仮面ライダーネタバレ。 仮面ライダーディケイド(Kamen Rider Decade)のネタバレ解説まとめ

仮面ライダーアマゾンズ

仮面ライダーネタバレ

概要 『仮面ライダーディケイド』は、2009年1月から同年8月までテレビ朝日系列で放送された、特撮テレビドラマ。 『仮面ライダークウガ』から始まる『平成仮面ライダーシリーズ』の10作目であり、「平成仮面ライダー10周年プロジェクト」として製作された作品である。 主人公である門矢士・仮面ライダーディケイドは、「幾つもの並行世界が衝突しあって起こる世界の崩壊を止める」という指令を課され、『クウガ』~『キバ』までの9つの世界を渡り歩くこととなる。 それぞれの世界は過去の9作品で描かれた内容ではなく、違った展開を描く「リ・イマジネーション」の物語が紡がれていた。 やがて世界を巡る旅はさらに拡散し、ひいては、全ての仮面ライダーが戦いを繰り広げる「ライダー大戦の世界」(夏の劇場版の展開ではライダーバトル)へと繋がっていくこととなる。 これに対し東映は「物語の最初と最後が繋がる形にする演出」などとの説明を行った。 上記の展開や、かつての物語の再構成という作風は賛否両論あるものの、「平成ライダーと昭和ライダーという境界を取り払った」(2011年の映画『レッツゴー仮面ライダー』以降、この作風が春季映画では恒例となっていく)、「ライダーシリーズと戦隊シリーズの共闘を成し遂げた」(2012年の『スーパーヒーロー大戦』以降、これも何度か映画の重要な要素となる)などの、エポックメイキング的な役割も果たしている。 ディケイド自身も、『仮面ライダーウィザード』最終回をはじめ、他作品への出演が平成ライダー中では群を抜いて多く、『仮面ライダーシリーズ』の歴史を語るうえで重要な一編となっている。 写真の腕はつねにピントがボケているが、本人曰く「世界が俺に撮られたがっていない」ため。 それ以外であれば料理からスポーツまで幅広く一級の才能を発揮する。 性格は尊大ではあるが、皮肉を吐きつつも他人のために奔走する一面も持ち合わせる。 テレビとは別世界である小説『レンズの中の箱庭』では、内面は厭世的で無気力な青年であり、尊大さは自身の弱さを隠すペルソナになっている。 口癖は「大体わかった」で、各世界で対峙した敵に説教めいた長セリフを吐くのはお約束となっている。 仮面ライダーディケイドに変身した際には、剣と銃に変形する武装・「ライドブッカー」を使いこなすほか、ライドブッカーから取り出した「ライダーカード」を変身ツール「ディケイドライバー」に挿入することによって他のライダーに姿を変える「カメンライド」が可能で、最大の特徴となっている。 仮面ライダー伝統の必殺技「ライダーキック」は、「ファイナルアタックライド」で発動する「ディメンションキック」。 専用バイクは「マシンディケイダー」で、「アタックライド」のカードで他の仮面ライダーのバイクに変形することも可能。 決め台詞は「通りすがりの仮面ライダーだ、覚えておけ!! 「ディエンドの世界」を出自にし、士同様に並行世界の壁を超える能力を持つ青年。 その目的は各世界ごとの「お宝」を奪取すること。 お宝を奪取するならば卑怯な手段や人を欺くことをためらわない一方で、「響鬼の世界」で出会ったアスムと師弟関係を築いたり、「ライダー大戦の世界」「オーズの世界」では仲間の救出に全力を挙げたりなど、気まぐれではあるが熱い一面も持ち合わせる。 仮面ライダーディエンドに変身した際には、変身ツール「ディエンドライバー」にライダーカードを組み込むことによって「カメンライド」し、他の仮面ライダー(サソード、パンチホッパー、ライオトルーパーなど)を召喚することができる。 アタックライド「インビジブル」で姿を消したり、「イリュージョン」で分身を生成したりという能力も持つ。 必殺技は「ファイナルアタックライド」のカードで高出力の光線を放出する「ディメンションシュート」。 超強化形態、ライジングアルティメットフォーム 「クウガの世界」の住人であり、当初はディケイドを敵視していたが、怪人軍団「グロンギ」との戦いのうちに和解する。 この戦いの中で不幸にも生命を落とした、警察に所属する憧れの女性、八代藍の遺志を継ぐ形で、「みんなの笑顔を守る」ために士らと旅を続けることとなる。 戦闘での活躍シーンは士や海東と比べると少ないものの、人懐こく、他のライダーや士のサポートなどで活躍している。 「ライダー大戦の世界」では、世界の破壊者としての役割を受け入れたディケイドを止めるべく、「凄まじき戦士」アルティメットフォームダークアイバージョンに変身し、共に自害を図ろうとした芯の強さを見せる。 また、オリジナルのクウガ(オダギリジョーが演じた五代雄介)にはない形態として、複数のライダーを圧倒するほどの力を持つ「ライジングアルティメットフォーム」という姿をもつ。 『MOVIE大戦2010』で変身した仮面ライダーキバーラ 光写真館の看板娘。 誰にでも敬語で接する一方、士や海東に対して「笑いのツボ」を押して言うことを聞かせる気の強い面も持つ。 士からは「夏ミカン」、海東からは「夏メロン」というあだ名で呼ばれる。 「ライダー大戦の世界」の夢を頻繁に見ていることからディケイドの力に対して恐れを抱く一方で、士の優しさについては理解している。 「士の世界」の最終決戦では彼女の祈りに応えるようにして、1号からキバまでのリ・イマジネーションライダー(電王、アギトはオリジナルと考えられる)が復活している。 「ライダー大戦の世界」では彼女自身が仮面ライダーキバーラに変身してディケイドを倒したのち、夏海、海東、ユウスケが士の思い出を掻き集めることと、各世界のリ・イマジネーションライダーの祈りで士が復活することとなる。 『MOVIE大戦2010』で登場したスーパー死神博士 光写真館を経営する人物で、夏海の祖父。 温厚な人物で、士やユウスケらを家族同様に扱っている。 その一方で、「士の世界」では大ショッカー本拠地に突如現れ、夏海の目の前でリ・イマジネーション死神博士(オリジナルは『仮面ライダー』のショッカー大幹部)の役割を担わされる。 その後、怪人イカデビルに変身し、怪人大軍団をリ・イマジネーション地獄大使とともに指揮するも、ディケイドとディエンドを中心とする仮面ライダーたちに撃破される。 しかし、彼本人は無事に元の人格を取り戻していた。 同様に「ライダー大戦の世界」では「ガイアメモリ・死神博士」によってスーパー死神博士に変身させられてしまい、最終兵器たるネオ生命体とスーパークライス要塞を復活させてしまう。 戦いのさなか、要塞がダメージを受けた際にガイアメモリが外れ、元の人格を取り戻すとともに、仮面ライダーキバーラに救出された。 キバーラ(CV:沢城みゆき).

