楽天 アンリミット 評判。 つながらない?楽天モバイルのUN

楽天モバイルMNOでiPhone6Sが使えた!設定手順と注意点まとめ

楽天 アンリミット 評判

楽天モバイルとは? は、楽天が提供している通信サービスであり、2020年4月8日から楽天では独自の通信設備を利用したサービスを展開しています。 楽天通信エリア内では、原則速度制限なしでデータ通信ができ、エリア外では月5GBまで利用できます。 (5GBを超えた場合、最大1Mbpsの速度で通信) 楽天が提供する楽天アンリミテッドは利用料金が1年間無料。 1年経過後は月額2,980円(税抜)での利用となります。 楽天モバイルは契約期間の縛りがないため解約の際、解約違約金はかかりません。 ポイントがもらえる 楽天モバイルでは、お申し込みして条件を満たすと、楽天ポイントを獲得することができます。 WiFiとしての代用 楽天モバイルのSIMをモバイルルーターなどに挿入してWiFiとして利用することができます。 マイクロ、ナノといったsimカードを挿入する箇所の大きさに合わせて調節することができるため、幅広い端末で利用可能です。 楽天モバイルのエリア 画像出典: 楽天モバイルの通信エリアは、公式サイトにて確認できます。 画像出典: こちらの画像は、首都圏のエリアです。 濃い赤が楽天回線エリア、ピンクがパートナーエリア(au回線)です。 楽天回線エリアは、福岡、大阪圏、名古屋圏、札幌などの一部にもありますが、2020年6月3日時点では、それほど多くはありません。 首都圏であれば楽天回線を十分に使うことができると思います。 パートナーエリアは月5GBまでの利用となります。 5GBを超過後は、最大1Mbpsでの通信となり、最低限使えるくらいの速度が出ます。 1Mbpsだと、ネットサーフィンはできるくらいの速度です。 動画を見るとなると、遅い速度ですね。 ぶっちゃけ、楽天モバイルをWiFiとして利用できるの? 先ほど示した、回線エリアを見れば分かるとおり、無制限で利用できる楽天エリアは現時点では、大都市部での利用しかできないため、エリアによっては期待したほどの速度は出ない場合もあります。 それでも、1年間無料で利用できるため、パートナーエリアでの利用といった目的でもある程度は利用ができます。 楽天モバイルでは、SIMだけでなく、スマホ端末とセットの販売もしており、サブ機として利用することもできます。 1年間無料の楽天モバイルを利用しないメリットはないので、ぜひ自分に合った使い方を見つけてみてはいかがでしょうか?.

