コロナ 死に たい。 コロナ中にやっとくこと&落ち着いたらやりたいことメモ

コロナ禍の中でこそ読みたい本:差別や悲しみ、命や死と向き合う物語 渡辺憲司・自由学園最高学部長

コロナ 死に たい

世界的に日々深刻さを増すコロナ問題だが、最近の日本の状況を見ているとこりゃ色んな意味で本当に危なくなってきたなと思えてくる。 ただ、それは今後死者数がどんどん増えていきそう、といったような話ではなくて、コロナのせいで間接的に亡くなったり、生活が崩壊してしまう人の激増が危惧されるからだ。 言うなれば「コロナ関連死」という問題。 特に気になるケースがいくつかあるので今回はそれらについて簡単に紹介したい。 まずはやはりコロナの影響による「失業」が恐ろしい。 3月の下旬頃から「派遣契約の更新を拒否された」、「内定が取り消された」といった内容のニュース記事が散見されたが、4月に入ってからもその流れは止まっていない。 最近多いのは、「自宅待機を命じられているが給与補償はない」といったような事例。 政府が休業補償を打ち出してはいるわけだが、企業の構成員がそれを利用するためには企業側がその一部を負担しなければならない。 だから潰れるかどうかの瀬戸際にいる会社、コロナ問題以前から自転車操業だった会社なんかにとっては、その制度を利用することすら難しい。 私も日本の多くの労働者同様、毎月決まった日に給料が振り込まれる。 何年もそういう生活をしているからそれは当たり前のことのように感じられるわけだが、もし急に振り込まれなくなったらと想像すると非常に恐ろしい。 そもそも我々の生活においては「固定費」の支払いが必要だ。 家賃、電気、ガス、水道、通信費、各種保険料、子供がいる人であれば給食費や塾代の支払いもあるかもしれない。 額は生活のレベルにより様々だが、この固定費が毎月の給料に占める割合は多くの家庭では結構高いと思う。 無給状態でこれらの支払いを続けることは実際のところかなり大変なわけだが、それでも2〜3か月なら普通は耐えられる。 耐えられないようならそれは生活設計があまりにも甘かったということになるだろう。 問題は今回のコロナの影響はそんな程度では済まない可能性が高いということ。 全国民の少なくとも6割程度が感染して免疫を獲得しなければ収束には向かわないわけで、期間で言えばまだ半年くらいは普通に続くだろう。 ただ、そもそも半年も耐えられる企業が一体どれだけあるだろうか。 最初は無給で自宅待機、そしてある時急に解雇宣告、、、そんな事例が既に顕在化している。 解雇されたらそこから就活をすることになる。 皆もちろん稼げればどんな仕事でも良いというわけではないだろう。 ハローワークに行って見つかる仕事は、どれも前職よりも待遇面などにおいて劣る可能性が高い。 全部込み込みで月12万円で生活していたとして、半年間無職なら72万円が必要。 月15万円で生活している人なら90万円、月20万円で生活している人なら120万円が必要になる。 お金を貯めるのは本当に大変だが、減るのはものすごく早い。 貯金を切り崩しながら職探しなどしていたら、精神的に参ってしまう人も当然出るだろう。 鬱になって医者の世話になる人も出るだろう。 あの手の病気に罹ると治るまでにはだいぶ時間がかかる。 どこかのタイミングで全て終わりにしたいと思う人が出るのは想像に難くない。 自営業なんかであれば、もっとあっさりと結論が出るかもしれない。 例えば、客が全く入らない飲食店など現在日本には山ほどあるだろう。 人前でマスクを取ることが憚られるわけだから。 そういった店のオーナーの中には絶望している人も多いのではないだろうか? 借金して店を出したばかりの人なんかも少なくないだろう。 さて、生き続ける元気があるだろうか? 