しらたき 保存方法。 「しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃく」の下ごしらえなど、意外と知らない豆知識!

保存方法・賞味期限

しらたき 保存方法

3 保存方法・賞味期限 開封する前と後、ゆでた後で 保存方法が異なります。 正しく保存し、美味しいうちに いただきましょう。 開封前 の保存方法 「直射日光、高温多湿を避けて保存」と書いてありましたら、冷蔵庫でなくても大丈夫です。 窓から離れたところや棚にしまっておくことができます。 冷蔵庫に入れても構いませんが、凍らないよう、気をつけてください。 開封後 の保存方法 開封後どのように保存すればよいかと言うのは良く頂く質問です。 水(できれば袋に入っていた封入水)をはった容器に入れ、表面が乾かないようにラップ等をかけて冷蔵庫に保管しましょう。 2〜3日中には使い切るようにしてください。 また、使う前に傷んでいないかよく確認してください。 茹でた 後の保存方法 一度茹でたこんにゃくは、茹で汁等と一緒に冷蔵庫に入れて保管すると良いでしょう。 茹でたらできるだけ早く召し上がることをお勧めします。

次の

「しらたき(糸こんにゃく)・こんにゃく」の下ごしらえなど、意外と知らない豆知識!

しらたき 保存方法

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違う点 糸こんにゃくとしらたきの違いは何か確認してみましょう。 色 一般的に糸こんにゃくとしらたきの違いとして最初に思い浮かぶのは色です。 糸こんにゃくとしらたきの色の違いは一般的に白いものがしらたきで、黒くまだらになっているものが糸こんにゃくと思われていますが、実際には黒くまだらになっているしらたきや白い糸こんにゃくも販売されています。 色の違いに関して説明すると、こんにゃくの昔の製法はこんにゃく芋の生芋を使用して作られていたので芋の皮や芋の灰汁でこんにゃくに色が付いていました。 しかし現在は生芋を使用はしていません。 こんにゃく製粉を使用して製造するので白いこんにゃくができあがります。 そのまま販売されると一般的なしらたきとの違いが無くなるので、黒いこんにゃくらしさを出すために海草粉末を製造工程で混ぜて作られています。 発祥の地 しらたきが生まれたのは江戸時代の関東で、糸こんにゃくが生まれたのは江戸時代の関西です。 昔は製法が違ったため太さも違った 「しらたき」は、固まる前のこんにゃくを筒の穴から押し出してお湯で茹でて固めて作ります。 筒の穴から押し出されて出てくる姿が白い滝のように見えたことからしらたきという名称で呼ばれています。 「糸こんにゃく」はかつて、固まった板状のこんにゃくを細く切って糸状にして作られていましたが、現在はしらたきと同じく細い穴にこんにゃくを通して製造しているので、しらたきと同じ作り方になったので違いは無くなりましたが、昔からの名残りで糸こんにゃくと呼ばれ続けています。 昔は製法に違いがあったので太さにも違いがありました。 しらたきは2mm~3mm程度の太さで、糸こんにゃくは4mm~8mm程度の太さになっていましたが、現在は製法が同じなので太さにも違いはありません。 《 ポイント 》• 昔は製造工程に違いがあった。 現在では製造工程にはっきりとした違いはない• 糸こんにゃくとしらたきは同じ物と言える。 昔からの名残りで関東ではしらたき、関西では糸こんにゃくと呼ばれている。 糸こんにゃく・しらたきの賞味期限 糸こんにゃくやしらたきは違いがなく共に賞味期限は、 およそ30日~90日です。 基本的に高温で殺菌処理されてから梱包されているため、賞味期限を過ぎてしまっても30日~60日くらいは腐ってしまうことなく保存ができるものも多いのですが、製造から時間が経過すれば経過するほど水分が抜けていってしまうので、徐々に細くなってしまい食感も固くなってしまいます。 