ゼンリーがおかしい。 アウディA1 1.4TFSI S

マセーの2015年アイルランド南部のドライブ旅行記:9月17日

ゼンリーがおかしい

YouTubeではより快適に動画を見ることができるように、YouTube内の仕様変更を行うことが割と多くあります。 今回のようなYouTube内の仕様変更が以前からされていた方もいますが、この仕様変更は 一斉に全てのYouTubeのアプリなどで変更されたわけではありません。 皆が皆いきなり画面サイズが大きくなったわけではなく、今現在でもYouTubeの従来の画像サイズで見ている方もいます。 今回のYouTube内での仕様変更の中で大きく変わったところが、ブラウザサイズにYouTubeのプレイヤーサイズが連動するようになったというところです。 このYouTube内の仕様変更によって、元の画面より再生画面が大きくなったり、YouTubeのメニュー表示が再生プレイヤーに重なるようになりました。 他に画面サイズを戻すことができない原因として考えられるのが、YouTubeのアプリ側の問題です。 インストールしているアプリ自体に問題がある状態だと、いくら対処方法を試してみても改善されません。 また、何度再起動をしてもインストールしているYouTubeのアプリの内容が変わるわけではないため、意味がありません。 そういった場合は、YouTubeのアプリを一度アンインストールしましょう。 そして、再度インストールし直してみましょう。 そうすれば YouTubeのアプリ側の問題であれば、再度インストールしただけで問題が全て解消されます。 YouTubeの画像サイズが変わり、従来のYouTubeの画像サイズで快適に見ることができます。

次の

Zenlyで位置情報のズレを直す方法!GPSエラーの原因と対策まとめ

ゼンリーがおかしい

このページの目次• 酸素がうまく取り入れられない場合• 呼吸器(肺)にダメージを負っている場合 の2通りあります。 酸素がうまく取り入れられなくて息苦しい場合 肺に酸素が上手く取り入れられないと、とても息苦しくなります。 マラソン大会の後を思い出してみてください。 原因は外部からの影響によるところが大きいです。 激しい運動による酸欠• 気圧の低い場所(高山)での呼吸• 酸素濃度の低下• タバコの煙や粉じんによる肺の炎症• 過度なアレルギー反応による気管支の閉鎖• 過度なストレスによる緊張状態 などが考えられます。 ハウスダストや 動物のアレルギーによって 呼吸器の粘膜の腫れによる呼吸困難が原因の時もあります。 また、 過度なストレスによって血圧や心拍数が上昇し、 筋肉の緊張によって呼吸が乱れることもあります。 外部からの原因を解消すると、息苦しくなくなります。 呼吸器(肺)にダメージを息苦しい場合 外部からの原因に思い当たることがなければ、 呼吸器(肺)の病気を患っているかも知れません。 肺の病気になると肺への圧迫感や息苦しく感じることが多いです。 呼吸器とは鼻、口、気管、肺、横隔膜のことを指します。 肺の呼吸器疾患には、• 慢性閉鎖性肺疾患• 気管支炎(気管支喘息)• 肺結核• 肺がん などがあります。 慢性閉鎖性肺疾患 タバコの煙や汚染された空気を長期間に渡って吸い込んでしまうことで、肺の機能が損なわれてしまいます。 重度の呼吸困難や咳などの症状が現れます。 気管支炎(気管支喘息) 強い アレルギー反応により、気管支が炎症を起こして腫れる症状です。。 のどが絞まったように感じたり、 咳が止まらないなどの症状があらわれます。 呼吸の際にヒューヒューと聞こえたり、 炎症が酷い場合は窒息してしまうこともあります。 気胸 肺に穴が開いてしまう病気(実際は肺を覆う胸膜に穴が開く)で、肺に空気が侵入して潰れてしまいます。 突発的に呼吸困難を起こしたり、 胸の痛みが症状として現れます。 細身で長身の男性に発症しやすい病気です。 肺炎 なんらかの原因で 肺の機能に傷がつき炎症を起こす病気です。 息苦しさの他に、 呼吸困難に陥ったり激しく咳き込むような症状が現れます。 肺結核 結核菌という 細菌に肺が感染してしまう病気です。 微熱、倦怠感、咳や痰(血痰)、大量に寝汗をかくなどの症状が現れます。 初期症状は風邪と勘違いしやすいですが、病状が悪化すると呼吸困難に陥ってしまうこともあります。 肺がん 喫煙や汚染された空気を吸うことにより、 肺にガンが発生してしまう病気です。 咳、呼吸困難、息切れ、痰(血痰)、胸の痛みなどが症状として現れます。 肺に圧迫感を感じて息苦しい時の対処法 リラックスして、頭を高くした状態(椅子に座るなど)で顎をあげて気道を確保してください。 身体を締め付けている衣服など(タイトなずぼんなど)は取り除き、出来るだけ 楽な恰好をして 深呼吸を心掛けます。 空気の環境が悪い場所にいる場合は、すぐにそこから離れて 新鮮な空気を吸い込むようにしてください。 部屋の中にいるときは 窓を開けて換気することも大切です。 深呼吸をするときは、 息を吸うことよりも吐くことを意識してください。 しっかりと息を吐くことで、 新しい空気(酸素)をたくさんを取り込めるようになります。

