トラック アルミ ホイール。 トラックのアルミホイールの磨き方・コツ・おすすめ磨き剤・道具

大型車には採用車が少ないアルミホイール…大型車に装着するメリットと注意点は?

トラック アルミ ホイール

ちょっと待って!磨く前に注意したいポイント トラックのアルミホイールは、経年劣化によって光沢が徐々に失われていきますが、磨き作業をすればその光沢を復活させることができます。 アルミホイールは合金なので、配合されている素材はそれぞれ違い、ホイールごとに適切な磨き方があります。 素材と相性が悪い薬剤を使用してしまうと、効果がないばかりか、変色を引き起こすことも。 使用する薬剤の主成分等を確認し、使用方法を守って使うことが大切です。 磨きに使用してはいけない薬剤の成分 下記の2種類のものは使用厳禁です。 硫酸、塩酸系溶剤 2. 指定危険物、可燃性成分を含む各材 安全のために用意しておきたい作業用具リスト 磨き作業を開始する前に、下記のものを準備しましょう。 作業用手袋 作業用メガネ 防じんマスク 長袖の作業着 ホイールやその周辺にある突起物で手を痛めたり、薬剤で手荒れしたりするのを防止するため、作業用手袋は必ず用意しましょう。 ポリッシャーを使用する場合、ホイールに付いたゴミが飛び散るので、作業用メガネの着用をオススメします。 ホイールにほこりやブレーキダストがたくさん付着している場合は、吸い込み防止のため、防じんマスクを使うのがよいでしょう。 また、ホイールに付着したゴミやカスが飛散するので、長袖の作業着を着用しましょう。 車両走行直後や外気の温度が高い場合は、やけどの心配がありますので、ホイールの表面温度が下がった状態で作業を行うよう注意しましょう。 「磨き」作業の必須道具リスト 磨き作業にはさらに下記の道具が必要になります。 ホイールの洗い方手順・基本編 それでは基本的な洗い方を順番に見ていきましょう。 頑固な汚れには、ブラシを使用してもいいのですが、硬いブラシは傷の原因になるので要注意。 クリーナーや洗剤を使用するときは、すすぎ残しのないように、キレイに洗い流しましょう。 市販の洗剤を使用する場合は、中性洗剤を選んでください。 中性洗剤で落ちない頑固な汚れにはクリーナーを吹き付け、そのまま2~3分程待ってから高圧洗浄機などで洗い流しましょう。 洗剤を洗い流した後は、乾いたウエスで残った汚れを拭き取りましょう。 このとき、傷や腐食がないか点検を行いながらホイールを拭いていきます。 「軽度の腐食」があった場合の磨き方 ホイールに軽度の腐食が見られる場合、ポリッシュを使用した磨き作業で早めにケア をすることが大切です。 腐食があったときの手順は下記をご参照ください。 ホイール洗浄後、十分乾燥したら乾いたウエスに適量のアルコア専用ポリッシュを付け、くすみや光沢の失くなった部分を中心に磨きます。 このとき、ポリッシュが乾燥してしまうと汚れが取れにくくなるのでご注意を。 150mm程の小さな範囲ごとに移動しながら行いましょう。 黒い磨きカスは汚れた酸化膜です。 表面に光沢が戻るまで磨きます。 光沢が出たら磨き作業は終了。 磨きを行った部分が一部だけ輝いているようであればホイール全体をポリッシュで磨いて、仕上げます。 最後に別のキレイなウエスで全体をまんべんなく拭き取りましょう。 融雪剤等による腐食がある場合の磨き方 融雪剤などで腐食してしまった場合は、ホイール全体をまんべんなくポリッシュで磨きましょう。 頑固な汚れや光沢がなくなった場合の磨き方 市販の中性洗剤や推奨クリーナーでも落ちない頑固な汚れがこびり付いているか、全体的に光沢が失われている場合は、市販の耐水ペーパーか、シリコンカーバイド製の研磨スポンジ等で気になる部分を全体的に荒磨きします。 あまり力を入れすぎると傷が残るので要注意。 その後、高圧洗浄機で洗い流し、乾いたウエスで残った汚れを落とすように拭き取りましょう。 乾燥したら、傷や腐食をチェックしながら、全体を適量のアルコア専用ポリッシュを使い、新しいウエスで磨きます。 せっかくのアルミホイールですから、ピカピカに磨いて新品の輝きを維持したいものですね。 当店ではアルコアのアルミホイールを多数取り揃えています。 商品知識の豊富さであなたのタイヤ・ホイール選びをサポートいたします。 店頭での販売、取り付けはもちろん、全国への発送も、ぜひ、お気軽にご相談ください。 タイヤ&ホイールの激安価格通販「タイヤ&ホイールのヘラクレス」 営業時間 平日 10:00~17:00 FAX:049-247-0577 〒320-1124 埼玉県川越市新宿町5-16-17.

