ヤマト 運輸 偽 メール。 届いていませんか? 宅急便になりすました偽メールにご注意を!

それ詐欺です!ヤマト運輸から不在通知のショートメールが届いたときは要注意だ!

ヤマト 運輸 偽 メール

ヤマト運輸を装った迷惑メール ヤマト運輸を装った迷惑メールは、数年前から出回っていたのでご存知の方も多いと思いますが、最近の迷惑メールは以前と比べて手口が巧妙となり、情報を抜かれている事すら気づいてない可能性もあります。 注意喚起のために偽サイトの情報を紹介しておりますが、機種によっては偽サイトにアクセスするだけで、勝手に不正アプリがインストールされる危険性もあります。 くれぐれも興味本位で偽サイトにアクセスしないようにしてください。 巧妙化する手口 昔からあるヤマト運輸を装った迷惑メールは、誘導するサイトのURLが明らかにヤマト運輸じゃないので迷惑メールだとわかりやすかったのですし、誘導先のサイトも出会い系サイトやアフィリ広告などが主流でしたので、URLをクリックしただけで実害が出るという事は少なかったです。 しかし、最近のヤマト運輸の迷惑メールは、限りなく誘導する先のサイトをヤマト運輸のドメインに似せていて、明らかに誤認を狙ってます。 あまり確認せずにURLをクリックすると偽サイトに誘導され、勝手に不正アプリがインストールされるケースが多発しています。 Androidの場合 不正アプリが勝手インストールされて、自分の端末が送信元となり電話帳や見知らぬ電話番号宛に多数の迷惑メールを送信します。 たった数分間で「宅配業者ですか?再配達をお願いします」などと鳴りやまぬ電話連絡があったり、フィッシング詐欺の被害にあったというケースが多々あります。 iPhoneの場合 偽サイトに誘導され、Apple IDとパスワードの入力しフィッシング詐欺の被害にあったという事例があります。 迷惑メールの文例 実際に送られてきた ヤマト運輸を装った迷惑メールを紹介します。 ネット通販が当たり前なので、何の疑いもなく偽サイトへ誘導される人もいると思いますが、ヤマト運輸は ショートメールによる不在連絡やお届け予定のお知らせは一切行っておりませんので、ショートメールでの連絡は100%偽サイトだと思って間違いないです。 送信者:00000000000 お客様宛にお荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。 Androidの場合 偽サイトにAndroidでアクセスした場合、下記のようなケースが多発しております。 注意迷惑メールに記載されているURLをクリックすると、佐川急便の偽サイトにリダイレクトされますので、何かしら関係があるのだと思われます。 リダイレクトされたら、上記同様に不正アプリを勝手にダウンロードしようとしますので、慌てずに対処してください。 参考 佐川急便の偽サイトについては、以下の記事を参考にしてください。 iPhoneの場合 iPhoneの場合は、サイトのどこをクリックしても上記のページが表示され、Apple IDとパスワードの入力を要求されます。 冷静に考えれば 「クロネコヤマトの再配達に、なぜApple IDとパスワードが必要?」と思いますが、実際に気付かずにApple IDとパスワードを入力してしまう事例が多発しております。 実際にApple IDとパスワード入力してしまった方の話だと、無断で数万円の決済が行われたとのことです。 佐川急便の偽サイトに引っかかって携帯乗っ取られて俺の電話番号で無作為に知らん人にSMS送られたせいで電話めちゃんこ来るんだが。 3枚目本物佐川、4枚目偽物佐川。 偽佐川のページちゃんと再配達依頼とか出来るせいで全く疑わなくて引っかかったわ。

