確認 させ て いただき まし た。 東京ガス ガス本管埋設状況確認サービス

敬語「ご確認いただく vs くださる」の意味と違い・使い方

確認 させ て いただき まし た

「確認しました」は丁寧語の形ですので、すでに敬語だと言えます。 しかし常に「確認しました」と答えれば問題ないのかというと、そうではありません。 状況によってより相応しい表現に変換しなくてはなりません。 敬語の種類 敬語には「丁寧語」「謙譲語」「尊敬語」があります。 「だ、である、した」などを「です、ます、しました」など言い方にするのが「丁寧語」、「いたします、いたしました」に言い換えるのが謙譲語、「なさいました、なさいます」に換えるのが尊敬語です。 その他、謙譲語でのみ使う「申し上げる」「承知する」や、尊敬語でのみ使う「おっしゃる」「お越しになる」などの単語があります。 「確認しました」は「確認した」の丁寧語です。 「確認した」を敬語表現する場合は、「した」を丁寧語の場合は「しました」、謙譲語の場合は「いたしました」、尊敬語の場合は「なさいました」に変換する形になります。 使い方 「確認してもらえましたか」と上司に聞かれて、確認が終わっている場合は「確認いたしました」と答えるのが適切です。 部下や同僚に聞かれた場合は「確認しました」と答えます。 「既に誰か他の人が確認した」と言いたい場合は「Aさんが確認なさいました」と言います。 「誰か他の人に確認してもらった」と言いたい場合は「Aさんに確認していただきました」と言います。 メールでの使い方 「目上の人の仕事に目を通した」という場面で、「確認」という言葉を使うのはできるだけ避けなくてはなりません。 「拝見いたしました」と言うのが適切です。 「確認」は、自分の裁量で行うことができるものを「これでよいということを確かに認めた」という意味の言葉です。 目上の人の仕事を目下の人が認めることはできないので、不適切な言葉遣いになります。 目上の人に「私が作った資料に目を通しておいてもらえましたか」と聞かれた場合は「確認いたしました」ではなく「拝見いたしました」と答えます。 「資料の中のAという部分の数字を確認してもらえましたか」など具体的な部分を指定された場合は「Aの数字はこちらでも確認いたしました。 問題ありませんでした」という形で、範囲を限定して「確認した」という言葉を使います。 「確認しました」を使わない方が良い場面 自分に任されていない仕事や、目上の人の仕事などについて「確認しました」という言葉を使うのは不適切な印象を与えることもあります。 事務を担当している人が「営業部から回って来た仕事を確認いたしました」と言うと、敬語表現としては間違いではありませんが言葉足らずな印象になります。 「営業部が作った書類に事務処理上の不備がないことを確認いたしました」など、自分がすべてを行っているわけでは無い仕事の場合は、何を確認したかを伝える必要があります。 また、「部長の作った書類を確認しました」などの言い方も不適切です。 「部長が作られた書類に、コピーミスや誤字脱字がないことをこちらで確認いたしました」など、目上の人の仕事を確認した場合は何を確認したのかを明確に伝える必要があります。 部下の仕事や自分が相手に任せた仕事などを確認した場合は「確認しました」と言うだけで問題ありません。 「確認しました」を敬語表現するときの例文 書類 自分が任せた書類の確認や、部下の仕事を確認した場合などは「確認しました」あるいは「確認しました。 これで問題ありません」などの言い方をします。 顧客や取引先から預かった書類を確認した、という場合は「確認いたしました」と言います。 郵送されてきたものを「受け取った」と言いたい時には「お送りいただいた書類を確かに拝受いたしました」などの言い方をする場合もあります。 上司に書類の確認を頼まれた、という場合は「誤字脱字がないか確認してくれ」と言われたのであれば「誤字脱字がないことを確認いたしました」と答えます。 「数字に計算ミスがないか確認して」と言われた場合は「数字にミスがないことを確認しました」と答えます。 内容 部下や自分が頼んだ仕事の内容の確認を頼まれた、という場合は「確認しました。 これで問題ありません」というような答え方をします。 顧客や取引先が作った資料などの内容を確認した場合は「確認させていただきました」と言います。 上司に内容を確認してくれと言われた場合は、何を確認したらいいのか詳しく質問してから引き受け、その内容を確認したと伝えます。 添付 添付資料がきちんと送られてきたことを確認した。 と相手に伝えたい場合は「添付資料を確認いたしました」あるいは「添付いただいた資料を拝受いたしました」と言います。 問題ありません 自分が任せた仕事を確認する場合や、部下の仕事を確認してあげたような場面では丁寧語で「確認しました」と答えるのが一般的です。 しかし、「確認しました」だけでは「確認してもらったが、これでよかったのだろうか」と相手は思うかもしれないので、「これで問題ありません」「こちらで大丈夫です。 問題ありません」などの言葉を言い添えると親切です。 確認しましたところ 「確認したけれど」を敬語で言うと「確認しましたところ」になります。 「確認しましたところ」は「確認したけれど」を丁寧語の形で敬語にしています。 謙譲語の形で敬語にすると「確認いたしましたところ」になります。 メールや手紙、添付資料などを「受け取った」と伝えるときは「確認しました」「確認いたしました」と言っても良いですが「拝受いたしました」と答える場合もあります。 数字のミスがないか、誤字脱字が無いかなどを見ることを「確認しました」ということもありますが、細かいチェックの場合は「点検いたしました」という言葉を使うこともあります。 「明後日から出張に行ってもらいたいというメールを送ったのだけれど確認してもらえましたか」など「内容を確認したか」という質問には「確認いたしました」と答えても良いですが「内容を確認し、承知した」という意味で「出張の件、承知いたしました」と答えることもあります。 「確認しました」の敬語表現を使いこなそう!.