次の

仮面ライダージオウ

仮面ライダーネタバレ

Contents• 仮面ライダーゼロワン第37話「ソレはダレにも止められない」 アークゼロになすすべなく敗北するゼロワン。 或人 演:高橋文哉 は初めて、人間を超えた人工知能に恐怖する。 一方、垓 演:桜木那智 はレイドライザーの宣伝をするため、あえてZAIAスペックを暴走させようとしていた。 その垓の前に亡 演:中山咲月 が現れる。 亡は飛電インテリジェンスが所有していたドードーのゼツメライズキーを奪い取ると、ニホンオオカミのゼツメライズキーで 仮面ライダー亡に変身。 垓に宣戦布告をする。 垓を止めて飛電インテリジェンスを取り戻したい福添は或人のもとを訪れる。 アークゼロへの恐怖でヒューマギアを信じる心を失いかけていた或人に福添は、或人がヒューマギアを信じなければ誰が信じるのかと問いかける。 「君ほどヒューマギアが好きな人間は他に見たことないぞ」 或人はシェスタ 演:成田愛純 を起動。 垓がこれまで行った非人道的行為のデータを集め始める。 入院中の唯阿 演:井桁弘恵 は不破から借りたアイちゃんに語りかける。 不破に対してずっと謝りたいと思っていた唯阿は、アイちゃんに話しかけることでそのきっかけを手に入れ、不破に謝ることができた。 「もう道具だなんて呼べないな……」 ZAIAが滅亡迅雷をつぶすために動いた。 迎え撃つのは、迅 演:中川大輔 を乗っ取ったアーク率いる滅亡迅雷. net。 滅亡迅雷の4人はそれぞれ仮面ライダーに変身。 圧倒的な力でサウザーを敗北に追い込む。 そこに、ゼロワンが現れる。 「俺はお前が怖い……。 でも、逃げない!」 アークゼロに挑むゼロワン。 しかし、アークゼロには歯が立たない。 アークゼロは或人にとどめを刺そうとするが、なぜかそれをやめて戻ってしまった。 そのころ、飛電インテリジェンスでは福添が収集した垓の非人道的な言動の証拠をもとに、垓に勝負を仕掛けていた。 仮面ライダーゼロワン第37話ネタバレ・感想 これまで、ヒューマギアを信じ、常にヒューマギアの味方でいた或人。 ですが、アークゼロの脅威を前に、初めてその信頼が揺らぎます。 少し遅いくらいですが。 とはいえ、そんな或人に再びヒューマギアを信じることを思い出させてくれたのは、福添でした。 この時期に福添にこういう役回りを与えるとは……。 ヒューマギア・人工知能に対する自信を失いかけた或人ですが、一方で、或人が生み出したアイちゃんが或人のいないところで、不破や唯阿の心を癒します。 正直、アイちゃんの言っていることは、画期的なアドバイスではなく、単に「自分の心に正直になりなよ」ということを言っているだけ。 それでも、人型ではないメカに話すことによって本音が言えたり、メカに言われることで聞き入れられることもあるのかもしれません。