日本には1億2千万人もの人がいる。 たった「0. そもそも直近のデータで日本では毎年約2万人が自殺している。 つまり毎年全国民の「0. 2020年や2021年の自殺者数の統計は後々明らかになるわけだが、直近のデータである約2万人からは間違いなく増えるだろう。 もちろん主な原因はコロナ、つまり「コロナ関連死」ということになる。 私はこの日本におけるコロナ関連死は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)そのもので亡くなった人の数よりもはるかに多くなると確信している。 「不要不急の外出の自粛要請」が大都市で出されている。 表向き皆この対策に好感を持っているようだが、こういうことをやればやるほど人が死ぬ。 ニュースで扱われることもなく、どこかでひっそりと人が死ぬのだ。 だから、コロナが怖い怖いと言っている連中が、間接的にどこかの誰かを殺しているのかもしれない。 冷静になって全体を俯瞰するというのは本当に難しいことだと私は思う。 自分のカネは出したくないが何とか助けてやってくれ、なんて話が通るわけがない。 皆その場の雰囲気で適当にものを言っているだけなのだ。 上述の経済困窮による「コロナ関連死」は一例でしかない。 他にも色々ある。 まずは連日の報道により無条件に精神に支障をきたすケース。 毎日感染者数や死者数の報道ばかりを目にするわけで、感受性の強い人の中にはだんだんと精神的に落ち込んでしまう人も少なくない。 世界のどこかで誰かが死んだという話を耳にしただけで傷つく人もこの世にはいる。 ただ落ち込むだけならまだ何とかなるのだが、中には深刻なレベルの鬱になる人もいる旨既に報道もされている。 これもやはりコロナ関連死のソースとなる。 もう一つ特筆すべきは、やはり外出の自粛により急激に増加している家庭内暴力(DV)の影響だ。 世の夫婦や家族が皆円満なわけがなく、高ストレス下で普段よりも同じ空間にいる時間が増えたことで家庭内暴力の機会や程度も大きく促進されている旨やはり最近盛んに報道がなされている。 平時であっても、例えばヨーロッパ地域だけで毎年数万人の女性が交際相手や夫からの暴力により殺されているそうだが、今年はそれに拍車がかかることが予想される。 もちろん子供への虐待件数も大きく増加する可能性が高い。 コロナが誘発するDVにより日本で何人が亡くなろうとなかなか明確に「コロナのせい」とはならないわけで、民衆の関心を喚起することすら難しい現状に個人的には苛立ちを覚える。 長くなったのでこの辺で筆を置くことにするが、私だってこんなネガティブな話は基本的にはしたくない。 ただ、猫も杓子も「経済より人命!」などと言っている日本の現状を見ていると不安しか感じない。 この世界はそんな簡単なルールで動いでいるわけではないのだ。 コロナでも人は死ぬかもしれないが、経済が弱っても人間というのは実に簡単に死ぬ。 仮に死ぬまでいかなくても、鬱になってまともな生活が送れなくなったり、家庭内暴力により心身ともにボロボロになったりするのだ。 統計データからは、日本におけるコロナの死者数が欧米諸国に比べ極めて少ないことが容易に分かる。 その科学的根拠に関しても、BCG接種の有無が影響している可能性が高い等、色々と専門家による考察がなされている。 そんな中、「日本もこのままではイタリアのようになる」、「日本も欧米から学びロックダウンすべき」、「一刻も早く緊急事態宣言を!」、、、日本人からはこんな声しか聞こえてこない。 それが民意なら好きにしたらいいが、そういう輩が間接的に誰かを殺している可能性があるということを、読者の皆さんにはほんの少しでもいいから理解していただきたい。 superflyer2015.