次の

受け取りましたの敬語は?ビジネスメールの例文と拝領や拝受を使う場面も

確認 させ て いただき まし た

今日は、副大臣、大臣政務官が閣議で決定したわけでござい ますが、当然私は金融担当(大臣)と郵政改革(担当大臣)でござい ますから、官房長官に閣僚懇で、郵政改革の所掌、今度は東(祥三)副大臣が来られ ますが、それから、総務省に森田高大臣政務官が来られ ますが、「このお二人は郵政改革の所掌ですか」という質問を、再 確認でござい ますけれども、させていただいたら「そのとおりです」ということでございました。 また郵政改革は東副大臣と森田高総務省の大臣政務官と主に3人でやることになると思っており ます。 再 確認を今日の閣僚懇でやらせて いただきました。 , were the and the Secretary. - 金融庁 この国内法人の販売している変額年金保険についての報道があったと承知をいたしており ますが、これも個別の金融機関の販売している個別商品に関する事項でござい ますので、立ち入ったコメントは差し控えさせて いただきたいと思い ますけれども、一般論として、変額年金保険などの投資性の高い、リスク性商品の販売に関しては、従来から保険業法及び保険(会社向け)の(総合的な)監督指針において、リスクの所在などに関して、保険会社から契約者に対して適切かつ十分な説明を行い、かつ、必ず契約者から説明を受けた旨の 確認を行うための方策を講ずるといったことなどを、生命保険会社、銀行などの生命保険募集代理店に対して求めているところでござい ます。 about , , institution. , and the , and , , with and the when and other investment-like with and their that they such explanations. - 金融庁 しかし、危難失踪で1年間といったら、5千人以上の方が本当に胸の痛む思いでござい ますが、今まだ行方不明でございまして、それで危難失踪で1年というのはちょっと長すぎ ますので、これは金融庁の局長が非常に頑張って いただきまして、法務省、これは生きるか死ぬかという生死は法務省ですから、法務省と大変激しい交渉をやらせて いただきまして、これは3か月だったかな、3か月で簡素な市町村に対する届出によって、死亡の 確認ができるというふうになりまして、そんなことを目に見えないことでござい ますが、いわゆる生保のセールスレディの方もご遺族と一緒にご遺体安置所なんかをどんどん回っていただいておりまして、私は医者ですから、よくああいうご遺体にお会いするという、普通慣れてない方といい ますか、我々は本職が医者でござい ますけれども、いかに精神的ショックを受けられるかということは、私はよく分かり ますので、そこまでしてセールスレディの方がやっていただいているという話をよく聞き ますので、そういった意味で、私は金融の分野はまさに金融機関、いつかお話ししたと思い ますが、宮城県石巻商工信用組合、4日間、連絡が付かなかったのですけれども、ろうそくをつけながら、きちっと人にお金を貸したということをやっていただいておりまして、そういう意味では私は本当に各金融機関、生損保、あるいは証券会社、あるいはそういったいろいろな各関係、金融関係の方に本当に官民一体で未曾有の震災に取り組んでいただいたということは感謝いたしており ますけれども、まだまだ、十分と、そんなに決してのぼせ上がっておりません。 , 5,000 are , and the emergency. , the 's with , people. , after their a through a procedure. , are from with the people. a , for , but are that. , Shinkumi, which for the , , with light. , , , and and , for the and through private-public collaboration. , enough. - 金融庁 今さっき言いましたように、私と日本銀行総裁の連名で、この関係金融機関に対して、被災者の便宜を考慮した適時適切な措置を講ずるように、金融上の措置を要請したわけでござい ますけれども、こうした要請も踏まえて、各金融機関においては、この前の日曜日、休日営業等に積極的に取り組んで いただきたいとお願いをしたら、9割弱の営業店がやっていただいたという話をしたわけでござい ます。 そして、また今申し上げましたように、繰り返しになり ますけれども、預金証書、通帳等を消失した場合でも、預金者であることを 確認して、預金の支払いに応じていただいたわけでござい ます。 またさらに、被災された顧客からの新規融資や既存の借入金等に関する相談に柔軟に対応している等、被災者の便宜を考慮した対応がなされているものと承知をいたしており ます。 また金融機関におきましては、金曜日に(地震が)起きたわけでござい ますが、中小企業金融円滑化法案も出しましたし、それこそ1000年に一遍の津波でござい ますから、色々な地域の方々や与野党ともその辺は合意をして頂いたやには聞いており ます。 こういった被害の復興に対して、また色々な適時適切な金融上の措置を、きちんと地域の声も聞きながら、また都道府県知事、あるいは市町村、それから特にこういうときは中小企業団体だとか、そういった声をしっかり聞きながら、各金融機関にも本当にご努力いただいており ますし、ご協力いただいており ますけれども、引き続き金融庁としても、しっかり適切な対応に努めてまいりたいというふうに思っており ます。 , I, the 's , have that the manner. our , were Sunday. , where have their and other. they other that the , ' for about and loans. , have the for , this was a once-in-a , and the and have agreement. the , are and are , , , and and enterprises. The will measures. - 金融庁 例文 文具券とか音楽のギフトカードとか、いわゆる金券の払い戻し期限が相次いできているということで、今後混乱を懸念するような声というが上がっているのですが、これは金融庁所管の資金決済法なので、大臣からこれに関する御所見を頂きたいのと、もう1つ、これに関してそもそも法律の存在自体が一般消費者に伝わっていないのではないかとか、(公告から)最短60日と言われる払い戻し期限に問題があるのではないかというような批判の声も上がっているわけなのですが、これについて今後具体的に対策とか対応をとられるご予定とか方針があるのかどうかというのを 確認させて頂け ますか。 about the from that , kinken , are one after another. the , have this. , some that the that the , which can a , — any , any? - 金融庁.