次の

仮面ライダーアマゾンズ

仮面ライダーネタバレ

仮面ライダーカブトのあらすじと最終回のネタバレ考察! 前作から大きく作風が変わった仮面ライダーカブトは、仮面ライダーになじみのある 昆虫を久々に取り入れた作品となりました。 また、演出や個性あふれるキャラクターの登場など、落ちかけた仮面ライダーの人気を復活させる足がかりを作ったとして評価されています。 平成ライダーの人気がもっとも爆発した次作の仮面ライダー電王の前に放送された仮面ライダーカブト。 実は個人的に一番好きなライダーでもあるんです^^ 早速、そのあらすじから見ていくことにしましょう。 あらすじと最終回のネタバレ 西暦1999年、突如シブヤに落下した隕石により、周辺地域は壊滅。 その7年後、落下隕石に乗っていたと思われる 宇宙生命体:ワームによって、人類は滅亡の危機にさらされていました。 対ワーム組織として活動する 秘密組織ZECTは、ワームへの対抗手段として マスクドライダーシステムを開発。 ワームとの一進一退の攻防を繰り広げていました。 ZECTの見習い隊員として活動する 加賀美新は、自称「天の道を往き、総てを司る男」である 天道総司と出会います。 マスクドライダーシステムでワームを倒そうとした加賀美でしたが、変身しようとしたカブトゼクターは加賀美の手ではなくなぜか天道の手に・・・。 そして、ZECTとは無関係の天道が 仮面ライダーカブトとしてワームを倒していくのでした。 なぜ天道が仮面ライダーカブトになれるのか・・・ZECTは組織に属さないライダーの排除に動きます。 ZECTのエリート部隊:シャドウとそのリーダーが変身できる 仮面ライダーザビーとの闘いや、自由気ままに動く 仮面ライダードレイク、どこか抜けているお坊ちゃまが変身する 仮面ライダーサソードとの出会いの中でも、自らの進む道や信念を曲げない天道。 天道は幾度となく加賀美とも衝突しますが、徐々に2人の間には信頼関係が生まれてきます。 そして、加賀美は 仮面ライダーガタックへの変身が可能となりましたが、ある時を境に天道はすべてのゼクターを集めるため他のライダーを襲うようになります。 相変わらず真意を話さない天道に疑念を抱く加賀美でしたが、天道は自らの両親の命を奪ったワームから本当の妹である日下部ひよりを守るため、そして強力なワームへの対抗手段としてゼクターを集め、ついにハイパーゼクターを手に入れました。 ワームとの戦いが激化する中、地球にやってきたのはワームだけでなく同系統の生命体である ネイティブもいたことが判明します。 平和を望むネイティブを守るような形でワーム軍団を倒した天道たちでしたが、ネイティブのリーダーである根岸にとっては ネイティブによる地球制服が真の狙いでした。 ネイティブによる地球制服計画が実行されようとする直前、天道がネイティブの企みを阻止。 ネイティブ側に寝返ったZECTのナンバー2である三島を倒し、地球に平和が訪れました。 すべてが終わった地球では、豆腐をフランスにまで買いに行く天道の姿が・・・ 彼は自らが信じる天の道をこれからも歩み続けるのでした。 作品に関する考察 人間と地球外生命体:ワームとの対決を描いた仮面ライダーカブト。 自分自身、何度も見返したくなるような素晴らしい作品だったと思います。 そんな仮面ライダーカブトの特徴について考えていきたいと思います。 最新鋭の演出とスピーディーな新要素 仮面ライダーカブトの大きな特徴は何と言っても 最新鋭の演出によるスピーディーな戦いと考えます。 本作の特徴である クロックアップというシステムは、周囲の物体より早く動くことができるというもの。 敵もこの能力を使うことから、超高速の戦いを場面いっぱいに見せてくれました。 一番すごかったのは番組序盤で見せた雨中で戦うシーンです。 雨の水滴1つ1つをなんと 手書きで表現し、超高速の戦いを非常にわかりやすく表現したあの場面は圧巻でした。 ただ1つ、残念なのは このシーンを描くために番組予算を大幅に使用したという事実・・・。 後半にかけてクロックアップの演出がどんどん簡素化されていったのは悲しいポイントでした。 ライダー最速!?他作品との比較になりやすい作品 そのクロックアップの能力については、他の仮面ライダーの作品とよく比較されるものではないでしょうか。 