傷んでしまった糸こんにゃく・しらたき 傷んでしまった糸こんにゃくやしらたきはどろどろ溶けてしまッた状態になります。 購入時のパックのまま使用を忘れてパックが膨らんだ状態になってしまった場合は開封しないでそのまま廃棄することをおすすめします。 《 ポイント 》• 糸こんにゃくやしらたきの、賞味期限は長いので長期保存に最適です。 糸こんにゃくやしらたきを使うのを忘れて、しばらく経ってしまっている場合は賞味期限の日付は重視しなくていいが、傷んでしまっていないかということをしっかり確認する。 糸こんにゃく・しらたきの保存方法 糸こんにゃくとしらたきに違いはないですが、糸こんにゃく・しらたきを保存するときは開封する前と後と茹でた後で保存の方法が異なります。 以下では、糸こんにゃく・しらたきのそれぞれの保存の方法を紹介します。 開封前の保存の方法 糸こんにゃくやしらたきのパッケージに「直射日光、高温多湿を避けて保存」と表記があるものは、冷蔵庫に入れて保存しなくても問題ありません。 直射日光が当たらない窓から離れた場所や棚の中に入れて保存することができます。 糸こんにゃくやしらたきを冷蔵庫に入れて保存する場合は凍らないように注意してください。 冷気の吹き出し口の近くで保存した場合、凍ってしまうことがあります。 凍ってしまうと水分が抜けてしまった状態になってしまうので細く固く縮んでしまうので食感が悪くなってしまいます。 開封後の保存の方法 糸こんにゃくやしらたきの開封後の保存の方法は、水を張った容器の中に糸こんにゃくやしらたきを入れて表面が乾かないように注意してラップをして冷蔵庫に入れて保存しましょう。 このときに使う水はできればパックの中に入っていた水を使用してください。 開封後の糸こんにゃくやしらたきは2日~3日中に使い切るようにしてください。 その際は傷んでいないかよく確認しましょう。 茹でた後の保存の方法 茹でた後の糸こんにゃくやしらたきは、茹で汁と一緒に冷蔵庫に入れて保存しましょう。 茹でた場合はできるだけ早く食べ終えるようにしましょう。 こんにゃく・しらたきは一緒に煮る野菜で色が変わるのはどうしてでしょうか? A. 糸こんにゃくやしらたきに違いはなく、アルカリ性の食品なので、野菜に含まれているポリフェノールの一種であるクロロゲン酸と反応して緑や紺や黄色やピンク色に変色することがあります。 糸こんにゃく・しらたきの美味しい食べ方 糸こんにゃくやしらたきに違いはないので、普段のレシピなら糸こんにゃくやしらたき以外で作るものを代用で糸こんにゃくやしらたきを使って作るとヘルシーでカロリーも低く抑えることができるのでダイエット食にもおすすめです。 しらたきのチャプチェ 春雨を使うところしらたきを代用してとってもヘルシー! 材料(4人分)• しらたき:1袋• 牛肉:400グラム• オイスターソース:大さじ3杯• みりん:大さじ3杯• 料理酒:大さじ1杯• 醤油:大さじ1杯• にんにく(チューブ):大さじ1杯• ごま油:適量• 人参:1本• ピーマン:2個• しいたけ:2個• しらたきを5cm程度の長さに切ります。 他の野菜も細切りにしておきます。 牛肉をひと口サイズに切っておきます。 オイスターソースとみりんと料理酒と醤油とにんにくを混ぜ合わせます。 フライパンにごま油を入れ牛肉を炒めます。 牛肉に火が通ったら残りの材料を加えて炒めたら完成です。 最後に 今回は糸こんにゃくとしらたきの違いについて紹介しました。 江戸時代には製造方法にも違いがあってので明確な違いはありましたが、現在では製造方法にも違いは無くなってしまったので、関東と関西で呼び方が違うのみとなっています。 料理に使うときは、製造しているメーカーで太さが異なるので好みの太さのものを選んで使うようにしましょう。