次の

アルミホイール

トラック アルミ ホイール

鉄かアルミか ホイールにアルミを使う最大のメリットは、「バネ下」重量の軽量化、といえます。 一般的にの1kgの軽量化は、4倍~15倍の効果が得られるとも言われています。 その結果、路面追従性が向上することや、ハンドリングが軽快になる、という利点が生まれます。 また鉄よりも腐食しにくい事、熱伝導性が良く熱容量が大きいため、ブレーキの排熱 放熱 に優れているというメリットもありますね。 もちろん、「ファッション性」という部分もあろうと思います。 一方で、アルミは鉄よりも比強度が小さく金属疲労の特性も異なる為、鋳造アルミホイールは、強度に相当余裕をもたせた設計としなければなりません。 大型車用であればなおの事。 ですから、物によっては重量による利点は小さいケースがあります 純正オプションのアルミホイールなどの場合は、安全マージンを大きく取るために鉄ホイールより重い例もあるようです。 大型車にとってアルミホイールは ご存じのように大型自動車両のタイヤ&ホイールは相当な重量となります。 ですから軽量ホイールとなるのであれば、その分1輪あたりの軽量化メリットも大きくなるのです。 5インチのアルコア製鍛造アロイホイールの場合、鉄製ホイールに比べ、1輪当たりで約14 kgの軽量化となるそうです。 また強度は約4倍となる設計のようで、車輪の数の分だけ軽量化が可能となり、これは燃費にもプラスの効果が生まれます。 また大型車両の多くは放熱に難があるドラムブレーキを使用している車両が多いため、アルミホイールにする事で放熱効果を高め、非常に怖い「フェード現象」を少し防ぐ効果も生まれると考えられますね。 総重量との関係で装着するケースも 大型車両はクレーンを積んだり、特殊な用途に使用する場合に「特殊な架装」をする場合があります。 そうした際に、が増加して、最大積載量を超えてしまうケースがあります。 最大積載量=車両総重量--乗員重量、という式になりますから、架装により増えてしまったを、アルミホイールで軽量化してクリアさせる、というケースもあるようです。 これは「実用性の為」のアルミホイール使用といえますね。 ただしアルミホイールは前述のように「強度を確保」する為に鉄ホイールよりも肉厚に作られていますので、取り付けのハブボルトも交換する必要があります。 ホイール他含めたコスト増加、というのがどうしても避けられない所でもあります。 大型車アルミホイール装着時の注意点 また鉄ホイールからアルミホイールに履き替える場合は、乗用車でない貨物車両等の場合、アルミホイールの「技術基準適合状況」をチェックしなければなりません。 「専ら乗用の用に供する乗車定員10人以下の自動車 乗用車 を除く普通自動車、小型自動車及び軽自動車」には「トラック及びバス用軽合金製ディスクホイールの技術基準に適合したホイール JWL-T規格 」が必要とされていますので、この点をしっかり押さえていないと車検に通らなくなってしまいます。 このようにメリット・デメリット、また必要に迫られてアルミ化するケースがあるのも大型車両。 日本の物流を支える「足廻り」にもさまざま事情があるというところですね。

