イソジン綿棒。 健栄製薬

健栄製薬

イソジン綿棒

病院で何か処置をしてもらう時、処置の前に「消毒」が行われる事があります。 消毒に使われるお薬はいくつか種類がありますが、• イソジン(ポビドンヨード)• アルコール(エタノール)• ヒビテン(クロルヘキシジン) などが代表的です。 以前は茶色い消毒液であるイソジンが多かったのですが、最近は見かける事が少なくなってきました。 その代わり、透明な消毒液であるヒビテンを見かける事が増えてきました。 また血液検査などでは、アルコール綿で消毒される事が一般的ですが、なぜイソジンではないのでしょうか。 このように消毒液にはいくつかの種類がありますが、それぞれどのように違うのかというのは、あまり知られていないように思います。 医師や看護師さんなど、普段からこの消毒液を使っているような方々でさえ、あまり分かっていない事もあるほどです。 ここではそれぞれの消毒液の特徴と違い、どのような時にどのような消毒液を使うのが良いのかについて紹介させていただきます。 1.持続性に優れる「イソジン」 イソジン(ポビドンヨード)は1959年にアメリカで開発された消毒液です。 茶色い液体で、消毒液と言えば「イソジン」が有名ですので見た事がある方も多いでしょう。 イソジンを皮膚に塗ると、ヨウ素を遊離します。 ヨウ素(I2)は水(H2O)と反応して殺菌作用のある物質を作ります。 イソジンの長所は、持続力と殺菌作用の強さになります。 イソジンは、塗布してから6時間ほどは殺菌作用が持続すると言われています。 また同種の消毒液と比べても殺菌作用は強めです。 消毒液を塗る時、殺菌したい微生物というのは、• 真菌(いわゆるカビ)• ウイルス• 芽胞形成菌 などが挙げられます。 このうち、特に殺菌が難しいのが芽胞形成菌です。 芽胞形成菌は細菌なのですが、「芽胞」という硬い膜を張っているため、簡単に殺菌する事が出来ないのです。 イソジンは一般細菌、真菌はもちろんの事、一部のウイルス、一部の芽胞形成菌にも殺菌作用を発揮します。 イソジンの欠点として、即効性に乏しい事と消毒の際に色がついてしまう事が挙げられます。 イソジンを塗った後、1~2分ほどで殺菌作用が最大になるため、処置をするのは1~2分待ってからになります。 塗ってすぐに処置を行う事は出来ません。 また茶色の液体ですので、消毒をした部位が茶色くなってしまいます。 色消し用の消毒剤としてハイポアルコール(チオ硫酸ナトリウム)もありますが、色消しのためにもう一回塗らないといけないという手間がかかります。 イソジンは殺菌作用が長時間にわたって続くため、処置が長引き、またしっかりと消毒したい時に使われます。 具体的には手術を行う際によく用いられます。 これは手術は短時間では終わらないためと、身体の中に菌が入り込まないようにしっかりと消毒する必要があるためです。 一方で血液検査や予防接種などの簡単な処置は、持続力は必要ないため、イソジンはあまり用いられません。 しかし中心静脈穿刺など、処置に時間を要する可能性が高い場合はイソジンが用いられる事があります。 【イソジンの特徴】 ・即効性は乏しい(塗ってから1~2分かかる) ・持続力に優れる ・殺菌効果は強い ・皮膚に色がついてしまうため、色消し用の消毒液(ハイポアルコール)が必要 2.即効性に優れる「アルコール」 アルコールも古くからある消毒液です。 消毒目的だけでなく、飲用にも用いられていますね。 消毒用に用いられるアルコールは60~80%と高濃度になります。 アルコールは菌の細胞壁を破壊したり、たんぱく質を変性させる事で殺菌作用を発揮します。 