次の

米・人種別で異なる新型コロナ関連の死者数(安部かすみ)

コロナ 死に たい

「3keys」は、虐待や貧困などの家庭で育った子どもたちへの学習支援事業や、オンラインでの情報提供、相談・啓発事業などをしている。 もともと虐待に関する相談や検索は多かったが、小中高校が休校となり、外出自粛を要請されてからも、10代の相談内容の傾向には大きな変化はない、と森山さんは感じているという。 「妊娠したかもしれないという相談や、恋人関係の相談は、相変わらず多くあります。 家にいたくない子は、友達や恋人と遊んだりしているようです」 「死にたいとずっと感じていて、別に死んだっていい、という子もいます。 コロナにかかれば、抱えている問題から逃れられる。 『コロナで死にたい』という声さえ聞こえてきます」 大人に大切にされた経験がないのに 若者は、感染しても重症化のリスクが低いうえ、行動範囲が広いため、感染を広げる可能性があるということは、国の「新型コロナウイルス感染症対策専門家会議」でもされている。 テレビの情報番組などでは、東京・渋谷の繁華街を出歩く若者たちが「不要不急の外出」の象徴としてたびたび取り上げられる。 外出を自粛していない同級生と密閉空間で過ごすことを恐れ、高校生が休校の延長を求める署名活動を始めるなど、生徒間での温度差も生まれている。 感染経路が特定できない感染者が増えている今、外出が大きなリスクを伴うのは事実だ。 だが、そうやって出歩いている子どもの一部が、深刻な暴力や貧困にさらされ、居場所がないという事情を抱えていることには目を向けられているだろうか。 森山さんは言う。 「『高齢者や周りの人の命を大切にしよう』という呼びかけがされていますが、大人に大切にされた経験がなく、さんざん傷つけられてきた子どもたちには響きにくいです」 「自己肯定感が非常に低い子たちにとっては、自分の命でさえ、ましてや他の人の命を大切にするという感覚をリアルにもつことが、とても難しいのです」 居場所がどこにもなくなった 全国の小中高校に一斉の臨時休校が要請された後、3keysはサイト上で、中高生が無料で過ごせる場所を紹介していた。 だが、公共施設や地域のNPOが運営する施設などが軒並み休館となり、紹介できる居場所がなくなってしまった。 「実際に利用は多くないとしても、大人はあなたたちの居場所をつくる努力をしているよ、というメッセージを伝えたい」と、東京・新宿の3keysの事務所の感染対策をしたうえで、3月9日から無料で臨時開放することにした。 ところが、Twitterで事務所の開放を伝える投稿をしたところ、一部のTwitterユーザーから「感染拡大を助長するのではないか」という指摘を受けてしまった。 背景まで想像してもらえない 「子どもに届けるための投稿なので、虐待や貧困という直接的な言葉は使っていなかったんです。 事情を知らない人からは、空気を読めていない投稿に見えてしまったのかもしれません」 利用する子どもが、虐待や貧困のスティグマ(レッテル貼り)に抵抗を感じないように表現を工夫したら、本来の事情や目的を知らない人から「こんな状況なのに不謹慎だ」と批判されてしまったのだ。 結局、中高生に広く伝えることができないまま、感染拡大の状況を踏まえ、事務所の臨時開放は終了することにした。 両方から守りたい 家にいることで死ぬかもしれない子どもがいる。 そうした事情にまで想像が及ぶ人はまだ少ない、と森山さんは言う。 「今は、感染拡大を防ぐことを最優先する時期ですから、外出してもいいとは思いません。 ただ、問題を抱えた子どもたちが外出せざるを得ないのは、大人たちが居場所を整備してこなかったからで、そのツケがいま回ってきたともいえます」 「新型コロナウイルスからも、虐待や暴力からも、両方から子どもを守る方法を、大人は考えていかなければならないのではないでしょうか」.

