エポス カード キャッシュ レス 還元。 エネオスはキャッシュレス決済でポイント還元できる?お得に利用するならENEOSカードがおすすめ!

キャッシュレス・消費者還元事業に関するポイント還元特約|クレジットカードはエポスカード

エポス カード キャッシュ レス 還元

まだ詳細はわかっていませんが、現時点での情報を元に、どのような制度となるのか、私たち消費者は何を準備しておけばいいのかなど、わかりやすく解説します。 キャッシュレス決済、していますか? (写真:マイナビニュース) ポイント還元とは? 2019年10月以降の買い物から、クレジットカードなどのキャッシュレス決済をすると、ポイントが還元される政策です。 ここで気になるのが、軽減税率です。 これについては、まだ不確定な部分ですが、おそらく軽減税率の対象であっても、区別なくポイント還元されるようです。 政府が「ポイント還元」を検討している理由は2つあります。 消費税増税による消費の落ち込みを回避するためと、キャッシュレス化の推進です。 2020年は東京オリンピックがありますから、キャッシュレス化は喫緊の課題です。 ポイント還元によって、増税の影響を少なくし、キャッシュレス決済が還元を受けるための条件となるため、一気にキャッシュレス化が進むことが期待されます。 ただし、この施策は期間限定となっており、2019年10月から9カ月間の実施となる模様です。 この期間でどのくらいキャッシュレス化が進むのか注目したいところです。 キャッシュレス決済の手段は? さて、ここで問題になるのが、キャッシュレス決済と言っても、何を使って決済すれば、いいのかという問題です。 経済産業省が昨年末に明らかにした情報では、以下の14社が内定しており、今後はさらに増える見込みとなっています。 スマートフォン決済は、まだまだ普及しているとは言えない状況ですが、PayPayが「100億円キャンペーン第2弾」を実施するなど、キャッシュレス決済普及に一役買っていることもあり、少しずつではありますが確実に増えてきているようです。 スマートフォンで決済するという方法は、使ったことのない年配者にとっては、ハードルが高いかもしれません。 もし、ご家族や友人に、キャッシュレス決済をしたことがないという人がいたら、利用できる店も多く、支払いも簡単なクレジットカードをおすすめします。 クレジットカードは申し込んですぐには発行されないため、早めに準備をしておきましょう。 また、年金受給者はクレジットカードを作りにくいと言われますが、楽天カードやエポスカードは公的年金受給者でも作ることができるカードです。 他にも入会の審査はありますが、無職の方や学生でも作れるカードがあります。 諦めずにまずは申し込みをしてみましょう。 ポイント還元されないもの すべての買い物でポイント還元があるわけではないようです。 そもそも消費税がかからないものは除外される見込みです。 消費税がかからないもの 土地、教育関連のもの 学費など 、医療費 公的医療保険の対象となっているもの また、換金性の高いものも除外される模様です。 たとえば、商品券や切手、印紙、プリペイドカードなどです。 こうしたものはポイント還元を目的に転売を繰り返すことが懸念されるためです。 他にも、住宅や車なども別途、減税措置があるために、除外されるようです。 まとめ ポイント還元にあたって、還元するポイントの計算に使う価格を「税抜き」とするか「税込み」とするかはまだ議論の途中のようです。 ポイントの還元はキャッシュレス決済の元々のポイント付与サービスの仕組みを利用して行うため、税込み価格にポイントを付与するサービスがあれば、税抜き価格にポイントを付与するサービスなどもあって、統一することが困難となっている状況です。 消費者としては、ポイントを多くもらいたいので、税込み価格にポイント還元となってほしいところですが、果たしてどうなるのでしょうか。 一つ言えることは、現金で買い物をするとある意味損をしてしまうということです。 キャッシュレス決済は通常のポイント付与に加えて、さらに政府によるポイント還元があるのですから、この期間は利用しない手はないでしょう。 今まで現金派だった人も、是非とも、消費税増税前に、キャッシュレス決済の準備をしておくことをおすすめします。

次の

キャッシュレス決済で5%還元!還元方法と対象のクレジットカードとは?

