沖田がりょう。 猫組長

懲役に咲く!傑物ども 『関東大炎上篇⑤』 ー文政パートⅢー 文・沖田 臥竜|トレンド、アングラ、ビジネス、カルチャー R

沖田がりょう

沖田臥竜の本名は崎田俊昭? 沖田臥竜氏は1976年2月生まれで、兵庫県の尼崎の出身です。 しかし生まれについては伊丹市だといいます(『尼崎の一番星たち』「終わりに」の記述)。 名前は「おきた・がりょう」と読み、「臥竜」は「が り ゅう」ではなく「が り ょう」と読むそうです。 また沖田氏の本名については「崎田俊昭」(さきた・としあき)だと言われています。 実際にその名前で沖田氏はフェイスブックをしているようです。 騙りである可能性もわずかにあるものの、挙げられている写真の中には本人でなければ挙げられそうもないようなもの(子供と映る写真など)もあることから、やはり「沖田臥竜=崎田俊昭」と考えて間違いないのではないでしょうか。 この上田会は、山口組が五代目から六代目に移行するのにともなって、(二つ上の)上部組織の松野組組長が除籍されたことから、大半の組員が二代目大平組へ移籍したそうです。 そして沖田氏は2度目の懲役の間に、二代目大平組傘下の上田会の若頭になったとされます。 沖田臥竜が所属した二次団体は二代目大平組 そこから2011年9月頃に二代目大平組の直参に昇格(上田会から上部組織の大平組に移籍)、 二代目大平組「組長付き」という役職に起用されました。 沖田氏は「元山口組二次団体の最高幹部」という肩書を持っていますが、まず「山口組の二次団体」というのは、この「二代目大平組」を指しているようです。 そこから役職が二代目大平組「 若頭補佐」を経て「 若頭代行」になります。 沖田氏はこの時に「最高幹部」としての役割を果たします。 「若頭代行」は「若頭」よりも下の地位のため「最高幹部」ではないように思えますが、沖田氏が「最高幹部」を経験したというのは、2013年9月に二代目大平組の中村天地朗組長と若頭が逮捕され、大平組内で上の地位の人が誰もいなくなったために、 組長に代わって六代目山口組本家の定例会に出席するなど したことを指しているようです。 この本家での定例会出席は『尼崎の一番星たち』でも取り上げられており、その際、中村組長の奥さん(姐さん)からは「定例会にはヒゲを剃って行きなさい」とアドバイスを受け、怪訝に思いつつもそれに従ったそうです。 結果的には当日、周りの代理出席者でヒゲを生やしている者など誰一人おらず、沖田氏は姐さんの助言に感謝することになったとか。 この本家の定例会で、沖田氏の役割は呼ばれた時に「代理です!」と一言答えるだけだったそうですが、定例会の異常な緊張感から「寿命が3年は縮まる」ほどだったといいます。 沖田臥竜の嫁は? 沖田さんの奥さんは「ひか」というあだ名で呼ばれているみたいです。 「ひかる」という名前を縮めて「ひか」と呼んでいるようです。 下がその奥さんと思しき画像です。 やっぱりちょっと若いでな。 ちなみに奥さんが抱っこしてるのがお子さんで、女の子みたいです。 娘はキューレンジャーになりたいらしい。 本当にそうなられると父としては、少々困惑するのだが、、、。 そこでミステリーやハードボイルドなどを中心として何百冊もの本を読んで、自分も創作したいと思ったことが後に作家になることに繋がったといいます。 沖田さんは2014年に、自分の親分だった二代目大平組、中村天地朗組長が引退したタイミングで一緒に引退しました。 そして引退から1年ほど経った2015年6月頃から、ニュースサイト『R-ZONE』にて記事を執筆し始めて作家として活動を開始します。 書籍では2016年10月に発売の、自分の兄弟分である「文政(ぶんまさ)」について描いた『生野が生んだスーパースター 文政』でデビューしました。 この記事は以上になります。