次の

神戸新聞NEXT|総合|「透明の納体袋」神戸市が準備 突然の感染死「故人を見たい」

コロナ 死に たい

今月3日、東京・青梅市の住宅で1人暮らしの70代の男性が誰にもみとられず死亡しているのが見つかり、その後の検査で新型コロナウイルスに感染していたことが関係者への取材でわかりました。 男性は死亡する2か月ほど前、親族と疎遠になっているうえ、足が不自由になり困っているとして、60年以上会っていなかった中学時代の友人に助けを求めてきたということです。 友人によりますと、男性は小学校で教師をしていましたが、50代で辞め、その後、家に閉じこもるようになっていたということです。 友人は買い物に連れて行くなど支援していましたが、男性は死亡する前日、「胸の辺りが気持ち悪い」と言うようになり、翌日、風呂場で死亡しているのが見つかりました。 心が痛い」と無念の思いを語りました。 この友人は男性と接触していたため、保健所から2週間、自宅待機を求められましたが、その後、発熱などの症状はありませんでした。 感染の広がりで、民生委員など地域の見守り活動が難しくなっていて、高齢化の問題に詳しい「みずほ情報総研」の藤森克彦主席研究員は、「新型コロナウイルスは、感染力が強く急変のリスクもあるので、見守りを密にしなければいけないが、一方で直接会えないという課題がある。 支援方法を工夫しなくてはいけない」と指摘します。 そのうえで「再び感染が広がると、こうした事態はさらに起きるので、電話やウェブを通して見守るなど、社会として態勢を整備することが求められる」と訴えています。 死亡した70代の男性は、2か月ほど前に、親族とは疎遠になっているうえ、足が不自由になり買い物にも行けず困っているとして、60年以上会っていなかった中学時代の友人に助けを求めてきたということです。 男性と友人は中学校で同じ野球部に所属していたということです。 男性は大学卒業後、小学校の教師をしていましたが、50代で辞め、それ以降、家に閉じこもるようになっていったということです。 男性は兄に面倒を見てもらっていましたが、ことしに入ってその兄も亡くなり、男性は乗っていた車を壊してしまい、足も不自由になってスーパーにも行けず、困っていたということです。 そして、死亡する2か月ほど前、食べ物もなくなってきて友人を頼ってきたということで、その時の様子について「やせていてフラフラしていた。 これまで本人はきちんと食べていなかったようだ。 学校を辞めた後、家に閉じこもってしまい、誰も家に入れなくなっていたようだ」と話しました。 友人は男性を買い物に連れて行くなど支援を続けました。 しかし、死亡する2週間ほど前、男性の体調がすぐれない様子だったため、病院に行くよう促しましたが、男性は「病院は嫌いだ」と受診を断ったということです。 さらに死亡する前日の5月2日、男性は「胸の辺りが気持ち悪い」と言うようになり、薬局で薬を買いましたが、発熱やせきなどの症状はみられなかったということです。 そして、5月3日の朝、友人が様子を確かめようと家を訪れたところ、男性は風呂場で死亡していたということです。 友人は「どんなことがあっても返事をしてくれていたが、今回は返事がなかった。 お風呂で見つけた時は、顔が半分くらい水につかっていて、びっくりした」と発見した際の状況を話しました。 そして、男性の火葬が終わった後、保健所から、男性は新型コロナウイルスに感染していたと告げられたということです。 友人は男性と接触していたため、保健所から2週間、自宅待機を求められましたが、その後、発熱などの症状はありませんでした。 本当は家族愛に飢えていたのだと、こういう人ほどさみしがり屋なのだと思った。 心が痛い」と無念の思いを語りました。 そのうえで「家には思い出の品があった。 ピンクのピアノが残されていて、彼の心の宝物だったのだと思う。 小学校の先生だったから音楽の授業の練習をしていたのではないか。 家にこもっていたので、世間には楽しいことがいっぱいあると教えてあげたかった」と話していました。 独り暮らしの高齢者が誰にもみとられず死亡し、その後、新型コロナウイルスの感染が発覚したことについて、高齢化の問題に詳しい「みずほ情報総研」の主席研究員で、日本福祉大学の教授、藤森克彦さんは「心配していたことが実際に起きてしまった」と話しました。 藤森さんは「新型コロナウイルスは感染力が強く急変するリスクもあるので、見守りを密にする態勢を作らなければいけないが、一方で直接会えないという課題がある。 これまでのように直接会って支援することが難しいので、支援のしかたも工夫しなくてはいけない」と新型コロナウイルスの特有の問題点を指摘します。 そのうえで「電話やウェブなどの媒体を通して会話をするという態勢を少しずつ整備していく必要がある。 身寄りのない単身高齢者が増えていくことと、秋以降も感染が再び広がるかもしれないと考えるとこうした事態はさらに起こりうることなので、社会として見守り態勢を整備することが求められる」と訴えています。

次の