エポス カード キャッシュ レス 還元

Amazonのクレジットカードは2種類あるが、オススメはカード年会費の中にプライムの年会費が含まれたゴールドカードだ。 出典:Amazon ネット通販だけでなく、動画配信サービスの「プライム・ビデオ」や雑誌や書籍の読み放題サービス「Kindle Unlimited」といったサービスも提供しているアマゾン。 クレジットカードは「Amazon Mastercardクラシック」と「Amazon Mastercardゴールド」2種類を提供している。 Amazon Mastercardクラシックは。 年会費が初年度無料で翌年以降は1375円だが、前年度に1回でも利用がある場合は年会費が無料となるので、実質無料と言える。 さらに、 アマゾンでの買い物時には、Amazonポイントが通常なら1. 5%、プライム会員なら2%付与される。 一方、Amazon Mastercardゴールドは年会費が1万1000円で、翌年以降も同額だが、WEB明細書サービスの利用やリボ払い設定によって最大6600円の割引が受けられる。 さらに、プライム会員(年額4900円)の資格も付与されるため、実質的な年会費はそれほど高くない。 プライム会員の場合、無料の配送特典のほかプライム・ビデオやPrime Musicなども無料で利用できるので、アマゾンをメインに通販やインターネットサービスを利用している人は「Amazon Mastercardゴールド」がベターだ。 大幅ポイントアップが魅力の 楽天市場で頻繁に買い物するなら、楽天カードを持たない手はない。 出典:楽天 楽天もネット通販だけでなく、電子書籍や旅行代理店などさまざまなサービスを提供しており、おトクに利用できるケースが多い。 さらにポイントサービスの「楽天ポイント」も、楽天のサービスだけでなく、提携している実店舗でも貯める・使えるので便利だ。 楽天カードもいくつか種類があるが、ポイントの加算率や年会費を考えると、定番といえるのは年会費が2200円の「楽天ゴールドカード」だ。 楽天ゴールドカードは、 楽天市場での買い物で、最大5%分が還元。 年会費無料の「楽天カード」は3%に留まる。 例えば、楽天ゴールドカードの場合、最低でも年間4万4000円、月間3700円の利用もあればモトはとれてしまうので、ゴールドカードの方がより効率良くポイントを貯められるのは明白だろう。 楽天カードには年会費1万1000円(税込)の「楽天プレミアムカード」もある。 プレミアムカードは、現状では使いどころが難しい「国内・海外の空港ラウンジを無料で利用できる権利」が賦与されるのが特徴で、楽天市場での還元率はゴールドカードと同じ還元率に留まる。 複数のECサイトを使うなら「」 丸井などの店舗がおトクになるエポスカードだが、専用サイトを活用することでECもおトクになる。 出典:エポスカード 利用する通販サイトが決まっておらず、いろいろな通販サイトをまんべんなく使う人にオススメなのがエポスカード。 専用サイトにはアマゾンや楽天市場、Yahoo! ショッピングといった各種通販サイトが登録されており、そこからアクセスすれば、ポイント還元率が2倍以上。 中には30倍と高還元率のショップも登録されている。 オススメなのはエポスゴールドカード。 年会費は5000円だが、同カードで年間50万円以上利用すると翌年以降分が無料となる。 毎月4万2000円以上はカード決済している人ならクリアできる金額だ。 ポイントサービスの「エポスポイント」は、貯まったポイントをマルイの店舗やマルイウェブチャネルでの精算時に利用可能。 また、各種ポイントサービスや商品券、グッズとも交換可能。 さらに、「エポスVisaプリペイドカード」を作成すれば、1ポイント=1円でチャージ可能。 ネット通販や実店舗での支払いに利用でき、さらに0. 5%分のキャッシュバックが得られる。 生活に密着したサービスとの提携が多い イオンカードもECがおトクになる専用サイトを用意。 鉄道やガソリンスタンドなどの提携カードを選べば、実生活でもおトクに使える。 出典:イオンカード イオングループが提供している「イオンカード」。 実店舗のイメージが強いが、ファッションや日用雑貨などを取り扱うオンラインストアや、自宅近くの店舗から商品を配送してくれるイオンネットスーパーも運営している。 日常の買い物はイオンが多いなら、オンラインでもオフラインでもおトクに使えるクレジットカードだ。 イオンのオンラインショッピングだけでなく、エポスカードと同じように専用サイトを経由すれば、 アマゾンや楽天市場といった各種通販サイトでもポイント還元率がアップする。 提携企業の利用頻度が高いならよりおトクにポイントが貯められるので、自分の生活スタイルに合わせてカードを選べる。 もちろん、全国のイオン、ダイエー、マックスバリュなどの実店舗では200円(税込)につき2ポイント(他店舗の2倍)貯まるので、 近所のイオングループ店舗で食品や生活必需品を買うときもおトクだ。 初めてカードを持つ人に最適な クレジットカードの審査に不安を感じる人は「JCB CARD W」も検討してみよう。 出典:JCB CARD W クレジットカードは若かったり、安定した継続収入がない場合は発行が難しいケースもある。 そんな場合は、JCBの「JCB CARD W」が最適だ。 「JCB CARD W」発行対象年齢が18歳から39歳以下と限定されているが、本人だけでなく配偶者に安定継続収があれば申し込みできる。 年会費も無料なため大学生や新社会人が最初につくるクレジットカードとしてオススメ。 当然ながらJCBブランドのみなので、海外で使用する場合は対応店舗数などでほかのブランドと比べるとやや劣るが、国内で利用するぶんには問題なし。 JCBが提供しているポイントサービスのOki Dokiポイントも利用可能だ。 なお、7月31日までは新規入会限定で入会後3カ月間は貯まるポイントが1000円につき4ポイント(例えば、JCBのOki Dokiポイントは1ポイント=3円として日々の支払いに充てられる)になるキャンペーンや、同じく7月31日までのAmazon. jpでの買い物は新規入会キャンペーンと合わせて1000円につき10ポイントになるキャンペーンを実施中だ。 また番外にはなるが、2021年4月30日までの期間限定で還元率3%のも要注目だ。 貯まるポイントはLINEポイントになるため、スマホ決済サービス「LINE Pay」やLINE内のサービスを利用している必要はあるとはいえ、Visaが使えるオンラインショップ・実店舗ではどこでも3%還元になるのはわかりやすい。