次の

ヤマト運輸の名前を装った「迷惑メール」および「なりすましサイト」にご注意ください

ヤマト 運輸 偽 メール

フィッシング対策協議会がまとめた2018年12月の月次報告によると、同協議会に寄せられたフィッシング報告件数 海外含む は、前月より232件増加し1884件、ユニークなURL件数は前月より163件増加し1259件、悪用されたブランド件数 海外含む は1件減少し37件となりました。 同協議会から出された緊急情報は、アマゾン2回と三井住友銀行、セディナ、および10月に見つかった全国銀行協会の計5回でした。 総評では、アップル、アマゾン、クレジットカード会社をかたるフィッシングの報告を多く受領したといい、宅配業者の不在通知を装うSMSから誘導されるフィッシングサイトやキャリア決済の不正利用を目的としたフィッシングの報告が続いているとしています。 宅配便の不在通知を装うSMSに関しては、これまでの誘導先だった佐川急便の偽サイトに加え、12月11日から翌日にかけて、1回だけヤマト運輸の偽サイトが登場しました。 SMSは、偽佐川急便と同じ文面で、ヤマト運輸と誤認する紛らわしいURLが記載されていました。 リンク先は、公式サイトによく似た偽サイトで、Android端末でアクセスした場合は、偽佐川急便と同じようにフィッシングではなく偽アプリ(koyamato. apk)をインストールさせようとしました。 Android以外のモバイルブラウザの場合には、別所に設置したヤマト運輸の偽サイトに転送し、Apple IDを騙し取るフィッシングを仕掛けました。 当初はこの転送先もヤマト運輸の偽サイトでしたが、その後、佐川急便の偽サイトに変わってしまいました。 理由は分かりません。 情報処理推進機構(IPA)が12月12日付けで更新した「安心相談窓口だより」で、ヤマト運輸の偽サイトの情報を追記し、ネットニュースなどでもとりあげられましたが、その後は登場していません。 セキュリティコードは、カードの裏面などに印刷された3~4桁の番号です。 磁気情報には含まれていないので、磁気情報を読み取って偽造したカードの不正使用防止に効果があります。 3Dセキュアは、オンラインサービスでの不正使用を防止するもので、決済時にカード会社のサイトに移動し、事前に登録したパスワードや使い捨てのワンタイムパスワードで認証することで本人確認を行います。 最近のフィッシングでは、カード番号、有効期限、名義人情報に加え、これらの情報も詐取することが多く、セキュリティコードはほぼすべてのフィッシングで、3Dセキュアもすでに大半のフィッシングが入力を求めてきます。 不正使用の監視が24時間365日体制で実施され、補償もあるとはいえ、詐取された場合のリスクは計り知れません。 毎月の利用明細の確認はもちろんですが、一部のカード会社が提供する通知サービスや利用限度額の設定機能の活用、クレカとして使えるプリペイド決済や銀行のデビットカードに、その都度必要な分だけ入金して使うなどの運用なども検討するとよいかもしれません。 架空請求や不当請求などの詐欺の支払いに用いられるほか、LINEを装うフィッシングでも狙われています。 誘導先のLINEの偽ログインページにログインし、電話番号と電話番号あてにSMSで届く認証番号を入力してしまうと、機種変更時のLINE移行の要領でLINEを乗っ取られてしまいます。 乗っ取り犯は、あなたになりすまして「友だち」に登録されている相手にメッセージを送り、コンビニでプリペイドカードを購入し、カードの番号を写真に撮って送るよう求め、額面の金額を手に入れようとします。 プリペイドカードは、実際の通貨と違いカードそのものには何の価値もありません。 カードに記載された番号を運営会社のサイトに登録することで、額面の金額がお財布(ウォレット)に入金され、使えるようになります。 番号さえ分かれば瞬時に額面の金額を手に入れることができるのです。 これが、身元を知られたくない犯罪者にとっての大きな魅力です。 プリペイドカードの番号を送るよう指示されたら、詐欺を疑いましょう。 2011年ごろから盛んになったオンラインバンキングの不正送金を狙ったフィッシングは、2013年から2014年にかけて激増しました。 その後、不正送金の手口はマルウェアへと移行し、2016年を境にオンラインバンキングのフィッシングは絶滅したかと思われました。 その2年ぶりの復活が、協議会が12月25日付けで注意を呼びかけた、三井住友銀行をかたるフィッシングです。 」という書き出しのSMSに始まり、「注意:ダイレクトのバスワードが翌日に失効し、」という書き出しのSMSもばらまかれました。 このフィッシングでは、三井住友銀行の偽のログインページにログインさせ、「第一暗証」の変更手続きを行わせ、パスワードカードに表示されたワンタイムパスワードを入力させます。 おそらく第一暗証の変更を口実に初めての口座に送金する際に必要なワンタイムパスワードを取得し、裏で公式サイトを操作して不正送金を行うのではないかと推察します。 成功したかどうかは分かりませんが、年が明けてからも何度かSMSがばらまかれているのでご注意ください。

次の

ヤマト運輸から宅急便お届けの怪しいメールが届いた【ネット詐欺】

ヤマト 運輸 偽 メール

受取人が希望する日時や受取方法などを指定し連絡をくれるヤマト運輸の「お届け予定eメール」。 個人の都合に合わせて荷物を受け取れる便利なサービスだけに、利用している人も多いことだろう。 そんな「お届け予定eメール」を装った 不審メールが現在拡散しているとして、ヤマト運輸が自社ホームページ上で注意を呼びかけている。 一体どんな なりすましなのか? 被害を拡大させないためにもご紹介しよう。 ・件名やアドレスが同じ ヤマト運輸のホームページによると、不審メールには「お届け予定eメール」と同じ 「件名」や「差出人アドレス」が表示されていて、うっかり添付された ZIPファイルを開くとウイルスに感染。 大量のスパムメールが送られてくる被害を受けるそうだ。 ・見分ける部分は添付ファイル 対策としては、絶対に 添付ファイルを開かないこと! 実際の正しい「お届け予定eメール」には添付ファイルがないため、たとえ「件名」や「差出人アドレス」でヤマトのものと思っても 添付ファイルがあった場合、即メールを削除してほしいという。 ・ネットの声 この件についてTwitterでも警戒を呼びかける声が続出している。 以下が主なコメントだ。 「だんだん巧妙になってきてます」 「本物のアドレスから来るなんて危ない!」 「おう、来たから削除したぞ!」 「友達に、伝えとく」 「悪質きわまりない」 なお、2015年末から同様の手口で「日本郵政」を装ったメールも出回っていたが、今回との関係性は不明。 とにかく迷惑極まりない悪質な不審メールに気をつけよう! もう1度言うが、添付ファイルが付いた「お届け予定eメール」は即削除だ!! 参照元: 執筆:.

次の