ハンター ハンター アリーナ バトル リセマラ。 【ハンターハンターアリーナバトル】リセマラ当たりカードランキング【アリバト】

【HUNTER×HUNTERアリーナバトル(アリバト)】リセマラ当たり最強SSランキング

ハンター ハンター アリーナ バトル リセマラ

リセマラは必要か リセマラをおすすめ ハンターハンターアリーナバトル アリバト は、リセマラが可能です。 リセマラで強力なカードを確保しておけば、序盤を有利に攻略できるため、リセマラしてからゲームを始めることをおすすめします。 リセマラの狙い目 アリバトのリセマラでは、最高レアであるSSのカードを狙いましょう。 またアリバトのカードには、キャラとアクションの2種類が用意されており、リセマラで狙う優先度は盤面に配置するキャラの方が高めです。 強力なSSキャラカードを確保してリセマラを終了するのが理想的と言えます。 予めどのグループを使用するか決めておき、使用するグループのSSを狙ってリセマラするのが良いでしょう。 各グループの特徴 グループ 特徴 287期受験生 ハンター試験編をイメージしたグループ。 [試験]のつくカードの指定ATK条件を満たし、追加ダメージを与えることができるのが特徴。 攻撃力の高いキャラが多く初心者におすすめ。 幻影旅団 幻影旅団員で構成されたグループ。 GPをコントロールし、強力な高コストカードをいち早く場に出す戦略を得意とする。 強力なカードで派手に戦いたい方におすすめ。 マフィアン コミュニティー クラピカをメインとしたマフィアで構成されたグループ。 自身のHPを削る[制約と誓約]によって強力なスキルを発動するのが特徴。 リスク管理が重要になるため上級者向け。 ハンターハンターアリーナバトルをインストール 2. 名前を決定 変更可能 3. チュートリアルをクリア 4. OPムービーを観る スキップ不可 5. 初回カードプレゼントを受け取る 6. ガイドに従いしばらく進める 7. 最初のバトルを始めずにホームに戻る 8. ギフトからアイテムを受け取る 9. ガチャを引く 10. お目当てが出なければアンインストールして手順1に戻る ガチャ回数 通常ガチャ:3回 SS確定ガチャ:1回 合計:4回 所要時間 約10分 アリバトのリセマラは上記の手順で行います。 1回あたり約10分で4回ガチャを引くことができます。 好きなキャラカードが1枚もらえる チュートリアルをクリアすると、提示されたカードの中から好きなキャラカードが1枚もらえます。 提示されるカードにはSSのカードも含まれているので、遠慮なくSSのカードを選択しましょう。 SS自体は初回カードプレゼントとSS確定ガチャで確実に2枚入手できるため、比較的簡単に厳選できるでしょう。 また、デッキには同じカードを2枚まで編成することができるので、SSが被っても問題ありません。 SS3枚狙いはおすすめしない SS数 確率 1 14. SSを3回のガチャで入手できる確率は14. SS確定ガチャの内容を厳選する過程で、ついでに出たらラッキー位に思っておくのがよいでしょう。 本作は、原作の頭脳戦を再現したカードバトルゲーム。 プレイヤーは30枚のカードからなるデッキを操り、他プレイヤーとのバトルに臨みます。 ルールは手札のカードを盤面に配置し、相手のカードひっくり返すことでダメージを与え、先に相手のHPを0にした方が勝利というもの。 シンプルながら奥深い戦略を楽しむことができます。

次の

【アリバト】序盤攻略のコツ!カードを強化して初心者チャレンジを進めよう!【ハンターハンター】

ハンター ハンター アリーナ バトル リセマラ

Contents• スキル・ステータスはLv. MAX 最終強化状態 の情報です。 GPコスト欄に表記されている色は、以下のように各グループのGPコストを表しています• 緑:287期受験生• 紫:幻影旅団• 黄:マフィアンコミュニティー• 特殊ダメージを15与える。 特殊ダメージを9与える。 特殊ダメージを10与える。 特殊ダメージを12与える。 さらに念ダメージを13与える。 念ダメージを10与える。 自分のHPを10回復する。 念ダメージを10与える。 相手の手札にあるランダムなキャラカードのATKを-4する。 念ダメージを6与える。 自分のHPを15回復する。