次の

神戸山口組を研究する会

沖田がりょう

youtube. jackpot? twitter. twitter. jackpot. 777? 入江組長は即座に抗議し、住民票は結局、元に戻ったようです。 神戸山口組は先日も総本部長という要職にあった正木年男組長の辞任劇がありましたが、正木組長に続いて入江組長も組織運営から外れることになるかもしれません」 現場レベルの受け止め方は、より辛辣だ。 神戸山口組三次団体幹部はこう語った。 「分裂当初から身辺警護に駆り出されたり、一時金を用意しろと言われたり。 上の要求はエスカレートする一方でした。 当初、井上組長が涙ながらに語っていた『若い者のために神戸山口組を立ち上げた』という建前を信じてる組員はもういません。 上層部が自己保身しか考えていないことは明白で、井上組長は山健組の資産を息子名義に書き換えたりしてるとさえ聞いてます。 早く引導を渡してほしい。 一日も早く終わってほしい。 下の人間は、誰もがそう思っています。 山健組を継いだ中田広志組長は、暴走する井上組長と不満に爆発寸前の現場の板挟みに合ってるはず。 《蘋果》日前獨家直集到日本山口組二代目佐藤組本部長菅原潮(Ushio Sugawara 54歲)來台觀光並拜訪友人,並接受《蘋果》獨家專訪大談昔日在日山口組黑幫生涯。 appledaily. video. appledaily. facebook. youtube. youtube. youtube.

次の

沖田臥竜の本名は崎田俊昭?山口組の二次団体に所属?嫁の画像は?