例えば、 「同じ高速移動する仮面ライダーファイズアクセルフォームと戦ったらどちらが速いのか?」という議論は、仮面ライダーディケイドが放送されるまでファンの間で議論されていたものです。 実際にディケイドの作品内でクロックアップしたライダーとアクセルフォームが 同じ速度で戦っていたことから、この論争には一応の決着がつきました。 しかし、その後に登場した高速で動くことができるライダーが、クロックアップとどちらが速いかについて比較されることは続いています。 私自身正直なところ、これだけ 高速で動けるライダーは強すぎるだろ!と思っています。 仮面ライダーらしからぬ言動と戦い方 主人公の天道総司はまさに我が道を行く 俺様キャラ。 こんな主人公はカブト以前に放送されている特撮ヒーローの中でも類を見ないものでした。 このカブトのキャラ設定が成功したことで、次作の仮面ライダー電王以降の キャラ設定が独特なものとなったという転機になったと考えています。 常に自信にあふれており、それでいて完璧な主人公は、男であれば誰であっても一度はなりたいと思う男性像そのものではないでしょうか。 また、戦い方も能動的に敵を倒しに行くよりは、 相手の攻撃をいなしながらカウンターを狙うタイプです。 ライダーキックもその場で背後から襲ってくる敵に 回し蹴りを当てるという、派手さは無くとも見せ場を十分に作ることができる攻撃法を演出していました。 それまでの仮面ライダーの殻を破ったこの作品は、まさに一見の価値があるものと考えます。 伏線回収に失敗 ただ、そんな仮面ライダーカブトの残念なところが1点あります。 それが、 伏線回収が完全に行えなかったことです。 マスクドライダーシステムには 「赤い靴」と呼ばれる暴走システムが搭載されており、劇中で一度カブトが暴走するシーンがありました。 この設定が上手く生かされれば、話の展開としてもっと膨らませることができたのですが、劇中で暴走したのはこの1回切りで、設定そのものも風化してしまいました。 こういった伏線回収ができなかったことから、 完璧に見えた作品の完成度がやや落ちてしまうという、非常にもったいない結果となってしまったのです。 以降の作品では伏線回収に注意を払い、伏線を活かしたストーリーの進行を見せていたことから、ここが大きな転機となったことは変わり無いようです。 かっこいい名言とギャグのまとめ! スポンサーリンク ここまで仮面ライダーカブトのあらすじと考察についてお伝えしてきました。 その2つの要素について紹介していこうと思います。 俺が望みさえすれば、運命は絶えず俺に味方する。 第1話で早速飛び出した言葉なのですが、本当におばあちゃんが言った言葉なのかやや怪しいですね 笑 ただ、私自身実は一番好きな言葉でもあるんですよね^^; 「自分がベストを尽くして天命を待てば、おのずと良い結果が出る」という意味合いにとれるこの言葉で、どれだけ救われたことか・・・。 「人事を尽くして天命を待つ」 ということわざを天道らしく言い換えた言葉だと思います。 病は飯から。 食べると言う字は人が良くなると書く。 最近本当にこの言葉を実感しています・・・。 食べるものによって健康にも病気にもなる。 日ごろから気を付けないといけませんね。 「食」という漢字にあてたような言葉になっていますが、それを言うなら 金八先生の「人」の字の話もそうですよね 笑 この言葉以外にも教訓めいたフレーズが多く、 番組放送中は俺様キャラで通っていた天道への評価も意外と悪くなかったようです。 子供は宝物・・・。 この世で最も罪深いのはその宝物を傷つける者だ。 子供の願い事は未来の現実。 それを夢と笑う大人はもはや人間では無い。 この言葉でもう PTAのハートを鷲掴みですね 笑 子供を大事にしたいという製作者側の声も聞こえてきそうです。 何てことない子供の戯れ言であっても、それが将来現実になるように認め伸ばしていくことが大人の役目なのでしょう。 私は育児の経験が無いのですが、将来子を育てる立場になった時はこの言葉を思い出したいですね。 正義とは俺自身!俺が正義だ。 世の中で覚えておかなければならない名前はただ一つ。 天の道を往き、総てを司る男・・・天道総司。 これは名言というよりは、 天道の性格そのものが色濃く出ている迷言ですね。 