次の

キャッシュレス・消費者還元制度で最大5%還元!|クレジットカードはエポスカード

エポス カード キャッシュ レス 還元

まだ詳細はわかっていませんが、現時点での情報を元に、どのような制度となるのか、私たち消費者は何を準備しておけばいいのかなど、わかりやすく解説します。 キャッシュレス決済、していますか? (写真:マイナビニュース) ポイント還元とは? 2019年10月以降の買い物から、クレジットカードなどのキャッシュレス決済をすると、ポイントが還元される政策です。 ここで気になるのが、軽減税率です。 これについては、まだ不確定な部分ですが、おそらく軽減税率の対象であっても、区別なくポイント還元されるようです。 政府が「ポイント還元」を検討している理由は2つあります。 消費税増税による消費の落ち込みを回避するためと、キャッシュレス化の推進です。 2020年は東京オリンピックがありますから、キャッシュレス化は喫緊の課題です。 ポイント還元によって、増税の影響を少なくし、キャッシュレス決済が還元を受けるための条件となるため、一気にキャッシュレス化が進むことが期待されます。 ただし、この施策は期間限定となっており、2019年10月から9カ月間の実施となる模様です。 この期間でどのくらいキャッシュレス化が進むのか注目したいところです。 キャッシュレス決済の手段は? さて、ここで問題になるのが、キャッシュレス決済と言っても、何を使って決済すれば、いいのかという問題です。 経済産業省が昨年末に明らかにした情報では、以下の14社が内定しており、今後はさらに増える見込みとなっています。 スマートフォン決済は、まだまだ普及しているとは言えない状況ですが、PayPayが「100億円キャンペーン第2弾」を実施するなど、キャッシュレス決済普及に一役買っていることもあり、少しずつではありますが確実に増えてきているようです。 スマートフォンで決済するという方法は、使ったことのない年配者にとっては、ハードルが高いかもしれません。 もし、ご家族や友人に、キャッシュレス決済をしたことがないという人がいたら、利用できる店も多く、支払いも簡単なクレジットカードをおすすめします。 クレジットカードは申し込んですぐには発行されないため、早めに準備をしておきましょう。 また、年金受給者はクレジットカードを作りにくいと言われますが、楽天カードやエポスカードは公的年金受給者でも作ることができるカードです。 他にも入会の審査はありますが、無職の方や学生でも作れるカードがあります。 諦めずにまずは申し込みをしてみましょう。 ポイント還元されないもの すべての買い物でポイント還元があるわけではないようです。 そもそも消費税がかからないものは除外される見込みです。 消費税がかからないもの 土地、教育関連のもの 学費など 、医療費 公的医療保険の対象となっているもの また、換金性の高いものも除外される模様です。 たとえば、商品券や切手、印紙、プリペイドカードなどです。 こうしたものはポイント還元を目的に転売を繰り返すことが懸念されるためです。 他にも、住宅や車なども別途、減税措置があるために、除外されるようです。 まとめ ポイント還元にあたって、還元するポイントの計算に使う価格を「税抜き」とするか「税込み」とするかはまだ議論の途中のようです。 ポイントの還元はキャッシュレス決済の元々のポイント付与サービスの仕組みを利用して行うため、税込み価格にポイントを付与するサービスがあれば、税抜き価格にポイントを付与するサービスなどもあって、統一することが困難となっている状況です。 消費者としては、ポイントを多くもらいたいので、税込み価格にポイント還元となってほしいところですが、果たしてどうなるのでしょうか。 一つ言えることは、現金で買い物をするとある意味損をしてしまうということです。 キャッシュレス決済は通常のポイント付与に加えて、さらに政府によるポイント還元があるのですから、この期間は利用しない手はないでしょう。 今まで現金派だった人も、是非とも、消費税増税前に、キャッシュレス決済の準備をしておくことをおすすめします。

次の