次の

Zenlyで位置情報のズレを直す方法!GPSエラーの原因と対策まとめ

ゼンリーがおかしい

真っ暗な夜空が広がっていた。 そこに、一点だけ白いモノが浮かんでいる。 それは風に吹かれた白い帽子だった。 帽子は上空から風に流されて落ちてきた。 帽子が落ちたのは、白い雪におおわれた山だった。 誰もいない、静かで寒い夜の雪山。 すると、雪山の斜面の穴からぴょこんとケモノが顔を出した。 キツネだ。 銀色に光る毛並を持つギンギツネ。 まわりを警戒するように忙しく顔を横に振る。 「……おかしい……確かに何かの気配がしたんだけど……」 一人つぶやくギンギツネ。 別の、甘えたようなケモノの声が穴の奥から聞こえた。 気配がわからなくなっちゃうじゃない」 「だって寒いもん」 「寒かったら、ここで待ってて。 私、見て来るから」 「……ひとりぼっちだとなんかさびしい」 「……あなたねぇ……」 ギンギツネは呆れた声を出した。 「もういいわ、私だけでいく」 「えー」 言うが早いかギンギツネはパッと巣穴から飛び出す。 さっき「気配」を感じた方向へと向かう。 巣穴からあわてて、甘えた声を出していたケモノが飛び出した。 こちらはこんがり焼けたキツネ色をしているキタキツネだ。 「まってー!」 「しょうがないわね、まったく……」 キタキツネの走る速さに合わせるギンギツネ。 「やっぱり、ギンギツネやさしー」 「あまり早く走ると雪崩が起きるかもしれないからよ。 別にあなたのためじゃない」 二人はスピードを落としつつ、ゆっくりと先ほど帽子が落ちた場所へと近づいた。 帽子が落ちた場所から、不思議な山が見えていた。 煙や火ではなく宝石のような形をしたキラキラした物質が、噴出口から次から次へと絶え間なく出ている。 夜明け前でわずかに色が濃紺へと変わっている空を背景にして不思議な光をあたりに放っていた。 遠目にそれを眺めるギンギツネ。 「今日はサンドスターがやたら多いわね……」 「ねーねー。 このへんだったよねー。 気配がしたの」 「そうね。 あなたも気配がわかったのなら間違いないわね」 「あった!」 キタキツネが見たその先に、先ほど空から落ちてきた白い帽子をかぶったケモノが倒れていた。 「ギンギツネー。 なんか見たことのないのがいるよー」 「えっ?……これは……」 「ギンギツネ、わかる?」 「見たことのないフレンズね。 雪男にしては小さすぎるし、雪豹にしては紋がない」 「なんなのー?急にガバッて起きて僕たちを食べたりしないかな」 「大丈夫よ、食べられやしないわよ」 すると、倒れていたフレンズがビクッとなって叫んだ。 「えっ、食べるの!?僕を? たっ、食べないでくださいー!!」 「食べないってば。 二人して似たようなこと言わないで」 苦笑しながら、ギンギツネは相手の視線に合わせるように座った。 「どこから来たの?あなたは誰?どこへ行くの?」 やさしくたずねるギンギツネ。 先ほどまでの警戒するような顔とは裏腹に穏やかな表情だ。 「ぼ、僕は……その……気がついたら、ここにいたんです」 「気がついたら?その前のことは覚えてないの?」 「はい。 それに、その……いま、とても寒くて……クシュン」 相手はつるつるな肌をあらわにしていて、たしかにとても寒そうだった。 「とりあえずあったかいところへ行きましょ。 夜が明けるまではまだ時間があるし」 「は、はい!」 「そういえば、キミ、名前はなんていうの?」 並んで歩いていたキタキツネがたずねた。 「名前……えーっと……わかりません」 「自分の名前も知らないんだ」 「すみません……」 「キタキツネ、ムリして聞いちゃダメよ」 「じゃあ、このコ、なんて呼んであげればいいの?」 「んー。 