アルコールの長所は即効性にあります。 塗ってすぐに殺菌されるため、すぐに処置を行いたい場合に適しています。 アルコールの弱点は、持続力がない事です。 アルコールを塗ってもすぐにアルコールの成分は蒸発してしまいます。 そのため、長時間の処置になる場合には途中で殺菌作用が切れてしまうのです。 またイソジンと比べると一般細菌や真菌、一部のウイルスには効果は認めるものの、芽胞にはほとんど殺菌効果は認めません。 そのため、アルコールは採血のように短時間で終わる処置をする際に向いている消毒液になります。 【アルコールの特徴】 ・即効性に優れる ・持続力は乏しい ・殺菌効果はイソジンと比べるとやや弱め 3.万能選手の「ヒビテン」 ヒビテン(クロルヘキシジン)は1962年に発売された消毒液で、万能型の消毒液です。 ヒビテンは、菌の細胞膜に障害を与え、細胞中の物質を漏出させる事で殺菌作用を発揮すると考えられています。 ヒビテンは即効性も持続性もあります。 塗ってすぐに殺菌効果が得られ、かつその効果は長く続きます。 イソジンとアルコールの良いところを取り出したような理想の消毒液と言えます。 短所としては、殺菌作用がやや弱い事と、値段が高い事が挙げられます。 一般細菌、真菌と一部のウイルスに殺菌作用を示しますが、芽胞形成菌にはほとんど効きません。 またイソジンやアルコールと比べて、効くウイルスの種類も少なめになります。 【ヒビテンの特徴】 ・即効性に優れる ・持続力にも優れる ・殺菌効果はアルコールと比べてもやや弱め ・値段が高い 4.消毒液の使い分け 以上から、主要な3つの消毒液の使い分けについて考えてみます。 手術などで長時間、殺菌効果を持続させ、かつしっかりと殺菌したい場合にはイソジンが良いでしょう。 イソジンが手術時の消毒に使われているのはこのためです。 殺菌効果が短時間で良い採血や注射などはアルコールが良いでしょう。 アルコールは即効性があるため塗ってからすぐに処置が行えます。 また針を刺す時と抜く時に殺菌されていればよいため短時間の殺菌で問題ありません。 処置にある程度の時間はかかるけども、イソジンほど強力に殺菌しなくても大丈夫である場合にはヒビテンも選択肢になります。 ヒビテンはイソジンよりも即効性があるため、すぐに処置を始められる他、皮膚に色がつかないため、色消しをする手間は省けます。 このように医療者は消毒液を使い分けているのです。 5.それぞれの消毒液が効く菌と効かない菌 毎年、様々な病原体の感染が流行します。 それぞれの菌に対して、各消毒液は効くのでしょうか。 インフルエンザウイルスに対しては、• イソジン• アルコール• ヒビテン のいずれも殺菌作用があります。 インフルエンザウイルスは「ウイルス」の一種ですが、ウイルスを消毒液で殺菌する際に重要なのは、ウイルスに「エンベロープ」が存在するかどうかです。 エンベロープはウイルスの外側にある膜状の構造物ですが、このエンベロープがある方が消毒液は効きやすいという特徴があります。 インフルエンザウイルスはエンベロープを持つため、上記の消毒液はすべて効果があります。 ノロウイルスには、• イソジン が効果を発揮しますが、• アルコール• ヒビテン では殺菌できません。 これはノロウイルスにはエンベロープがないためです。 エンベロープのないウイルスは殺菌が難しくなり、上記の消毒液の中ではイソジンでないと消毒できません。 また上記以外に有効な消毒液としては、「次亜塩素酸ナトリウム」が挙げられ、臨床現場でもノロウイルスの除菌のために用いられています。