沖田がりょう

ー殿様バッター 裏街道の猛者がひしめく生野において、「文政」は文字通り治外法権である。 誰からの支配も命令も決して受けない。 好きか嫌いかのみが重要で、それ以外の付き合いを嫌う。 実にわかりやすい。 生野区では「文政」の名前はブランドとなっており、中学生の不良から70過ぎのじいさんに至るまで知れ渡っている。 もちろん、それは彼の存在が大きいのだが、同時に彼が抱えるファミリーに集う男達の存在も無視できない。 兄の「弘吉さん」のほか、ファミリーの中で彼が兄弟と呼んでいる男が3人存在する。 1人は、185センチ100キロ級の喧嘩ファイターK。 Kの喧嘩ファイトを見た人間がすべて口を揃えて「無敵...... 」と漏らすほどで、彼の体躯を前にしては、イケイケのヤクザ者ですら後ずさる。 それからKとドリームマッチが叶えば、「どちらが上であろうか」と常に話題に上がる、190センチ120キロ級の男、「バッテツ」。 常に筋トレに励み、一日中サウナに入って、軟骨をバリバリ食いながらスクワットをしているという都市伝説の主である。 さらにもう1人、その凶暴性ゆえに殺人を犯し、現在、某刑務所に服役中の狂犬N。 Nは小中学校から一緒だった「文政」のいうこと以外、誰の言うこともきかない。 ブチ切れれば、ファミリーの者にですら容赦なく牙を向ける。 もし「文政」がいなければ、その狂犬の名は恐怖とともに大阪の裏社会にもっと深く刻まれていたことであろう。 現在の殺人も「文政」が服役中の出来事だった。 「文政」と構えるという事は、すなわちこの3人をふくめた「文政ファミリー」を敵に回すことになるのだが、当の本人だけがそれをまったく意識していない。 「文政」は、欲しい物は何をどうしても手に入れる。 だが、ファミリーの者を使ったり、誰かの名前を使ったりして相撲をとるようなことはしない。 欲しければ「くれ」。 嫌がれば「貸せ」のみである。 それを、取られたと騒ぎたてた都会の不良がいた。 名は「バッタ」。 恵まれた環境でグレーなビジネスにいち早く参入し、巨額の富と名声を一気に手に入れていた男である。 「バッタ」には、兄貴分の「殿様バッタ」がおり、なにかというと「バッタ」は「殿様バッタ」の威光をかさにきて大きな顔をしていた。 案の定、今回も「バッタ」は、「文政」をやっつけてもらおうと「殿様バッタ」にチンコロした。 「殿様バッタ」も、殿様と呼ばれるだけあって、その名は知れ渡っており、必然「文政」の事も知っていた。 「殿様バッタ」の武器は、抜群の人当たりと、人をけむに巻く話術である。 「文政」と対峙するには多少心許ない気がするが、いざとなればありあまる金を武器に、コワモテの組長クラスでも雇えばいい、と軽く考えていたのかもしれない。 「殿様バッタ」が得意の話術で「文政」へと電話をかけ、会う約束を取り付けた。 場所は当然、西成のバクチ場。 「殿様バッタ」は「バッタ」を連れ、西成のバクチ場へ向かった。 その日は朝から雨が降っていたらしい。 2人のバッタには、忘れられない雨となった。 バクチ場へとたどり着いた2人だったが、1時間たっても、2時間過ぎても、肝心の「文政」がバクチ場から出てこない。 待つ事3時間半。 ようやく「文政」が2人の前に姿を見せた。 バクチで負けているのだろう、すこぶる不機嫌である。 もしかしたら、八つ当たりしに出てきたかもしれない。 「文政」は「バッタ」がさす傘を乱暴にかっさらいながら、待たせたことを詫びることもなく、「殿様バッタ」に用件を尋ねた。 「マサくん。 電話でもゆうたけど、コイツがしとー」 「くれたんちゃうんかいっ!」 自分で尋ねたくせに、「殿様バッタ」の話をさえぎり「バッタ」をギロリとにらみつける。 「ちょっと、聞いー」 「じぁかましいわいっ! 今ワシがバッタにきいとんじゃい! ケガしたなかったら、しゃしゃんなハナクソ!」 もはやバッタというよりもカエル。 ヘビに睨まれたカエルである。 「よいバッタ、三べんワシに同じ事聞かすなよ、二回目やど。 くれたんちがうのかいっ!」 「差し上げました...... 」 ええええーっっっ!!! であろう。 「殿様バッタ」からすれば、ええええーっっっ!!! であろう。 「ま、ええ。 誰にも間違いはある。 気にせんで構わへん。 ところで、お前らナンボか銭回してくれへんかっ」 あまりにも自然に金をたかってくる「文政」に、2人は財布を忘れたことを訴えた。 「どないしてんっ」 そう言いながら1人の巨漢がバクチ場から現れた。 185センチ100キロ級。 喧嘩ファイターKの登場である。 Kは「殿様バッタ」の傘をふんだくり、自分が雨に濡れないように傘をさした。 「おいっ、あのベンツ誰のや」 2人が乗ってきた、1000万クラスのベンツをKが指差す。 「お父さんのですっ!」 「殿様バッタ」が敬語で答えた。 「ほ~んっ。 ワシのアボジにも乗したりたいの~。 変えろっ」 自分が乗っているシーマと交換しろ、とKは言っているのである。 「無理ですっ、無理ですっ、お父さん警察に言いますっ!」 首を左右にぶるんぶるん振りながら、必死になって「殿様バッタ」は拒絶した。 「かまへん、かまへん、ポリでもなんでも言わしたらいかいっ。 変えろっ」 「殿様バッタ」の得意の話術がまったくもって通用しない。 欲しいものは奪いとるという思考はどうも「文政」だけが装備しているものではないらしい。 「もうやめたれやっ兄弟っ。 可哀想やんけっ。 おいっ、お前らもう帰ってええどっ」 当事者の「文政」がいつの間にか、頼もしいお兄さんに見えたであろう。 2人のバッタとカエルは、「文政」にひどく感謝しながら、そそくさとその場から立ち去っていった。 「なんやねん、兄弟だけこすいのおっ。 ワシも車ほしかったのにの〜」 いつの間にか、雨はあがっていたのだった。

次の