肝臓 の 数値 を 下げる に は。 AST・ALT値が高い方に読んで欲しい!正常に戻すためにできること

日々の食事でレバーケア!犬の肝臓に良い食べ物について

肝臓 の 数値 を 下げる に は

わたしも長い事言われ続けてきました。 ところが肝機能が悪化する原因のひとつに、(糖質)炭水化物の摂りすぎによる、肝臓に中性脂肪がたまりすぎてしまう症状(脂肪肝)があります。 そういった人の場合は、お酒の弊害よりも、炭水化物の弊害のほうが大きい場合があります。 わたしはそうでした。 炭水化物抜き(糖質制限)の食事で肝機能の数値が下がる理由 肝臓が糖・脂質代謝の中心的な役割だから• 炭水化物(糖質)が多い食事を摂ると、血糖値が上がる• 膵臓からインスリンが分泌され、血糖値を下げようとする• 肝臓は頑張って糖質(消化するとブドウ糖になる)を処理しようと働きだす• ブドウ糖の量が多くて、肝臓で処理しきれない場合、脂質へ変換されてしまう• 結果、肝臓内部の中性脂肪が増える• 徐々に蓄積された中性脂肪が肝臓組織に負担をかけるので、 『肝機能の数値が悪くなる』 より引用 (糖質制限)炭水化物抜きの食事を実践すれば、逆に、のシステムが働き、脂肪を消費するようになる為、肝臓内部の中性脂肪も減っていきます。 夜は炭水化物抜き(主食抜き)の食事です 炭水化物を抜くかわりにお酒を飲んでます 私の場合、ほぼ毎晩お酒を飲んでます。 炭水化物が多く含まれているものは食べないようにしています。 具体的に言うと、白米やパン類、うどん、ラーメン等の麺類などです。 肉料理や野菜(サラダ)類、キノコ類、豆腐や豆類、卵、チーズなどをよく食べています。 居酒屋メニュー的なつまみが多いです。 普通のダイエットだと、脂質が多い食事を避けたり、カロリー計算が必要になるようですが、何も気にしてません。 好きなものをお腹いっぱい食べて、酔っぱらったらバタンキューと寝てしまいます。 朝と昼は普通に白いご飯を食べてます。 飲んでいるのは炭水化物(糖質)が少ないお酒です 蒸留酒はOKですが、醸造酒は要注意! お酒にも炭水化物含有量が少ないものもあれば、多いものもあります。 炭水化物が多く含まれているお酒は要注意です。 炭水化物の含有量(100ccあたりのグラム数) (文部科学省・日本食品標準成分表より) 蒸留酒• 焼酎 0g• ウイスキー 0g• ブランデー 0g• ウォッカ 0g• ジン 0. 1g 醸造酒• 清酒(純米酒) 3. ビール 3. 発泡酒 3. 葡萄酒(白) 2. 紹興酒 5. 1g カクテル類も炭水化物が多く含まれています。 発泡酒や日本酒には、糖質(炭水化物)ゼロの製品がありますので、そういったタイプなら飲んでも大丈夫です。 どれだけ何を飲んだら良いか? 私の場合、経験値ですが、発泡酒(キリン・のどごし)を日に1〜3本。 焼酎を3〜6杯くらい飲んでますが問題無いです。 このあたりは人によって違いがあるかもしれません。 炭水化物(糖質)が多い食べ物・少ない食べ物 炭水化物が多い食べ物は、夜食べないようにしています。 炭水化物の含有量(100ccあたりのグラム数) (文部科学省・日本食品標準成分表より) 炭水化物が多い食品の一例• 精白米 77. 食パン 46. うどん(ゆで) 21. 大福もち 52. 甘辛せんべい 86. ポテトチップス 54. 7g 主食類や砂糖を使った食品は炭水化物が多いです。 イモ類にも結構含まれています(さつまいも・蒸しで、31. 2g) 果物類に含まれている果糖は、中性脂肪になりやすいので、食べ過ぎに要注意です。 甘いジュース類、お菓子類も炭水化物が多く含まれています。 炭水化物が少ない食品の一例• 豆腐類(絹ごし) 2. 野菜類(キャベツ) 5. きのこ類(ぶなしめじ) 6. 藻類(もずく) 1. 4g (こんぶは例外的に炭水化物多いです)• 肉類(豚肩ロース) 0. 魚類(まあじ) 0. 卵類(鶏卵) 0. 3g 参考 どれだけ何を食べたら良いか? 炭水化物抜きといっても、全然摂らないわけではありません。 平均すると毎日130g前後の糖質は摂りましたが、体重はどんどん減りました。 最初はあまり難しく考えずに、少しずつ減らしてみたら良いと思います。 体重も減りましたし、中性脂肪も減りました。 シジミなどには、肝臓の解毒作用を高める働きがあるので、シジミのみそ汁を飲む替わりに、肝臓サプリを飲んでいます。 肝臓サプリも色々試して比較してます。 又、その後の経緯や肝機能とお酒の関係などをまとめるため、新しいブログを作りました。 よろしければ参考にしてみて下さい。