不遜な強さを表す言葉ですが、天道らしさを失わず我が道を突き進む言葉としてインパクトが大きく感じられます。 元ネタを知らない人に対して、決して真似して言ってはいけない言葉ですのでお気をつけて 笑• 同じ道を往くのはただの仲間にすぎない。 別々の道を共に立って往けるのは友達だ。 最終話で天道が加賀美に対して話した言葉です。 この言葉はおばあちゃんが言ったのではなく、 天道自らの言葉だと明かされます。 天道が初めて加賀美に友達と言ったような言葉で、ラストを飾るのにふさわしい印象を受けたのを覚えています。 言葉の意味も深く、互いが進む自分の道を尊重しあえるもの同士が友達だという、本当の友達とは何かを語った言葉ですね。 このように、天道語録は他にもためになったり、「おや?」と思う迷言があったりと、 カブトの世界観を彩る重要なものが多く劇中で語られています。 ギャグ要素が多かった作風 もう1つ、仮面ライダーカブトの世界観を彩ったのは ギャグ要素が多かったことです。 シリアスなストーリーや俺様キャラの主人公が目立ってしまいそうな作品を、様々な登場人物が、それも主要メンバーがギャグで和ませるという試みが見事にハマり、今日までファンの心を掴んでいます。 特にギャグ要素が多かったキャラについて、ここで取り上げることにします。 ズレたお坊ちゃま:神代剣 没落した貴族であるディスカビル家の御曹司と名乗る剣は、 仮面ライダーサソードの変身者でもあり、擬態した スコルピオワームでもあります。 登場初期はすでに家の経済状況が破綻していることを知らず、贅沢の限りを尽くそうとし、じいやを困らせるという展開がお決まりでした。 しかし、事実を知ってからは一転、 家のためにアルバイトをするなど奮闘する姿を見せます。 ただ、どこか貴族らしさが抜けず、下手を打っては大損ばかり・・・。 また、言葉に謎の訛りがあり、ラ・メーン ラーメン やショ・ミーン 庶民 などといった単語を口走るなど、登場するたびに何か起こりそうな雰囲気を出していました。 彼が作らせた トロピカルラ・メーン 上記写真 はまさに想像を絶する食べ物でした・・・。 地獄兄弟:矢車想&影山瞬 もともと仮面ライダーザビーとしてシャドウを率いていたリーダー格の2人。 しかし、ともにスタンドプレーが過ぎたあまり、ザビーとなる資格を剥奪され、組織からも見捨てられてしまいました。 先に闇の住民へと堕ちた矢車は 仮面ライダーキックホッパーへ変身。 次いで組織から見放された影山を誘い、 仮面ライダーパンチホッパーへと変身させるのでした。 闇落ちした2人は完全にやさぐれてしまい、一部では 「やさぐるまさん」と言われる始末。 確かに強さはあるのですが、天道に料理勝負を忘れられたり、自らを縛って変身できなくしたりなど、完全に変なキャラ扱いとなってしまいます。 しかし、前半のキャラからあまりにも変わりすぎたことが逆にファンの心をつかみ、今でも 地獄兄弟の名前は仮面ライダーカブトの代名詞となっています。 闇の料理審査長:加賀美陸 表向きは加賀美の父親で警視総監、そしてZECTのトップという顔を持つ人物です。 しかし、夏休み回と称される箸休め回で 闇の料理審査長を務めるという謎の役割を・・・。 まずいと評価した料理を 「豚の餌ァァァァァァ!!」と酷評し、勝負に負けた料理人が二度と厨房に立てないようにする闇の料理勝負を取り仕切っていたのです。 それまでは独特な言い回しでライダーたちの動きを評しており、物語の黒幕とまで言われたのですが、この回を境にその意見が激減するというとんでもないインパクトあるエピソードを残した人物でした。 終わりに 今回は仮面ライダーカブトのあらすじや内容について考察してきました。 今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。 強烈な俺様キャラの主人公:天道総司が見せる斬新なストーリー展開となった作品です。 最新鋭の技術を駆使した演出や、ライダーらしからぬ戦い方は他の作品とよく比べられるものとなりました。 天道語録やギャグ要素など、ストーリーを彩る要素が多かったです。 天の道を往き、総てを司る男の活躍、 あなたも一度見てみませんか? この記事を見て 仮面ライダーカブトの動画を見てみたいと思ったアナタに、とっておきの良い方法があります。

次の