おざなり。 「おざなり」と「なおざり」の意味や違いは?語源や使い方!【類語・例文つき】|語彙力.com

おざなりダンジョン

おざなり

「おざなり」は適当にいいかげんに済ましてしまうこと、「なおざり」はまともに着手すらしないことを言います。 「おざなり」はもともと「お座なり」で、江戸時代の幇間(ほうかん)の隠語だったという説が一般的です。 (幇間は宴席に出て客の遊びに興を添える仕事。 太鼓持ち。 )お座敷の時に、お客のランクによって扱いを変える、つまりその「座」なりに適当にやる、という意味です。 「なおざり」は平安時代から使われていたそうで、当時の辞典にも「等閑ナヲザリ」とあるそうです。 「等閑(とうかん)」は「なおざり」と同じ意味の漢語です。 「なおざり」は「そのまま」という意味の「なお(直・猶)」に「去り」あるいは「せざり(しない)」がついたという説が一般的で、何もしないで放っておく、という意味です。 「おざなりの対策」と言い、「なおざりの対策」とは言いません。 「対策がなおざりにされている」と言い、「対策がおざなりにされている」とは言いません。 国語辞典で「おざなり」「なおざり」それぞれの意味の説明を見るだけではなく、使われ方、語法も考えることが大切です。 「おざなりだ」は「名詞+だ」から形容動詞になり、英文法で言えば副詞的な「おざなりに~をする」のような使い方もあり得ます。

次の

おざなりとなおざりの意味の違いは?覚え方はコレ!

おざなり

「おざなり」と「なおざり」の違いがわからないのだが、どう区別すればいいのだろうかという質問を受けた。 このふたつのことばの関係は、確かに不思議だ。 順序が違うだけで、どちらも「お」と「ざ」と「な」と「り」の同じ4文字で成り立っているではないか。 まるでアナグラムである。 なんともまぎらわしい。 漢字で書くと、「おざなり」は「御座形」、「なおざり」は「等閑」となる。 おそらくどちらも当て字であろう。 「なおざり」の方の「等閑」は「とうかん」と読むと、「なおざり」とほとんど同じ意味の漢語となる。 「おざなり」はふつう、「いいかげんに物事をすること。 その場のがれで誠意のないさま。 まにあわせ。 」という意味とされる。 また、「なおざり」は、「深く心にとめないさま。 本気でないさま。 いいかげん。 通りいっぺん。 かりそめ。 」などと説明される(『 第2版』)。 これらの語釈からも分かるように、この2語は「いいかげん」という点で共通しているのだが、何かを行うとき「おざなり」は、その場のがれであまり真剣には取り組まないという意味を表すのに対して、「なおざり」はその物事にあまり注意を払わないという意味が強いように思われる。 「おざなり」には江戸時代のものだが、こんな用例がわかりやすいのではないか。 「なおざり」には、このようなわかりやすい用例はあまりないのだが、たとえば、「どうも児供(こども)の時教育を等閑(なおざり)にしたものには困る事が多いもので」(永井荷風『地獄の花』1902年)のように使われる。 教育をじゅうぶんにしなかったという意味である。 要するに、「子どものしつけをおざなりにする」「子どものしつけをなおざりにする」はともに言えるのだが、意味が異なるのである。 「しつけをおざなりにする」は、熱心ではないながらも、何らかのしつけはすることであり、「しつけをなおざりにする」は、しつけをすることをほったらかしにしてしないという意味になる。 だから、「おざなりのしつけをする」とは言えても、「なおざりのしつけをする」とは言えないのである。 ちょっと乱暴かもしれないが、「おざなり」=なげやり、「なおざり」=ほったらかし、ということになろうか。 キーワード:.

次の

「おなざり」「おざなり」「なおざり」の違い

おざなり

国語辞典や語源辞典のある棚をブラウジングした結果、次の資料が見つかった。 『新明解語源辞典』 小松寿雄/編 三省堂 2011 (自館請求記号:R812) p165に「おざなり」の項目があり、記述には、「誠意がなくいい加減なこと。 (中略)その雰囲気の流れのままというのが「お座なり」のもとの意味だろう。 そのままで努力しないというところから、現在の意味になったものと考えられる。 」とある。 p682に「なおざり[等閑]」の項目があり、記述には「いい加減。 (中略)「なお」が「なほ(直)」であることについては諸説一致するが、広範については意見が分かれる。 (中略)漢字表記「等閑」は「なおざり」の意味の漢語である。 」とある。 『似た言葉使い分け辞典』 類語研究会/編 創拓社 1991 (自館請求記号:R813. 5) p368-369に「なおざり」の項目があり、「なおざりは、そのことが大切なことと知っていて、当然払わねばならない注意を払わず、打ち捨てていい加減にしておくことを言う。 」とある。 『勘違いことばの辞典』 西谷裕子/編 東京堂出版 2006 (自館請求記号:R810) p9に「おざなり」の項目があり、「「おざなり(御座なり)」は、その場限り、一時しのぎ、間に合わせ、といった意味。 「なおざり」と混同して、おろそかにするの意味に用いるのは間違い。 ちなみに、「なおざり」は当て字で「等閑」と書く。 」とある。 『研究社日本語口語表現辞典』 研究社 2013 (自館請求記号:R817) p160に「おざなり【御座なり】」の項目がある。 ここから、意識的に努力などはせず、誠意がなく、いい加減に物事を済ませる場合に使用されるようになった。 「なおざり(等閑)」と混同されやすいが、こちらは、無意識に物事に注意を払わない様子で、通常、放っておくことを指す。 おもに中高年層が使用する。 」とある。 [注]「すべきことをせず、おろそかにする」意味の「なおざり」との違いに注意。 」とある。 p358に「なおざり(等閑)」の項目があり、「なおざり、規則をなおざりにする、なおざりな態度[注]「その場しのぎでやる」意味の「おざなり」との違いに注意。 」とある。 また、「「なおざり」はまともに取り組もうとせず、処理すべきことを放っておくこと。 「なおざり」は、その場だけの間に合わせでいいかげんに済ませること。 例文の場合は、中身はともかく一応改革案を作り上げたのだから、「なおざり」ではなく「おざなり」になる。 4) p212に「「おざなり」と「なおざり」ふたつの語の違いを説明する記述があり、「おざなりな治療」と「治療をおざなりにする」を例にとり解説しており、「(中略)「おざなり」は不十分ながら行為が伴っているが、「なおざり」では行為そのものがなされていないというわけだ。 」とある。 『研究社日本語表現活用辞典』 研究社 2004 (請求記号:R816) 該当する言葉に関する記述はなかった。 『日本語 語感の辞典』 中村明/著 岩波書店 2010 (自館請求記号:R813. 1) ここまでの調査で確認した資料以上には、詳しく記述されていなかった。 一方「なおざり」は、注意深くないことであり、自分では意識せずにおろそかな結果になってしまう言動にも用いる。 だから「忙しくて仕事をなおざりにしてしまっていた」なら許される可能性があるが、「仕事をおざなりにした」では、わざとその場逃れの仕事ぶりを発揮していたことになる。 なお、以上の情報の出典は次の資料である旨の記述があった。 『なおざり』はいい加減で"何もしない"。 この点が違うのです。 ~(以下略)」とある。 事前調査事項 Preliminary research.

次の