次の

肝機能検査で「AST(GOT)」と「ALT(GPT)」の数値が高かった場合はどうすれば?

肝臓 の 数値 を 下げる に は

わたしも長い事言われ続けてきました。 ところが肝機能が悪化する原因のひとつに、(糖質)炭水化物の摂りすぎによる、肝臓に中性脂肪がたまりすぎてしまう症状(脂肪肝)があります。 そういった人の場合は、お酒の弊害よりも、炭水化物の弊害のほうが大きい場合があります。 わたしはそうでした。 炭水化物抜き(糖質制限)の食事で肝機能の数値が下がる理由 肝臓が糖・脂質代謝の中心的な役割だから• 炭水化物(糖質)が多い食事を摂ると、血糖値が上がる• 膵臓からインスリンが分泌され、血糖値を下げようとする• 肝臓は頑張って糖質(消化するとブドウ糖になる)を処理しようと働きだす• ブドウ糖の量が多くて、肝臓で処理しきれない場合、脂質へ変換されてしまう• 結果、肝臓内部の中性脂肪が増える• 徐々に蓄積された中性脂肪が肝臓組織に負担をかけるので、 『肝機能の数値が悪くなる』 より引用 (糖質制限)炭水化物抜きの食事を実践すれば、逆に、のシステムが働き、脂肪を消費するようになる為、肝臓内部の中性脂肪も減っていきます。 夜は炭水化物抜き(主食抜き)の食事です 炭水化物を抜くかわりにお酒を飲んでます 私の場合、ほぼ毎晩お酒を飲んでます。 炭水化物が多く含まれているものは食べないようにしています。 具体的に言うと、白米やパン類、うどん、ラーメン等の麺類などです。 肉料理や野菜(サラダ)類、キノコ類、豆腐や豆類、卵、チーズなどをよく食べています。 居酒屋メニュー的なつまみが多いです。 普通のダイエットだと、脂質が多い食事を避けたり、カロリー計算が必要になるようですが、何も気にしてません。 好きなものをお腹いっぱい食べて、酔っぱらったらバタンキューと寝てしまいます。 朝と昼は普通に白いご飯を食べてます。 飲んでいるのは炭水化物(糖質)が少ないお酒です 蒸留酒はOKですが、醸造酒は要注意! お酒にも炭水化物含有量が少ないものもあれば、多いものもあります。 炭水化物が多く含まれているお酒は要注意です。 炭水化物の含有量(100ccあたりのグラム数) (文部科学省・日本食品標準成分表より) 蒸留酒• 焼酎 0g• ウイスキー 0g• ブランデー 0g• ウォッカ 0g• ジン 0. 1g 醸造酒• 清酒(純米酒) 3. ビール 3. 発泡酒 3. 葡萄酒(白) 2. 紹興酒 5. 1g カクテル類も炭水化物が多く含まれています。 発泡酒や日本酒には、糖質(炭水化物)ゼロの製品がありますので、そういったタイプなら飲んでも大丈夫です。 どれだけ何を飲んだら良いか? 私の場合、経験値ですが、発泡酒(キリン・のどごし)を日に1〜3本。 焼酎を3〜6杯くらい飲んでますが問題無いです。 このあたりは人によって違いがあるかもしれません。 炭水化物(糖質)が多い食べ物・少ない食べ物 炭水化物が多い食べ物は、夜食べないようにしています。 炭水化物の含有量(100ccあたりのグラム数) (文部科学省・日本食品標準成分表より) 炭水化物が多い食品の一例• 精白米 77. 食パン 46. うどん(ゆで) 21. 大福もち 52. 甘辛せんべい 86. ポテトチップス 54. 7g 主食類や砂糖を使った食品は炭水化物が多いです。 イモ類にも結構含まれています(さつまいも・蒸しで、31. 2g) 果物類に含まれている果糖は、中性脂肪になりやすいので、食べ過ぎに要注意です。 甘いジュース類、お菓子類も炭水化物が多く含まれています。 炭水化物が少ない食品の一例• 豆腐類(絹ごし) 2. 野菜類(キャベツ) 5. きのこ類(ぶなしめじ) 6. 藻類(もずく) 1. 4g (こんぶは例外的に炭水化物多いです)• 肉類(豚肩ロース) 0. 魚類(まあじ) 0. 卵類(鶏卵) 0. 3g 参考 どれだけ何を食べたら良いか? 炭水化物抜きといっても、全然摂らないわけではありません。 平均すると毎日130g前後の糖質は摂りましたが、体重はどんどん減りました。 最初はあまり難しく考えずに、少しずつ減らしてみたら良いと思います。 体重も減りましたし、中性脂肪も減りました。 シジミなどには、肝臓の解毒作用を高める働きがあるので、シジミのみそ汁を飲む替わりに、肝臓サプリを飲んでいます。 肝臓サプリも色々試して比較してます。 又、その後の経緯や肝機能とお酒の関係などをまとめるため、新しいブログを作りました。 よろしければ参考にしてみて下さい。