次の

トラックのアルミホイールの磨き方・コツ・おすすめ磨き剤・道具

トラック アルミ ホイール

ちょっと待って!磨く前に注意したいポイント トラックのアルミホイールは、経年劣化によって光沢が徐々に失われていきますが、磨き作業をすればその光沢を復活させることができます。 アルミホイールは合金なので、配合されている素材はそれぞれ違い、ホイールごとに適切な磨き方があります。 素材と相性が悪い薬剤を使用してしまうと、効果がないばかりか、変色を引き起こすことも。 使用する薬剤の主成分等を確認し、使用方法を守って使うことが大切です。 磨きに使用してはいけない薬剤の成分 下記の2種類のものは使用厳禁です。 硫酸、塩酸系溶剤 2. 指定危険物、可燃性成分を含む各材 安全のために用意しておきたい作業用具リスト 磨き作業を開始する前に、下記のものを準備しましょう。 作業用手袋 作業用メガネ 防じんマスク 長袖の作業着 ホイールやその周辺にある突起物で手を痛めたり、薬剤で手荒れしたりするのを防止するため、作業用手袋は必ず用意しましょう。 ポリッシャーを使用する場合、ホイールに付いたゴミが飛び散るので、作業用メガネの着用をオススメします。 ホイールにほこりやブレーキダストがたくさん付着している場合は、吸い込み防止のため、防じんマスクを使うのがよいでしょう。 また、ホイールに付着したゴミやカスが飛散するので、長袖の作業着を着用しましょう。 車両走行直後や外気の温度が高い場合は、やけどの心配がありますので、ホイールの表面温度が下がった状態で作業を行うよう注意しましょう。 「磨き」作業の必須道具リスト 磨き作業にはさらに下記の道具が必要になります。 ホイールの洗い方手順・基本編 それでは基本的な洗い方を順番に見ていきましょう。 頑固な汚れには、ブラシを使用してもいいのですが、硬いブラシは傷の原因になるので要注意。 クリーナーや洗剤を使用するときは、すすぎ残しのないように、キレイに洗い流しましょう。 市販の洗剤を使用する場合は、中性洗剤を選んでください。 中性洗剤で落ちない頑固な汚れにはクリーナーを吹き付け、そのまま2~3分程待ってから高圧洗浄機などで洗い流しましょう。 洗剤を洗い流した後は、乾いたウエスで残った汚れを拭き取りましょう。 このとき、傷や腐食がないか点検を行いながらホイールを拭いていきます。 「軽度の腐食」があった場合の磨き方 ホイールに軽度の腐食が見られる場合、ポリッシュを使用した磨き作業で早めにケア をすることが大切です。 腐食があったときの手順は下記をご参照ください。 ホイール洗浄後、十分乾燥したら乾いたウエスに適量のアルコア専用ポリッシュを付け、くすみや光沢の失くなった部分を中心に磨きます。 このとき、ポリッシュが乾燥してしまうと汚れが取れにくくなるのでご注意を。 150mm程の小さな範囲ごとに移動しながら行いましょう。 黒い磨きカスは汚れた酸化膜です。 表面に光沢が戻るまで磨きます。 光沢が出たら磨き作業は終了。 磨きを行った部分が一部だけ輝いているようであればホイール全体をポリッシュで磨いて、仕上げます。 最後に別のキレイなウエスで全体をまんべんなく拭き取りましょう。 融雪剤等による腐食がある場合の磨き方 融雪剤などで腐食してしまった場合は、ホイール全体をまんべんなくポリッシュで磨きましょう。 頑固な汚れや光沢がなくなった場合の磨き方 市販の中性洗剤や推奨クリーナーでも落ちない頑固な汚れがこびり付いているか、全体的に光沢が失われている場合は、市販の耐水ペーパーか、シリコンカーバイド製の研磨スポンジ等で気になる部分を全体的に荒磨きします。 あまり力を入れすぎると傷が残るので要注意。 その後、高圧洗浄機で洗い流し、乾いたウエスで残った汚れを落とすように拭き取りましょう。 乾燥したら、傷や腐食をチェックしながら、全体を適量のアルコア専用ポリッシュを使い、新しいウエスで磨きます。 せっかくのアルミホイールですから、ピカピカに磨いて新品の輝きを維持したいものですね。 当店ではアルコアのアルミホイールを多数取り揃えています。 商品知識の豊富さであなたのタイヤ・ホイール選びをサポートいたします。 店頭での販売、取り付けはもちろん、全国への発送も、ぜひ、お気軽にご相談ください。 タイヤ&ホイールの激安価格通販「タイヤ&ホイールのヘラクレス」 営業時間 平日 10:00~17:00 FAX:049-247-0577 〒320-1124 埼玉県川越市新宿町5-16-17.

次の