そうねえ……」 見るとそのフレンズは大きな袋を背負っていた。 「その……大きな袋は何?」 興味しんしんで眺めるキタキツネ。 「え、これはカバンですけど」 「カバン。 カバン……じゃ、『かばんちゃん』だ」 「えっ」 キタキツネの唐突な発想に目をぱちくりさせる。 「かばんちゃん、いこっか!」 「えっ…あっ…はい……」 とりあえず、大人しく二人についていくことにした。 *** キツネたちの巣穴で、3人はいろんな話をした。 かばんが本当に何も覚えてないこと。 キツネたちがここで二人だけで暮らしていること。 晴れていても急に天気が変わる雪山のおそろしさ…… 「まるで以前の記憶がないとなると、これは、図書館に行くしかないかも」 「としょかん……ですか」 見つめられたかばんは不安げにつぶやく 「そう、わからないことがあったら図書館に行くの。 もっとも私も行ったことがないんだけどね」 そう言ってギンギツネは肩をすくめた。 「そこで、あなたが何者なのか、何のフレンズなのか調べてみましょう」 「ギンギツネと二人で行ってきてねー。 ばいばい」 「キタキツネ、あなたも行くのよ」 意外な言葉に思わず叫ぶキタキツネ。 「えー!やだー。 ゲームしたいー」 「でも、図書館に行ったら、そこはなんでもあるらしいから、新しいゲームもあるかもしれないわよ」 「新しいゲーム!」 ゲームという単語を聞いて急に目が輝きだす。 「今やってるゲームよりも、もっとおもしろいゲームもあるかもね」 「僕、行く!早く行こう!いつごろ、着くかなぁ」 「まったく、気が早いんだから……」 呆れながらもホッとするギンギツネ。 「いいんですか。 僕のために二人ともついてきてくれるなんて」 「いいのよ。 キタキツネだけここに残して行くわけにもいかないしね。 それに、私も他のちほーがどんなところか興味があるし」 「早く行こう!」 「待って。 もう少しして完全に夜が明けてからね」 *** 夜明け頃、3人は巣穴を出た。 「見て。 おひさまが昇ってくるよー」 キタキツネが指さす方向を見ると、先ほどまで濃紺だった空が青色に澄み渡り、巨大な橙色の太陽が昇ってくるのが見えた。 山の稜線から太陽の光が徐々に広がっていくと、空の色はいちだんと青みを増し、雪山の白い斜面を照らしていった。 「わぁ……きれいですねー」 「そうね。 太陽が上がるところは何回見ても飽きないわ」 「ねーねー、図書館ってどっちに行けばいいの?」 「えっ。 えーと……そうねえ……」 「とにかく、歩けばいいと思います」 「えっ?」 「歩けば、そこが道になります。 図書館の場所は僕もわかりませんけど、歩いていくうちに今の僕らみたいに誰かと会うと思うんですよ。 わからなければ、その人に聞けばいいんです」 さっきまでと違い、自信たっぷりに話すかばん。 「それもそうだけど……。 どうしたの、急に?」 「さっきまで、自分一人だったから不安でいっぱいだったんですけど、お二人と話しているうちに、なんだか元気が出てきました。 一人じゃなくてみんなで行けば大丈夫かなって」 だが、ギンギツネは心の中で思った。 何の根拠もなくこのまま進んでいいのだろうか。 「ねー、はやくはやくー。 お天気、変わっちゃうよー」 キタキツネが二人をせかす。 「それもそうね。 じっとしててもしかたないわ。 少しだけでも進んでみたら何かわかるかもしれないし。 行きましょう!」 「はい!」 「で、キタキツネ。 とりあえずはどっちに行くの?」 「んー、今、おひさまがある方向。 おひさまに近くなるからあったかそう」 「あなたらしいわね、まったく……かばん、道中、このコのおもりもお願いね」 「は、はい……」 「えー、ひどーい」 3人は太陽の方向に向かって歩き出した。

次の