次の

しらたきご飯の炊き方 ギャル曽根流は他のレシピとどこが違うの?

しらたき 保存方法

「糸こんにゃく」と「しらたき」の違う点 糸こんにゃくとしらたきの違いは何か確認してみましょう。 色 一般的に糸こんにゃくとしらたきの違いとして最初に思い浮かぶのは色です。 糸こんにゃくとしらたきの色の違いは一般的に白いものがしらたきで、黒くまだらになっているものが糸こんにゃくと思われていますが、実際には黒くまだらになっているしらたきや白い糸こんにゃくも販売されています。 色の違いに関して説明すると、こんにゃくの昔の製法はこんにゃく芋の生芋を使用して作られていたので芋の皮や芋の灰汁でこんにゃくに色が付いていました。 しかし現在は生芋を使用はしていません。 こんにゃく製粉を使用して製造するので白いこんにゃくができあがります。 そのまま販売されると一般的なしらたきとの違いが無くなるので、黒いこんにゃくらしさを出すために海草粉末を製造工程で混ぜて作られています。 発祥の地 しらたきが生まれたのは江戸時代の関東で、糸こんにゃくが生まれたのは江戸時代の関西です。 昔は製法が違ったため太さも違った 「しらたき」は、固まる前のこんにゃくを筒の穴から押し出してお湯で茹でて固めて作ります。 筒の穴から押し出されて出てくる姿が白い滝のように見えたことからしらたきという名称で呼ばれています。 「糸こんにゃく」はかつて、固まった板状のこんにゃくを細く切って糸状にして作られていましたが、現在はしらたきと同じく細い穴にこんにゃくを通して製造しているので、しらたきと同じ作り方になったので違いは無くなりましたが、昔からの名残りで糸こんにゃくと呼ばれ続けています。 昔は製法に違いがあったので太さにも違いがありました。 しらたきは2mm~3mm程度の太さで、糸こんにゃくは4mm~8mm程度の太さになっていましたが、現在は製法が同じなので太さにも違いはありません。 《 ポイント 》• 昔は製造工程に違いがあった。 現在では製造工程にはっきりとした違いはない• 糸こんにゃくとしらたきは同じ物と言える。 昔からの名残りで関東ではしらたき、関西では糸こんにゃくと呼ばれている。 糸こんにゃく・しらたきの賞味期限 糸こんにゃくやしらたきは違いがなく共に賞味期限は、 およそ30日~90日です。 基本的に高温で殺菌処理されてから梱包されているため、賞味期限を過ぎてしまっても30日~60日くらいは腐ってしまうことなく保存ができるものも多いのですが、製造から時間が経過すれば経過するほど水分が抜けていってしまうので、徐々に細くなってしまい食感も固くなってしまいます。 傷んでしまった糸こんにゃく・しらたき 傷んでしまった糸こんにゃくやしらたきはどろどろ溶けてしまッた状態になります。 購入時のパックのまま使用を忘れてパックが膨らんだ状態になってしまった場合は開封しないでそのまま廃棄することをおすすめします。 《 ポイント 》• 糸こんにゃくやしらたきの、賞味期限は長いので長期保存に最適です。 糸こんにゃくやしらたきを使うのを忘れて、しばらく経ってしまっている場合は賞味期限の日付は重視しなくていいが、傷んでしまっていないかということをしっかり確認する。 糸こんにゃく・しらたきの保存方法 糸こんにゃくとしらたきに違いはないですが、糸こんにゃく・しらたきを保存するときは開封する前と後と茹でた後で保存の方法が異なります。 以下では、糸こんにゃく・しらたきのそれぞれの保存の方法を紹介します。 開封前の保存の方法 糸こんにゃくやしらたきのパッケージに「直射日光、高温多湿を避けて保存」と表記があるものは、冷蔵庫に入れて保存しなくても問題ありません。 直射日光が当たらない窓から離れた場所や棚の中に入れて保存することができます。 糸こんにゃくやしらたきを冷蔵庫に入れて保存する場合は凍らないように注意してください。 冷気の吹き出し口の近くで保存した場合、凍ってしまうことがあります。 凍ってしまうと水分が抜けてしまった状態になってしまうので細く固く縮んでしまうので食感が悪くなってしまいます。 開封後の保存の方法 糸こんにゃくやしらたきの開封後の保存の方法は、水を張った容器の中に糸こんにゃくやしらたきを入れて表面が乾かないように注意してラップをして冷蔵庫に入れて保存しましょう。 このときに使う水はできればパックの中に入っていた水を使用してください。 開封後の糸こんにゃくやしらたきは2日~3日中に使い切るようにしてください。 その際は傷んでいないかよく確認しましょう。 茹でた後の保存の方法 茹でた後の糸こんにゃくやしらたきは、茹で汁と一緒に冷蔵庫に入れて保存しましょう。 茹でた場合はできるだけ早く食べ終えるようにしましょう。 こんにゃく・しらたきは一緒に煮る野菜で色が変わるのはどうしてでしょうか? A. 糸こんにゃくやしらたきに違いはなく、アルカリ性の食品なので、野菜に含まれているポリフェノールの一種であるクロロゲン酸と反応して緑や紺や黄色やピンク色に変色することがあります。 糸こんにゃく・しらたきの美味しい食べ方 糸こんにゃくやしらたきに違いはないので、普段のレシピなら糸こんにゃくやしらたき以外で作るものを代用で糸こんにゃくやしらたきを使って作るとヘルシーでカロリーも低く抑えることができるのでダイエット食にもおすすめです。 しらたきのチャプチェ 春雨を使うところしらたきを代用してとってもヘルシー! 材料(4人分)• しらたき:1袋• 牛肉:400グラム• オイスターソース:大さじ3杯• みりん:大さじ3杯• 料理酒:大さじ1杯• 醤油:大さじ1杯• にんにく(チューブ):大さじ1杯• ごま油:適量• 人参:1本• ピーマン:2個• しいたけ:2個• しらたきを5cm程度の長さに切ります。 他の野菜も細切りにしておきます。 牛肉をひと口サイズに切っておきます。 オイスターソースとみりんと料理酒と醤油とにんにくを混ぜ合わせます。 フライパンにごま油を入れ牛肉を炒めます。 牛肉に火が通ったら残りの材料を加えて炒めたら完成です。 最後に 今回は糸こんにゃくとしらたきの違いについて紹介しました。 江戸時代には製造方法にも違いがあってので明確な違いはありましたが、現在では製造方法にも違いは無くなってしまったので、関東と関西で呼び方が違うのみとなっています。 料理に使うときは、製造しているメーカーで太さが異なるので好みの太さのものを選んで使うようにしましょう。

次の