次の

楽天モバイルMNOでiPhone6Sが使えた!設定手順と注意点まとめ

楽天 アンリミット 評判

楽天が「アンリミット」を打ち出す理由を考察する 満を持して、楽天が携帯キャリアに参入します。 NTTドコモ、au、ソフトバンクに並ぶわけですね。 市場としては寡占市場&レッドオーシャンであることは明らか。 そんな環境に入っていくのだからインパクトが必要。 なんでインパクトが必要か?単純明快、 ユーザーに「楽天に切り替える理由」が提供できないと事業として成立しないから。 そんな状況の、最後発の楽天が打ち出した作戦がこの『Rakuten UN-LIMIT』なのだ。 楽天アンリミットの特徴 ユーザーに対して楽天に切り替えるよう促すことを目的としたプランなので、結構衝撃的な内容なのですが、そんな中で、わたしが注目する「楽天アンリミット」の魅力&特徴は以下の3つです。 イノベーションと呼んでもいいレベルのものだと思いました。 破壊的。 楽天アンリミットに申し込んだ理由(ドケチが魅力を感じたポイント) やっぱりデータ使い放題に一番魅力を感じました。 使い放題になったらたぶん、 生活が変わります。 外出先でデータ容量を気にしなくてよくなることで、行動に制限がかからなくなるであろうことが最大のメリットです。 電車内で動画見まくったり、ゲームのアップデートしたり、カフェでノートパソコンデザリングして仕事したりすることに対する、データ容量とお金の制限がなくなります。 間違いなく行動力があがるでしょう。 今現在、マイネオ(MONV)を利用しているのでキャリア回線になることによる通信速度の改善が期待できることも魅力。 データ容量無制限を最大限活かそうとするならば、回線速度は超重要。 うまくいけば今よりも全体的なレベルアップが見込めます!乗るしかない、このビックウェーブに!って感じです。 楽天アンリミット専用端末問題(今回リスクをとって挑戦するポイント) 2020年3月7日時点、楽天アンリミットは自社で販売する11種類の端末のみ、動作保証をしています。 わたしは新たに端末を買う気はありません。 今の端末で勝負してみます。 動作が保証されている端末を買わない理由 おそらく、ほぼ間違いなくしばらくしたら5G対応端末が山ほどリリースされるだろうと予想しています。 端末買い換えるなら、そのタイミングで端末を買い替えたいことが理由です。 こういう先読みをしているので、選択肢が少ない今、あえて端末を買うという判断をしないということです。 1年間の無料期間を有効に活用する戦略(名古屋の生活で楽天回線を活かせるか?) 素晴らしいプロモーションだと思います。 話題性十分でしょう。 今回の1年間利用料金無料キャンペーンにMNP(ナンバーポータビリティ)を含めないというのは、そういうことなのでしょう。 オープンベータテストというか、無料期間に確認してね!という意図を感じます。 それに乗っかって、戦略を立てました。 無料期間に今のスマホ、楽天アンリミットのSIMに差し替えて日常生活で使って、楽天回線の範囲内で使いこなせるか検証します。 一時的に電話番号変わりますが、実情として自分の電話番号を使う機会って月に何回も無いのでSIMカード差し替えて1~2週間試しても問題ないんじゃないかな?と判断しています。 大丈夫!って判断できたらMNP利用してメイン回線を楽天アンリミットに移行します。 ということで、戦略上、1年もの無料期間を必要としません。 というか、おそらくこういう人多いんじゃないかと思います。 楽天もたぶんこれ系の動きを想定していると思います。 だから、300万人という限定になってるんだかなっていないんだか、事実上応募者全員じゃないか?みたいな数字を出せるのではないかと思います。 もらえるポイントでリスクをケア(SIMロック解除と最悪のリスク) 今回のキャンペーンで楽天ポイントが合計6,300ポイントもらえます。 このうち3,300ポイントは先払いする事務手数料3,300円と相殺されるので、実質無料で契約できる&3,000ポイントプレゼントですね。 わたしはこの3,000ポイントを今使っているスマホのシムロックを解除する原資に充てます。 