次の

肝機能の数値を下げるのには、どんな事をすれば、いいですか?

肝臓 の 数値 を 下げる に は

という方も多いかもしれません。 簡単に検査の仕組みを説明しますと、細胞の中には、その細胞内で働いている酵素が存在します。 細胞が障害を受けると、その中から酵素が漏れ出し、血液中に流れるようになります。 つまり、肝臓が障害を受けている場合には血液中でこれらの酵素が上昇するため、採血で酵素の濃度を調べる事で、肝臓の機能を評価することができるのです。 アルコールは肝臓で分解されますが、このとき一旦アセトアルデヒドと呼ばれる有害な物質に変換されます。 コップ1杯程度のアルコールなら、アセトアルデヒドは速やかに分解され、二酸化炭素と水になって、呼気や尿中に排泄されます。 しかし、肝臓のアルコール分解能力には限界があり、過度なアルコールはアセトアルデヒドとして留まる時間が長くなってしまいます。 その結果、肝臓の細胞が障害され、肝臓の機能が悪くなってしまうのです。 逆に、禁酒することで速やかに低下することも知られています。 肝臓は食べ物から得た栄養源を蓄える働きがあります。 炭水化物や脂質は肝臓で中性脂肪に変換されて蓄えられます。 このうち特に炭水化物(脂質)は肝臓にとって負担になります。 肝臓が中性脂肪を蓄積するきっかけの1つとして、血糖値の上昇があります。 血糖値が上がると、血液中に余分な糖分があると判断し、その一部は中性脂肪に変換されます。 この作業自体が肝臓の負担になりますし、また変換された中性脂肪が肝臓に蓄積していくことでも、肝臓の働きは悪くなります。 三大栄養素の炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質のうち血糖値の上昇に主に関わるのは炭水化物(糖質)です。 このため、糖質制限を意識して主食(ごはんやパン、麺類等)の量を減らすような食事をすることで、肝臓を休めることができます。

次の