次の

「確認いたしました」の上司への使い方・意味・敬語表現を解説【例文付き】

確認 させ て いただき まし た

ことばの使い方(社会言語学・敬語) 分類:尊敬語 「~くださいまして」と「~いただきまして」はどう違う? 「~くださいまして」と「~いただきまして」の違いを考えるにあたって、まずこれらの表現に含まれる「くださる」と「いただく」の違いを考えてみます。 「くださる」と「いただく」はそれぞれ「くれる」と「もらう」の敬語です。 「くれる」と「もらう」はどちらも物の授受を表しますが、視点の違いがあります。 すなわち「くれる」は物を渡す側に視点があり「もらう」は物を受け取る側に視点があります。 したがって目上の者 A から目下の者 B に物が手渡される場合、渡す側の目上の者 A に視点をおけばその人物 A を尊敬する「(AがBに)くださる」が使われ(尊敬語)、受け取る側の目下の者 B に視点をおけばその人物 B を低める「(BがAに)いただく」が使われます(謙譲語)。 「~くださる」と「~いただく」は物の授受から、より抽象的な受益に転じた表現ですが、この場合も同じことが言えます。 たとえば「ご来店くださいまして」ならば来店者を直接敬っているのに対し、「ご来店いただきまして」は来店される側を低めることで間接的に来店者を敬っています。 実際の使用ではどちらも同じように用いられ、違いを特に意識して使い分けられてはいないようですが、実際に耳にすると先に見た視点の違いから来る微妙な語感の違いが感じられます。 すなわち被尊敬者に視点のある「~くださる」は被尊敬者への敬意が強く感じられるのに対し、受益者に視点のある「~いただく」は受益者の側の感謝の意が強く感じられます。 また「もらう」と「くれる」の使い分けと同様、相手自身の意志ではなく、依頼した結果相手が行動する場合は「~くださる」は使えません。 これも両者の視点の違いを反映しています。

次の