ただ、先に述べた通り今スマホを買い替えたくありません。 とはいえ、リスクの最大値が6,600円損するくらいのもの。 全容が見えているので、チャレンジコストとして考えればまぁOKと判断しました。 楽しいですし。 端末について勝算がある理由 色々調べていると、 「SIMロックフリーの端末なら何でもOKという勘違いが多い」という「なにっ」と思う記述を見かけましたので、SIMロック解除についても調べなおしてみました。 携帯通信事業者、NTTドコモやau、ソフトバンクなどには事業者番号というのが割り振られており、 たとえばNTTドコモで購入した「SIMロックされている端末」はNTTドコモの事業者番号のSIMしか使えない状態ということ。 このロックを解除するのがSIMロック解除。 これをやると、NTTドコモで買った端末でもauやソフトバンクのSIMカードが使えるようになる。 だから、楽天モバイル、楽天の事業者番号のSIMカードを使う場合、SIMフリーの端末が必要になるという理屈。 じゃあSIMフリーになった端末ならどこの通信事業者のサービスでも利用可能か?というとそういう話にならないのが難しいところ。 スマホ端末は電波をつかんで通信を行う仕組みであり、 通信事業者が提供するバンド(周波帯)が掴める、利用できる端末じゃないと理論上通信ができない。 SIMカードを認識することと、電波を掴むことは別なのだ。 SIMフリーの端末にちゃんと生きてるSIMカードさしても使えないのはこれが原因。 4Gに対応していない、3G時代の古い端末に、最新の4Gの電波しか掴まないSIMカードさしても、認識はするが電波つかめないイメージ。 つまり、 関門は最低でも2つあるということ。 そこで勝算の話。 わたしが使っている端末、au版のXperia XZ1なんですよ。 楽天回線のバンド(周波帯)がなんなのかわからない怖さはありますが、楽天がローミングで組んでる相手がauなので、auの端末ならいけるんじゃないかなーと。 現時点の楽天が端末絞ってる理由って、ローミング先がマニアックなバンド使っているauだからなんじゃないかという読みです。 まだ楽天回線自体のカバー率が大都市圏のみと低いことから、どうしてもややマニアックなauVoLTEにローミングでつながる機会が多い・可能性が高い。 そうなると、楽天回線に対応している端末でも、auVoLTE回線に対応していない端末だと、結果「つながらないというクレームになってしまうから」という読み。 怖いのがXperia XZ1って新しい機種じゃないので、最新のバンド(楽天が新規で取得する可能性のあるプラチナバンドとか)使われていると対応できない可能性と、電波掴めても楽天リンクアプリが対応していない可能性。 けど、公式対応が表明されているXperia Aceに搭載されているandroidのバージョンが「9」、Xperia XZ1のandroidバージョンも「9」。 楽天オリジナル端末ラインナップの少なさから、端末料金で稼ぐビジネスモデルとは思えないので、そう考えるとなるべく既存の端末を使えるようにしてユーザーを増やしたいはず。 だから、たぶん行けるんじゃないか?と判断した理由(ワケ)です。 楽天で購入 おまけ UN-LIMITに楽天の本気をみた 1年間無料。 契約期間の縛りなし。 事務手数料もポイントバックで実質無料、さらに追加で3,000ポイントプレゼント。 利用者側がリスクと思う内容をごとごとくつぶしに来ているように感じます。 ユーザーの失敗を最小限にしてやるそ!という意思を感じます。 そのうえで価格破壊までしに来ています。 やらなきゃ損レベルで、やらない理由を完全につぶしに来ています。 おそらく、この事業は数年くらい赤字でしょう。 1年間の無料期間も月2GBのauローミングがあるってことは、ライバル会社にお金を払うってことです。 これは、そこまでしてでもやってやる、絶対にビジネスとして成功させる、ビジネスの柱にしてやる、 何よりも、世の中を変えてやる!って意思があるということです。 じゃなきゃ、こんな投資はしません。 そうじゃなきゃ、こんな価格設定はしません。 こういう前のめりな姿勢、大好きです。