次の

イソジンの使用法の注意すべき点とは?!

イソジン綿棒

医療用医薬品としても、OTCとしても歴史がある、うがい薬のイソジン。 うがい薬以外にも、実はいろいろと応用できることをご存じでしょうか。 また、それに伴って様々な注意点もあります。 今回はこれをまとめてみましょう。 イソジンの成分と特色についてまずはみてみよう!! 知らない日本人はいないのではないか、といっても過言ではないほど有名な、うがい薬のイソジン。 消毒薬としては、エタノールを用いた消毒アルコールのほうがより幅広い抗菌スペクトルを持ち、かつ使用後は揮発してなくなることから、手軽で便利ではあります。 しかし、粘膜につけるとかなりしみるので、傷口に直接使うことが難しいです。 一方、 イソジンは粘膜にも使用可能なことが利点です。 喉も粘膜組織なので、うがい薬として向いていると言えます。 イソジンの主成分はポピドンヨードです。 ヨウ素をもとから含んでいるのではなく、ポンピヨードからヨウ素が遊離することで殺菌作用を示します。 薬剤師として知っておくべき点は、甲状腺のホルモンにはヨウ素が関係しているということでしょう。 甲状腺疾患を持っている方はヨウ素の代謝が変化しているために、イソジンを使ってはダメな場合もあります。 特に何回もうがいをしなければならない時には、ヨウ素の体内への移行量も比例して増えるので、注意が必要です。 さらに、消毒薬は濃ければ濃いほど効果が高いと思い込んでいる人も多いですが、濃いと粘膜を傷つけてしまいます。 原液のまま使うことは絶対に避けて、15~30倍に薄めて使うことを、きちんと説明するべきかと思います。 特にどれくらい薄めたらいいのかわからず、いつもいい加減に薄めているという方には、 軽量カップなどを使って薄めることを指導すると良いかと思います。 処方せんで出される際にも、イソジンが有名な薬なので処方医からは詳しく説明がない場合も多いため、薬剤師側できちんと説明すべきでしょう。 イソジンは実はただのうがい以外にも使用できる?! うがい薬のイメージが強いと思いますが、その他の用途もあることをご存知でしょうか。 コップ1杯の水に対してイソジンを数滴垂らした、かなり薄めのイソジン液で口全体をかるくゆすぐと、口臭対策になるといわれています。 添付文書にも「口臭の除去」と記載があり、効果があります。 ただし、これは一時的な改善にすぎません。 加えて、うがい薬を歯周病予防や口内炎の痛み対策に使う方もいるようです。 しかしOTC医薬品にはそのような効能・効果は明記されていません。 歯周病が心配される場合は歯科受診を促しましょう。 口内炎だと思っていたらがんだったいった事例までありますので、口内炎が長引くようならイソジンでごまかすことなく、きちんと受診を勧めるべきでしょう。 治療薬との併用が基本にはなりますが、とびひにも効果があります。 きず薬とうがい薬との違いは実は、ポピドンヨードの濃度の違いです。 うがい薬の濃度をあげたものがきず薬として市販されています。 濃度を調整すればどちらにも使えると思っている患者さんもいるかもしれませんが、それぞれ適正な濃度があり、どちらかをどちらかで代用することは避けなくてはなりません。 薬剤師としては、これらのような使い方をしている人がいることをきちんと把握し、これらの使い方を勧めるのではなく、各々の症状の元になっている疾患をごまかさずに受診を勧めていくべきです。 そのためにもイソジンの使われ方と、正しい効能・効果、用法・用量をこの機会に知っておいてください。

