した傑作中国映画です。 本作は戦争という悲劇を村人目線で描いたことで、戦争には恐ろしい側面だけでなく滑稽で不合理な側面もあることを巧みに示しています。 この映画も公開当初は中国で上映禁止になった作品です。 上映禁止になった理由は、カンヌ映画祭に無断出品したことや、中国人のメインキャラクターがバカらしく描かれていたこと、愛国心や日本に対する憎悪の描き方が足りなかったためだと言われています。 「MCU」、「スター・ウォーズ」、「ハリポタ」などの大作洋画系が基本的守備範囲な30代編集者です。 学生時代は、サッカーに勤しみつつ、空いた時間に貪るように映画を鑑賞。 海外サイトをこまめにチェックして、日本に出回っていない映画情報をいち早くキャッチアップすることが密かな喜びに……。 近年は、ブリーフ一枚のニコラス・ケイジがトイレで暴れ回るシーンが拝める「マンディ」、女性主人公がランボーばりに自ら傷に治療を施すシーンが最高の「リベンジ」 etc 強烈な場面が1シーンある映画に強く惹かれてしまうようです。 近年最もハマった映画は全シーン名場面の『バーフバリ 王の凱旋』!バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!カッタッパ!!.

次の

歴史ファン必見!中国の時代劇・宮廷ドラマおすすめ10選

中国 映画 おすすめ

何を基準に選ぶか 当然ですけど、この学習方法は繰り返し観る=継続することに意味があります。 つまり自分のテンションが上がるきっかけを盛り込む必要があります。 僕の場合はこの視点で作品を選んでます。 好きな俳優や女優がいる• ストーリーが良い• 勉強で使った語彙がたくさん出てくる 1、自分好みの女優の作品はテンション上がる これは誰しも経験あると思いますが、大して面白くない作品でも好きな俳優や女優が主演しているドラマは最後まで見てしまうっていうやつ これって内容よりも、人物を目的にしているので うわ、めっちゃ可愛い〜っていうのが 楽しく視聴を続ける秘訣 2、ストーリーが面白ければ何度も観れる これは口コミ頼りな部分が多いですが、 口コミで評価の高い映画やドラマはハズレが少ないです。 実際僕は口コミを頼りに面白そうな作品を探しますが、評価が高いのにクソつまらないという作品に遭遇したことは今のところないです。 やはり内容が面白いほど飽きずに何度も観れますので重要です 3、学習した語彙が多く出てくると嬉しくなる これって聞き取りの部分とも関係してくるんだけど、単に ドラマのワンシーンでこの単語が自然と聞き取れた、理解できたっていう成功体験が多いほど楽しく続けられるものです。 これは正直観ないとわからない部分が多いですが、恋愛系のドラマは日常のシーンが多いので割と学習した語彙がたくさん出てきます。 これがおすすめ!5作品 さて、それではこれらの条件を踏まえたとっておきの作品を紹介 1、一仆二主 ポイント 中国向けコンテンツマーケティングやってます。 その延長で30代ながら中国へ留学することを決意。 現在、四川大学に留学中! 急成長を続ける中国社会の実態を現地から発信します。 関連する記事• よく語学学習にテレビドラマや映画を繰り返しみるのが良いと耳にします。 でもただ繰り返しみるだけでは当然なんの意味もありません。 なぜか?[…]• 現役留学生が教える中国語講座の第一回目は、初めて出会った人に、相手の名前やどこの国の出身かを尋ねるシーンの例文を用意しました。 例文中に出てくる文法な[…]• 現役留学生が教える中国語無料講座の第二回目は、「これは何ですか?」「誰のですか?」と尋ねる場合の会話例文を用意しました。 前回学習した文法も再度掲載し[…].

次の