次の

つながらない?楽天モバイルのUN

楽天 アンリミット 評判

もくじ• 楽天モバイルUN-LIMIT アンリミット が発表!プランを紹介 2020年3月3日に、かねてより予告されていたが発表されました。 気になる概要を簡単にまとめると次のようになります。 楽天回線エリアはギガ使い放題• パートナー回線エリアは5GBまで利用可能• パートナー回線エリアで5GB使い終わっても最大1MBpsで使い放題• 24時間話し放題• 1年間無料 先着300万人対象 このように非常にお得な内容となっているのです。 \最低利用期間・解約料もなし/ 気になる料金プランですが 「Rakuten UN-LIMIT」の1プランのみで月額はなんと2,980円。 月々の通信費の支払いが1万円近くになっている人も多いなか、この価格はまさに破格と言えるでしょう。 仮にこれまでの 通信費との差額が1ヵ月7,000円だった場合、年間にして84,000円お得になるわけです。 非常に魅力的なですね。 最低利用期間・解約手数料もかからないため、気軽に試せますよ 楽天モバイルUN-LIMIT アンリミット での対応機種・端末にiPhoneはある? ユーザーとしてまず気になるのはその対応機種です。 いくら安かろうが 「お気に入りの機種がなければ使いたくない」 という人は少なくないでしょう。 楽天モバイルUN-LIMITの対応機種• Galaxy A7• Galaxy S10• Rakuten Mini• OPPO A5 2020• OPPO Reno A 128GB• OPPO Reno 10x Zoom• OPPO AX7• OPPO Find X• OPPO R17 Pro• arrows RX• AQUOS sense3 lite• AQUOS sense3 plus• AQUOS sense2 SH-M08• AQUOS sense lite SH-M05• AQUOS sense plus SH-M07• AQUOS zero SH-M10• AQUOS R2 compact SH-M09• AQUOS R compact SH-M06• HUAWEI P30 lite• HUAWEI nova lite 3• HUAWEI nova 5T• Xperia Ace 上記は楽天モバイルが公式に発表している対応機種です。 楽天モバイルで販売する対応機種は全てSIMフリー SIMロックされていないもの です。 つまり、楽天モバイルから別のキャリアへ変更する時も気軽にできます。 また、 SIMフリーの端末を使えば楽天モバイルから発売されていない端末も基本的には利用できます。 ご覧の通り、現時点ではAndroidのみの対応となっておりiPhoneは対応機種に含まれていません。 しかしながら、 SIMの入れ替えにてiPhoneでも使用可能という報告も各SNSで話題となっているので紹介します。 ただ 通話アプリ『楽天LINK』はiOSに対応していないため、通話定額が利用できません。 公式ではないので、使用する際は自己責任でお願いします。 使用可能と言われているiPhone• iPhone XR• iPhone XS• iPhone XS Max• iPhone 11• iPhone 11 Pro• iPhone 11 Pro MAX 残念ながら使用できないと報告されている機種もあります。 使用不可と言われているiPhone• iPhone 6s• iPhone 6s Plus• iPhone 7• iPhone 7 Plus• iPhone 8• iPhone 8 Plus• iPhone SE このようにiPhoneでも使用可能な機種があるので 「どうしてもiPhoneじゃなきゃ嫌だ!」 という人はトライしてみるのも良いでしょう。 ただし、楽天モバイルUN-LIMITのSIMカードをアクティベーションにするのに、公式で「対応機種」とされている端末を使用する必要があります。 SIMカードがアクティベーションにならなければ差替えても使用できないことも覚えておきましょう。 楽天モバイルUN-LIMIT アンリミット の対応エリア スマホを利用するうえで、非常に重要なのはその対応エリア。 いくら安くても使用できないのではストレスが溜まるというものです。 楽天モバイルUN-LIMITは• 楽天回線エリアは高速で使い放題• 楽天回線が繋がらない場合は、自動でパートナーエリア au回線 で利用可能 となっています。 つまり、電話やネットが繋がらないという心配はありません。 の対応エリアは次のようになっています。 現時点 3月時点 で楽天回線に繋がる大まかな対応エリアは• 神戸 です。 ただし、基地局が少ないエリアにおいても『Rakuten Casa(楽天カーサ)』を設置することでアクセス環境が改善されるとも言われています。 ただ、あくまでも 自宅内の圏外を改善する程度なので、Wi-Fiがあればさほど無くても変わらないとは思います。 また、実現はまだ先の話となりますが、将来的には人工衛星を使用し、宇宙から電波を飛ばすことで山間部など電波が届きにくい場所もカバーすることが計画されているようです。 楽天基地局がまだまだ少ないため、楽天回線では繋がりにくいのが実情。 ただし、 楽天回線で繋がりにくい場合は、自動でパートナー回線 au回線 で繋がります。 少し前までは上限が2GBでしたが、なんと『5GB』までアップしました! さらに パートナー回線 au回線 で『5GB』使い終わっても、最大1MBpsで使い放題なんです! 、本気出し過ぎです笑 最低利用期間・解約手数料もかからないため、気軽に試せますよ 楽天モバイルUN-LIMIT アンリミット の評判・口コミ ここからは楽天モバイルUN-LIMITの評判や口コミについて紹介をしていきます。 契約前を検討している人は要チェックです。 楽天モバイルのプラン「UN-LIMIT」 SIMロックフリーに加え、最低利用期間や解約手数料も発生しません。 Rakuten Linkアプリを使うと、加入時の事務手数料相当を楽天ポイントで還元してくれるようです。 オンラインで申し込むとそれに加えて3,000ポイントもらえます。 神戸 はデータ使い放題で基本的に使えますし、無料で使えるならデメリットはなさそうです。 楽天モバイルのアンリミット本当に残念。 せめて、使えるスマホがAndroidのごく一部だけでなく、楽天のMVNOで使えてるスマホを使えるようにして欲しかった。 — ぽんちゃん 安定志向が考える倹約 ponchankenyaku スマホの端末が準備されていないのがネックのようですね。 ただ、 SIMフリーのスマホを別で買えば、利用できる端末もあります。 昨日楽天モバイルのアンリミット発表されましたね。 僕は田舎在住でメリット感じませんが、1年間無料ならネタとして申し込んでみようかなと😉 公式ではiPhone使えないって出てますが、実際には使えたというツイートを待ちたいところです。 通話アプリはiOS非対応ですが、通信はできるはず。 通話し放題+5GB使えるということであれば、人によっては十分すぎる場合もあるのではないでしょうか? さらに言えば、5GB使い終わっても最大1Mbpsで使い放題なので実質使い放題です笑 本当にコスパ最強です! まとめ 楽天モバイルUN-LIMITは大手キャリアから考えると 『充分すぎるサービス』と言えます。 楽天モバイルUN-LIMITがおすすめの人は以下の条件。

次の