次の

ポビドンヨード

イソジン綿棒

病院で何か処置をしてもらう時、処置の前に「消毒」が行われる事があります。 消毒に使われるお薬はいくつか種類がありますが、• イソジン(ポビドンヨード)• アルコール(エタノール)• ヒビテン(クロルヘキシジン) などが代表的です。 以前は茶色い消毒液であるイソジンが多かったのですが、最近は見かける事が少なくなってきました。 その代わり、透明な消毒液であるヒビテンを見かける事が増えてきました。 また血液検査などでは、アルコール綿で消毒される事が一般的ですが、なぜイソジンではないのでしょうか。 このように消毒液にはいくつかの種類がありますが、それぞれどのように違うのかというのは、あまり知られていないように思います。 医師や看護師さんなど、普段からこの消毒液を使っているような方々でさえ、あまり分かっていない事もあるほどです。 ここではそれぞれの消毒液の特徴と違い、どのような時にどのような消毒液を使うのが良いのかについて紹介させていただきます。 1.持続性に優れる「イソジン」 イソジン(ポビドンヨード)は1959年にアメリカで開発された消毒液です。 茶色い液体で、消毒液と言えば「イソジン」が有名ですので見た事がある方も多いでしょう。 イソジンを皮膚に塗ると、ヨウ素を遊離します。 ヨウ素(I2)は水(H2O)と反応して殺菌作用のある物質を作ります。 イソジンの長所は、持続力と殺菌作用の強さになります。 イソジンは、塗布してから6時間ほどは殺菌作用が持続すると言われています。 また同種の消毒液と比べても殺菌作用は強めです。 消毒液を塗る時、殺菌したい微生物というのは、• 真菌(いわゆるカビ)• ウイルス• 芽胞形成菌 などが挙げられます。 このうち、特に殺菌が難しいのが芽胞形成菌です。 芽胞形成菌は細菌なのですが、「芽胞」という硬い膜を張っているため、簡単に殺菌する事が出来ないのです。 イソジンは一般細菌、真菌はもちろんの事、一部のウイルス、一部の芽胞形成菌にも殺菌作用を発揮します。 イソジンの欠点として、即効性に乏しい事と消毒の際に色がついてしまう事が挙げられます。 イソジンを塗った後、1~2分ほどで殺菌作用が最大になるため、処置をするのは1~2分待ってからになります。 塗ってすぐに処置を行う事は出来ません。 また茶色の液体ですので、消毒をした部位が茶色くなってしまいます。 色消し用の消毒剤としてハイポアルコール(チオ硫酸ナトリウム)もありますが、色消しのためにもう一回塗らないといけないという手間がかかります。 イソジンは殺菌作用が長時間にわたって続くため、処置が長引き、またしっかりと消毒したい時に使われます。 具体的には手術を行う際によく用いられます。 これは手術は短時間では終わらないためと、身体の中に菌が入り込まないようにしっかりと消毒する必要があるためです。 一方で血液検査や予防接種などの簡単な処置は、持続力は必要ないため、イソジンはあまり用いられません。 しかし中心静脈穿刺など、処置に時間を要する可能性が高い場合はイソジンが用いられる事があります。 【イソジンの特徴】 ・即効性は乏しい(塗ってから1~2分かかる) ・持続力に優れる ・殺菌効果は強い ・皮膚に色がついてしまうため、色消し用の消毒液(ハイポアルコール)が必要 2.即効性に優れる「アルコール」 アルコールも古くからある消毒液です。 消毒目的だけでなく、飲用にも用いられていますね。 消毒用に用いられるアルコールは60~80%と高濃度になります。 アルコールは菌の細胞壁を破壊したり、たんぱく質を変性させる事で殺菌作用を発揮します。 アルコールの長所は即効性にあります。 塗ってすぐに殺菌されるため、すぐに処置を行いたい場合に適しています。 アルコールの弱点は、持続力がない事です。 アルコールを塗ってもすぐにアルコールの成分は蒸発してしまいます。 そのため、長時間の処置になる場合には途中で殺菌作用が切れてしまうのです。 またイソジンと比べると一般細菌や真菌、一部のウイルスには効果は認めるものの、芽胞にはほとんど殺菌効果は認めません。 そのため、アルコールは採血のように短時間で終わる処置をする際に向いている消毒液になります。 【アルコールの特徴】 ・即効性に優れる ・持続力は乏しい ・殺菌効果はイソジンと比べるとやや弱め 3.万能選手の「ヒビテン」 ヒビテン(クロルヘキシジン)は1962年に発売された消毒液で、万能型の消毒液です。 ヒビテンは、菌の細胞膜に障害を与え、細胞中の物質を漏出させる事で殺菌作用を発揮すると考えられています。 ヒビテンは即効性も持続性もあります。 塗ってすぐに殺菌効果が得られ、かつその効果は長く続きます。 イソジンとアルコールの良いところを取り出したような理想の消毒液と言えます。 短所としては、殺菌作用がやや弱い事と、値段が高い事が挙げられます。 一般細菌、真菌と一部のウイルスに殺菌作用を示しますが、芽胞形成菌にはほとんど効きません。 またイソジンやアルコールと比べて、効くウイルスの種類も少なめになります。 【ヒビテンの特徴】 ・即効性に優れる ・持続力にも優れる ・殺菌効果はアルコールと比べてもやや弱め ・値段が高い 4.消毒液の使い分け 以上から、主要な3つの消毒液の使い分けについて考えてみます。 手術などで長時間、殺菌効果を持続させ、かつしっかりと殺菌したい場合にはイソジンが良いでしょう。 イソジンが手術時の消毒に使われているのはこのためです。 殺菌効果が短時間で良い採血や注射などはアルコールが良いでしょう。 アルコールは即効性があるため塗ってからすぐに処置が行えます。 また針を刺す時と抜く時に殺菌されていればよいため短時間の殺菌で問題ありません。 処置にある程度の時間はかかるけども、イソジンほど強力に殺菌しなくても大丈夫である場合にはヒビテンも選択肢になります。 ヒビテンはイソジンよりも即効性があるため、すぐに処置を始められる他、皮膚に色がつかないため、色消しをする手間は省けます。 このように医療者は消毒液を使い分けているのです。 5.それぞれの消毒液が効く菌と効かない菌 毎年、様々な病原体の感染が流行します。 それぞれの菌に対して、各消毒液は効くのでしょうか。 インフルエンザウイルスに対しては、• イソジン• アルコール• ヒビテン のいずれも殺菌作用があります。 インフルエンザウイルスは「ウイルス」の一種ですが、ウイルスを消毒液で殺菌する際に重要なのは、ウイルスに「エンベロープ」が存在するかどうかです。 エンベロープはウイルスの外側にある膜状の構造物ですが、このエンベロープがある方が消毒液は効きやすいという特徴があります。 インフルエンザウイルスはエンベロープを持つため、上記の消毒液はすべて効果があります。 ノロウイルスには、• イソジン が効果を発揮しますが、• アルコール• ヒビテン では殺菌できません。 これはノロウイルスにはエンベロープがないためです。 エンベロープのないウイルスは殺菌が難しくなり、上記の消毒液の中ではイソジンでないと消毒できません。 また上記以外に有効な消毒液としては、「次亜塩素酸ナトリウム」が挙げられ、臨床現場でもノロウイルスの除菌のために用いられています。

次の