次の

【アリバト】最速リセマラ手順&リセマラで狙うカードについて!【ハンターハンター】

ハンター ハンター アリーナ バトル リセマラ

タップできる 【目次】• 基本的には、後攻有利ゲー ハンターハンターアリーナバトルでは、基本的には後攻が有利なゲームとなります。 最初にGPが1ポイント付与されているのと、定石から考えると分かります。 なので、ハンターハンターアリーナバトルの先攻と後攻のバトルのスタンスは以下の2つです。 バトルのスタンス 先攻:それでも攻撃 いき なさい。 byヒソカ ハンターハンターアリーナバトルでは、先攻が不利なのは分かっていますが、先攻の場合はそれでも攻めなければ、勝機は掴めません。 先攻は先に仕掛けていくほかないのです。 先攻の場合は仕掛けに対して、後攻が手順をミスる 定石から外れたら そこが勝機 チャンス です。 そのときは、心の中で「…ほぉほぉほっ、受け攻めいくつか想定しておったが、そりゃ悪手じゃろ…」と思ってください。 笑 基本的な戦 バトル の導き。 定石を外れたらどうすれば良いか 定石を見ていく前に、ハンターハンターアリーナバトルの基本的な戦 バトル の導きとして以下の二つの考え方を先に解説していきます。 定石から外れた際は、こちらの考え方を基本 ベース に考えるとうまくいくことが多いです。 端から縦 または横 へと伸びる。 上の端から下へ 紫色から青色へ と伸びます。 これは端から 縦か横から を全て自分の色で埋めていくイメージです。 4角 四隅 の捨て方が鍵となる 2枚取られながら取られる。 今回の定石はHPがMAXの場合 ハンターアリーナバトルでは、HPのMAXが120に設定されています でみていきますが、その場合でも4角 四隅 は置き方次第で取られてもそんなにダメージを受けません。 下記にみていく定石も4角 四隅 を捨てる 2枚で取られる この考え方が使われています。 裏を返すと、3枚取られないことと、念でのダメージ ひっくり返した先にキャラがいる状態 を受けないことが、基本的な考え ムーヴ になります。 定石を見ていくにあたって 原則として、先攻側が仕掛けるのに対して、それに後攻側が最善手を打ち続けたのを定石としてみていきます。 なので、裏を返せば自分が先攻側で相手がこの動き以外をしたら、先攻側はチャンスです すべてのパターンをみていくのは、数の通りが膨大になりすぎるので、今回はハンターハンターアリーナバトルで特に取られる 採用される 3つの定石になります。 また、カード特有の強さや、効果はありますが、定石では一般化 記号化 して、扱います。 この定石の特徴として、以下の3つが上げられます。 ・先攻、後攻ともに安定して戦える カードの強さで勝負が決まりやすい ・最近まで一番よく見られた定石 型 先攻が攻めてこないときになりやすい ・最前手が見つけやい 間違いにくい 【三ツ矢の型】になるまでの盤面の変化を以下にみていきます。 ここまでの序盤の立ち回りが【三ツ矢の型】になります。 そのあとの手順も間違いにくい 分かりやすい のが【三ツ矢の型】の特徴です。 なので、自分が後攻でこの定石【三ツ矢の型】になったら、ラッキーです。 自分が先番 先手 の場合は、次の【ガチンコの型】が有効です。 【2つ目の定石 型 】ガチンコの型 先攻の場合は、2手目で攻めるか。 それとも3手目で攻めるかのどちらかになります。 今回の【ガチンコの型】は先手が3手目に攻める形の定石になります。 敵の駒の隣に置くため、ガチンコ型と名付ける 【ガチンコの型】は以下の特徴があります。 一見すると、後攻側はこの置かれた直後のコマを取りたくなりますが、後攻側は、下記のように進めて行くのが正解です。 後攻の場合、この紫のコマを置けるかで勝負が決まります。 ここから、いくつか派生していきますが、冒頭にみたバトルの基本の考えの通り進めていけば後攻が勝ちます。 【失着パターン】 先攻が【ガチンコの型】を使って勝つパターンを軽くみておきましょう。 ここまでくると、先程のガチンコの型で手拍子 相手の手につられて考えずに続けて打ってしまうこと で受けてしまったのが、アリーナバトルをやっている方だったら悪手だったのが分かるでしょう。 【3つ目の定石 型 】電光石火の型 3つ目の定石 型 は、先番が2手目で攻める【電光石火の型】です。 ・乱打戦になる 早い段階で勝負が尽きやすい 【電光石火の型】は次の一手で、派生する形が非常に多いので、ここでは一手一手流れを追うのは、控えさせてもらいます。 ただ、基本的にバトルのスタンスと考え方が身についていれば、後攻側の際は先攻に仕掛けられてもしっかり対応できると思います。 というよりゲームとして成立していませんもんね 笑 この定石にデッキやカードの強さ 強化がされているか デッキコストのバランス 序盤に出せるカードが整っているか また、カードの配牌 手札の4枚のカードがいい手札になるかどうか がもちろん作用していき、勝負 バトル の結果を左右します。 ただ、定石 各手番のスタンスとゲームの流れ考え方 を理解しておくことは、勝率を上げることに繋がります 後攻を取ったときの勝率が上がるのと、先攻でも仕掛けて勝率を上げることができます。 以下、簡単にまとめます。

次の